FC2ブログ
   
11
:
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

オススメの虎狩り

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


2月3月分の予約受付を開始致しました!
パリでお越しをお待ちしております



パリに旅行される方の
日帰りor1泊2日スポットとして

多分1番人気と思われる

”モンサンミッシェル”

Mont-Saint-Michel.jpg 

自力で行かれる方は
パリのモンパルナス駅からTGVに乗りレンヌへ行き
そこからバスが一般的だと思うのですが

せっかくだから
レンヌを少し観光しよう〜

なんて思う方も多いのではないでしょうか?



旦那の実家がレンヌだからと言うわけではないけれど

昔の街並みが残るレンヌの街は
訪れる価値ありですよ〜。

rennes5.jpg 

rennes6.jpg 

そんなレンヌ散策中

さらに1時間余裕がある!
せっかくならどこか観光名所に行きたい!
と言う方に

激しくお勧めしたいのがこちら

image1_20181102202843f72.jpeg 

レンヌを代表する美術館

レンヌ美術館
(Musee des Beaux Arts)
HPはこちら

でございます

旧市街からもほど近く
駅からもすぐなので

寄り道には最適なこの美術館。

でもそれほど知名度は高くなくて
混んでいないのがこれまた良い。

image2_20181102202842dea.jpeg 

なぜなら

迫力ある絵画達を
ゆっくりのんびりと堪能できるもの〜。

image7_20181102202834c8f.jpeg 



こちらの美術館には
14世紀からモダンアートまでが
年代ごとに展示してあり

迫力のある展示も多く
圧倒される事間違いなし。

image5_201811022028378d2.jpeg 

でもってこちらに展示されている中で
最も有名と言われているのがこの絵。

image3_2018110220284044b.jpeg 

ジョルジュ・ド・ラ・トゥールのよって描かれた
"聖誕”

と言っても
実は私はこの絵の事を全く知りませんでした。



詳しい絵画の説明を見つけたので
気になる人は
こちらをチェック!

でも
私がこの絵よりもさらに気になっていて
これは絶対に直に見たい!と切望していたのが

この絵の奥に
どかーんと展示してある

image6_20181102202836355.jpeg 

こちらの絵

image4_20181102202839390.jpeg 

これはあの有名なルーベンスが
1615年〜1617年頃に描いた作品の1つ

「虎狩り」

Chasse_au_tigrewiki.jpg 

巨大なキャンパスに描かれた
猛獣と戦う男達。

その力強さと緊張感etcが伝わってきて
迫力満点。

思わず
うわー!と声が出てしまいます。



と言っても

私がこの先品を知ったのは
ほんの1〜2年まえの事でして

この作品に魅せられた人が
とあるブランドとコラボレーションをしたのです。

そして

そのコラボレーションされた作品の広告として

パリ中のブティックで
この絵が映し出されていて

その広告を見つけた当時2才の息子が
カッコ良い虎に大興奮をし

毎日のように散歩がてら
ショーウィンドーをみにいっていたのです。

IMG_4707.jpg  

そのブランドがこちら

rubenslv.png 

フランスの代表するブランド
ルイヴィトン〜。



最初にこのコラボレーションで
この作品の存在を知り

気になって調べてみたら

なんとまあ!

この絵は旦那君の実家の街
レンヌにあるではないか!となりまして

どうしても実物を見てみたいとなり
この度、レンヌ美術館に足を運んだのでね。



この代表2作は本当に素晴らしく

それ以外の作品もかなり充実していて
立ち寄る価値のある美術館。

レンヌ経由でモンサンミッシェルに行こうかな〜?
なんて思っている方はもちろん

モンサンミッシェルは既に行ったけれど
レンヌだけでも散策したいわ。

愛さんがお勧めしているブルターニュの港町
サンマロやカンカルにも行ってみたいわ。

なんて思っている方

要チェックの観光スポットですよ!
ぜひ足を運んでみてくださいね。

と言う
めずらしく美術館紹介のブログ。

パリじゃないけど許してあげる〜!の
応援ぽちぽちお願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

半分ハッピー。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



2月分まで一気に予約受付開始致しました。
冬のぱりでのんびりと過ごしませんか?


レンヌの実家で
束の間のバカンスを過ごした私達。

あっと言うまにパリに帰る時が!

となったのですが

息子君はここから1人で
ロングバカンスに突入〜

そう

彼だけ1人でレンヌに残り
引き続きバカンスを楽しむ事になっていたのですね。

これは予め決まっていた事なので
息子をレンヌに残しパリに帰ってきたパパとママ。

その後すぐにパパは出張へ。

そしてママは1人
パリでちょっとしたフリーダムを
楽しんだわけなのです。



フランスでは

孫達はこうして夏の間
ジジババの家で何週間も過ごすのが

当たり前の文化。

でも
私達としてはきちんと義両親にはお礼はすべきと

パリに帰る直前に
ディナーに招待しましたよ〜。

8月ど真ん中のバカンス時期だったので
開いてるお店がほとんど無い中

それなりに良さそうなお店を1つ発見。

それがこちら

じゃじゃんっ、と
image1_201809010519129af.jpeg 

シャトーレストラン〜。



そう言えば東京・恵比寿にも
シャトーレストランと呼ばれるフレンチの店があるけれど

こちらは正真正銘
本物のシャトーよー。

(Chateau d'ApigneのHPはこちら)
image5_20180901051906c53.jpeg 

フランスにはこう言うシャトーレストランて
そこらじゅうにぽこぽこあるから

かしこまらずに
気軽に短パンでもいけちゃったりするのよー。

ねぇ、旦那君。。。。



image2_2018090105191103d.jpeg 

通されたのは奥にある半個室。

子連れには良い良い。

image3_20180901051909657.jpeg 

でも

壁中に飾られている
ふるーい絵画達に

ちょっとびびる息子。

image4_201809010519092df.jpeg 

うんうん
確かにこれらの絵に囲まれている空間って
ちょっと怖いかもね。

私も昔
叔父の家にある掛け軸とか
怖かったもんな〜。

きっと息子のビビリィは
私のDNAね、と

こんな所で
息子の血を感じるわ。

image7_201809010519031e3.jpeg 

でも
どうやら料理はお気に召した様で
パクパクっと完食〜。

食いしん坊なのも
これまた私のDNAだわね。。。



image9_20180901051901fec.jpeg 

シャトーレストランとか言うと
すんごい宮廷料理が出てきそうなイメージかもだけど

アミューズブッシュとか
全然ひねりがなく
image6_20180901051905f8f.jpeg 

前菜も
ええええええ?

えびふらい1個?
しかも美的センスどうなのさ!?

image8_20180901051902837.jpeg 

と言う代物で

まあ、メインの魚は悪くなかったし
image10_20180901051859b80.jpeg 

デザートも
けっこう可愛らしかったけれど

image11_20180901051858e94.jpeg 

お味はいたって普通。



今まで何度か
シャトーホテルにはお邪魔しているけれど

だいたいどこも
田舎な古臭い感じの料理が多く

こ!これは素晴らしい!
って言うのに当たらないのよね。

シャトーらしく
昔のレシピを守り続けているからなのかしら?

その理由はわからないけれど

残念ながらここも
私の口にはあわなかったなぁ。



両親を招待してのディナーだったので
自分の選択ミスが悔やまれたけれど

でも、レンヌなんて
完全にアウェーなんだもん。

その割には私
よく頑張って見つけたわよ!

と、一部、自画自賛。

してみたりして。

image12_20180901051856f88.jpeg 

とにもかくにも
義両親と一緒にしっぽりとディナーを楽しんだので

よしとしよう。

そうしよう。

とか言いながら

次回両親がパリに来た時の為に
とっておきのリベンジ店を模索している私なのです。



美味しいものがあるとそれだけでハッピー。
レストランがはずれるとそれだけでハッピー半分。

人生、かなり食べ物に左右されている私に
今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

フランスで1番美しい村。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



気温がぐんぐん上がり
初夏の陽気になった

5月第1週目の週末。

たまたま息子をつれて
旦那君の実家にいた私は

義両親に連れられて
ブルターニュをドライブ。

甥っ子君も一緒に
総勢5名。

なかなか賑やかな
遠足でした。

image1_20180508193327791.jpeg 

やっぱり従兄弟がいると
その楽しさは何倍にもなるみたいで

遊びNON STOP

image2_201805081933265b2.jpeg 

2歳のミルカも
さすがにこの2人の元気さにはついて行けない様で

ただただ見守りに徹していたわ。

image3_201805081933243cf.jpeg 

若いねぇ〜。元気だねぇ〜。
image4_20180508193323fdc.jpeg 

ピクニックでお腹を満たした私達が向かったのが
ブルターニュにある小さな小さな村。

Rochefort-en-Terre
(ロシュフォータンテール)

image7_201805081933189d9.jpeg 

ここね
2016年に
フランスで1番美しい村に選ばれてるんですって。

image11_2018050819331202a.jpeg  

ふむ。確かに。

穏やかで良い村だわ〜。

image6_20180508193321c8f.jpeg 

でも正直
フランスの村って基本、どこもかしこも素敵なので

何がどう秀でて素晴らしいのか
いまいち1位の基準がわからなかったわ。

image10_20180508193314617.jpeg 

私ってば、連れて行き甲斐の無い嫁だわねー。



道中
ミルカのお相手はいつも息子君。

image8_201805081933170ae.jpeg 

息子よりも一回り大きく
体重も圧勝しているミルカちゃん。

側から見たら

どっちがどっちを散歩してるんだから
わからない状態になったりする事もしばしばだったけど

image12_201805081933111f4.jpeg 

パピーの真似をして
的確な指示を出しながら

立派にご主人様をしておりました。



image14_20180508193308b65.jpeg 

しかしフランス

やっぱりどこ行っても絵になるわ〜

image13_201805081933091b6.jpeg 

フランスに住んで
だいぶ年月経つけれど

やっぱり未だに
その美しさには圧倒される。

image15_20180508193306395.jpeg 

海外旅行ばっかりしてる場合じゃなく
もうちょっとフランス国内も楽しまないとな。

image5_20180508193323056.jpeg 

ちょっと反省すらした私だったのでした。


いつでも行けると思うと
行かないもんなのよ〜!

結局、北海道も四国も行かないまま
フランスに嫁いじゃったしね。

くやまれる〜!
今更悔やんでいる私に応援クリックお願い致します。
ぽちぽち



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR