06
:
18
26
27
28
29
30
   

茹でるの基準。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




毎年この時期は

これでもか!と言うくらい
ホワイトアスパラガスを食べる私。

何をそんなに追い詰められているのか?と
自問自答したくなるレベルで

1人で限界に挑戦しながら
くらいついております。

image2_20180529160203954.jpeg  

日本にいた時は
ホワイトアスパラガスを家で食べた事がなかったけれど

フランスではこのホワイトアスパラガスは
一般的に家で食べられるお野菜で

春の旬のお野菜として
よく食卓に上がります。



でも、家で扱う事に
まったく慣れていなかった私。

なので初めてマルシェで購入した時に
料理の方法をお店の人に聞いてみたのです。

そうしましたらその答え

皮の硬い部分を全部むいたら
塩を入れて20分くらい茹でればOKだよ〜。と。

image1_201805291602044b3.jpeg   

なのでそのアドバイスに忠実に
料理しておりました。

でも先日

行きつけのレストラン
Au Bon Accueilに行った時

ホワイトアスパラガスのメニューがあったので
シェフにチロっと聞いて見たら

”茹で時間は5分で十分です”

だって!



ホワイトアスパラガスを家で食べるようになって
約3年

初めて知った驚愕の事実!!!




でも
考えてみたらそうだった!

フランスは何でもかんでも
”よく茹でる”国民だった!

何でもクタクタになるまで
茹でたり煮込んだりするんだった!

例えばフランスでパスタを食べると

麺がべちょべちょで
アルデンテとは程遠いのは有名な話。

カリフラワーなんかも
フォークでやさしく押すだけで
グチューッと潰れてしまう程だったりする。

フランスでは食べ物を消化する為に

しっかりと茹でたり蒸したりしないと
良くないと言われてたりするよのね。

特に昔の人や田舎の人は
そういう考えの人が多いらしい。

IMG_4371.jpg 

そう思うと

私が初めてホワイトアスパラガスを買ったのは
アルザス地方の小さなマルシェ。

しかも聞いた相手は
70代後半と思われるムッシュ。

うん、そりゃ、20分って言われちゃうよねぇ。



IMG_4370_20180529153941c84.jpg 

そうなると

フランスの一般論ってどうなんだろう?と
さらに興味が湧いてきた私は

googleさんで色々と検索。

そうしましたら
これまたわかりやすく

モダンな料理サイトでは茹で時間5〜8分
昔からのレシピサイトでは15分〜20分

そんな風に書かれておりました。



シャキッとしたのを好むか
クタッとしたのを好むか

もう完全に好みの問題ではあるけれど

でも
これだけは言える。

どんな風に料理をしても

フランスのホワイトアスパラガスは
ほんとーーーーーに美味しい。

この時期にフランスにいらっしゃる方は
絶対に食べるべき

そんな食材の1つなのです。

と言う

結局単なる
”ホワイトアスパラガスのススメ”
的な内容で失礼しますが

今日の応援クリックを頂けると恐縮です。

皆さんの応援があると嬉しくなって
今日もまたアスパラガスをほおばるのです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ぼったくり未遂。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




パリにいらっしゃると
マルシェを訪れる方もけっこう多いと思うのですが

値段がkg設定なので曖昧なものも多く
雰囲気も地元地元してるので

フランス語ができないと
なんだかハードルが高い感じがすると思います。

tomatos.jpg  

私も最初はびびりまくりで

欲しいものを指差したりしながら
ジェスチャーだけで乗り切っておりました。

でも
今のアパートに引っ越して来てからは
すぐ近所のマルシェに頻繁に通う様になり

そうなると

お気に入りの店とかが出来て
お店の人も顔見知りになるので

このお肉屋さんの
この場で挽いてくれるハンバーグが
新鮮で美味しいのよね〜

とか

ここの魚屋さんのお兄さんはとってもシャイで
いつもはにかんで接客してくれるのよね〜

とかとか

ここのパン屋のマダムは
お金を支払う時に必ず私のジェルネイルをチェックして

ブラボー!と褒めてくれるのよね〜

とかとかとか

お買物がマルシェの方達との交流の時間になって行き
マルシェで買物するのがどんどん楽しく〜。



でも先日
あまりに急いでおり

常連の店だと長くなるので
いつもと違うマルシェのお肉屋に行って

ぱっぱっぱっ!と
息子の好きなソーセージを4種ほど選び
お会計をしようとした時の事。

その値段

”29ユーロです”

と。



え。ソーセージ4種類でその値段?
ちょいとお高くないですか?

いつものお店だと
絶対に20ユーロ以下なのに!

IMG_8955_20171215184258cc9.jpg 

でも
マルシェの場合

1つづつ包んでからそれぞれのグラムを測り
そこで初めてその値段を言われるので

ここまでされるとなんとなく
NOとは言いにくい。

しょうがないので言われた金額を払ったけど

でもやっぱり29ユーロは高すぎて
なんとなくもやもや。

そんな時、ふと

そう言えばお肉と一緒にレシートをいれてたな。
と思ってその場でみてみたら、、

それぞれ名前が書いてあるわけじゃないけれど
私が買ったものとは/kgの値段が違う気が。

これは何だかおかしい!!!!と

そのままダッシュでお店に戻り
さっそくムッシュに問いただしてみましたよ。

そうしましたら

えーっ!気づかなかった。
前回買物した人のと間違えたのかな。
うっかり、うっかり。

はっはっは。

だって。



そして再度計算してもらったら
その合計14ユーロ。

半値以下じゃないですか!



でもね
よくよく考えてみて下さい。

私でも値段を聞いただけで
”あれ?おかしいぞ?”って気づいたのに

店主が気づかないなんて事
あると思いますか?

そんなはずはございません。

じゃあ、何かって言いますと

これね
マルシェでたまに聞く手口の
ぼったくりなんですよー。



この日は急いでたので
ほぼ無口で買物をもくもくとした私。

きっとそれがいけなかったんだわ。

なめられたー!!!

IMG_8583_201712151853022b5.jpg 

日本人だからといって
NOと言えなかったのは数年前までの私。

この街で生きる為に
はっきりと物事を言わないとならないのは
身を持って学んでます。

マルシェのおじさん!

日本人だからってなめないでよね!
こうやってパリで強く生きている日本女もいるのよ!

とまではさすがに言えなかったけど

でも
これで少しでも未来の日本人被害者を減らせるかも。

なんて思うと

ちょっとした自己満足すら覚えた
私だったのでした。



こんな時にも前向き前向き。

前を向いてないとやってられないと学んだのも
海外生活のおかげだわー。

こうして今日もパリで強く生きている私に
応援のぽちぽち!お願い致します。


それだけで私は
もっともっと強くなれるのです。

ぽちぽち!


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

せっかくなら極上を。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




フランスに来て
”これは美味しい!”と
感動した食べ物はたくさんあるけれど

その中でもダントツで
なんじゃこりゃレベルだったのが

乳製品。

ヨーグルトやバター、チーズ

これらの美味しさは
反則レベルでございます。



フランスでも
その中でのレベルがありまして

例えばスーパーで買える様なものから
マルシェや生産者から直接買うものまでと

お味もお値段もピンキリ。

でも私からすると

スーパーで買えるレベルでも
どれもこれも本当に美味しくて

例えば日本で超有名な

丸の内にオープンした
美味しいフランスのバターの店

”エシレ”

echire.jpg 

100gで1000円近い
超高級バターにもかかわらず

それでも行列が出来ている程の人気っぷりらしいけど

この”エシレ”だってフランスだと
スーパーで普通に買えるバターの1つなんですよ。

1つ2ユーロ位で買えてしまうのです。

そんな事からも

いかにフランスの乳製品が凄いか
わかって頂けるかと。



そんな我が家が最近こだわりだしたのが

チーズ。

パリのスーパーに行くと
数メートルに渡り、チーズ売り場があり
その中にも私のお気に入りチーズがいくつかあるけれど

やはしね
チーズもね

専門店で買うと全然味が違うのです。

IMG_3960_20170608213211009.jpg   

そんな我が家が最近よくチーズを買うのが
こちらのお店。

IMG_3961_20170608213211135.jpg 

めちゃくちゃ青空の下にあるこの場所は
水曜と土曜に出没するイエナのマルシェでございます。

そう
こちらのマルシェにあるチーズ屋さんで
チーズを買っているのです。

IMG_3958_20170608213209e9a.jpg 

400種類以上存在すると言われているフランスのチーズ。

そんなチーズの国に嫁いでまもない私は
まだまだ全然ペーペーで詳しく無い。

なのでマルシェの人と相談しながら
毎回違うチーズを買ってみて

自分の好みの味を探すのがとっても楽しいのです。

IMG_4111_20170608213214b67.jpg 
店名:Les Chevres de Saint Vrain

私の大好きなチーズの1つ”コンテ”も

本物の味は
スーパーで買うのとは全く別物だと言う事を学んだし

熟成の月日で美味しさが違い
36ヶ月ものがたまらなく好みだと知ったし

同じハードタイプでも
Beaufortが美味しくてたまらん。

なんて言うのも
こちらで教えてもらえましたよん。

IMG_4110_201706082132135c9.jpg 

確かにスーパーに比べると
そのお値段は2倍以上してしまうけれど

でも
美味しいチーズが食べれる国にいるからこその贅沢と思い
買っております。

でもって

高いとぱくぱく大食いしないから
きっとダイエットにもいいのさー。

まあ、食べないのが1番だけどさ。

些細な抵抗です。



フランスに来たらチーズはマスト!
なんていう方も多いと思うけど

ぜひ滞在中は
チーズ専門店の美味しいチーズを
召し上がってみて下さいね

特に今の季節は
持ち帰るのは厳しいから

どれだけ胃袋に詰め込めるかが勝負ですよ。

グラムで自分の好きなだけ買えるのも
旅行客の方にはむいているかと思います。



と言う

最後は

チーズ好きによる
チーズ好きなための
チーズブログとなりましたが

チーズが好きな方も
まったく興味が無い方も

今日の応援クリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入ります。
最近下降気味ですのでご協力お願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR