06
:
27
28
29
30
   

チーズ料理と私。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



先日行った

salon de l'agricultureで

チーズを買ってきた私。

FullSizeRender_20170317010121d74.jpg 

これ

ルブロションと言う
アルプスで有名なサヴォア地方のチーズ。

外は黄色くて固く
けっこう強い香りもするけれど

中はとろりとした食感で
とても香ばしい味のするチーズです。

IMG_7736_2017031701012692a.jpg 

食事の〆のチーズタイムで
ちょこちょこと食べていたけれど

春の陽気が続いていた3月

完全に暖かくなってしまう前に
ぽかぽか料理にして食べてしまいましょう!と

愛さん

タルティフレットに初挑戦〜

IMG_7734.jpg 

タルティフテットと言うのは
このチーズを使う代表料理。

茹でたじゃがいもの上に
ラルドン(厚切りベーコンみたいなやつ)と
玉ねぎを炒めたやつをのせ

そこに白ワインと生クリームを流し込み

上にたっぷりのルブロションを乗せて
オーブンで焼く

と言うもの。

tartiflette.jpeg 

ちょうど前日の残りのソーセージがあったので
それも入れてしまいましょう。

IMG_7733.jpg 

そして、ママとしては
緑が入っていないのが許せんと

ささいな抵抗で
グリンピースをも入れました。

もう

タルティフレットのレシピ
完全に無視バージョンですよ。

IMG_7737.jpg  

大きな耐熱皿にじゃがいもを入れ
その上に炒めて味付けした具材をのせ

さらには生クリームをまわしかけ

もう
ここまでの工程を見ているだけで
3kg位太りそうな

そんな爆弾レシピなのですが

さらにここで快心の一撃!

下が見えなくなるくらい
チーズがならんだーーーーっ!

500gほど使いましたよ〜。

IMG_7738_20170317010129a7b.jpg 

こんなカロリーの塊、まずいはずがない。

と思いながら
200度で40分ほど焼きまして

実食!

うん、美味しい〜

と私は思ったけれど
いつもより小さなリアクションのうちの旦那君。

どしたどした?
やはし、レシピに忠実じゃないとダメだった?

と言う私に

”チーズどれくらい入れた?”と聞いてきた。

うーんと、大きいなやつの半分強くらい?
500gってとこかな。

と言うと

”愛、タルティフレットを作る時は
びびっちゃダメだ!

これでもか!とカロリーを投入するんだ!

僕が作る場合は
この大きさの耐熱皿なら2個は入れるよ。”

と。



それって
2kgって事?

ありえんーーー。

でも

フランス人が言うなら
それに従ってなんぼよね。

と言う事で

残りのチーズ全乗せで再度焼き直しましたよ。



いや〜、ね。

確かにね。

すんごく美味しかったけど

ばくばくと行く勇気が私には無かったわ。
まだまだフランス人になりきれてないのねぇ。私。

こんな場面で、なりたくないけどさ。



でもまた作ってみたいな。
今度はせっかくだから2kgバージョンに挑戦してみよう。

郷に入ればなんとやら。

フランスに嫁ぐとはこう言う事なんだわ!と
決意した私だったのでした。

それでも肥満率が低いフランス。
恐れ入りました!のぽちぽちお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入り
このブログ更新の励みになっております。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

冬限定のMont d'Or 。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日我が家に

冬の喜び"金の山"がやってきた。

どどどどんっ
IMG_5701.jpg

冬のチーズの代表選手
Mont d'Or、訳して"金の山"
でございます。

なぜ冬のチーズかと言いますと

こちら本当に
9月10日〜5月10日で発売と決められていて
売り切れごめんな冬限定の物なのです。


今年お初のMont d'Or

せっかくだから2016年
パリで金賞受賞したやつを買ってみた。

IMG_5700.jpg

さー、さっそく、、、

切り込み入れて、、、

IMG_5702_201611172023019fe.jpg

なかをほじって

とろとろろ〜ん
IMG_5703.jpg

もちろんこのまま食べても良いのですが

このチーズをさらにとろとろにして
風味も加え美味しく楽しむ方法がございまして

まずはこのチーズに
アルミホイルを巻き巻きし
 IMG_5704_201611172023047df.jpg

そしてここに秘密兵器を投入!

それがこれっ
IMG_5705.jpg

白ワイン



これを切り込みを入れた上から
惜しげも無く注ぐのです。

IMG_5706_201611172023230da.jpg

ジュラ地方のチーズだから
本当はジュラの白ワインが王道だけれども

私はジュラの白が苦手なので
家にあったアルザスワインを使用。

そしてこれをそのままオーブンへ〜。

200度で30分程加熱すると
出来上がり〜。
IMG_5712_20161117202347882.jpg
 
好みでニンニクやハーブを入れても良いですよん。



焼いている間に
テーブルにはハムやらジャガイモを用意して
IMG_5708_20161117202325b42.jpg

いっただっきまーす

IMG_5711_20161117202345083.jpg

さらにトロトロになったチーズを
色々なものにかけていただきましょう〜。

IMG_5710_20161117202344820.jpg

もちろんこのまま

チーズフォンデュの様に
パンを中に入れて食べても美味ですよん。

IMG_5713.jpg

お味はと言いますと

見た目通りクリーミーで
けっこう香りは強いです。

なのでチーズの強い香りが苦手な方は
焼く前に表面の茶色い部分を取ってからが良いかも。

中身の白い部分だけだと
そこまでクセはありません。

塩分がちょいと強めなので
おつまみにはぴったり〜

IMG_5707_20161117202324ecc.jpg

さー、皆さんっ
食べたくなって来たでしょう〜?

冬限定のチーズ、Mont d'Or.

色々なメーカーから発売されていて

今回のは2〜3人用のミディアムサイズで
13ユーロ位だったかな。

スーパーだと7〜8ユーロで買えますよ。

冬にフランスにいらっしゃる方は
絶対に”買い”の

日本では手に入りにくい
そしてフランス人ですら冬は食べれない

そんなチーズなのです。


お腹がすいてきたー!って方も
お腹いっぱいだけど食べたいー!って方も

今日の応援クリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入り
私は小躍りするくらいハッピーな気分になります。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

フランスに嫁いだら。


ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

ダーリンの出張中
パパさんが遊びに来てくれていた時

papyetfils.jpg

実はもう一人
特別ゲストがいた我が家。

IMG_8918.jpg  

パパさんとも息子ちゃんとも
やけに親密に過ごしている

ブルーのポロシャツのこの彼は

うちのダーリンさんの
弟君でございます。

なのでパパさんにとっては息子であり
息子ちゃんにとっては伯父さんなので

親密なのが当たり前なんですね



日本で言うと
NTTの様な会社に勤務している
エンジニアの義弟君。

最近はパリの本社に出向く事が多く

この日も出張ついでに
遊びに来てくれたというわけなのです。

IMG_8915_20160701215541ce0.jpg

旦那がいないのに
旦那の弟と父親が我が家にいると言う状況って

あんまりないよね。

でも

そんな状況でもまったく気にならないのが
このファミリーの良い所。

もう、本当の家族と思っているので

私としても
激しくウエルカムでございます。

ん、だがね

1つね

うちのダーリンさんがいない時に彼らに来られると
困った事があるんです。

それは

愛さん
”ワインがわからない問題”

おもてなしにどのワインを出したら良いのか
悩むのですよ。

自宅のCAVEに2000本以上のワインを常備するパパさん、

そして
それにも負けないくらいの巨大CAVEを
現在新居に造り途中の弟君。

フランスの中でも
無類のワイン好きファミリーの男性陣に

どんなワインを用意したら良いのか

ジャポネーズの嫁はさっぱりわからない。

一応ワインは
我が家でも100本は常備してあり

いつもならその中から
ダーリンさんが選ぶのだけれども

彼が出張中なので
私が選ばないとならないのです

きっとこれ

フランスに嫁いでしまった嫁の
あるあるかと。

本当にこの国の国民は
ワインにうるさいのですよ。



この日の料理はポトフ。

さて、これに合わせるのはいったいどれかしら〜?と
100本ほどの在庫とにらめっこ。

ポトフと言っても
ビーフは使わず

ソーセージのみのポトフ。

どちらかというとアルザスよね。

あっさりだから
白もいけそうだよね。

でも
ポトフの濃厚なブイヨンに負けちゃう白じゃダメだよね。



ワインたちの前で脳内会議中の私。

結局
アルザスのピノノワール(赤)と
Gewuiztraminer(白)を冷蔵庫に入れまして

パパと義弟君に最終判断をお任せです。



日本で適当に飲兵衛してた時は
本当に楽チンだったわ。

だって
ブルゴーニュかボルドーか
白か赤か

それくらい選べれば
どうにかまかり通っていたもの。

やっぱりフランス

噂には聞いていたけれど
ワインに関してハードル高いのさーーー。

IMG_2786_201605080553401c1.jpg

とりあえずこの日は

冷やして飲むアルザスのピノノワール(赤)が
ポトフに合うねと絶賛されまして

ジャポネーズの嫁
心の中でガッツポーズにて無事終了です。



今まで日本では

お店の人に言われるがまま
なんでも飲んじゃっていたけれど

フランスではカフェでワインを1杯頼むにも
ある程度知識がないと恥ずかしいなと思う今日この頃。

資格でもとろうかな〜。

って

すぐに資格に頼っちゃうのは
日本人の悪いくせ?

でもでも

さりげなくうちのダーリンさんも
酒系資格保有者なんですよ。

なんの資格かと言いますと

なんとなんと
”国際利き酒師”
の免許を持ってるんです。

ええ、日本酒の資格です〜。

nihonshu.jpg

なので私がワインの資格を取れば
なんとなく釣り合いそうでしょ?

って

飲兵衛夫婦の酒好きは
趣味の範囲を超えつつある

今日この頃なのです。

こんな私達夫妻でございますが
今日も応援のクリックを頂けると嬉しいです

押すだけでランキングに点数が入ります。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR