FC2ブログ
   
12
:
9
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

1年分のシャンパンを買いに。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




秋のバカンス中

日本から遊びに来てくれていた
親友親子と

こんな所まで
足を伸ばしたのですよ〜。

image6_201811202130197e6.jpeg 

  と

4歳児2人が
背筋をぴんと伸ばして撮影しているこの場所は

シャンパーニュ地方にある
とあるメゾン。

そう、この像は

シャンパーニュの神様
”ドンペリニヨン”様様様〜
なのですね。

なので敬意を払って
きちんと撮影ー。

ありがたやー。ありがたやー。

Domperignon.jpg 

お酒の在庫がなくなると
赤や白は酒屋で買うこともあるけれど

シャンパンだけは
どうしても妥協できない我が家。

なんせシャンパンは
友人を呼んだ時やお祝い事に飲む乾杯酒。

適当な物や美味しく無い物で
済ませるわけにはいきません。

なのでこうやって定期的にシャンパーニュに行き

自分たちの納得したものを
買い込んでくるのです。

image7_20181120213018242.jpeg   

そういえば
この親友親子とは

4年前の春にも
シャンパーニュに行っておりまして

でもその時、私は妊娠中
彼女はパリで妊娠が発覚した直後!と言う

2人揃って仲良く妊婦な状態だったので

試飲ができずに
不完全燃焼で旅を終えたんだったわ。

その時のお腹の子達とこうしてまた
シャンパーニュに戻ってきた事が

なんだか不思議な気がします。

image1_201811202130267a3.jpeg 

私が好きなメゾンで
1年分のシャンパンを買った後は

新規開拓へレッツだゴーー。

フランスのサイトで
皆の評判をチェックし

良さそう!と思ったメゾンに
その場で連絡。

今日行きたいのですが何時なら大丈夫ですか?
今から行っても良いですか?と

次々にアポイントメントを取って

ひたすら訪問。

こんな感じで訪問先のメゾンを決めるので

なので
行ってびっくり!

あまりにも小さなメゾンすぎて
普通の家じゃん!

看板もないから
隠れ家過ぎるじゃん!

みたいな所とか

image3_2018112021302303c.jpeg 

いくらハロウィン前だったからって
庭に気合入れすぎでしょ!

image4_2018112021302213d.jpeg 

さらにはボトルの周りのデコレーションが
飲食の場所には不向きでしょ

image5_2018112021302079c.jpeg 

みたいな所もあり

それはそれで楽しかったわ。



私にとっての1番のお目当は

何と言っても
Lelarge Pugeotさん。

2012年にパリで行われたワインの祭典で
30箇所くらいのシャンパンを試飲し

そこから選んだ
ベストのシャンパンでして

2013年の私達の結婚式の
オフィシャルドリンクに選んだ

思い入れのあるシャンパンなのですよ。

Mariage 3 mai 2013 (448) 

でも

あーらビックリ!

値段が1本10ユーロくらい
跳ね上がってたー

50本買ったら
500ユーロの差額。

これはなかなか大きいじゃないの!



でも、それもそのはず

この訪問の直後に発表された
とあるニュースによりますと

11月14日に行われた
イギリスのチャールズ皇太子のお誕生日会に

ここのシャンパンが選ばれたらしい。

すっかりロワイヤルな味に
なってしまったってわけなのねー。

なのでお値段も
ロワイヤル価格にしたいってわけか。

 

ロワイヤルとは無縁な我が家は
8ケース(48本)買う予定を4ケースで断念。

一気に希少価値も上がったので
これからはもっと大事に飲もうと思います。

image8_20181120213016557.jpeg 

こんな感じで
今年もしこたま1年分のシャンパンを
買い込んできた我が家。

暑い夏にシュワっと爽快に飲むのも良いけど

暖炉のある温かい部屋でぬくぬくしながら
冷えたシャンパンを飲むのも

これまたいいのよねー。

あ、我が家の暖炉は使えないけど
妄想です。妄想。

そんな妄想をしながら飲むだけでも
シャンパンは美味しくなるのです。

うふふ。



我が家の記録③
我が家のシャンパーニュ巡り購入リスト


Vrigny
Champagne Lelarge-Pugeot 24本

Ecueil
Champagne Macquart-Lorette Brut Tradition 12本
Champagne Macquart-Lorette Brut Chardonnay 12本

Bouzy
Champagne Arnaud Moreau Champagne Réserve 1本
Champagne Arnaud Moreau Champagne Rosé 1本

Champagne Jean-Marie Bandock Cuvée
"Des Lys" Brut Réserve 12本
Champagne Jean-Marie Bandock Cuvée "Rosée" 6本

親友親子がいる間に
こうして3日、ワイナリー巡りをした私達。

とりあえずこれで当分は
うきうきな日が過ごせそうだな。

でも考えてみたら

今回は泡と白ばっかり買ったけど
赤があまりない。

こりゃ〜、近いうちに
ボルドーかブルゴーニュに行かないとな。

なんて
既に次のワイナリー巡りの事を考え始めている私に
今日の応援クリックをお願い致します。


いや〜、フランスに嫁いで、良かった
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

フランス好きさんの為の雑学。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




みなさま
ワイン、飲んでますか〜?

ワインってなんだか
マナーやうんちくを知ってないと楽しめなそうと
敷居を高く感じている方も多いかと。

image4_20180131232149d54.jpeg 

実際にワインを楽しむには
いろいろなマナーがあるのが事実。

こんな食事にはこんなワインを、という基本中の基本から、
グラスの回し方、香りの表現方法……。

ワインのある生活が当たり前のフランス人にとっては
自然と身についているマナーですが

日本ではまだまだ慣れていない人も多く
その分難しく感じてしまっているかもしれません。

image3_20180131232147a23.jpeg 

 そのため日本では
ワインを楽しむための専門書などが多数売られているし

高級なフランス料理レストランなんかに行くときは
わざわざワインを飲むときのマナーなどを
勉強したりしますよね。

フランス料理やワインが好きな方は
いつかフランスでワインを飲むのが夢!

なんて思っている方もいるかもしれませんし、

そのために日本で
ワインの基礎知識やマナーを
勉強している人もいるかと思います。

vin53.jpg 

もちろんワインを飲むためのマナーは世界共通なので
勉強しておくことはとても良いこと。

特にワインの消費が多いヨーロッパをより楽しむことには
かかせない基本知識の1つだと思います。

 

 ですが皆さん
実はワインを嗜むための一般的なマナーはもちろんで

さらにそこに
“フランスならではのマナー”
が存在しているのをご存知でしょうか?

vinalamaison.jpg 

 日本にいたときからワインが大好きで
毎日飲んでいた私ではありますが

この国に嫁いで知った
日本では知らなくても全く問題なかったけれど
フランスでは常識だったマナーを6つ

翔泳社さんの”みんなの暮らし日記”に
”ワインの本場フランス流お酒の楽しみ方”
と言う記事を書かせて頂きました。
(と言っても実は12月の記事だけど)

興味ある方はこちらからどうぞ!

5grandsvins.jpg 

知らなくてもどうにかなる。
でも知っていると、きっともっと楽しい!

特にこちらのブログに遊びに来てくださる方は

フランスが好きだったり
フランスへの旅行を予定されている方が多いと思います。

なので覚えておくと
いつか実践できる日が来るかも!

そんな軽い気持ちで読んで頂けると嬉しいです。



んがっ!
そちらの記事に飛ぶ前に
先に応援のクリックぽちぽちをして頂けると
大変励みになります。


皆様の応援があるから続けているこのブログ。
いつも感謝の気持ちでいっぱいです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

フランスに愛の手を。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



現在2月分まで予約受付しております。
パリで皆様のお越しをお待ちしております。


先週の木曜日は

フランスの有名な赤ワイン
ボジョレーヌーボー解禁の日でしたね。

と言っても
フランスではそこまで重要視されていないので

なんだかひっそりと
申し訳なさそうに解禁しておりました。

IMG_8729.jpg 

バブル世代ではないけれど
日本人魂が抜けない私は

やっぱりボジョレーヌーボーが解禁されると
飲みたくなる。

と言う事で

酒屋へ走りましたよー。

でもって
お店の人に言われるがまま
一番高いボジョレーヌーボーをゲット。

お店にとっては完全にカモな客です。
ワタクシ。

と言っても
6ユーロ代だったけれどもね。



ボジョレーヌーボー
いったい何と楽しみましょうか?

軽い赤ワインだから
がっつりとしたお肉料理じゃ負けちゃうよね。

うーん、うーん、うーんっと
旦那くんと話し合った結果

その日のディナーは
ラクレットとなりました。

IMG_8733_201711222356103e6.jpg 

さていよいよ
今宵の主役

ボジョレー・ヌーボー君の登場です。

IMG_8732.jpg 

ではでは、かんぱーーーーいっ!
ゴクゴクゴクっ

てか

まずいがなー。



私のセレクションミス?
それともクオリティーの問題?

飲兵衛夫婦が
ボトルの半分もあけれなかったわー。



でも、まあ
ボジョレーヌーボーとはそう言うもの。

フランス人の大半が
美味しいと思って飲んでいるものではない。

ただ単に今年の出来はどうかいな?と
その年のワインの指標として飲んでいるだけ。

でもそうなると
今年のワインはちょっと残念な事になりそうなのかな?

飲兵衛女としては
認めたくない事実だわー。



とにもかくにも
こんな感じで解禁日を楽しんだ我が家。

それはそれで
とりあえず満足できる日となりました。



日本の皆様も
 ボジョレーヌーボーを楽しまれた方

けっこう多いかと思います。

ボジョレーヌーボーと言っても
かなりの種類がございますので

美味しいのもあるはず。

ぜひ皆様
じゃんじゃん買って楽しんでくださいね。

2017年
ブドウが壊滅状態で大変な事になっている
フランスのワイン農家を救うためにも。

よろしくお願いします!!!

と言う

最後は飲兵衛からのお願い記事となり
恐縮でございますが

今日の応援クリックを頂けると
大変嬉しいです。

最近急降下してしまったランキングポイント
(特にパリ情報)
救えるのは皆様のみでございます。

私にも愛の手をお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR