FC2ブログ
   
07
:
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

君子な私のパリ生活。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



日本のニュースにも取り上げられたそうですが

パリ、現在

熱波の渦の中におりますよ〜。

IMG_2048.png 

体感48度になるって!

江戸っ子のおじいさんだって
そんなお風呂には入れないよ!



つい1週間ほど前は

この週
もしかしたら30度を超える日が出るかもよ。

くらいな感じで

大した事なさそうなニュースだったのに

日を追うごとに
予想気温がドンドンと上昇してゆき

気がつけばこんな事にー。

IMG_2047.png 

って。

41度って

温泉のお湯じゃん!



どうしてもお風呂の温度で
気温を表現したくなる

ジャポネーズな私。

ふ。IMG_2047_20190623233401724.jpg 

ほんの数日で
天気予報がこんな風に変わるので

きっとこれも
何かの間違いに違いない。

また数日たったら
結局雷雨になって寒いよー。

なんて展開じゃない!?



あまり信じて無かったけれど

嘘じゃないよ!
暑いよ!
死ぬほど暑いよ!

でもまあ
結局35度くらいまでしか上がってないので
想像よりかは低いかな。

今のところはね。



どうもこの熱波予報は
はずれる事がなさそうだわと察した

熱波到来の2日前。

私がまずしたのは

ネットでの買物。

注文すると2時間後に届けてくれると言う
便利なシステムで

1週間分のお水とか日用品とか

保存がききそうな
生ハムとかスモークサーモンとか

そんな物を買い漁ったのです。



ネットでの買物なら
天気なんて関係ないじゃない!

って思うでしょ?

でもあえて
熱波が到来する前に
大量に買物をした私。

これには日本の皆様には想像がつかない
深いわけが〜。

なぜって?

なぜなら

答えは簡単。

”猛暑の日に買物したら
配達のお兄さんが絶対に不機嫌だから”

ですよ。



そう、ここはフランス。
パリの街。

お客様が神様なんて言うのは
夢か幻か、な世界。

接客業やサービス業の人は
自分の気分を明から様にお客に出すのですよ。

なので
パリに長く住んでいるとわかるのです。

まさに

”君子、危うきに近寄らず”

嫌な接客で気分が悪くなりたくないなら
初めからそれを避ける方法で動かないと

この街では
やってられないのですよ。



ただでさえトラブル多々な
Amazon Now の配送。

そこに熱波まで加わった日には
どんだけぞんざいに扱われるか

想像しただけでも
恐ろしいですからねー。

普通の日ですら
”エレベーターが壊れてた”
とかで

配送のお兄さんに
ブチ切れられた事がありましたからね。私。

エレベーターが一時的に止まってたの
私は全く知らなかったのにさー。

なので猛暑の日の配送のお兄さんに
ちょっとでも気にくわない事が起きたら

八つ当たりされるのは
目に見えてますからね。



パリで生きていくうちに
こんな所でも1つ知恵をつけている私。

そう
違う文化の異国で暮らすと言うのは
こう言う事。

でも
慣れればどうって事ないけどねー。

むしろ全然
問題なしっ!



とにかく前向きがモットーな私に
応援のクリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

続きを読む

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

タバコと酒と労働と。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




フランスにいらした事のある方は

喫煙者の多さに
びっくりされた方もいると思います。

そう
フランスは

喫煙天国!

と思いきや

実は男性喫煙者の割合って
それほど日本と変わらないって
ご存知でしたか?

ただフランスの場合は
喫煙できる場所が外のみに限るので

例えばカフェでタバコを吸いたい人は
テラス席にしか座れないわけで

なのでどうしても
観光客の目につくところに
喫煙者がいる。

と言う状況なんですよね。

そして残念ながら
日本に比べると女性の喫煙者が非常に多いフランス。

なので目についてしまうのかもしれません。


でも近年

フランスでは喫煙者が
大幅に減って来ているそうな。

それはなぜなら

タバコが1箱1000円くらいになりまして
(しかも2020年には1300円になる予定)

さらには
禁煙補助パッチのニコレットや
禁煙カウンセリングの費用が補助される事になり

タバコをやめる人が増えているらしい。

これはなかなか
グッドニュースではないですか!


でも
パリの喫煙者達は

喫煙率うんぬん言う以前の問題が多々。

なんといっても
マナーがなっていないのです!

例えばバス停みたいな密室に近い状態の場所でも
子供の目の前でプースカプースカ。

歩きタバコをしながら周りをみないで
談笑して歩いている人も多く

避ける側のこっちの方が
気を使う。

さらには
かなりの確率で

道にぽい!

これがね
とにかく1番いやなのよ。



だって
まだ火がついているタバコが
地面に無意味に転がってるんですよ。

意味もなく
煙がもくもくしてるのです。

捨てられた後も
空気を汚し続けているのです。

道にゴミを捨てたらいけないなんて
4才の息子でもわかっている事なのに

それが出来ない大人達。

しかも
火も煙もついた状態で

ぽいっ!

これには本当に頭にくる。

そんな人を見かけると
私はすぐにその場で踏み消します。

相手が見ていようが見ていまいが
御構い無しに

グイグイ踏み消します。



タバコは

私は人生で吸った事がないけれど

それが精神安定剤的な役割になっていて
必要としている人がいるのもわかるし

私の日本でおつきあいしていた
元カレ達は皆喫煙者だったので

吸う事自体に反対派と言うわけではない。

自己責任で吸っている人は
それはそれでかまわない。

ただ
迷惑になる事はやめて欲しい。

マナーは守って欲しい!



そんな中

やっぱり!と言うニュースが飛び込んできた。

それがこれ

IMG_1329.jpg 


ノートルダム大聖堂の大火災後
色々と調べていたら

大聖堂内でタバコの吸い殻が
たくさん見つかったと言うのです。

そして
工事現場で働いていた人が
吸っていた事を認めたとか。

IMG_1331.png 

もちろんこれは完全に
禁止行為。

今回の火災は
このタバコが原因では無いと

言われているけれど

とは言っても!

これはいかんでしょ!!!!

しかも
吸い殻がいくつも見つかったって。

一体彼らは
どこでどうやってタバコの火を消してたのさ?

吸い殻が転がってたと言うけれど

100%完全に
火も煙も消えてる状態で捨てたんでしょうね!?

色々と疑うところが出て来ます。



でも、こうやって

タバコって

我慢できなくなる人も多い
そういった依存性があるものなのですよね。


残念ながら

貧困率と喫煙率が比例していると言われているフランス。

なので
こう言った肉体労働者の人が
タバコを吸っている姿は

非常によく見かける。

仕事の間にさぼって
ぷーすか吸っているので

そりゃ、工事も長引くはずだわさと
いつも思う。

昼にスーパーなんかに行くと

工事途中の人が
ウイスキーの小瓶とかを買っている姿も
よく見かける。

え、それ、いつ飲むの?
仕事中?と

突っ込みたくなる気持ちを抑えながら
彼らの姿を見ている。

そんなパリの社会の姿を思い出しながら

色々な意味で
フランスの労働社会を垣間見た

そんなニュースだったのでした。

と言う
結局何が言いたいのかわからない
ちょっとした小言不満ブログで恐縮ですが


今日の応援クックを2つポチポチ頂けると
励みになります。
ぽちっ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
ぽちっ


食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

やっぱりか!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




つい最近

フランスでもAmazon Nowで
2時間後に配達とか出来る様になったよ!

最近はもっぱら
ネットで色々と買物を済ませれちゃうよ!

数年前なんて

郵便局から送った荷物も
普通に紛失してたのに

これは
猿が人間になるくらいの
大進化だよ!と

絶賛してたのですが
(その時のブログがこちら

やっぱりね
どしてもね

ここはパリ、、、なんですよ。

こう言う便利なシステムが
導入されても

働いている人の精神までもが
一緒に進化するわけではないので

明らかにこれは
配達員の労働意力による問題だわね。

なんて事が
どうしても起きるのです。

IMG_1220.jpg 

それは例えば

つい先日の事

注文した商品が届く時間帯に
ドアの呼び鈴が鳴った。

おっ
しっかり時間通りに来たね〜
なんて思い

奥の方から
ほーいっ!と駆け足で
ドアに向かい

念のためドアスコープから
誰が来たのか確認してみた。

んらっ

あれ?
誰もいない?

おかしいなぁ〜。

でも確かに鳴ったし
そろそろAmazon Nowから商品が届く頃なんだよね。

そんな風に思いながら
ドアを開けてみると

え!?

荷物がドアの前に置いてある!!!

え!?
どう言う事!

動揺する私に

既にエレベーターの中にいる配達員から
”さよなら〜!”と声がかかったよ。



って、おい。

私がドアを開ける前に
既に去ってしまうって

いったいどう言うこっちゃ。

一応
受け取りまで確認しようよ!

そうじゃないと
今に大きなミスを起こすよ!



でもね
この予想は正しかった。

それはつい先日の事。

いったい何が起きたかと言いますと

”来なかった”

のです。

そう。注文した物が。
届かなかったのです。

指定した2時間の時間帯に遅れているのかなと
最初は思っていたけれど

1時間過ぎても来ないので

ネットでどうなってるんじゃと確認すると
指定時間内に既に”配達済み”のマークがそこに。

って、おい。

届いてないぞーーーー。



もちのろんで
すぐにAmazonお客様センターに連絡をし
その旨を説明。

翌日には
返金手続き完了のメールが届いたけれど

うーん。
スーパーの物が2時間後に届く
その便利さで利用してるのに

届くか届かないかじゃ
こまるではないかー。

やっぱりこの街で
配送システムを信じるのは
まだ早かったか。

猿はすぐに人間にはなれないんだな。
まずは二足歩行から始めないとな。



やはりこの足を使って
スーパーに買いに行くのが

この街で生き抜く術だわ。

そう、しみじみ思った

私の不自由なパリ生活だったのでした。

と言う
残念なお知らせブログな感じで恐縮ですが

そんなのもパリらしくっていいじゃない!の
応援クリックを頂けると励みになります。

下がってしまったランキング。
皆様からのお力が復活の道となります!

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR