FC2ブログ
   
03
:
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

フランス人の美意識。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




フランス人って

人と同じ事を嫌う国民で
”個性”がある事をとても大事にしていて

自分の意見がない人は
ダメ人間な扱いする事すらある。

これは

右に倣え!や
みんなで渡ればなんちゃら文化の
日本で育ってきた私には

真反対の国民性で

けっこう
大変な事もあるのですが

そんな中先日
ある事に気づいたんですよ。

それは
ぼけ〜っと車窓から
街の風景を眺めていた時の事。

そう言えばフランスって
どの家も似てるよな〜って。

toitparis.jpg 

パリの街ですら
アパートの雰囲気って似ていると思いません?

パリの建物は高さ制限が厳密に決められているし

さらには
屋根の色等

かなり厳しく決められているので

どうしても似通った建物が
並ぶ事になるのです。

parisparis4.jpeg 

これはもちろん
フランスの地方都市にも言える事で

例えば我が家の実家がある
ブルターニュ地方。

このエリアは基本
屋根の色は"黒”と決められております。

 dinard.jpg 

プロヴァンスなんかは
屋根は”オレンジ”と決まっていて

なので街全体が
とても統一された雰囲気で

それがフランスの街が
美しく見える理由でもあるんですよね。

provence.jpg 

さらに細かく言うと

フランスの場合
家の工事をするとかの場合も

その市の許可を得ないとならなくて

数年前

義父が別荘の
拡張工事をしようとし

せっかくだから少しモダンにと
一部を四角い感じの建物にしようとしたら

市から”アウト”の返事が来たのです。

こんなモダンな建物は
この街にはあいません。と。

それほど奇抜な家では
全然なかったんですけれどもね。

しかも四角い部分は
庭に面した場所で

外からはまったく見えない様に
設計してたんですけどね。

それでも

伝統にのっとった
古い三角屋根にして下さいと。

却下されてしまったのです。

rennes3.jpg 

そう

それくらいフランスは
建物は徹底して

”皆が同じ建物”
を求められるんですね〜。

それに比べて日本は
どちらかと言うと自由な感じ。

超日本家屋の家の隣に
北欧住宅が。

なんて言うのだってありな
そんな街ですよね。

ここがね
なかなか面白いな〜と思ったのです。

だって日本人は
皆と同じなのが落ち着く国民性で

フランス人は
皆と違うのが落ち着く国民性なのに

建物に関しては
まるで正反対なんですよね。

けっこうな大きな買物なのに
なんでなんでしょうね。

これだけ個性を大事にし
人と同じ事を嫌い

そして文句があると
すぐにデモを起こす国民なのに

これに関しては
全く文句が出ずに

今に至っているのですよね。

労働条件や物価の高騰
政治家への不満etc 

そう言うのには
すぐに文句を言うのにねー。



やっぱりフランス人って

どんな物よりも何よりも
”美意識”
を1番大事にしている国民なんだわ。

うん。
なんだか納得する面も
たくさんあるな。

だって例えばフランス語も
意味不明な文法とかがたくさんあって
動詞の変化形とかも謎な物も多く

あまりにも例外が多い。

でもって

どーしてこうなるの!
と質問したら

”その方が発音的に美しいから。”

”文法的な決まりよりも
僕らは言葉や発音の美しさを重視するんだ”

なんて言われた事があり

フランス人の美意識って
半端ないな。って関心した事があったんだった。

なので
街並みを美しくする為なら!
みんなOKだったのかもしれませんね。

なーんて

フランスの街を眺めながら
フランス人の国民性をちょっと考えた

私だったのでした。

と言う

小さなお話ブログで恐縮ですが
今日の応援クリックを頂けると励みになります。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

消えたピアノ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日友人が
とあるSNSのサイトに

1枚の写真をUPした。

それは
JRの品川駅で
ピアノを発見した!と言うもの。

IMG_9035.jpg  

駅構内に
ピアノが置いてあって

誰でも弾いて良いですよ〜

と言う物だったらしい。



これ
私にとっては珍しい物ではなく

フランスにはこう言ったピアノが
色々な場所に置いてある。

駅に置いてあるのはもちろんだけれども

祭日なんかは
街中にボンと置いてあることもあったりして

でもってそんなピアノのまわりには
自然と人が集まり

皆でその
”音”のある空間を
楽しんでいたりして

なんかね

いいな〜と

思っていたのです。



だってね、やっぱり
こう言う場所で堂々とピアノを弾いてみせる人って

大半が

”上手な人”

なのですよ。

なので
聴いているだけで癒されたりするのです。


なので
こんなピアノが

人がたくさんいて
比較的皆があくせく歩いている

東京のど真ん中である品川駅に置かれたと言うのは
とても良い事だと思ったのです。

だって
やっぱり音楽って

人の心をリラックスさせてくれるもの。

忙しい時に
ちょっとした癒しになりそうじゃないですか。



でも
この投稿のほんの数日後

このピアノは撤去されたらしい。

でもって張り紙には

”自由に弾けるピアノは
安全管理上の理由により
終了させて頂きました”

と書いてあったそうな。

IMG_9005.png 

なんか
この投稿を見た時

私の中で
とても虚しい気分になったわ。

その場にいたわけではないし
もう東京に住んでいるわけでもないけれど

なんだか寂しいな〜、東京人よ。と。
思ってしまったのです。

きっと
苦情が出たんでしょうね。

人混みが邪魔だとか
こんなに人がいると危ないとか

etc etc

確かに人混みがあると
危ない面もあるかもしれないけれど

無機質な空間を
早足で黙々と歩く人混みの方が

ある意味、よっぽど
危険が潜んでいる様な気がするのは
私だけでしょうか。

イライラ、カリカリ
心に余裕がない人達がたくさん集まると

そこはもう
危険と紙一重の場所の様に思います。

だからこそ
こう言う音楽って必要なのではないのかな。

だからこそ
こう言う遊び心があるのが良いのではないのかな。

どうなんでしょう。

多分
クレームを言ったのは
ほんの一部の人だと思う。

でもこの

”少数のクレーム”にも敏感に反応し
真摯に対応するのは

日本の美徳かもしれないけれど
その反面
ものすごい怖いクレーマーを生み出すのでは?

なんて
思ったりもしたりして。

まあ、ね。

きっとね。

フランスは
日本と正反対の文化なので

この差を強く感じてしまうだけなのかもねぇ。
だから過敏に反応してしまっただけなのかもねぇ。



最後は一応
やんわりとこのブログを閉めようとしている私に
今日の応援クリックを頂けると励みになります。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

世界の手塚。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

イルミネーションを見ながら
モンテーニュ通りをうろうろしておりましたら

こんな広告を発見!

image4_2018112606304056d.jpeg 

ここに記載されていた金額が
あまりにもモンテーニュ価格で

愛さん、思わず2度見よ〜。

だって
269400ユーロって書かれてたんですもの。

3500万ですよ、3500万。



まあ、世界の有名な名画は
何十億とするので

そんなのに比べたら
安い、安いっ。はっは〜。

なのかもしれないけれど

これ、写真だと
とーーーってもわかりずらいですが

アニメの原画?版画?なんですよ。

それでこの値段って。



なんてこった!と
さらに近づいて見て見たら

あっ!
どこかで見覚えある画風っ!

って。

我らが手塚治虫先生の原画ではないですか!

IMG_8203_20181128164208682.jpg 

この広告を発見したのは
モンテーニュ通りとシャンゼリゼ通りがぶつかる

Artcurialと言う建物。

ちょうどGUCCIの向かいにあります。

artcurial.png 

シャンゼリゼを散策した事がある方は

いったいここは何なんだろうと
気になって覗いた事があるかもしれませんが

実はこちら
オークション会場なんですよ。

そう
要はこちらの会場で

手塚先生の原画が
269400ユーロで
出品された模様です。



うーん、こんな身近に
手塚作品があるなんて!

手塚治虫のブラックジャックを
このなく愛した私からすると

なんだか嬉しいな。

でも
身近には感じたけれど
金額が遠過ぎて

逆に距離を感じるわー。

すっかり世界の大巨匠になってしまっているのね!

tezuka.jpeg 

こりゃ
日本にもお宝がたくさん眠っているかもね。

なーんて思い
家に帰ってあわててぐぐってみたら

日本では手塚先生の原画が
50万以下とかで売られている事を発見。

え?
ほんと?

あれれ。

どーいう事?

もしかしてこの会場の原画は
1冊まるまるとか?

もしくは
金儲けのチャンス???

もっと詳細
調べてくればよかったなー。


ちょっと夢見てしまったりして。

ふふ。



なにはともあれ
日本の人がこうして世界で認められているのを知ると

同じ日本人としてとても嬉しいし

そしてなぜだか
私も頑張らないと!って気持ちになるのです。

まあ、レベルが違い過ぎて
恐れ多いですけどね。



久しぶりにブラックジャックが読みたくなったわ〜。
ダウンロードするかな。

原画じゃなくて漫画で十分な私に
今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR