FC2ブログ
   
03
:
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

秘密の穴。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




息子の大親友
L君の家のアパートのエレベーターには

”秘密の穴”
と呼ばれるものがある。

遊びに言った時に
L君ママに教えてもらったらしく

先日2人でエレベーターに乗った時
息子が誇らしげに教えてくれたのです。

IMG_9271.jpg 

確かにエレベーナーに穴って
なんだは不思議ではないの!

なんなの?なになに?と
のぞいてみると

そこから見えるのが
中庭の景色。

まぁ、単なる
”穴”
なのですね。



そんなある日の事。

息子とL君、2人を乗せて
このエレベーターに乗っていましたら

息子が

”秘密の穴を覗こう”

なんて言い出し

L君と2人で
その穴を覗き出した。

IMG_9275.jpg 

エレベーターの右側と左側に1つづつある
この不思議な穴。

うーん
子供達の背丈にぴったりの高さ。

これって子供を楽しませるためのもの?

いや、そんなはずはないよね。
そなると通気口?

大人な私は単なる秘密の穴で片付ける事が出来ず
なんだか悶々と気になり

L君に聞いてみた。

ら。

あ、これね
泥棒が作ったんだよ!

ですって。



おいおい、なんだか
穏やかじゃない返事ですな!

IMG_9273_20190219054909499.jpg 

でもその直後
L君ママに会い

その話を
ちろっとしてみましたら

あああっ!
あの穴ね。

あれね、もともと
手すりがついてたのよ!

でも
泥棒が盗んで行ったのよ!

ですって



その他色々と
アパートの内部の物が盗まれたのよーっ

と言って笑う
L君の美女ママ。

そんな笑った顔もキュートすぎる!

とか言ってる場合じゃなくて

おいおい
本当に泥棒が作った穴だったのね。これ。

L君、正しい!

そして、、、

この街の泥棒は
いったいどうなってるんだ。

黄金の三角地帯のアパートともなると
そんな物も盗まれるのか!?



そう言えば昔

買物して来た家具のパーツを
車からアパートに運び入れていた時

キッチンに設置する予定だった棚の扉が
1枚盗まれた事があったのよね。

なんて事を思い出し

さらには

そう言えば
クリニャンクールの蚤の市の近くでは
どうみても盗品と思われる物がいっぱい売ってたな。

なんて事も思い出し

この国は
思いがけないものまで盗まれるから
これからも気を引きしてて生きよう。

そんな風に思った
ちょっとした出来事だったのでした。

と言う
パリの治安の話でございますが

興味がある人もない人も
今日の応援をポチッと2つして下さると嬉しいです。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

スリ集団と運転士。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




私はパリの地下鉄が

大、大、大

嫌いです。

臭いし、汚いし、治安は悪いし

日本の地下鉄を知っている私にとっては
パリの地下鉄に乗ることは

もう、拷問に近い。

なので普段は
バスかUBERを利用しているのだけれど

やっぱりどうしても
月に1回くらいは

地下鉄に乗らないとならない時があるのです。

そんな
珍しく地下鉄に乗ったある日の事。

乗ってドアが閉まった後
こんなアナウンスが流れた。

”皆さん

残念ながら私の電車には
スリ集団が乗り込んでおります!

身の回りの物に
十分お気をつけ下さい!”

と。



久しぶりに乗った地下鉄で
これ〜!?

1ヶ月ほど前に乗った時は

電車の中で
立て続けに物乞いに遭遇して

嫌な思いをしたのに

どうなってんのさ
パリの地下鉄!

もともと
良いイメージはないけれど

なんだかここ数ヶ月で
一気に治安が悪化している気がするよ。

metro2.jpg 
日常的にゴミ散乱の車内〜

まぁ、でも
パリの地下鉄に乗ったら

ほぼ100%
スリと乗り合わせていると思っているので

こうしてアナウンスしてくれるだけでも
良いとするか。



そんな風に思いながら
乗りつづけて

次の駅
そしてその次の駅

出発する度に
同じアナウンスが流れるのを聞きながら

ゆられていたのですが

4つ目くらいの駅で
異変が起きた!

それは
駅に停車しドアが開き

お客さん達が乗り込んだ時の事。

ドアがなかなか閉まらず
電車が出発しないのです。

あれれ?
どうしたんだろうか?
おかしいな。

なんて思っていたら

ここでまたアナウンスが入った。

”皆さま。

そう!

まさにスリ集団はこうやって

乗り降りの時にわざとぶつかって
身動きが取りにくい状況を作り

そのスキに狙うのです!”

と。

おおおっ

どうやらどこかの車両で
スリ集団がドアの近くで誰かをブロックし

それによって
ドア周辺にまだ人がいて

そのせいでドアを閉めるのが
おそくなっているんだわ。

うんうん。わかりやすい説明ありがとう!

私のいる車両のドアでは
そのような問題は起きてないから

スリはここにはいないのね。

ほっ。

としながら
ドアが閉まるのを待っていたら

さらに追加でアナウンスが入った。

”ムッシュ!!!!

ブラボー!!!!!!

私の電車からスリ集団を追い出してくれて
ありがとー!!!”

と。



どうやら

先ほどのアナウンスで
スリ集団に気づいたムッシュが

彼らを外に追い出した様ですよ。



これには他の乗客から
ちょっとした歓喜と微笑みが。

そして私も
ついついにんまり。

むしろ私としては

”ブラボー”の言葉を
運転士にかけてあげたいくらい〜。



スリ集団達には
パリジャン達も本当に迷惑をしている。

なのでこう言った感じで
皆が参加して

犯罪者を撲滅出来るなんて
理想だわ。

これからもこの様な事を
ガンガンつづけて

犯罪者の”住みにくい”街を作ってくれー。

じゃなくて
皆で作ろうー!!!

本気でそう思った
メトロでの出来事だったのでした。

と言う

パリの風物詩の”スリ”のお話で恐縮ですが
今日の応援クリックを頂けると励みになります。
ぽちぽち



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

無差別スリ多発中?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

お客様にをご案内する前に

貸しアパートのチェックに行った時の事。

建物のドアを開けようとした私の後ろから
「マダム〜・・・」
と呼ぶ、か細い声が聞こえた。

え、なに?
ちょっと、なになに?と

恐る恐る振り返ると
そこにいたのはなんて事はない

お部屋の清掃をしてくれている
東欧出身の女性。

あ、あれれ?
清掃は30分以上前に終わったのでは?
どうしてまだここにいるの!?と

びっくりして聞いてみたら

彼女から思いがけない言葉が帰って来た。

「メトロで財布をすられてしまいました。

今から主人が迎えに来てくれるので
マダムのお宅に鍵を返しに行くのが遅くなると思い

この場で渡してしまおうと
待っていたのです」

と。



いや〜
これには正直
愛さん、びびったね。

パリの街が
ちょっと怖く思えたね。

なぜなら私の中で
スリに狙われる人って

1、旅行客
2、お金持ってそうな人
3、誰かと一緒にいて注意散漫になっている人
(子連れなど)

だと思っていたのです。

でも、この彼女
この3つ全てに当てはまらないのですよ。

彼女はどこからどうみても
旅行客には見えないし

失礼だけれども
お金持ちにも見えない。

そして
一人で黙々と地下鉄に乗っているわけで

そんな彼女がスリにあってしまうなんて

もう、なんだか
私の考えが完全に思い込みだったと
痛感させられてしまったのです。



つい先日も

L君のおばあちゃまが
子供用の展示会で財布をスられたと
聞いたばかりだったので

なんだか今年の12月は
犯罪者達が盛り上がっているのでは?

そしてそれはもしかすると
あのデモが関係してるんじゃないのかな?

悪い人達がいつにも増して
興奮状態になってしまっていて

罪悪感への意識が
薄れてしまっているのではないかしら?

なんて気すら思い始めてしまったわ。

metro3.jpg  

この冬
完全に無差別狙いになっていると思われる
パリのスリ達。

日本の観光客の方は
とにかく狙われやすいので

本当にお気をつけくださいね。

私は住人なので大丈夫〜なんて
ちょっと思っていたけれど

初心に戻って
もっと身を引き締めてパリの街を歩こう。

そんな風に思った
出来事だったのでした。



たかがスリ。されどスリ。
この街にはスリの”プロ”と呼ばれている人が
わんさかいるのです。

それで食べている人が
いや、それどころか

それで小金持ちになっている人すらもいるのです。

本当にやんなっちゃうぜいぃ!!!!
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR