FC2ブログ
   
01
:
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

世界の手塚。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

イルミネーションを見ながら
モンテーニュ通りをうろうろしておりましたら

こんな広告を発見!

image4_2018112606304056d.jpeg 

ここに記載されていた金額が
あまりにもモンテーニュ価格で

愛さん、思わず2度見よ〜。

だって
269400ユーロって書かれてたんですもの。

3500万ですよ、3500万。



まあ、世界の有名な名画は
何十億とするので

そんなのに比べたら
安い、安いっ。はっは〜。

なのかもしれないけれど

これ、写真だと
とーーーってもわかりずらいですが

アニメの原画?版画?なんですよ。

それでこの値段って。



なんてこった!と
さらに近づいて見て見たら

あっ!
どこかで見覚えある画風っ!

って。

我らが手塚治虫先生の原画ではないですか!

IMG_8203_20181128164208682.jpg 

この広告を発見したのは
モンテーニュ通りとシャンゼリゼ通りがぶつかる

Artcurialと言う建物。

ちょうどGUCCIの向かいにあります。

artcurial.png 

シャンゼリゼを散策した事がある方は

いったいここは何なんだろうと
気になって覗いた事があるかもしれませんが

実はこちら
オークション会場なんですよ。

そう
要はこちらの会場で

手塚先生の原画が
269400ユーロで
出品された模様です。



うーん、こんな身近に
手塚作品があるなんて!

手塚治虫のブラックジャックを
このなく愛した私からすると

なんだか嬉しいな。

でも
身近には感じたけれど
金額が遠過ぎて

逆に距離を感じるわー。

すっかり世界の大巨匠になってしまっているのね!

tezuka.jpeg 

こりゃ
日本にもお宝がたくさん眠っているかもね。

なーんて思い
家に帰ってあわててぐぐってみたら

日本では手塚先生の原画が
50万以下とかで売られている事を発見。

え?
ほんと?

あれれ。

どーいう事?

もしかしてこの会場の原画は
1冊まるまるとか?

もしくは
金儲けのチャンス???

もっと詳細
調べてくればよかったなー。


ちょっと夢見てしまったりして。

ふふ。



なにはともあれ
日本の人がこうして世界で認められているのを知ると

同じ日本人としてとても嬉しいし

そしてなぜだか
私も頑張らないと!って気持ちになるのです。

まあ、レベルが違い過ぎて
恐れ多いですけどね。



久しぶりにブラックジャックが読みたくなったわ〜。
ダウンロードするかな。

原画じゃなくて漫画で十分な私に
今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

日本の夏、フランスの夏。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

翔泳社さんの
みんなの暮らし日記”ONLINEに

”フランス人の夏休み、日本人の夏休み”
と言うコラムを書かせて頂きました。

vacancesete.png 

パリの情報誌

Le Parisienによりますと

フランス人はこの夏
69%の人がバカンスに出かけ

彼らの平均バカンス日数は
2週間なんだとか。

etevacances.png 

実際に毎年夏の時期は

パリはパリジャン達が忽然と姿を消し
ほぼ観光客の街になります。

鉄道などがCLOSEし

レストランやショップなども
8月いっぱい休みになり

活発になるのは
パリジャンがいないうちに行われる工事くらい。

夏のパリは
いつもと違うパリになるのです。

parisparis.jpeg 

こんなに休んで
フランスって大丈夫なの?と

色々な意味で
心配になりますが

一人当たりの国内総生産(GDP)は
フランス人の方が日本人よりも高いんですよね。

parisparis5.jpeg 

この様な小ネタを挟みながら

日本の夏とフランスの夏を
色々と比べてみましたので

興味ある方は
ぜひ読みに飛んでみてくださいませ。

でもその前に!
応援ぽちぽちを頂けると大変嬉しいです。
ぽちぽち。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

日本の凄い所。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




ワールのカップの興奮が冷め止まぬ
パリの街、、、

では無く

私の心、なのですが

サッカーに興味の無い一族と一緒に
夏を過ごしていたので

息子もこれまた
サッカーに無関心なのが

私的には残念でならない。

だって、サッカー世界1位の国にいるのに!!!

image6_2018072900083886a.jpeg 

そんな中

一族で唯一サッカーに興味がある旦那君が
長期出張を終えて帰ってきたので

さっそく、その思いを彼に伝えてみた。

んら

”まあ、本人が興味ないなら
しょうがないよ〜”

と、ごもっともな返事。

まあ、ね。そりゃわかっているのよね。

興味無い物を無理やりさせようなんて
そんな気はさらさらないのよ。

でも
私の中で

男の子は皆サッカーに憧れるとか
勝手な妄想があったので

その”全く興味の無い姿”に
ちょっと驚いているのさ。



サッカーって男の子達
みんなが興味を持つものじゃないの?

と旦那君に聞いてみると

確かに僕も弟も周りの友達も皆
子供の頃はみんなサッカーが好きだったな。

そうそう、きっかけは

”Olive et Tom"

だったよ!

と。



おりぶえとむ?
オリーブ と トム?

トムとジェリーなら知ってるけど
そんな2人は知らんがな。

tomjerry.jpeg 

でも、何にせよ

フランスの少年たちが
サッカーを好きになったきっかけなら
何でも良い。

とりあえずそれ、やってみよー!と言うと

旦那君が見せてくれたのが、これ

olivieettom.jpeg  
って、おい
完全にキャプテン翼じゃないですか!?



これ
全くもってその通りでございまして

日本の”キャプテン翼”のアニメが
フランスで"Olive et Tom"として放映され

フランスの子供達に大人気だったんだって。

tsubasa.jpg 

なんでOlive et Tomかって。

なぜならそれは

左:Thomas 君
右:Olivier 君

olivieettom.jpg 

どうやら彼らの名前から来ているらしい。

、、、、って、おい。

めっちゃ日本人顔じゃないか。



日本では1983年から放映された
この漫画は

日本中の少年たちに
サッカーブームを起こしたと言われているけれど

まさかのフランスの子供達にも
サッカーブームを引き起こしていたなんて

なんだか凄いねぇ。

しかも旦那君を含め
フランスの子供達

この漫画の舞台が”日本”だなんて
何も感じてなかったらしい。

アニメの所々に
日本ぽい景色どころか
漢字とかが出て来ちゃってるけれど

子供達にとっては
そんなの関係ないくらい夢中になれる

そんなアニメだったと言う事なのかもね。

olivier_20180814002557622.jpg 

残念だけれども
現実社会では

フランスの方が
サッカーは圧勝だけれども

漫画と言う空想の世界では
日本は何にでもチャンピオンになり得るんだねぇ。

すっかり有名になっている
日本の漫画文化。

世界に影響を与えるレベルになっているんだな〜と
改めて感じた私だったのでした。



ちなみに息子にアニメを見せてあげたら
まさかの全く興味なし。

こりゃ、本気でサッカーはむいてないんだわ。と

Olive et Tomで再認識する事になった私に
今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR