FC2ブログ
   
07
:
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

馬鹿者達とその後の世界。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




世間には

やっぱりどうしても

”あほ”と言うか”ばか”と言うか

もうね
どうしようもない人間が
いるものなんだと

しみじみ思う今日この頃。

なぜなら

コロナウイルスにより
世界が大パニックに陥っているのに

それを利用する馬鹿者が
本当にいるんですよ。



その一つが

これ

image_1_20200327210159f5a.png 

なんかね

外出禁止のルールをやぶると
罰金が課される今なのですが

これを利用して
”ニセ警官”なるものが
パリの街に出没しているらしい。

私服の上に
こういった簡易的なユニフォームを着て
警察のふりをして

道ゆく人に職務質問。

ちゃんとした
外出許可証を持っている人相手にも
うんちくつけて

なんやかんやと
罰金を払えと言ってくるらしい。

この話を聞いた時

え〜!?
なんじゃそりゃ!?

ありえーんと
本気で思った私。

だって今
この街に観光客はおりません。

なので
ニセ警官にだまされるなんて
ありえないと思うんです。

そもそも
街を歩いている警察は
こんな簡易的な服装ではなく

しっかりとポリスの服を着ているし

そして
罰金をその場で払わせる事も
これまたありえない事なので

そんな知識があれば
相手がニセ警官なのは
すぐにわかる事。

でーもーねー

それでも騙される人が続出しているらしい。

困ったもんです。



実際に今フランスは
この外出制限をやぶったら

MAXで3750ユーロの罰金と
禁固刑になる可能性があるけれど

こういったアホなニセ警官には
それ以上の大きな罰を与えて欲しい。

本当にそう思うわ。



でも
ほとんど人があるいていない街で
ニセ警官の格好して歩いたら

パトロールしている本物の警察に
あっという間に見つかると思うんだけど

そんなリスクは考えないのかねぇ。

って

そんな風に冷静な判断が出来るような人なら
そもそもこんなセコイ犯罪は考えないわね。



そんな
セコイ犯罪とは違い

先日
この監禁生活を利用した
大きな犯罪が

オランダで起きましたよね。

それがこちら

vingoghvole.png 

オランダのゴッホ美術館から
絵画が盗まれたと言うニュース!

これにはちょっと
ハッとさせられたわ。

なんせパリにも
ものすごい絵画たちが
色々な場所に展示してあります。

いったいそれらの絵は
今はどんな感じになっているのでしょうか?

狙われている可能性も
十分にあるから

特別な場所に隠しておいて欲しいわ。

ただでさえ経済悪化しそうなのに
絵まで盗まれたら

パリの損失大きすぎるー。

vingoghtableau.jpeg 

さらには今

パリの街は
空き巣被害を心配している人も多い。

この外出禁止になる直前に
パリジャンの17%が
田舎の別荘や祖父母の家などに行った為

無人のアパートが非常に多いのです。

あまりにも突然の
外出制限だった為

十分に準備出来ずに
足早にパリを去った人も多く

パリの自宅の心配をしている人も
多いけれど

外出が出来ない今

自宅で何が起きているのか
確かめる術もありません。

当初は2週間だった
外出禁止も

さらに2週間の延長が決まり
そこにさらに2週間加わるなんて言われているから

これはなかなか
不安ですよね。

夏のバカンスの間も
空き巣被害が凄いけれど

今回はそれ以上になるんじゃないのかな。

なんせ

普段、スリとかひったくりとか
旅行者相手にお金儲けしていた人達は
仕事がなくなったわけで

そうなると
違う犯罪を考えると思うんですよね。



この外出制限があけた後

もうそこに
以前と同じ世界は残ってないだろうなと思う
今日この頃。

外出制限がとけるのは楽しみだけれども
色々な被害状況が出て着そうで
ちょっと怖い気もする私。

でも
なんだか

外はすっかり春だし
空も青いし

普通健康で生きられる事だけでも感謝して
その時を楽しみたいな。



ただ”自由に外出する”と言う当たり前の事を夢見る
あまりにも非日常な世界に生きている私に

今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

翔泳社さんより
電子書籍が発売中!

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

冬のパリの、プチ治安情報。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




毎日
20度近くまで気温が上がり

コートいらずだった
アメリカの日々から一転。

パリ、寒い〜!

冬にタイムワープした気分です。

ブーツにコートに
ヒートテック。

一気に体が分厚い感じになりましたよ。



さてさて
こんな感じで

冬はもっさりと着込む人が増えるのですが

パリの街で同じく増える
とある現象があるの

皆様ご存知ですか〜?

それはこれっ

image_17_20191212052914770.jpg 

道で寝ている人なんでございます。



もともと
パリの街には物乞いがたくさんいて

ロマの犯罪集団とかが道に座り込んで
お金をくれ〜と言ってくるのですが

冬になると一気に増えるのが

こんな感じで
道のまさにど真ん中に寝ている人なんですね。



時にはまるまって。
時には背筋をぴーんと伸ばし。

時にはうつ伏せに。
時には仰向けに。

本当に突然道の真ん中に
人が転がっているのです。

どんな人混み溢れる中でも
突如現れます。



彼らを初めて見た時

な、何!?
病気で倒れた人!?

と心配したのですが

なんて事はない

彼らが寝ているのは
こう言った場所の上。

IMG_4569_20191212000728b02.jpg 

地下から熱風が出てくるので
この上にいると暖かいのでしょうね。



日本からいらっしゃる旅行者様は
皆さんお優しいし

こんな風に
道端に倒れている人を見る機会が
まず無いと思うので

彼らを見たら
ついつい心配になって声をかけたくなるかもしれませんが

これ

絶対にダメですよ〜!

なぜなら
ウブで優しいうちの旦那君。

初めてこういった人を見かけた時に
心配で声をかけたら

”声をかけてくれる人”

イコール

”優しい人”

イコール

”お金をくれる人”

と判断されたらしく

その後
かなりしつこく付きまとわれたそうなのです。

人の優しさの使い方
完全に間違ってるぜ!



ただ
こう言った道で寝ている人の中にも
2通りあるとわかり始めた今日この頃。

小道で一人寝ている場合は
本当のホームレスの可能性が高いですが

ある程度人混みがある観光地で寝ている場合は
”優しい人狙い”が多い気がします。

なので本当に
お気をつけくださいね。

と言う

冬ならではのパリの悪治安状況で恐縮ですが
今日のクリックを2つ!お願いいたします。

美しいだけではないパリの姿も
知っておかないとねーっ!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

空き巣犯ショップ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


7月分に空きが出ました!
パリでお待ちしております。


先日

友人が

空き巣に入られて
カバンや宝石類を盗まれたと

そんなブログを書いたのですが
(その時のブログがこちら

実はこの話には
世にも奇妙な、、、

いや、むしろ納得?な

続きがございます。



彼女が盗まれたカバンや宝石は
全てが全て高価なものではありませんで

中には30ユーロくらいで買える
安い物も入っていたそうな。

でも
そんなのは御構い無しに
全部を盗んでいった犯人。

ただ、不思議な事に
テーブルの上に置いてあったノートパソコンや
戸棚にしまってあった高価な一眼レフのカメラなどは

そのままだったらしいのです。



この時、近所で多発していた
こういった空き巣。

その大抵が
こんな感じだったらしい。


そんな中
とある被害にあった隣人が
こんな事を言って来たんだそうな。

”聞いて!

盗まれたカバンが
Le Bon Coinのサイトで売り出されていたのよ!”

と。



この
Le Bon Coinと言うのは
フランスで有名なショップサイト。

誰もが簡単に何でも売る事ができ

皆が気軽に
捨てるんだったら売ってみるかと

とりあえずこのサイトに
商品を載せてみる。

なんて使い方をしております。

物を大事にして
出来るだけ捨てたくないフランス人には
とても合っているシステムなので

かなりの人が利用している模様。

shop.png 

え!?
こんなものが!?!?!

なんて言うのが
けっこう売られておりまして

車のドアだけだったり

nazo.png 

謎のものだったり、、、

nazo2.png 


と言う、つっこみどころ満載のものから

こんな大物まで!

maisonvendu.png 

そう。

”家”でございます。

そんなのも
気軽に売り出されております。



こんな感じで
誰もが自由勝手に好きなものを売る
LeBonCoin。

彼女の隣人さん曰く

このサイトに
盗まれたカバンが売り出されていたと言うのです。



これを聞いて
妙に納得したSちゃん。

足がつかなそうな商品で
ある程度安くて大量に生産しているものを盗んで

このLe Bon Coinで
犯人は売っていると言う事だったのですね。

さっそくSチャンも
盗まれたものを探してみたけれど

残念ながら見つけられなかったのですが

ただ
バッグを100点以上出品している人がいて

これは明らかにおかしいと思い
コンタクトをとってみたら

私はバッグを集めるのが趣味で
コレクターだったのよ。

もう年をとったから
いらなくなったの!

あら!盗まれたの!
それはかわいそうに!

それならバッグ10個まとめて
お安く売ってあげるわよ”

と言われたんだって。



数年前
クリニャンクールの骨董市に行った時

明らかに窃盗だろ!みたいな物が
ごろごろ売られているお店があったけれど

それらがきっと今の時代は
ネット販売にうつってるんだわね。

便利になった世の中ではあるけれど

その便利さは
犯罪者にとっても利用価値が高い事が多いんだわと

しみじみ感じた私。

とにもかくにも
空き巣だけは気をつけよう。

そう思い
ドアに新たに1つ新しい鍵を加える事を決意した
我が家なのです。

と言う
犯罪ネタ続きブログで申し訳ありませんが

身を引き締める為にも!
こう言った内容はたまには必要よ!

のぽちぽちクリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR