07
:
24
25
26
27
28
29
30
31
   

頑張る2人と見送りと。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




息子、もうすぐ4才。
甥っ子、もうすぐ3才。

これくらいになると

好き、嫌い
得意、不得意がはっきりとしてきまして

やっぱりどうやら
うちの息子君は

甥っ子君に比べると
外で体を動かす事が苦手で嫌いな様子。

まあ、田舎に住んでいるのと
都会っ子の違いなのかな。

これでもパリの友達の間では
かなりスポーティーな方なんだけれど

やっぱり田舎の子には敵いません。



でも
そんな息子君が絶対に負けない
1つのスポーツが。

それがこれ

水泳!

image1_20180709181236017.jpeg  

生後4ヶ月の時から
プールに頻繁に連れて行かれている息子君は
既に泳ぎの名人です。

image5_20180709181230c3e.jpeg 

実家のプールの水の深さは平均約150cm
168cmの私が頭まですっぽり潜ってしまう場所もある。

なので110cmちょいの息子にとっては
かなり深いけれど

そんな問題なんのその〜。

水に飛び込むのも
全くもって怖く無い様で

バンバン飛び込んでは泳いでます。

image4_20180709181231817.jpeg 
 
それに比べて甥っ子君はと言いますと

角にある水が浅いところで
水遊びをするのが精一杯。

image6_20180709181228cf3.jpeg 

まあ、でも
もともと水球選手だったパパを持つ息子君
サッカーをやっていたパパを持つ甥っ子君

ここはやっぱり
パパの特技を受け継いでいるのかな。



パピーさん、はりきって

この春に滑り台を設置し
その時、甥っ子をプールで遊ばせたけれど

彼は近づこうともしなかった様で

パピーとしては
ちょっと残念だったけど

image2_20180709181234e5d.jpeg 

その分?

息子が大はしゃぎで
image7_20180709181227c32.jpeg 

滑ってはボーンと
遊びまくっておりましたよ。

IMG_5353.jpg 

けっこう対極な2人の孫だけど
パピーにとってはむしろ理想的らしい。

image9_20180709181224ec2.jpeg 

なぜならこの夏

息子を見習って
甥っ子L君は水泳をマスターするだろうし

そして逆に

L君が既に自転車を乗りこなしているのを見て
うちの息子は自転車をマスターするだろう。

男の子同士は
こうして成長してゆくんだ!

お互いの特技が違うほうがむしろ良い!
と思っているんだって。

image5_20180709170256f37.jpeg 

確かに2人がまったく同じ好みだったら
やること偏っちゃうもんね。



こんな感じで
息子がどんどんと成長する予感がありつつ

息子を残して
パリに1人で戻った私。

前回5月に
息子1人を残して行った時は

「ママ〜っ😭」って
泣いてすがって来たのに

今回はプール遊び中なのもあって
完全にスルーされたわ!



ママ、パリに戻るからね〜!
10日後に来るからね〜!

と言ったら

プールの中から

「うん、わかった!ばいばーい!」

ですって!

ママにビズ(キス)は!?
と言ったら

慌ててプールから上がって来て
びしょ濡れのままキスをしてくれたけど

すぐにプールに戻って行ってしまったわ。

まあ、泣かれるよりいいけど
これはこれでちょっと切ないではないの!!!

image8_2018070918122507f.jpeg 

こうしてプールで楽しそうに遊ぶ
息子の後ろ姿を見ながら

レンヌの実家を後にした
私だったのでした。

どうやら我が家は

子離れよりも親離れのほうが
ダントツ早いみたいだわ。

男の子だから頼もしいけどね!
本当はちょっと寂しいけどね。


と思っている私に
今日の応援クリックお願い致します。
ぽちぽち



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

まさかの全却下。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


お待たせしました!
アパートの予約1月分まで受付開始です


祭日が多かった5月。

この月は残っている有給を使い切る為に

祭日とうまく組みあわせて
長期バカンスを取る人も多い。

そして6月
やっと落ち着いて来たな〜と思ったのもつかの間

フランス人の頭の中は
夏のバカンスの事でいっぱいなんでございます。

lamer.jpg 

5週間の有給休暇を100%消化する
この国のバカンス文化は

正反対文化の日本から来た私にとっては
びっくりだったけれど

郷に入ればなんとやら〜
最近はすっかり慣れてしまい

バカンスバカンス
うるさい嫁になってしまいましたよ。



さてさて、そんな我が家
この夏はいったいどうしましょうと

旦那君が出張中の間に色々と考え
候補にあげたのが

以下、3国。

①ロシア
②ポルトガル
③コスタリカ

いつもイタリアばっかり行っている私達には
けっこうマニアック?な国々なのですが

それぞれに理由がありまして

まずロシアは

旦那君が仕事でロシア人と働く事が多く
モスクワやサンクトペテルブルグ在住の友達ができて
彼らが招待してくれているのです。

ポルトガルは1度行った事があるのだけれど
旦那君が行った事ないらしいので
とりあえず候補に。

夏だから海が見たいし
やっぱり暑い所に行きたいのよね。

そして突然浮上した
かなりマニアックと思われるコスタリカ。

これ、実は
フランス人の友人が
コスタリカの美人妻をもらう事になり

結婚式に招待されたのですよ〜。



うん
これなら

どこになろうとも
2018年のバカンス先として不服なし!

そんな風に思いながら
さっそく旦那君に

夏のバカンスとして
3つの国のプレゼンをしてみた。

んらっ

予想外の返事が帰って来たよ。

それは

”僕、たまにはフランス国内を旅行したい”

と。



それにはもちろん
彼なりの理由がありまして

まずロシアは出張でよく行くし
夏は友人達もバカンスの可能性があるから
ほかの時期が良いかも。で却下。

ポルトガルは
そういえば義両親にプレゼント旅行として
一緒に行こうとしてたから、却下。

コスタリカはなんせ遠いし
8月の出張と被ってしまう可能性があるから、却下。

そして何より
普段から世界を出張で飛び回り
秋はマルタ島へ、この春は日本へ行ったので

なのでこの夏くらいは
フランスでゆっくりしたいよ〜。との事なのです。

要は旦那君は
海外に行くのがこりごり。

なのですね。

CDGに近づきたくもないわけよ〜。



まあ、確かにその気持ち
わからなくもない。

旦那君
あまりにも仕事が忙しすぎて

実は昨年のクリスマス以来
レンヌの実家にすら帰れていない。

嫁は毎月の様に足繁く通って
グータラな日々を満喫させてもらっているから

あえて夏にレンヌに行かなくてもいいや。
なんて考えていたけれど

旦那君は息子と一緒に長期の休暇が取れそうな夏こそは
とにかく”のんびり”する事に徹したいそうなのです。

IMG_3955.jpg 

確かに、ね。

国内っていつでも行けるから
あえて行こうと思わないけれど

フランスには
とっても美しい地方がたくさんあるんだよね。

日本にいた時も同じ様な感覚で
日本旅行に全然興味がなく

結局、いまだに四国も北海道も行けずじまい。

むしろ日本にいる時に
フランスの地方を旅行しまくっている。

そしてそれをすごく後悔している。

前回日本に帰った時はそんな理由もあり
あえて京都奈良大阪旅行を組み込んだ私。

なんだかこれって
すごく効率が悪過ぎるではないか!

petitdejtos.jpg 

同じ過ちを起こさない為にも
年に1度はしっかりとフランス旅行するのも
悪くないかも〜と

なんだか一瞬でそんな考えになり
この夏は国内旅行に決定!

せっかく行くなら

アクセスが悪く車じゃないと行けない様な所を
狙おうじゃないの!と

現在バカンス先を検討中でございます。



さーて、どこにしようか。
そもそも今からホテルの確保って出来るのかな。

あ、もちろん旦那君の為に

数日はレンヌの実家に行くのも
忘れずに組み込んであげる予定ですよ。



ちゃっかり良い妻アピールを忘れない私に
今日の応援クリックをお願い致します。


押すだけでランキングに点数が入ります。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

まだ早いけど。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




レンヌで冬のバカンスを過ごしていた
うちの息子くん。

その中でのイベントの1つは
皆でサーカスに〜。

image3_2018022823154685f.jpeg  

半年程前に
パリのサーカスに家族3人で行きまして

その時はその時で
それなりに楽しんでくれた息子くん。

今回は義弟ファミリーも一緒で
1才下の従兄弟くんもいるので楽しさは倍増。

会場に向かう地上を通るけど"地下鉄"の中から
テンションが上がりまくるチビ2人。

ヒャッホーっ
image1_20180228231549795.jpeg 

パピーとマミーの希望で実現した
皆でのサーカス。

特にマミーは
と〜〜〜っても楽しみにしていた様だけれど

でもねー
やっぱりねー

2才、3才には
サーカスはまだ早すぎると思うのよね。



動物が出てくると
”動物がいる”事には喜ぶけれど

image6_201802282315420a8.jpeg 

彼らが芸をしても
それがすごいとは思わない模様。

image7_20180228231540683.jpeg 

生まれて初めて見る本物のゾウさんも
出てきた事にとても感動&興奮していたけれど

image8_2018022823153885e.jpeg 

人を踏まない様に
上手に歩くと言う芸に対して

子供達は完全に無反応。

いや、むしろ

”動き鈍いよゾウさん!どうしたゾウさん!”
くらいに思ったに違いない。



image9_20180228231537ef0.jpeg 

でも、そりゃそうよね。

3才の息子にとっては
テレビやアニメのゾウしか知らないわけで

でもってお気に入りのディズニー映画
”ジャングルブック”の中では

ゾウ達が上手に並んで行進して
しかも喋るわけだから

ちょっとした芸なんて
なんとも思わないんだわー、きっと。





ましてや人間の技に関しては

空中ブランコやアクロバットとなると
それがどれだけすごいかなんて

全くわからない様子。

まあ、彼らにとっては
片足ケンケンや階段2段跳ばしとかでも
拍手喝采もらえてしまうので

まだまだ
肉体の限界と言うものがわかってないんだわさー。

image5_20180228231543d0a.jpeg 

でも
パピー&マミー、何よりのミスは

孫、可愛さに
サーカスの入り口で光るおもちゃを買ってしまった事。

image4_201802282315449e0.jpeg 

子供達はサーカスよりも
こっちに夢中よー。

パピーマミーからのプレゼントなので
嫁として禁止するわけにも行かず

義妹と”困ったわね”とアイコンタクト。



でも、まあ
皆で行けたのが何よりも良い思い出になったから
結果オーライだわ。

もしかしたら子供達にとっては
サーカス自体は記憶にあまり残らなかったかもだけど

それはそれで
とっても楽しんでいた様だし

そして何よりも
パピーとマミーにとっては
思い出深い時間になったのは間違いない。

それならば嫁としてOKなのです。

実家に行くと義両親の気持ちが第一!と
嫁の心得を忘れずに頑張る私に
今日の応援クリックをお願い致します。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR