04
:    

フランスの普通。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





以前、こちらのブログで
旦那君のプレパ時代の友人達が来た

なんて話を書いたけど
(その時のブログはこちら

この日参加した4組のうち3カップルは既婚組で
1カップルは事実婚は済ませて同棲中。

まあ、フランスで事実婚って言うと
ほぼ結婚と同じ感じなので

そう言う意味では
み〜んな落ち着いた人達の集まりでした。

FullSizeRender_2_201702021900485f4.jpg 

2ヶ月に1回くらい定期的に集まる私達。

かれこれ3〜4年続く恒例儀式なんだけれど

昨年事実婚をして現在妊娠中のAチャンは
最初はずっと一人で参加。

こりゃ、生涯独身をつらぬくのかしら?
なんて皆が思い始めた2年ほど前に

初めて現在の彼を連れてきてくれたのです。

でもってその時の彼は
”離婚調停中”

の、身。



そうなると
そうなると
そうなると

もしかして
もしかして
もしかして

その離婚の原因は、、、、?

。。。。。?

と思ったけれど

まあ、人生いろいろあるよね。
ここはつっこんじゃダメだよね。と

あえて何も触れてなかった私達。

そのAちゃんが2年経った今
妊娠8ヶ月となりまして

その彼と新たな家庭を築こうとしております。



離婚再婚
現代ではよくある話で

フランスでは何にも珍しくはないのだけれども

でもね
日本から来が私にとっては
なんとなく気になった事がある。

それは先日我が家で行った食事会に

このAちゃんカップルは
旦那さんの子供と一緒に参加したのです。

FullSizeRender_1_20170202190047626.jpg   

7歳の男の子と4歳の女の子だったのだけれども
私はなんとも複雑な気持ちに。

だって
彼らの両親は2年前に離婚。

でもってパパは
その時点で新しい女性とおつきあいしていて
その女性は妊娠中で

しかもパパに会えるとなっている日に
その女性の仲間達開催の会に連れてゆかれてる。

これってけっこう
複雑じゃありません?



人様の行動に
とやかく言うつもりは無いけれど

現在2歳児の母な私は
自分の人生を子供中心に考える様になっておりまして

なんとなくひっかかったのですよ。



そんなのをチロっと旦那君に言ってみると

その返事
”これね、フランスでは普通なんだよ”

って。



確かにね
これはフランスでは本当によく聞く話。

結婚しないでも普通に子供を産む国なので
こう言う事がおこりやすいのです。

でもって

子供の為に自分の人生を犠牲にしたりしないし
自分の幸せが子供の幸せだと本気で思っていので

フランスでは”普通”と言われてしまう事なんです。

でもこれってあくまでも
"親都合"の普通であって

子供も”普通”って思っているのかな?

実際はどんな心境なんだろうかと
ちょっと思ってしまったわさ。

と言うのもこの2人のお子さん

なんだかね
とっても暗い感じでね

自分の世界に黙々と入ってしまい
うちの息子のことなんて完全に無視して個人で遊んでいて

ちょっと意地悪なイメージだったのです。

これは単に
彼らがそう言う性格だっただけかもしれないけれど

でもやっぱり

まだまだ両親が必要な小さい時に
離婚するほど両親は不仲で

彼らの人生の為に
それを”普通”とされて振り回せれてるのは

それなりに影響があるのではないかと
私は思ってしまいました。

もちろん
離婚する事を否定する気はさらさらない。

一生の伴侶を1発で決めれない事だって
絶対に起きうる事だし

それを無理してまで一緒にいようとするのは
色々な意味でむしろ良くない気がする。

不仲な両親の元でずっと育てられたら
これまた子供にとっても悪い影響があると思うし

それならいっそのこと
きっぱりと離婚してしまうのも

1つの選択肢であると思う。

実際に私の友達にも離婚している人はいて

結婚していた時よりも
キラキラとした人生を送っているので

よかったな。とすら思ってるし

お互い子供はいなかったけれど
再婚の夫婦もいる。

ただ、問題は
その両親の決断によって振り回される子供の事を

”普通”

と思ってしまうフランスの感覚。

それなりにもうちょっと気遣って
対処してあげないとならないのではないかと

そんな事を思ってしまったわ。

でも

”これが普通だ”
って育てられると

それが”普通”に思う様になり
そして定着して文化となるのかな。

いや、もう、フランスの文化の1つに
なってしまっているのかもね。

日本から来た私にはよくわかりません。



日本とフランス
違う所は多々ありまして

でもそれなりに
フランスの文化を受け入れて生きているけれど

やっぱりこの考え方には
どうしても違和感を感じてしまう私。

まだまだフランス人になりきれてない

って事なんでしょうね。

異国に暮らすって
時にとてつもない文化の違いを感じるけど

それを受け入れる器のある人じゃないと
国際結婚は向か無いんだろうな〜

なんて改めて考えてしまった私に
今日の応援クリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります。
皆様のクリックだけが頼りです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

自分広告。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します


1区、7区のアパート
6月まで予約受付開始致しました。

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




パリの街では所々に
こんな風な張り紙が貼ってある。

FullSizeRender-7.jpg  

要は
”仕事下さい”

ってやつなんだけれども

実際にこれは
労働ビザなんかが無い方にとって
仕事を探す1番の手段となっていて

フランス語で黒を意味する”ノワール”で仕事をしてる人は
こうやって雇用主を探すパターンが非常に多い。

もちろんノワールじゃなく正規雇用先を探す場合も
こういう張り紙を利用する方が多い。



この張り紙の場合は

”39歳の教養のあるヨーロッパ人の女性が
パリで雇用主を探してます

ベビーシッター、掃除、アイロン、洗濯、買い物
老人の付き添いetc”

何でもやりますと言う物で

パリで見かける張り紙の内容では
1番多いパターンかな。

でもって
その次くらいに多いパターンは

”音楽系”

ピアノを教えますとか、バイオリン教えますとか

さすが音楽学校が多いパリ。

そこの学生さん達はもちろん
自分の仕事だけでは苦しい音楽家達が
生徒さんを探しているのです。



その場合は外に貼っているよりも
室内の方が多く

例えば地元のパン屋さんの壁とか
そんな場所に貼ってあったりする。

実は私も
大学生の時に同じような事をした経験があり

近所の銀行の掲示板に
”家庭教師やります”
って張り紙を貼ってバイトを見つけたので

なんだかこう言う張り紙を見ると
人ごとでは思えない気分にすらなってしまうのです。



そんな中先日

こんな張り紙を発見!

FullSizeRender-6.jpg 

思い切り手書きで書かれている張り紙で

その内容は

66歳のイタリア人男性が
一緒に人生を共にする女性を探している。

と言うもの。

これを見ただけで
なんだか愛さん、ほっこりよ。

66歳で新しい人生を掴むために

こんな風に手書きの張り紙を作り
貼っていったこの男性を思うと

なんだかとっても
応援したい気持ちになります。



しかもね、しかもね

年配の男性が若い女の子を求めてたりしたら
”おいおいおい、、、”

ってなるけれど

ここにはしっかり

”56歳から67歳”と
女性の年齢が書いてありまして

66歳で自分よりも年上の女性を求めている所が
この男性の本気さを感じるわ。



彼の用意していた電話番号の紙が
残り2枚になっていたので

色々な方が興味を持ってくれた様子。

まったく知らないムッシュだけれども
なんだか嬉しいわ。



何歳になっても人生を楽しむヨーロッパ人。

そんな彼らのアクティブさを
改めて感じさせられて

とってもほっこりとした

私だったのでした。

何歳になってもこう言う気持ちが残っているって
とっても素敵よね。

うんうん、そう思う!のクリック頂けると
大変嬉しいです。

最近下降気味のポイントなので
ぜひ皆様の援護射撃をお願い致します。


ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

大気汚染で物申す。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




今月のパリの冬は
いつもと違う。

残念ながら
良い意味では全然なく

かなり悪い意味で
いつもと違う、のです。

なぜなら

久しぶりに
やってきてしまったのですよ。

大気汚染が!!!

IMG_6283_20161216183527f2e.jpg 

なんかね
今年の冬は雨が降ら無い上に

無風。

そのせいか
汚い空気がパリの上に停滞してしまっているんだとか。

冬になると
皆が暖房をつけ始めたりするせいで

一瞬、大気が悪化するのは
毎年恒例の事だけど

それを拡散してくれる風がないので
困っちゃってるんです。



と言っても
見てわかるレベルでは全然なく

中国と比べると
その汚染度は半分くらいのレベルで

普通に綺麗な景色が見えておりますよ。

IMG_6282_201612161835240ce.jpg 

こんな時

パリの対応の早さには
かなりびっくりする。

すぐに公共のバスや地下鉄が無料になり
車の乗り入れも偶数、奇数のナンバープレートで
順番に規制。

学校では子供を外で遊ばせ無い様に勧告し

できるだけこの大気汚染を悪化させないよう
そして被害が出無い為の政策を

あっという間に実施する。

逆いうと

そこに
”国民の意見”
なんかは通りません。



突然

”今日は車で仕事に来ちゃダメよ!
なぜなら車のナンバープレートが偶数だから”

なんて言われたら

おいおい
どうしても今日は車が必要なんだ!
車が無しでは仕事にいけないよ!

って混乱が起きそうなものだけど

ストライキや突然のトラブルに慣れているパリジャン達

ああ、C'est La Vie!
これも人生、しょうがないね〜

こういう状況は
案外すんなり受け入れます。

ダメなものはダメなんだと
すぐに納得するのです。

なので特に混乱はございません。

IMG_6286_20161216183527c15.jpg 

しかしさ〜〜〜〜〜〜〜。

確かにね

車から出る排気ガスって
大気汚染のかなりな原因になるのはわかる。

特にフランス
普通に古い車やディーゼル車が主流なので
かなりな汚染の原因になるんだよね。

しかも

都心から郊外にのびる鉄道等がいいかげんで
本数もそんなに多く無いので

郊外から出勤する場合
車以外の選択肢が無い事も多く

どうしても車がたくさんになってしまうのよね。

んが、ね

私個人の意見を言わせてもらうと

とにかくパリよ

もうちょっと
”タバコ”
を規制してくれ〜!

確かに小さな小さな煙にすぎないかもだけど
チリも積もればなんとやら

彼らの出している煙って
かなりな大気汚染の原因になっているのでは?
と思います。

せめてこうやって
大気汚染で車が規制されていたり
子供を外で遊ばせ無い様にと注意勧告出すくらいなら

その日は歩きタバコ”絶対”禁止
喫煙所のみでの喫煙OKにしてくれぃ。

どんな大気汚染の日よりも

バスを待っている時に吸ってしまう
スモーカー達の煙の方が

息子にとっては
かなり悪い影響になっていると思います。

彼らのタバコの位置は完全に
子供の顔の位置なのよー!



そしてついでに言わせて頂くと

許せ無いのが
”ポイ捨て”

いや

100万歩譲って
吸い殻のポイ捨てには目をつぶろう。

だが

普通に火がついて
煙もくもくしたままのタバコを
ポイ捨てするのは

本当にやめてくれ〜!

道端に転がっているのに
悪い煙を出し続けていて

世の中にあれほど
無意味な存在のものってないわ。

百害あって一利なしとは
まさにこいつの存在よ!

タバコが絶対にダメとは言わ無い。

でも

やっぱりちゃんと
マナーを守って欲しいのです。

空気清浄機の設置された喫煙所の中で吸う習慣が出来れば
ちょっとはこの国に平和が訪れると、、、

いや、少なくとも
私たちファミリーには平和が訪れるのです。



結局は自己中な主張をしてしまったこのブログ。
私の心の叫びをついつい綴ってしまったわ。

でも、おかげですっきりと
ちょっと満足感すらある私に

最近危ういランキングに
応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入り
私、そうとう、嬉しいです、ほんとに、ほんと。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR