FC2ブログ
   
10
:
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

郷に従う男。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




8月から
アメリカの会社で働き出した旦那くん。

その直後からアメリカの本社に
2週間ほど行っていたのですが

いや〜
やっぱり旦那くんって

世界を飛び回るのに
向いてる男だわー。と

しみじみ思ったわ。

なぜってもう
わかりやすいくらい

”郷にいれば郷に従え男”なんですもん。

そもそも彼の東京駐在中に
知り合った私達。

その時からやけに
”日本”に馴染んだフランス人だわね。

もともと日本が大好きで
憧れの日本に来ちゃった系かしら?

なんて思ったら

全然違って
会社の駐在員として
たまたま日本に送り込まれただけでして

でも

彼の凄いところは
さっきも書いたけれど

完全に
郷にいれば郷に従えタイプで

その国にどっぷりと浸かれてしまうことなのです。

ほら
例えば海外で暮らすと

自分の国はこうなのに
この国はこんなのだから不便だ〜とか

海外にいながらも
自分の国をひっぱるタイプっているじゃないですか?

あくまでも自分の国が世界の基準になっていて
それと比べて海外を悪く思う人。

実際私のまわりにいる
フランス在住の日本人でも

フランスは日本と違ってこう言うところが良くない!
なんて文句をいう人がいて

でもそれは
国が違うから当たり前の事なのに

しかも日本の様に
サービスが素晴らしい国から見ると

ほとんどの国が
劣っているのが当たり前なのに

とにもかくにも
自分の国を忘れきれずにいる人がいるのです。

でも
旦那くんの場合

その国に行くと
100%その国に馴染むことが出来る人でして

日本にいるときは
毎日和食でも大丈夫だし

せっかくなら書道やりたい、剣道やりたい!と
どんどんとその国の文化を楽しもうとする。

なので今回も
アメリカに馴染むんだろうな〜

なんて思ったら

やはし!

とある日、電話をしてみたら

”今、役員仲間で
ゴルフを回ってる〜!”

っと。

て。

ご、ご、ゴルフ!?!?!?

あなたにとって
世界で1番興味なさそうなスポーツの1つ

フランス人にとっても
世界で1番興味なさそうなスポーツの1つ

ゴルフ!?!?!?



さすがに嫁

これにはびっくりよ。

これね
実際

データを見るとわかるけれど

2017年
日本のゴルフ場の数は2290箇所なのに
フランスは637箇所しかないんですよー。

国土は日本の倍あるし
ほとんどが平地にもかかわらず!

ちなみにアメリカは
15047箇所ですって!

け、桁違い!

golf.jpeg 

でもって週末は、もちのろんで
会社の人の家に誘われ

お庭でバーベキュー。

いや
バーベキューくらいは
フランス人もするけれど

味付けが全部”バーベキュー味”だったらしく

フランスは基本
塩胡椒のみなので

味が全然違ったらしいけれど

これはこれで
と〜っても楽しんだ様子。

なぜならお土産に
バーベキューソースを買って来ましたからね。

我が家じゃバーベキューなんて
出来ないのにさ。



出張なので
会社近くのキッチン付きホテルでの滞在なのに

やっぱりアメリカはあれだよね。
車がないと始まらないよね。と

滞在中は常にレンタカーで移動。

その他、なにもかもが
”アメリカ人”な生活になっていて

さらには
英国訛りの英語が
アメリカの発音になってきていて

いや〜
2週間でそこまでアメリカに馴染めるなんて

嫁として、ある意味あっぱれだわと

彼の話を聞いていて
しみじみ。



ただ、今回
1つだけ

どうしてもダメだったのが

”食事”

だったそうな。

全てが脂っぽくてボリュームも凄くて
毎日が胃もたれで辛かった〜と。

でも
毎日が胃もたれって、、、

むしろ毎日試したんかい!と

そこにびっくりよ。

こんな感じで
新しい会社にすっかり馴染んだ旦那くん。

もちろん
文化面だけでなく

仕事面でもすっかり馴染み
楽しんで働き始めたみたいなので

嫁として

こうして旦那くんが
新しい環境にすぐに慣れ

そして
新しい仕事を楽しんでいるようで
とても嬉しいわ。



毎年12月は

彼と一緒に会社のパーティーに参加するため
アメリカに行く事になるのだけれども

私はそんな風になれるのだろうか?

自信がないなー。

フランスとアメリカ

私にとっては
ものすごい対象的な国に思えるので

ちょっと不安があるのよね。

アメリカ人のフレンドリーさ
私には眩すぎるー。

でも

旦那の嫁として
頑張るしかないわね。

なんて

フランスに嫁いだのに
アメリカの文化を勉強しようと思った

本質は引きこもりで超根暗なのに
インターナショナルにならざるおえない私に


応援のクリックを2つ!
お願いいたします。

これも運命!頑張るしかないわよ!
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

車探し。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




息子がレンヌの実家滞在中だった

とある土曜日。

せっかくだから
夜は劇場行ったり、船上パーティー行ったりして
思い切り楽しもう!

なんて
話していたけれど

あまりに気合いを入れすぎて
午前中から出かけてしまい

夜は10時に爆睡と言う
私達2人。

気持ちに体力がついて行かないーっ!



めずらしくこの日
朝からパリの街を動き回っていたのは

翌日がパリ祭で
パリの機能が麻痺するのがわかっていたから。

なので
週末にしないとならない事は
今日のうちに全部やらないと!と

予定つめつめしちゃったのですね。



その中の予定の1つだったのが

旦那くんの希望の車屋めぐり。

image6_20190715230352ed1.jpeg 

実は旦那くん
新車購入を検討中なんでございます。



運転が下手すぎて
涙出るほど下手すぎて

完全に身分証明書の役割しかしてない
私の運転免許証。

パリで運転する気なんて
さらさら、微塵も、これっぽっちも無いどころか

お金もらっても
運転したくないと思っている。

どんな高級車をプレゼントされても
”迷惑”としか思えない

そんな車とは縁遠い私だけれども

旦那くんが買うとなると
どうしても口出ししたくなる嫁。

なので一緒に
車屋巡りしてきましたよー。

image4_2019071523035340e.jpeg  

運転に自信のある旦那くんなので
大きなSUVが欲しいそうな。

うんうん
ファミリーにはちょうど良いかもね。

パリの街では
なかなかやっかいそうだけれど

まあ、旦那くんがそれで良いならいいではないの。

image5_20190715230353559.jpeg  

”助手席専門日本人嫁”
ではあるけれど

私は私なりに
色々とチェックチェックです。

image2_2019071523035763b.jpeg 

”ケチつけ専門”の嫁視点で

私はけっこう
メルセデスのGLEと言うのが気に入って

かなり押してるんですが

image7_201907152303511cb.jpeg 

どうも旦那くん
”ドイツ車”
と言うのに抵抗があるみたいなのよねー。

まぁ、フランス人だから
その感覚わからないくないけどね。

日本人があまり韓国車には乗らない感じ?
なのかしらね。



そんな中

旦那くんがどうしても見たいと言って
足を運んだ車屋が

”DL”

と言うマークの店。

聞いた事ない名前だったので
あまり期待していなかったけれど

シャンゼリゼを入った
購入ブティックが並ぶ通りにある

超ラグジュアリーなお店に

入る時から
思わずドキドキ〜。



シャンデリアが飾られ

まるで高級ブティックの様な内装。

そして
奥に行くと突如現れる車がこちら

DS 7 Crossback

image3_20190715230355c9e.jpeg 

ほほぅ。

なかなか美しいでないの!

でもって内装も
ゴージャスっ!

IMG_2579.jpg 

なんかいちいちオシャレだわ。

IMG_2580.jpg 

でも。。。

えっと。。。。。

何?

DSって?

どこかのベンチャー?

なんて思ったら

こちらね

もともとはフランスの車メーカー
シトロエンがラグジュアリー路線で発売した車らしい。

トヨタで言うと
レクサス、みたいな?

それが数年前から独立して
DSと言う名前だけ残して

販売を続けてるんだって。

ほぇ〜。

世界には色々な車があるんだねぇ。



でもってこちらのDS

日本でもつい最近発売されてたらしい。
(HPはこちらです)

しかも売り文句は
”パリだけが生み出せるラグジュアリーがある”
ですって。

ほほぅ。

これから
日本で見かける事もあるんだね。



旦那くんはこちらの車を
たいそう気に入った様子。

まぁ、そりゃそうよね。
何と言っても
ファミリー全員でシトロエンファン。

その中のラグジュアリーブランドで
希望のSUVとなったら

そりゃ、第一希望にもなるわよね。

でも私としたら
フランスにいるのにフランス車じゃ
つまらない気もするんだけどなー。



こんな感じで
車探しを始めた私達。

次に行く予定は

未来の車で有名な
”テスラ”

とにもかくにも

これ!って言う出会いがあるといいねぇ。

どうなんでしょ。

そもそも車なんて
月に1回も使わないんだから

そこまでこだわる必要なんだけれどもね。

男のロマン、っちゅーやつですな。

それが仕事をする活力になるなら
それはそれで良いよねー!

なんて客観的に思っている
運転大嫌いな私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

とにもかくにも
居心地の良い助手席希望です!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

旦那君の転職。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




とあるアメリカの会社に
ヘッドハンティングされた旦那君。

3月には社長と人事の人が自らパリに
旦那君を説得に来まして

4月には
アメリカの本社の役員会議に招待され

忙しい中
3泊4日の弾丸で
アメリカへ行ったのですが

まさかの社長、訪問予定日の前日に入院!
(しかも翌週、心臓の手術!)

となり

結局社長には会えずに終わってしまったー

なんてブログを書いたのですが
(その時のブログはこちら

単なる観光旅行で終わってしまったと思われた
本社訪問は

想像以上に有意義なものになった様で

役員全員が
旦那君を気に入ってくれました。

彼をヘッドハンティングするべきと
最初に言い出した

こちらの役員である
フランス人は

旦那君を見出した事が自慢だ!と
アメリカにあるご自宅に招待して下さいました。



今回
旦那君を雇う目的は

アメリカの本社勤務の為ではなく

事業拡大の為に
ヨーロッパ、アフリカ、北欧、ロシアを相手にする為の
新たな新会社を

パリに設立予定だから。

そしてその新会社の将来のトップとして
旦那君の名が上がったと言う

何とも本当にほんとーーーーに
光栄なお声がけだったのでございます。

lade.jpg 

その設立を手伝い
そして拡大させて行く為にも

どうしても旦那君の力が不可欠だと言ってくれる
こちらの会社に

旦那君としても
悪い気はしないわけで

しかも
その仕事の内容も

彼にとってはとても魅力あふれる物で
理想的だし

トップディレクターとして
自分の好きに出来ると言うのも魅力で

この度このお話を
受ける事になりました。



その意向をアメリカの会社に伝えましたら

さっそく

フランス語と英語
両方で書かれた雇用契約書を送ってくてくれたのですが

それを見て
旦那君、びっくり
私も、びっくり。

なんせその雇用契約書
28枚もあったのです。



まあ
パリで会社を設立するまでは
アメリカの会社の社員として登録され

でも
雇用条件などは全て
フランスの法律の物で

etc etc

普通の雇用条件に比べて
少し複雑な面もあるけれど

それにしても28枚って!?

フランスの場合
だいたい2〜3枚が普通だし

日本もそんな感じらしいので

それに比べて
28枚って、異常ではないか!?

でも、アメリカは契約社会だから
あとあとトラブルにならない為にも

契約時には
これでもかって詳細を書いておく事があるらしい。

アメリカって
すぐに裁判になるなんて言うのは
けっこう有名だけれども

契約書を受け取って改めて

”ああっ、今度働く先は
アメリカの会社なんだね”

なんて

しみじみと思ったわ〜。

totalladefense.jpg 

こんな感じで旦那君
本当に転職する事になりました。

今月中に今の会社に離職願いを出し
なるべく早く新しい会社に行く事になるけれど

フランスの法律的に
離職願いが受理されたとしても
3ヶ月は引き継ぎの為に働かないとならない。

そうなると転職は
9月、、、かな。

そして最初は1ヶ月ほど
アメリカに行くことになりそうなので

そうなるとそうなると

うーん
秋の日本行きが
なんだか難しそうになってきましたよ。

息子の七五三の為に帰国予定だったけれど

季節をずらして
2月とか3月にやるしかないかな。

それとも
私が一人で日本に連れて帰るかな。



こんな時は

ただただ
旦那君が最高の条件で仕事ができる様に
全力でサポートし

裏方に徹して
ちょこちょこと動く

嫁なのです。



兎にも角にも

こうしてステップアップを叶えた旦那君を
誇りに思っている
姉さんジャポネーズ女房の私に

とりあえず先が見えてきてよかったね〜!の
ぽちぽちクリックを頂けると励みになります。


こちらのバナー2つを押して頂けると嬉しいです。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR