03
:
29
30
31
   

今年も王様ゲーム。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





フランスで1月と言えば

みんな大好き

”王様ゲームっ!!!”

roi 

フランス人が遊ぶ
1月恒例のゲーム、ですね。

と言っても
私のコンパ全盛期に流行った飲み会ゲームでは
もちのろんでございませんで

フランスの王様ゲームの主役はこちら

じゃじゃんっ

ケーキ、でございます。

galetteroi_20170121020128f03.jpg  

このケーキは
”ガレット・デ・ロワ”
と言われておりまして

1月6日にの公現祭の日に食べる
特別なお菓子。

この中に1つ
フェーブと呼ばれる小さな陶器が入っていて

それに当たった人が
冠を被って王様気分に浸れると言う

そーんなゲーム。

IMG_6906_2017012101542738f.jpg 

この時期になると
毎年必ず書く記事だし

他のフランス在者の方もきっと書いてるので

知ってる人も多いと思いますが

フランス在者にとってそれくらい
1月の有名イベントなのですよ〜。



1月は3日に1回くらいの勢いで
このケーキを食べる我が家。

でもね、これ

こんなシンプルなお菓子なのに
けっこうなお値段で

皆が知ってる世界的な人気パティスリー店ともなると
4人分で30ユーロ近くするお店もざら。

かなり財布に痛い。

普通のパン屋で買えば
4人分で20ユーロ以下だし
スーパーのものなら15ユーロ以下だけど

味の当たり外れが大きいこのお菓子。

せっかく高カロリーを摂取するなら
美味しいもので摂取したいと言う変なこだわりが

私を財政難へ突き進ませるのさ。



IMG_6904.jpg 

でも先日

息子の保育園近くの
サンドイッチが美味しすぎるパン屋Louvardで
(その時の記事はこちら

このガレット・デ・ロワを買ってみたら

あ〜んら、美味しい!
お値段以上のお味です。(4人分16ユーロ)

louvard.jpg 
LouvardのHPより

でもね
それもそのはず

こちら

2012年に
パリで1番のガレット・デ・ロワに選ばれておりまして

今年のフランスLE FIGAROのランキングでも

ピエールエルメなんかを抑えて
堂々の4位に入ってる。

(小さくて見えないですね、ごめんなさい)
louvard.png 

そりゃ、美味しいわけだわ〜。

生地がパリパリサクサクで
中のアーモンドパテの味が超濃厚でしたよん。



この時期、フランスにいらっしゃる方には
ぜひお土産に買って帰るのがオススメの季節限定お菓子。

もちろん
すぐに食べるからこそ美味しいお菓子ではあるけれど

家に持ち帰ってすぐに冷凍しても
食べたい時に解凍してオーブンで焼けば

それなりに美味しさ復活できるかと。

我が家は買った当日でも食べる前に
220度で5分くらい焼いております。

その方が生地がパリパリになって美味しいのです。

ぜひお試しあれ〜。

と言う
1月おきまりの記事で恐縮ですが
今日も応援のクリックを頂けると嬉しいです。

最近勢いが弱まっているので
ご協力お願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

やはり美味しかった話。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日
こちらのブログでちろっと紹介した

小腹の美味しい救世主
Palmier。
IMG_6171.jpg 

興味本位で色々と調べてみたら

パリではあのLADUREEのPalmierが
1番美味しいと言われているらしい!

なんて言う事実を知り

さっそく愛さん走りましたよ!

は嘘ですが

散歩ついでに息子を連れて
買いに行きましたよ〜。

IMG_9419_201608202127088ad.jpg 

食いしん坊ママの欲望に操られ
LADUREEにつきあってくれた我が息子くん。

だけれども

"LADUREEにお菓子を買いにいこうか?”と言う
ママの誘惑の言葉に

そっこう
”うい〜っ”のお返事でしたよ。

完全に自由意志です。
でもってノリノリです。

FullSizeRender_20161213230606b53.jpg 

でも

何を血迷ったか
この日は日曜日、しかも昼下がり。

LADUREEの前には
すでに長蛇の列ができておりまして

まさかの入場制限中。



並んでまで買う気はさらさらないな。
これは仕切り直すかな。

と思い

”混んでるからまた他の日に来よう
今日は他のお店でお菓子買おう”

と息子に言ってみたけれど

その返事
”LADUREEのお菓子じゃないと嫌だ!”

と、

な!?




2歳5ヶ月にして
すでにLADUREEにこだわる男

いったいこの先
どうなってしまうのでしょう。



でも多分
朝からママがるんるんで

LADREEのPalmier〜♪

なんて口ずさんでいたのを
きっと聞いていたのねぇ。

IMG_9416_201608202127135ea.jpg 

そんなんで
息子の意思を尊重し

ええ!並びましたとも!

お店に入るために並び
注文するために並び

そして
お会計をするために並びましたとも!

いや〜、長かった。

しかも
ここまで並んでPalmierだけじゃつまらんと
なんだか色々と買ってしまったわ。

LADUREEにしてやられた感までするのは
なぜだろう。

IMG_6222.jpg 

さてさて

肝心のPalmierですが

IMG_6224.jpg 

これがねぇ、やっぱりねぇ

私の想像をはるかに超えて美味だった。



かなり厚みのあるPalmierだけれども

IMG_6225.jpg 

硬すぎず、柔らかすぎす
サクサクで美味しい〜。

甘いコーティングも
しっかりとキャラメリゼされていて

その甘さとほろ苦さがたまらなく

絶妙〜

さすがLADUREE、やるでないの!と
思わずつぶやいてしまったわ。

IMG_6223.jpg 

その他、パンオショコラやら

IMG_6228_20161213230629801.jpg 

中にナッツのペーストが入っている

IMG_6227.jpg 

クロワッサンみたいなものを買い

IMG_6226_20161213230626f89.jpg 

合計は7ユーロくらい。

確かにパリの普通のパン屋に比べると
1.5〜2倍くらいのお値段なので

パリジャンでなく観光客向けの値段なのは
一目瞭然ではあるけれど

せっかく食べて太るなら
美味しいものを食べたいと思っている私には

LADUREE、全然悪くない。

いや、むしろ

好き

これからは
普段使いのパン屋として認定だわ。

ただし
行列が無い平日の昼間のみに限るけどね。



観光客に人気のお店となると
避けがちなパリジャン達だけど

人気なのにはやっぱり
それなりに理由があるわけなんだなと
再認識した私。

特に、日本人に人気の店に
はずれはないよね。

いつも日本人の方達からの情報
参考にさせて頂いております。



いやー
まさかLADUREEが普段使いのパン屋としても
こんなに優秀だなんて

新しい発見だわ。

あ、でも

パンオショコラやクロワッサンは
シリルの方が好みかな。



皆様もパリにいらしたら
色々なパン屋で食べ比べをしてみて下さいね。

これぞパリグルメの醍醐味ですよ〜。

こんな感じで
今年も美味しい情報を発信して行く予定の私に
応援のクリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります。

皆様が思っている以上に
私、激しく喜ぶのでよろしくお願い致します。


ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

小腹にPalmier。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





フランスに旅行した際

私と同じ感動体験をした事がある方が
きっといると思うのですが

それは私が
初めてパリに上陸した時の事。

空港内にあるPAULと言うパン屋でサンドイッチを食べ

なんだ、こりゃー!
美味しすぎる!

と感動したのです。

paul.png 

白米が主食の国の私に
パンを主食とする国の実力を見せつけられた!

やられた!
降参!

なんて気分にすらなったのです。

でも
フランスに何度が旅行しているうちに

フランスのパンって
想像を遥かに超えてレベルが高く

PAULはフランス人にとっては
チェーン展開しているパン屋の1つにしか過ぎず

空港やターミナル駅などで頻繁に目にする
そんな位置付けのパン屋だと言う事を発見。

もちろんパリの街にも
PAULはたくさんあるんだけれども

パリジャン達が好んで行くパン屋と言うわけではなく

PAULしかないからPAULに入るか。
的な感じで使われている事の方が多い気がします。


決してまずいわけではないんですけどね。

でも
フランスには出来立てが食べれる
美味しくて安いパン屋がゴロゴロあるから

どうしても大量生産のパン屋は
こういう位置付けになってしまうのよね。



なので
フランスに住んでからと言うもの

PAULで食べることは
ほぼなくなってしまったけれど

でも
小腹がすいた時にPAULを見かけると
ついつい買ってしまうものがある。

IMG_6169.jpg 

それがこれ

フランスを代表する菓子パン
Palmier

IMG_6171.jpg 

パイ生地をハート型にして焼いた
とってもとってもシンプルなお菓子です。



Palmierを置いているパン屋は
けっこうあるけれど

バターの量だったり甘さ加減だったり
お店によってかなりお味が違うこちらのお菓子。

私の中では
PAULさんのPalmierがヒットで

PAULを見かけると
ついつい買ってしまうのです。

なんかね、なぜならね

これを食べるとね
幼少期に食べていた

不二家のホームパイを思い出すのさ〜

homepie.jpg 

サクサク感が似ていて
食べててなんだかとっても懐かしくなるのです。



と言っても
やはしフランス

ここで食べるホームパイのPalmierは

かなりバターの味が濃く
お味が全体に的に濃厚で美味しいですよ。

でもって

こうやって袋に入れながら食べれるので
IMG_6170.jpg  

あまり食べ歩きをしないパリの街でも

小腹がすいた時に
目立たない様にさくっと食べれるので

時間がない時などはありがたい。

ホームパイを思い出すと言う
私的な思い出の加算分があるので

日本からいらしてわざわざ食べる程ではないかもだけど

普通に美味しいしお手頃価格なので
何でもいいから気軽に食べたい!って時には
おすすめですよ。

パウLでは巨大サイズ
1個2.1ユーロでございます。



ちなみに今、興味本位で
パリの美味しいPalmierランキングを調べてみたら

1位にあのLADUREEが君臨してた!
ladureesaintgermain.jpg 

Palmier好きとしては
ぜひ試さないとね。

そしたらまた
こちらのブログで報告します〜

と言う

小腹救済の為の小ネタブログ。

こんな私に
今日も応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が。
そして私はハッピーになれます。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR