FC2ブログ
   
04
:
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

フランス流隔離。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




今回の新型肺炎問題で

日本の危機管理の弱さに対し
色々な人が辛口なコメントをしていて

特に
政府専用機で帰国させた人のうち2人が
その日の検査を拒否した。

と言うニュースには
あまりにもビックリし

すぐに旦那君に
”聞いて聞いて〜!”と
報告したくらい。

でもってそのリアクション

”うっそだ〜”と

最初は信じてもらえなかったですよ。



そんな中、フランスなのですが

無事に武漢から
フランス人を帰国させまして

2週間の隔離が開始。

もちのろんで
メディカルチェックは受けまして

それにより
10人ほどの人が入院したけれど

結局全員陰性と言う結果となりました。

そうなると

もしかして

この肺炎って
白人にはうつりにくいのかしらね。
それともたまたまかな。

どうなんでしょう。



今回のこの問題で
国境を閉鎖する国があったり
旅行者を追い返す国があったり

国によって
様々な対応が行われ

その国の特色と言うか
そんなのが公になった気がするけれど

お、おおっ
フランスっぽ〜い、と

1番思ったのがこれ。

hotel1.jpg  
HPよりお借りしました

海の目の前にある
素敵なビーチリゾート。

そう

こここそが

中国から帰国したフランス人たちが
2週間隔離されて過ごす場所なのですよ。

hotel2.jpg 

こちら
南フランスにあるホテルは
(bookingcomのページはこちら)

ビーチフロントにあり
テニスコートやジャグジーなどもある

4ヘクタールの敷地を誇る
優雅なバカンスホテル。

hotel3.jpg 

ここで彼らは
敷地内ならマスクをつけていれば外出OKで
2週間過ごすのです。

って

隔離と言うより
バカンスやんけー!





なんだかとっても
フランスらしいな。と

妙に感じた対策の1つだったのです。

hotel5.jpg 

ちなみにこのホテル
この先どうするんだろう?

なんて思い

何ヶ月も先の予約を
確認してみたけれど

現時点で
完全に閉鎖されている模様。

きっと政府が相当なお金を出して
このホテル相手に丸っと交渉したんでしょうね。



でも
こんな所を用意されたら

普段は個人主義で
縛られるが嫌いなフランス人も

バカンスだ〜!と
喜んで行くだろうし

バカンス中は
ただただのんびりと過ごすのが
フランス人流なので

2週間はこの敷地内で
文句を言わずのんびりと過ごしてくれそうだし

最善の策だったのではないでしょうか。



はたして2週間後
世界はどんな感じになっているのでしょう。

毎日増えてゆく感染者数と死亡者数。
いつかこれが止まる日が来るのだろうか。

1日でも早く、どこかの天才さん!
特効薬を開発してくれ〜。

と思う

他力本願な私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

雲行き。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




アメリカのとある企業にヘッドハンティングされ
そちらで働く決意をした旦那君。
(その時の話はこちら

今、働いている会社に
辞めたいと伝えたのですが

思った通り!

会社の人たちが
止めに入ってきましたよ。

上司は
お給料のUPと昇進を約束して説得

同僚たちは
一緒に未来を切り開こうと説得

それを振り切って辞めるのは
なかなかつらそうです。

paris16.jpg 

嫁としては正直

アメリカの企業程ではないにせよ
給料もかなりUPするし
昇進もできるし

でもって
大企業で安定した生活が
保証されているならば

それも悪くないんじゃない?

なんて思ったけれど

落ち着いた生活が性に合わない旦那君は
それじゃつまらないと

転職の意思は強い。

まあ、元来
チャレンジ精神旺盛な男なのよね。

ジャポネーズを嫁に貰っている時点で
そこもチャレンジだもんね。

アメリカンドリームを目指すのも
ある意味納得なのよね。



こんな感じで

とうとう今の会社も折れまして

いよいよ今月
退職する事になりました。

でもって

やっぱりね

思った通りね

今月の勤務初日から
アメリカに行く事になりましたよ。



息子の新学期と
その翌週にあるいとこの結婚式に合わせて

9月上旬に
チロっとパリに戻るけれど

その後すぐにまた
3〜4週間ほどアメリカに行く事に。

我が家の
”ほぼ”母子家庭が
復活の兆しでございます〜。



普通なら

えええ!
そんなにいなくなっちゃうの!?と
なるかもですが

3年間
1ヶ月単位の主張なんてざらだった私には
なーんて事はない〜。

今から
息子と2人で何して過ごそうか

久しぶりの母子生活に
楽しみすら見出している私ですよ。

うふ。



とにもかくにも
こんな感じで

8月末から2週間
9月〜10月にかけて3〜4週間

アメリカに行く事になった旦那君。

さらには12月にも
アメリカ行きが決まってまして

って。

あれ?
そうなると

秋の日本旅行は絶望的?

彼の口からはっきりと聞いたわけではないけれど

そのアメリカの間に
日本に行くのは

どう考えても無理があるだろうと
察している嫁。

しかも12月のアメリカは
年末のパーティーが開催される為
ご家族もご一緒に。

なんて言われてるので

そうなると11月の日本はやっぱり
厳しいかな。



2月のスキーバカンスは既に
義両親や義弟ファミリーとスキーに行く計画を立て
宿も抑えてしまってるので

あれ
そうなると

次日本に行けるのは

もしかしてもしかすると
来年の4月の春休み!?

一気に日本が遠ざかってしまったわ。

tokyoutour.jpg 

でも
旦那君が転職をすると言う大事な時期。

嫁として出来る限り
負担にならないよう

サポートをしてあげたいので

私の口からは当分
”日本行き”の話はしないようにしよう。

行ける日が来たら
その分、予定より長く滞在しよう。

そんな風に心に決めた私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
バカンス中にポイント下がってしまったのでぜひっ〜!

でも実は、そんな風にチャレンジ精神旺盛で
バリバリと働く旦那君が好きな私です。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

続きを読む

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ちょっとバカンスへ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那くん

転職する前に
5日だけバカンスがもらえる!

となりまして

急遽行って来ましたよ。

白い砂浜が果てしなく広がる
海へーーーーーーー!
image1_201908120012119de.jpeg 

こちらは

ブルターニュ地方の
Saint Cast de Gildoと言うビーチリゾート。

saintcast.png 

うちのファミリー
ここに別荘がありまして

そこで5日間
のんび〜り過ごして来たのです。

  

大好物のアイスクリーム屋に毎日通い
せっせと贅肉をつけ

image7_201908120012027ea.jpeg 

時には
お庭でバーベキューをし

嫁は料理する必要もなくごろごろ〜

image5_20190812001205510.jpeg 

海の前で沈む夕日を眺めながら
ぼけ〜っとしたり。

image3_20190812001208c91.jpeg 

”何もしない贅沢”を
満喫してきましたよ。



気温が22〜23度くらいで
散歩するには良いけれど

水温的には完全に
寒中水泳。

それでも毎日
海で泳ぐワイルドな我が家の男達を

ママは浜辺からの見守り
荷物番と言う大事な役目を果たしてきたわ。

image9_20190812001159a3a.jpeg 



ここSaint Castを含む
ブルターニュの海岸線にあるビーチリゾートは

なぜだかイギリス人とオランダ人に
大人気で

夏の間

メインビーチは
まるでフランスでは無い様な

ちょっと不思議な雰囲気になります。

でも
コートダジュールの様に
そこまで観光地化してないし

別荘から歩いて2〜3分の所にある
住人用の小さなプライベートビーチは

隠れビーチ的な感じなので

シーズン真っ盛りでも
あまり人がおらず

のんびりするには本当に最適。

image8_20190812001200527.jpeg 

そしてここのビーチで出会うのは
基本ご近所さん達なので

色々と交流も生まれ

今度一緒にアペリティフでもなんて
そんな話で盛り上がり

子供同士も遊べて

そんなのが
良いのよね〜。



ある日の夜は

魚釣りをしていたご近所さんから
鯛のお裾分けゲットっ

image4_201908120012062b2.jpeg 

持ち帰って
翌日のランチに美味しく頂きました。

image6_20190812001203ac3.jpeg 

普段魚を好んで食べない息子も
これは美味しいと

ノンストップで食べ続けていたわ〜。

お店で買うよりも
自然から頂く物の方が

美味しく感じるもんね。



こんな感じで
つかの間のプチバカンスを楽しんだ私達。

海外旅行好きの私は
どうしてもバカンスと言うと

国外に行きたがるけれど

こうしてのんびりと
ブルターニュの海で過ごすのも悪く無いな〜

なんて。

すっかり

”ブルターニュ人の嫁”

と化してる私に

郷に入れば郷に従え。
ブルターニュ人に嫁いだのなら
ブルターニュ気質になれ!



激励ぽちぽちクリックを2つ!お願いいたします。

海は基本眺めるのが専門で泳がないけどね〜。
船酔いも酷いから海には似合わない女ですけどね〜。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR