FC2ブログ
   
04
:
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

オーナー夫妻と卵の話。


ポチッと→

ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけでランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します



パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。

↑お待たせしました↑
4月5月分の予約受付を一気に開始致しました。
皆様のお越しをお待ちしております。




お正月に行った
ブルゴーニュ旅行は

旦那君の強い希望で
街の中のホテルではなく

田舎に滞在する事に〜。

image_2_20200110225016783.jpg 

そして滞在したのがこちら
Gite 1er Cru
(HPはこちらです)

今回はT君が一緒にいたので

ベッドルームが3つ。
洗面所が2つあるのを条件に探したお宿でございます。



image_1_202001102250171ff.jpg 
しかも部屋にはジャグジーまで!


こちらのオーナー夫妻が
と〜っても良い方で

2日目の夜は

ご夫妻で
ワインの試飲会を開催してくれて

image_5_20200110225011cdc.jpg 

美味しいおつまみに
美味しいワイン。

たっぷり楽しませていただきました。



ご自身でワイナリーを経営しているわけではないけれど

ブルゴーニュ出身のワイン好きご夫妻は
常にワインに囲まれた生活をしていて

美味しいワインを見つけたら
少しでも多くの人に飲んでもらいたいと思うようになり

こうやって滞在する人に
試飲会を開いてるんだとか。

一応
1人10ユーロと言われてたけれど

飲んだワインのクオリーティーや量
そしておつまみなんかを考えてたら

格安!
もう、無料に等しい!

でもって
購入を希望する場合は
CAVEに連れて行ってくれるので

ムッシュセレクトの素晴らしいワインを
選んで買うことができるんです。

image_12_202001062156421bb.jpg 

しかもしかも
100ユーロ以上を買った場合は

試飲会の10ユーロは無料になると。

って。

3人で300ユーロ!
なんて良心的!

10%オフでワインが買える様なものではないか!

image_13_20200106215640a33.jpg 
ワインを選んでいる私と旦那君。by 写真家の息子



こんな感じで
すっかりこちらのオーナー夫妻と
仲良くなった私達。

パリに帰る最終日には
こちらのオーナーマダムから

これを持って帰って〜と、プレゼント。

image_6_20200110221403bdb.jpg 

お、おおおおっ!

新鮮なたまごさん!

image_7_20200110221401455.jpg 

我が家で今朝とれた
新鮮な卵よ!

と言って
下さったんですが

やけに大きさに差があるね!

image_9_20200110221358ddd.jpg 

自然で育っている鶏っぽくて
良いね〜

なんて言ったら

image_3_20200110225015e03.jpg 

あ、こちらは鴨の卵よ。

ですって!



image_10_20200110221357506.jpg 

え。ごめん。

私、人生で
鴨の卵を手に入れた事がないんですか

普通に食べれるんでしょうか?
どうやって調理すれば良いんでしょうか?



よくわからないまま
1週間冷蔵庫に放置してしまい

どうしたもんかと

さっきHPで
”鴨 卵 フランス”
みたいので検索したら

その99%は有精卵。

って書いてあったんですが。

って、おいおい。

それって
放っておくと生まれるって事?

卵の中で
既に成長してたらどうしよう。

なんだかますます

どうやって食べたら良いか
わからなくなってしまったではないか。

image_7_20200110221401455.jpg 

冷蔵庫を開けてこの卵が目に入るたび

首をかしげては
ドアをそーっとしめてしまう

そんな都会っ子な私に

今日のクリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

こちらも是非な、観光名所。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




今回のブルゴーニュ旅行。

一緒に行ったT君は
何気に初ブルゴーニュと言う事で

それなりに観光もしましょうと
向かった先が

Patriarche Pere & Fils
(HPはこちら

image_5_20200108010550bb4.jpg 

こちらのワインは
日本でも簡単に手に入るくらい

超がつくほど有名なのですが

ブルゴーニュに行ったからこそ
楽しめるのが

こちらのCAVE!

image_3_202001080105539d2.jpg 

こちら
ボーヌの街の中にあるにもかかわらず

最大のCAVEがある事で有名で

なんとその大きさ
全長で5kmもあるのです〜。

image_2_2020010801055538a.jpg 

あまりにも巨大すぎて
案内掲示板がないと間違いなく迷います。

それくらい巨大なんですよ。

image_20200108010558654.jpg  

でもって

そんなCAVEがそのまま
観光名所になっておりまして

入場料(18ユーロ)を払うと
見学出来てしまうのです。



もちろん
そこに置いてあるワインは全て本物で

出荷を待っているものも多々。

そんな中
こんな場所もありまして

image_4_202001080105525e1.jpg 

こちらに置かれているワインは
1994年のものなのですが

これをまずは2020年に(今年!)に開け
次は2050年に
そして2094年に



開ける日が決められているのです。



1994年に生まれたものが
100年の時を待って眠っているなんて

なんともロマンチックではないか!

ワインのオーロラ姫〜



飲兵衛視線で
うっとり〜

image_1_20200108010556870.jpg 

そんな巨大CAVEを散歩した後は
もちのろんでありますとも!

ワインの試飲。

image_6_20200108010549887.jpg  

入場するときに
この様な伝統的な試飲グラスを頂き

ソムリエの待っている
タルのテーブルで試飲をするのです。

image_8_20200108010546798.jpg 

は、嘘です。

これはうちの息子です。

ソムリエ気分で
待っている

飲兵衛の血を間違いなくついでいるであろう
我が家のチビです。

実際はただ単に
テーブルには開いたワインが置いてあって

自由に試飲が出来るようになっております。

image_7_202001080105475c1.jpg 

でも
我が家の場合は

プチソムリエが
全部サーブしてくれましたよ。

image_9_2020010801054480e.jpg 

これぞワインの英才教育?
だわね。



こんな感じで
CAVEの中では10種類くらいのワインが飲み放題!

ではなくて

試飲し放題!

だし

この試飲カップは
お土産にもらえるので

18ユーロの入場料は
全然お高くなく

むしろお安いくらいだと思います。



ボーヌの街に行くと
どうしてもホスピスを訪問しがちですが

いや、ホスピスも素敵なのですが

hospices.jpeg 
画像はお借りしました

ワイン好きさんなら
こちらの訪問も楽しいではないのでしょうか?

所要時間は全部で1時間半ほどなので
なんなら両方回ってください〜

と言う
ボーヌの観光情報で恐縮ですが
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

フランスであえてブルゴーニュに行く人は
飲兵衛に違いないと思ってしまうのさー。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

幻のシャブリ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




今回
ブルゴーニュの旅で

最初の目的地だったのが

”シャブリ”

と言う地方。



白ワイン好きさんなら
誰もが知っているこの名前。

でもって
そんなにワインに詳しくなくても
聞いたことがある方も多いと思われるこの名前は

ブルゴーニュ地方の
北にある街。

位置で言うと
ボーヌとパリのちょうど中間にありまして

その名の通り
”シャブリ”と言う名の
シャルドネを使った白ワインが有名な所なのです。

image_1_2020010705125722c.jpg 

愛さん

それは随分
観光名所ど真ん中をついたわね!

と思われるかもですが

ふっふっふ。

今回シャブリに行った目的は
買い出しや観光を超えた

もっともっともーーーーっと
特別な意味があったのですね。

image_20200107051259753.jpg 

実はこのシャブリ

いや

今はシャブリだけの話ではないかもだけれども

あまりにも
白ワインの中で世界的に有名になりすぎたせいか

小さな町で生産される
その大部分が

海外に輸出されてしまっているのです。

牡蠣が土壌に含まれている事からも
魚介にとても合うワインとして有名で

そうなると

ワインの知識が無い人でも

魚と言ったら、白ワイン?
とりあえずシャブリにしておけば間違いないだろう!と

残念ながら
そんな位置付けにもなっておりまして

どんどんと海外に
流れてしまっているのです。

フランスには
わざわざ高いシャブリにしなくても

美味しい白がたくさんあるので
そこまでフランス人はシャブリにはこだわりませんからね。

そんな理由もあり
海外に流れてしまうんでしょうね。



そんな
世界的に有名なシャブリ。

そんな中でも今回は
とある隠れ家に訪問させて頂きました。
(名前は非公開なのをご了承ください)

image_2_20200107051257108.jpg 

と言うのは

実はこちらのシャブリ生産者

あまりにも人気が高く
ついには予約だけで15年待ちになってしまい

数年前から
その予約受付すら中止したのです。

そんな生産者さんの元で
全部で10種類のワインを

ぜーんぶ試飲させて頂く機会があったのです。

うほほ〜

image_4_202001070512541de.jpg 

この日
14時から1回だけ

試飲会を受け入れてくれた
こちらのオーナーさん。

私達(大人3人と子供1人)と共に参加したのは

なんとなんと
ボルドーのワイナリーの経営者ご夫妻2組!

ここのシャブリは
フランスで有名過ぎて

試飲会をしてくれた
元祖生産者のムッシュはワイン界の神らしく

大ファンです!と
そのご夫妻達が興奮気味に話していて

一緒に写真まで撮ってもらっていて

なんだか自分が
どんでもない機会に恵まれたんだわ。

飲兵衛続けていて良かったと
しみじみ〜。



その試飲、なのですが

私は素直に

美味しい〜
うーん、これは苦味が後からくるね。
ほんのりバニラの香り。
おっと、これはパンチがきいている!と

日本語でひとりぶつぶつ言っていたけれど

隣で終始沈黙の旦那君とT君。

なんで黙ってるのさ!
いつもは生産者とぺらぺら話すのに!と

ついつい2人の男子を
問い詰めてみたら

こんなすごい人達の会話
僕たちのうすっぺらい知識では入れないよ〜。

変な質問して
内心笑われたらいやだもん〜。

だと。



そんなのも気にする事なく
一人でベラベラ感想を述べていた私。

いや〜
無知ほど怖いものはない。

でもって
日本語で呟けるって
便利だわ〜。

image_3_20200107051254679.jpg 

こんな感じで
多分1時間半くらいこちらで試飲会をした私達。

もうね
もったいないからと
ちょっとづつ飲んでしまって

最後は若干よっぱらい。

だって
幻のシャブリが目の前にあったら

そりゃ、ごっくんしちゃうよね。
ペッペするのは、バッカスに失礼だよね。
(注:バッカス → 酒の神様)



最後に試しに

えっと

買え、、、、、ないよね?

とムッシュに言ってみたら

ニッコリして
首を横にふられましたよ。

はい。
知っていたけれど

試しに聞いてみただけです。

1本くらい
余ってないかな〜と思ってさ。

ふふ。



こんな感じで

かなり豪華なスタートで始まった
私達のブルゴーニュ旅行。

その後
適当にシャブリの生産者を数軒回り
数ケース買って

ボーヌに向かったのでした。



いや、しかし
やっぱりワイナリー巡りは楽しい〜。

いつかこの楽しさを
日本の飲兵衛さん達に伝える為に

フランスのワイナリー巡りを
もっと身近にさせるプロジェクトを作りたいな。

なーんて

ちょっと思ってしまった私に

皆が皆
愛さんみたいに飲兵衛じゃないのよー!の

叱責クリックを2つ!お願いいたします。

そりゃそうだ。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR