07
:
24
25
26
27
28
29
30
31
   

フランスで1番美しい村。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



気温がぐんぐん上がり
初夏の陽気になった

5月第1週目の週末。

たまたま息子をつれて
旦那君の実家にいた私は

義両親に連れられて
ブルターニュをドライブ。

甥っ子君も一緒に
総勢5名。

なかなか賑やかな
遠足でした。

image1_20180508193327791.jpeg 

やっぱり従兄弟がいると
その楽しさは何倍にもなるみたいで

遊びNON STOP

image2_201805081933265b2.jpeg 

2歳のミルカも
さすがにこの2人の元気さにはついて行けない様で

ただただ見守りに徹していたわ。

image3_201805081933243cf.jpeg 

若いねぇ〜。元気だねぇ〜。
image4_20180508193323fdc.jpeg 

ピクニックでお腹を満たした私達が向かったのが
ブルターニュにある小さな小さな村。

Rochefort-en-Terre
(ロシュフォータンテール)

image7_201805081933189d9.jpeg 

ここね
2016年に
フランスで1番美しい村に選ばれてるんですって。

image11_2018050819331202a.jpeg  

ふむ。確かに。

穏やかで良い村だわ〜。

image6_20180508193321c8f.jpeg 

でも正直
フランスの村って基本、どこもかしこも素敵なので

何がどう秀でて素晴らしいのか
いまいち1位の基準がわからなかったわ。

image10_20180508193314617.jpeg 

私ってば、連れて行き甲斐の無い嫁だわねー。



道中
ミルカのお相手はいつも息子君。

image8_201805081933170ae.jpeg 

息子よりも一回り大きく
体重も圧勝しているミルカちゃん。

側から見たら

どっちがどっちを散歩してるんだから
わからない状態になったりする事もしばしばだったけど

image12_201805081933111f4.jpeg 

パピーの真似をして
的確な指示を出しながら

立派にご主人様をしておりました。



image14_20180508193308b65.jpeg 

しかしフランス

やっぱりどこ行っても絵になるわ〜

image13_201805081933091b6.jpeg 

フランスに住んで
だいぶ年月経つけれど

やっぱり未だに
その美しさには圧倒される。

image15_20180508193306395.jpeg 

海外旅行ばっかりしてる場合じゃなく
もうちょっとフランス国内も楽しまないとな。

image5_20180508193323056.jpeg 

ちょっと反省すらした私だったのでした。


いつでも行けると思うと
行かないもんなのよ〜!

結局、北海道も四国も行かないまま
フランスに嫁いじゃったしね。

くやまれる〜!
今更悔やんでいる私に応援クリックお願い致します。
ぽちぽち



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

日本人だもの。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します


短期貸しアパート詳細はコチラから。


5月まで予約受付開始致しました。
春のパリへいらっしゃいませんか?
お待ちしております。


旦那君の実家である
レンヌに滞在していた時

旦那君の友人夫妻から
人気のお店でランチをしようとお誘いが〜。

こんな時はもうそりゃ
しっぽ振って行っちゃうよね。

なんせ息子君は
パピー&マミーと言う
最強のシッターと一緒にいるわけだから

デート気分で2人でドライブ。
るんるんですよ。



向かった先は
ブルターニュ地方を代表する港町、カンカル。

image3_201801100548225cc.jpeg 

そして伺ったのが
カンカルを代表する人気店

Le Bout du Quai
(HPはこちら)

image2_20180110052839aa8.jpeg 

実家かカンカルの港から10分と言う友人が選んだ
とっておきのレストランなんでございます。



さて、何を食べる?
コースメニューにしましょうか?

なんて
みんなでワイワイしてたけど

港町まで来たジャポネーズにとって
その選択肢はただ1つ。

もちのろんで
魚介てんこもり〜。ですよ。

image6_20180110052845ce8.jpeg   

これでもか!ってくらい盛られた
シーフード。

巨大なカニさんだってまるまる1杯。
image8_20180110052848640.jpeg 

これで1人前なんでございますよ



まわりの3人がコースメニューで
前菜+メイン+デザートを食べる中

一人でもくもくとシーフードプレートを
攻撃してゆく私。

image9_20180110052849b69.jpeg 

いや、ね。
確かに、ね。

普通のお料理達も美味しそうだったけど

image12_20180110052854c81.jpeg 

次回いつ、新鮮な魚介が食べれるかわからないパリ生活。

こんな時くらい
シーフード1点狙い、当たり前ですよ。

しかもこんなてんこもりでそのお値段
39.8ユーロ。

パリだったら倍のお値段はするし
このクオリティーの物は絶対に食べれません。

なんせあのルイ王ですら
わざわざカンカルから魚介類を取り寄せたくらいの

美味しい美味しいエリアですからね。



残りの3人がデザートに突入しても
ひたすらシーフードをもくもくと食べ続けていた私。

あ〜
一緒だったのが仲良しの2人でよかった。

そうじゃないとこんなマイペースな事
絶対にできないもんね。

でもって
日本人の私が喜んで魚介類を食べている姿を見て
喜んでくれましたからね。

image10_2018011005285149a.jpeg 

カンカルと言えば
モンサンミッシェルからそんなに遠くない場所。

どれくらい遠くないかと言いますと

港を歩いていると
海の向こうに見えるんですよ

モンサンミッシェルが。

image8_20180110054830f02.jpeg 

なのでモンサンミッシェル近郊でも
絶対に美味しいシーフードが食べれるはずなのに

名物が”ふわふわのオムレツ”なので
オムレツだけ食べて帰ってしまう人が多いのが
残念でならない。

ぜひそこまで足を伸ばしたら
カンカルなりサンマロなりに足を伸ばして

シーフードを堪能して欲しい。
牡蠣とムール貝は絶品よー。と

声を大にして叫びたい
ブルターニュ人の嫁な私、なのです。

でもやっぱり
日本の寿司がNO1なんですけどね。



最後はやっぱり日本の寿司ラブで終わった私に
今日の応援クリックをお願い致します。
押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR