FC2ブログ
   
03
:
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

待合室のマダム。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




新年早々

胃も腸も
まとめて内視鏡をする事になった

わたくし。



先日は麻酔科の先生に会いに行って参りましたよ。 

全身麻酔する予定の人はその前に
必ず行かないとならない場所、なのですね。

IMG_8840_2019011019124967e.jpg 

到着すると
私以外にも既に数人の人が待合室に。

その中の一人

多分、その年齢
80才くらいと思われるマダムが

病院のアシスタントの方と一緒に
車椅子に座りながら順番を待っておりました。

多分入院されてるのね。
私の出産後の検査はこう言う風に

アシスタントの人に
車椅子で連れてこられたな〜

なんて思いながら

受付を済まし
待合室の椅子に座ろうとした瞬間

そのマダムが私になにやら話しかけてきた。

ん?と思い
彼女の顔を見てみると

その穏やかで気品高いマダムのお顔には
何かを哀れむ様な悲しそうな表情も。

IMG_8839_20190110191250bac.jpg 

でも、まあ
それもそうよね。

ここの待合室いいるって事は
近々、全身麻酔が必要になるって事だから

きっとこのマダム

どうやら入院もしている様だし

きっと大きな手術が控えているに違いない。

そんな時に
元気はつらつな笑顔なんて
他人に出来ないよね。



なんて思い

このマダムの言葉に
耳を傾けてみましたら

”お嬢さん、なんてかわいそうな人。
まだ若いのに!

貴方の体の事を祈っているわ!
頑張ってね!

きっとその後はたくさんの幸せが待っているわよ!”

と。

って、

え!?

さっきの哀れみの表情は
まさかの私に向けられていた!?



どうやらこのマダム

私にも彼女並みの大きな手術が
控えていると思ったらしく

そんな私をかわいそうに思い
話しかけてくれたみたいですよ。



これにはどう返事をして良いか
ちょっと悩んだ私。

いや〜、単なる内視鏡だから
たいした事ないんですよーっと

安心させる返事をしようか悩んだけれど

きっと彼女は
自分の行う予定の手術がけっこう大変なものだから

私を同じ麻酔科医にかかる”同志”と思って
こんな言葉をかけてくれたのかもしれない。

ならばここはあえて
一緒に頑張ろう?的な返事をし

このマダムを励ますべきか!?

こんな場所で
私の頭はフル回転ーっ。

結局

”お優しいお言葉ありがとうございます”

的な

差し障りのない返事をして
この場を流したわ。

IMG_8841_20190110191248bd2.jpg 

いや、しかし

自分も手術を控えて
しかも入院している中

こうして他人の心配をしてあげれる余裕のあるマダム。

人間として
ぜひ見習わないとな!

私もこんな人になりた〜い!

と思ったわ。



病院は
決して好きな場所ではないけれど

ここの病院では
ドクター達とはもちろん

けっこうな素敵な出会いがあるので

通うのも悪くないな。

なんて

ちょっと感じてしまった私に
今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

義母の意外な一面。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


2月3月分の予約受付開始致しました。
パリでお待ちしております


この秋

ブルターニュのリゾート地である
ディナールと言う街に

一軒家を購入した義両親。

dinard.jpeg 
画像はwikipediaよりお借りしました。

実はここ数年で

義両親は立て続けに
ブルターニュの海沿いの家を購入している。

もともと不動産投資が
彼らの副業でもあり

そっちで財をなしている人達なので

毎年の様にどこかに物件を買っているのは
不思議な事ではないのだけれども

今までは自分達の住んでいるレンヌの街の近くである
陸側の物件に投資していたのに

数年前から突然海沿いの町ばかりにシフトしたのだ。

1件目の海沿いの家を買った時は

”パリと言う都会に住んでいると
たまには海も見たくなるでしょ〜”と

私たちがいつでも使える様にと
”別荘”として買ってくれたのだけれども

それ以降の物件は全て
投資用。

海の前のアパートだったり
土地だけだったり

でもって今回は
ディナールと言うリゾート地に
800平米の土地と新築の一戸建ての物件を
どかんと買った。

2年前に義父は定年退職していて
義母も今年で会社を退職するのに

そんな年にこんな物件を買うなんて
なかなかなチャレンジャー。



そんなある日の事

ディナールに建設する家の図面を見ながら
楽しそうに鼻歌を歌っている義母を見て

随分嬉しそうね〜。

でも、ディナールと言ったら”北のニース”と呼ばれる
有名リゾート地だもんね。

イギリスの貴族や
アガサクリスティーの愛した港町。

やっぱりブルターニュ人にとっては
夢のバカンス地だよね。

なんて言ったら

義母が少しニヤッとしてこう言った。

”愛、ディナールはね
確かに北のニースと呼ばれているけれど

私はね
この先ブルターニュの海岸線こそが
第二のコートタジュールになると見ているのよ。

なぜならここ数年
フランスも温暖化が進んでいて

ニースやカンヌ、サントロペといった
コートダジュールの海岸では

暑くて日中外にいれない日が出て来ているの。

逆に寒すぎたブルターニュの海岸が
夏の避暑地としてちょうど良い気温になっているのよ。

近い未来

ブルターニュの海岸こそが
フランス人が夏の間訪れる憧れのビーチリゾートになるわ!”

と。



いつも温厚で和かで
どちらかと言うと優柔不断で大人しい母の目が

いつもと違って鋭い目つき。

この家に嫁いで初めて
義母の強い一面を見た瞬間だったわ。



そう言う理由があって

最近ブルターニュの海岸線の物件を
買いあさっていたわけか。

なんだか妙に納得よ。

ちゃんと考えた上での投資だったんだねぇ。

rennes5.jpg 

レンヌ街の物件達は

レンヌの地下鉄の建設が始まったのと
パリーレンヌ間のTGVが1時間半と大幅に短縮されたので

ここ数年で一気に不動産が値上がりし

持っている不動産の値段が
平均して3倍になったと言う彼ら。

逆に言うと
これからのレンヌの不動産の値上がりは
横ばいだろうと見限り

これから値段が上がる場所に
投資場所を変えたってわけだったんだね。

うーん、まさに真の投資家よ。

いやはや
恐れ入りました。



今までは

日曜大工が得意すぎて
趣味で家を立ててしまう様な義父がいるから

古くて安い物件や建物のない土地を
高値にする事が出来るんだと思っていたけれど

どうやら本当の投資家は
この温厚の母だった様ですよ。

人は見た目によらないわー。

maman.jpg 

やはりフランス女性は強いなり。

今までも十分、素敵な女性として
彼女を尊敬し憧れていたけれど

不動産巡りが趣味の私としては
もう、こりゃ、”師匠”と呼びたいレベルだわ。

そんな風にしみじみ思った
とある日の出来事だったのでした。

やはりこの国は
家計を握るのは女だな。


異国から来た嫁は、人並み以上に頑張らないと
この国では敗者になるな。

最近そんな事をしみじみ思ってしまう私に
今日の応援クリックをお願いします。

最近急下降気味なので
皆様からの援護ぽちぽちお願い致します。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリジェンヌって本当にお洒落?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




パリに住んでいると
パリジェンヌってオシャレでしょ!?

なんて事をよく聞かれます。



確かにね

パリジェンヌたちって
とってもおしゃれに見えるんですよ。

 無造作にまとめられた髪の毛とか
ぐるぐるに巻かれたスカーフとか
アンティークのバッグとか
ドキッとするようなド派手なピンヒールの靴とか。

 とにかくみなさん、飾らなくて自然なんだけど
どこかかっこいいって思える

個性的なおしゃれをされているのです。

 でも、なんというか
パリジェンヌのおしゃれって

パリジェンヌだからできるファッションな場合が多く

それを私たち日本人が真似して日本の街で歩いたら
“おしゃれ”といわれるかと言ったら
そういうわけではない感じ。

 むしろ同じ格好をしても、何あのファッション!と
笑われる可能性のほうが高いと思うのです。

parisiennes.jpg 

そんなパリジェンヌ達が
どうして格好良く見えてしまうのか。

実は日本女性の方が
全然オシャレには気を遣っているよ。

パリジェンヌのお洒落には
意外な事もたくさんあるのよ〜

なんて言う話を
翔泳社さんの”みんなの暮らし日記”のコラムに
書かせて頂きました。

記事はこちら

”パリジェンヌがお洒落に見える本当の理由

パリジェンヌのお洒落の方法って
実は誰にでも出来るのかもしれない。

いや、案外
お洒落に見えてお洒落ではないかもしれない!

なーんて思いながら
読んで頂けると嬉しいです。

あ、でも、その前に
今日の応援クリックのぽちぽちをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR