FC2ブログ
   
09
:
25
26
27
28
29
30
   

お祝い出来るって素敵な事ね〜。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




初夏のとある日
息子君のゴッドファーザ君のお家に

"彼の子供達"が大集合。
 
って
なんのこっちゃなのかと言いますと

このT君は現在2人のゴッドファーザーに
なっておりまして

その2人とそのファミリー達が
勢揃いしたわけです。

IMG_4832.jpg 

しかもこのゴッドサンの2人は揃って
8月10日生まれと言う

なんとも不思議な縁まであるんですよー。

ちょうどぴったり3才差、なんですね



時々こうして集まっては
会を開く私たちなのだけれど

今回の集まりはちょっと特別。

なぜならこの会は
”T君の出世祝い”
と言う名目だったのです。



そう、あのT君

会社内でまたまた出世して
大きな部署のディレクターになったのです。

こんな若さでディレクター(日本なら部長さんかな?)
しかも勤めだして数年の会社で
異例の大出世!



友人達は大喜びなんでございます。

IMG_4836.jpg 

この日はT君とT君の彼女が
たくさんのおつまみを作っておもてなししてくれまして

でもってこんな日は
CAVEからがんがんと良いワインが出てくるから

ついつい飲み過ぎに〜。

IMG_4831.jpg 

でもって

T君の家と言えば!の
私の中ではもう、お決まりになっている

美味しいチーズ達。

IMG_4834_201806172211052e6.jpg 

このT君

フランス人の中でも超がつくほどのチーズ好きで
しかもかなりこだわりも強いので

彼の家では
毎回極上の美味しいチーズが食べれてしまうのです。

そりゃ、赤ワインが進んじゃうよね。



あまりにも飲みすぎて
ベロベロになったけれど

いっぽう、真面目な顔の旦那君。

あら、どうしたの?と聞くと

”Tが成功して良かった!本当に良かった!
苦労していた時を知っているからこそ
本当に嬉しい!!!!”

と感極まっておりました。

これもある意味酔っ払いの姿なのか???
案外面倒臭いタイプ???

ふ。


そしてさらには

”僕も刺激を受けた!頑張らないと!!!!”



やる気に火がついた様です〜。



グランゼコール時代からの親友である2人。

一緒に日本に留学した事もあるし

旦那君が日本に駐在中、私と暮らしていた時に
3ヶ月居候していた事もあるT君。

そういえばあの頃は
まだ定職につかず夢を追いかけていたな。

なんて思うと

今、こうして夢をつかんで
大企業のディレクターとなり

エッフェル塔近くのアパートを買い
悠々自適な独身貴族となっているのは

私達夫婦にとっても本当に嬉しい事。

そして
彼の様な人がいるからこそ

うちの旦那君も頑張ろうと思えるので

こういう相乗効果のある
お互いが高め合える友達関係って

見ていて本当に素晴らしいと思う。

東京時代は
”引っ張り合う”友達関係なんかを目撃する方が
多かったもんなー。

なんて色々と思い出し

いや〜
荒んだ世界で生きてたんだわ。私。と
改めて思ったわさ。



とにもかくにも
人をお祝い出来るって幸せな事だな。と
そんな風に感じる事ができた

とある会だったのでした。

と言う
けっこうな身内ネタで恐縮ですが
今日の応援クリックを頂けると大変嬉しいです。
押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

夏のステイタス。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




1ヶ月半の出張。。。

いや、もう、ここまで来ると
出張越えの単身赴任?

を終えて

やっとこ旦那くんが
フランスに戻ってきましたよ〜。

IMG_5847.jpg 

さすがにこれだけ長く不在だと
けっこうなタイムワープ感があるらしく

何よりも息子の成長っぷりに
びっくりしておりました。

なんせ息子くん
パピーマミーの家のプールで2週間
ほぼ毎日2〜3時間泳いでいたし

自転車やったりサッカーやったり
かなりアクティブに遊んでいたので

真っ黒に日に焼けて
体は筋肉質に引き締まって

超”男”な感じになったのですよ。

レンヌに預けて
1週間後に迎えに行った私ですら
息子の変化にびっくりしたくらいだから

そりゃ〜、1ヶ月半は
浦島太郎状態だわさ〜。

image2_20180801013506508.jpeg 

そんな旦那くんの
失われた1ヶ月半を取り戻すべく



その間に撮りためた写真とかムービーを
旦那くんにひたすら見せては

説明、説明

2人で私のスマホを覗き込んで
束の間の夫婦の憩いの時間

なんてほんわかしていたのも束の間

私、気づいちゃったよ。

同じスマホを覗き込んでいるその時に
自分の腕のどす黒さに!

ひぇ〜

私って、この1ヶ月半で
こんなに日に焼けてしまったの!?

そんな旦那くんがいた国は
白さをキープするには最適そうな

ロシア。

そりゃ、白いわけさ。

いや、もう
白いと言うか

アジア人と言う人種では
絶対に手に入れる事が出来ないであろうレベルの

まっちろけ。

これじゃ
並んで歩くのが恥かし過ぎる!



明日から毎日
少しでいいから散歩に出かけてくれと

定年を迎えて
毎日家にいる様になった旦那に言う様なセリフを

ついつい言ってしまったわ。



でも

やっぱり白人って、白人なんだよね〜。

夏はね、本当にそう思う。

同じ紫外線を浴びていても
私の方があっという間に真っ黒になる。

そして今回
息子を見ていてもしみじみ。

毎日一緒に同じ様に遊んでいた
金髪&青い目の生粋の白人である甥っ子くんは

いまだに真っ白なんだよね。



フランス人て

いかに夏に日焼けしたかとかが
バカンスを楽しんだステイタスみたいになっていて

色白で新学期を迎えるのが
恥ずかしと言われているくらいで

本当に9月は
ブロンズに日焼けしたパリジャンで
パリの街はわしゃわしゃする。

でも、そう思うとあれっていったい
どんだけ紫外線の下にいた結果なんだろう?

なんだか想像すると恐ろしいな。

日本人なら2週間で真っ黒になってしまう
フランスの強い紫外線の下

真っ白でいられる白人達。

彼らが黒くなるのって
ある意味命がけなんだわ。



まあ、でも
黒くなることがバカンスを楽しんだステイタスになるなら

私にとってこの国はちょろいわ。

3日もあれば
パリジャン達の憧れる黒い肌が手に入るもの。

海なんかに行かなくても
パリの街を歩くだけで十分よ。

でもって
白いことで新学期、引け目を感じるなら

うちの息子も
これまた全然OKって事だわね。

なんて

旦那くんの肌を見ながら
くだらない事を考えてしまった

私だったのでした。

兎にも角にも
一ヶ月半お仕事お疲れ様でした〜の
応援ぽちぽちを頂けると嬉しいです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリでガイドをした話。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




3月の話になるのですが

パリで個人ガイドを引き受けたんですよ!

旦那君が

IMG_1926.jpg 

私が都合のつかない日だったけれど

”日本語が話せる人なら誰でも良い”
と言うお客様からの要望で

旦那君に白羽の矢がたったと言うわけです。



と言うよりも

パリで友達がいないヒッキー女だから
紹介できる人が彼しかいなかったという

寂しい事情もあったのですがね。



今回ガイドのお話を下さったのは
以前、アパートに滞在して下さったお客様。

彼女のお友達ファミリーが
パリに旅行する事になり

ガイドを探している。
と言う連絡をくださったので

私達でよければぜひぜひ!

ガイドの知識はゼロですが
行きたい所には連れて行けると思います!と

お返事させて頂いたのがきっかけです。



せっかくガイドを頼んでパリを回るのだから
普通の観光地じゃつまらない。

そもそも有名観光地は
たくさんの情報があり

パリ市内を走る観光バスに乗れば
どこも簡単に行けてしまうので

自分達でまわるのはさほど難しくは無いはず。

そんな事もあり

私が行き先を決めるよりかは
お客様が自分では行きづらいけどぜひ行ってみたい!と
言う所に行く方が良いよねと

とにかく行きたい所やりたい事などを
全部リストにして頂きました。

そしてそれらの場所を地図に記入して行き
ベストなルートを探し出し

その途中、簡単に寄れそうな
自分のオススメの場所をプラスして

どこにどれくらい滞在して
どんな感じで移動するかを

色々とシュミレーション。

そして予定をしっかりとたてましたよ〜。

O型のくせに、案外几帳面なのさ。私。

ふふ。

IMG_2003_201804032351244ea.jpg 

でもってもちろん

お連れする場所のお勉強も
旦那君にみっちりとさせ

IMG_1951_20180403235126949.jpg 

計、1日半

ご案内させて頂いたのです。



行きたいレストランもリストして頂いたので
こちらで予約をし

レストランにも同伴。

肉料理をご馳走になり
旦那君も大変ご満悦だった様子。

LeProcope.jpg 
イメージ図

今回が
我が家にとって初ガイド。

私が出来ればよかったな〜、なんて思ったけれど

生粋のフランス人である
旦那君に案内される事で

さらに”パリ”を感じる事が出来たと思うし
喜んで頂けたのではと思います

IMG_1925.jpg 

私達にとっては住み慣れた街であり
使い慣れた公共機関であるけれど

初めてパリにいらっしゃるお客様にとっては
完全なる”未知の世界”であるこの場所。

私達の存在がある事で
少しでも安心してパリを楽しめる事が出来たのなら
こんなに嬉しい事はありません。



そして
へいへいぼんぼんな生活をしている私達は
あまりパリを観光目線で発掘する機会がなく

いつも同じ様な生活ばかりをしているけれど

今回は色々とパリを調べたお客様が
行きたい場所をリストして下さった事で

知らない場所をたくさん教えて頂け
とても勉強になりました。

IMG_1926.jpg 

そんな意味でも
ガイドを引き受けて本当によかったわ。



また機会があったらぜひ
ガイドを引き受けたいねと

旦那くんとそんな風に話した
とても貴重な体験のできた1日だったのでした。

パリを好きになってくれる人が一人でも増えれば
私の幸せは増えるのです〜

が信条の私に

今日の応援クリックをお願い致します。
皆様からの応援もこれまた私の幸せでございます。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR