FC2ブログ
   
01
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

とある教室からの警告。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

息子が習っている教室の1つから
1通のメールが届いた。

タイトルに
”Consigne(指示、命令と言う意味)"

って文字が入っていたので

おっと!
また警告系!?

スト?デモ?
今回はなんじゃいな?

と思ってメールを見ると

・・・・

え。

そーきた?



なぜならその内容。

”明日はパリ市がチェックに来るから

〇〇な事はしないでね〜
△△の場所で騒がないでね〜
保護者は××してね〜

と言うものだったのですよ。

要はね

パリ市のチェックにひっかかるから
明日はこんな行動に気をつけて”

と言う警告だったのですね。



え?
ひっかかったらどうなるって?

もちろんそれは完全に
教室を運営している側の問題で

こんな所を改善しないとダメだよー!と
パリ市から指導が入る事になるのです。

なので
ぶっちゃけ保護者には
まったくもって関係のない話。

でも

これがフランス!と
しみじみ〜



だって、この感覚
日本と真逆すぎるんですもの!

paris10.jpg 

ほら多分日本なら

もともと市に言われてる規則は
きっちりと守り

そこに通っている人達にも
ルールに従わせるために徹底すると思うんですよ。

規則でこうなってます!
だから守ってください!

みたいな。


でもフランス
こう言う時の感覚がゆるい!

規則があって無いような物。
なシチュエーションも多い。

そのせいあってか
保護者達にも面倒な事をおしつけて来ない。

そのお陰で

保護者達もゆるい感じで
習い事のつきそいが出来ると言う

お気楽スパイラルになっているのです。

だからこう言うメールが来るんでしょうね。

まるで保護者も共犯!?みたいな。

でもって保護者としても
ガチガチとした環境で習い事続けるのはつらいので

ついつい
教室側の味方になるんでしょうね。

ぷぷ。



私?
もちろん教室側に協力するわ。

だって
ガチガチのルールを守りながら
習い事に連れて行くなんて

大変すぎるし

このゆるさがあるから
教室の人たちもゆとりある感じで働いていて

教室の空気が良くなっているのが
わかってますからね〜。



もちろんこのメールに

衛生面とか
子供が危険になりそうな点とか

そんな内容に目をつぶれ的な事が書かれていたら

それはちょっと
おいおい!そこ守ろうよ!

となるけれど

そう言った点には
まったく触れていなかったので

そこはきっちりと市の基準を守ってくれていると
私としては信じているわ。

いや

信じないと続けるのが怖すぎるのさー。



1通のメールで
なんだかフランスの国民性を
しっかりと感じた気がした私。

日本人からみたら考えられないこの適当さ。

でも

時には

ガチガチの中で子育てするよりも
親にとっては助かる事もあるなぁ

なんて思っている私に
今日のぽちぽちクリックを2つ!お願いいたします。

こうしてどんどんとダメ人間になる私。
もう日本には戻れないわね。。。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

心の余裕。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日の

12年ぶりの
RATPの大規模ストの日に限って

従兄弟の結婚式の為
RATPを使わないとならなかった我が家。

大変な思いをして
TGVが出発するモンパルナス駅に到着したのですが
(その時のブログがこちら

そんなストを見込んでか
けっこう早めに到着している人も多く

駅はごったかえしておりました。



皆さん、私達みたいにストレスフルな状態で
ここまでたどり着いたのかしらねぇ。

そんな風に思いながら
TGV乗り場に向かっていた時の事。

奥の方から
なんだか陽気な音楽が聞こえて来た。

時間に余裕があったので
そちらの方を見に行くと

おおおおっ!

IMG_3706_201909182305127b9.jpg 

ローラースケートをつけたムッシュ達が
ジャズを演奏しながら

楽しそうに踊っているではないか〜!

こんなストの日に
こうしてわざわざ駅まで来たんだね。

プロ根性、あっぱれ!

IMG_3708_201909182305111dd.jpg 

駅内は混んでいたけれど
彼らのためにスペースをあけ

エンターテイメントを楽しむフランス人達。

息子も

ガン見。。。。

IMG_3712_20190918230509237.jpg 

ついには
一緒になって踊り出す人達も!

IMG_3713_201909182305089ee.jpg 

これがね

私がパリで好きな所の1つ。

本来なら
こんなストの日

大変な思いをして
この駅に来ている人も多いだろうに。

でもって

ごった返している駅内で
大きなスペースを取り

大音量でジャズを奏でて踊るグループ。

でも、こんな時でもフランス人は
こういった事をとことん楽しんでしまうんですよね。



以前このブログでも

東京のとある駅で
誰でも演奏して良いピアノを設置したら

人混みが危ないとか
邪魔になるとか

そんな苦情が入って

あっという間に撤去する事になった。

なんて記事を書いた事があるけれど
(その記事がこちら

フランス人はこんな時
むしろリアクションが正反対だな〜と

つくづく思ったのです。

でもって私は
こんな陽気な彼らが大好き。

だって実際
大変な思いをして駅まで辿り着いたけれど

嫌な気持ちが
一瞬でなくなってしまったもの〜。

広いスペース確保より
静かな空間確保より
お客の安全?確保より

こうやって楽しい解決方法で気持ちを上げる方が
やっぱり良いと思うのよね。



私も彼らのように

心に余裕を持って
人生を楽しめる人になりたいな〜。

前に出て
一緒に踊っちゃうくらいの余裕が欲しいな〜。

イライラする事もある
パリ生活だけれども

なんだかパリジャンの生き方を学んだ様にすら思えた
出来事だったのでした。

ちょっとした事で色々と考えてしまう私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

イライラされるよりも踊ってくれる方が
見ているこちらも気持ちが良いよね〜。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

え!!!この話は!?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



先日
甥っ子、次男坊のI君の
洗礼式を行った時の事

この時の洗礼式は
4組みが合同で行われまして

参加者の数が4倍になったのはもちろんなのですが

世代的に
子供がいる人が多く

子供だけでも
40人くらいが参加しておりました。



それがわかっていたからか
それとも慣れていたからか

こちらの神父さん

子供たち全員が参加できるイベントを
用意しておいて下さいました。

それがね

これ。

IMG_2353.jpg 

息子の手に握られた
お花。

参加する子供たちは全員
1輪の花を持ってくるように

あらかじめ伝えられていたのです。



洗礼式が始まり
30分ほど経った頃でしょうか。

神父さんがこう言いました。

”子供たちよ
皆、前にいらっしゃい”と。

その声で
神父さんの周りに集合する子供たち。

IMG_2365.jpg 

そこには大きな花瓶が用意しておりまして

そこに持って来た花を入れるように
指示をしたのです。

IMG_2372.jpg   

おおおおおっ

とっても素敵なブーケが出来たね!と
微笑ましく見ていた私。

そうしましたら神父さんが
子供たちに向けて

お話を始めました。

”皆が持って来てくれた
それぞれの1輪の美しい花たち。

全部が揃う事で
さらに華やかさが増しましたね。

でも
皆がそれぞれ持って来てくれたから
知っているだろうけれど

どの花もとても美しく咲いていて
力強く凛として咲いていて

一つ一つがそれぞれ
とても素晴らしい花なのです。

そう
それはまるで

神に与えられた個々の命で生きている
君たちの様。

花達はお互いを僻み会う事なく
憎しみ合う事なく

ただ自分の持っている力を出し切る事で
こうしてキラキラと輝き

周りの人を
幸せな気持ちにさせてくれています。

そして
集まる事でその輝きは増すことも出来るのです。

君たちも同じ。

それぞれが既に美しく愛おしい。

そんな自分を愛し
そして隣人を愛し成長して行きなさい。

そうやって
輝いて行く君たちを

神様も見ておられるのだよ。”



そんな内容だったのですが

えっと。。。

あれれれ。。。。?

これって。。。!?

まるで
「世界に一つだけの花 by SMAP 」
の内容ではないか!?





もう、そこから一気に
甥っ子の結婚式のテーマソングが
私の中で決定よ。



あまりにも気になり

後でこの曲を作詞作曲した
槇原敬之さんの事を調べてみたら

彼が1999年に
覚せい剤取締法違反で逮捕された時に

自分を見つめ直そうとして出会った仏教から影響を受け

さらには
フランスの代表傑作
「星の王子様」で

いくら沢山のバラがあったとしても

自分が一生懸命世話をして愛おしさのあるバラは
自分にとっては1番美しく思えるようになると悟る

と言うお話の影響を受け

書き上げた曲らしい。

なーるーほーどー!



そうなると

フランスの神父さんが
似た様な話をしたのには

なんとなく納得。

宗教ってそう思うと
向かっている先や願いの根本は
みな同じなのかもねぇ〜。

IMG_2371.jpg 

なーんて。

勝手に甥っ子の洗礼式のテーマソングを決めながら
儀式に挑んでいた

仏教徒な伯母な私なので

大きな事はいえないんですけどね。



でも
胸に響く言葉と言うのは
世界共通なんだわ。

と言うのはハッキリとわかった私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

NO1にならなくていい!
もともと大切なOnly One!よ

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR