03
:
29
30
31
   

世界最大フランス物産展。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




さてさてそんなんで
Salon de l'agricultureに行った私達。

た〜くさんの動物に会う事が出来
大満足してくれた息子君だけれども

私にとっては
それ以上に楽しい事が〜。

それは

フランス中から集まっている
様々な生産者達による美味しいもの達〜

IMG_7609.jpg 

要はあれですよ
日本でもやっている

”北海道物産展”とか”九州物産展”とか
ああ言うやつ。

あれの”フランス全国バージョン”が
1つの会場で行われていたのです。

しかも試食も出来ちゃうので
歩いているだけで

あ〜ら、不思議。

お腹がいっぱいになってしまう〜。
IMG_7601.jpg 

でもって喉が渇いたら
ワインの生産者のブースで試し

甘いものが食べたくなったら
パティスリーの生産者の所へ行き

しかもどの店も
地方の名店として有名な所なので

そのお味は絶品です。

FullSizeRender_1_201703090558461aa.jpg 

もちのろんで
買う事も出来ますし

レストランやバーなどになっているブースもあるので
普通に食事もできちゃいます。

FullSizeRender_20170309055848936.jpg 

単なる”農業”の祭典で
牛や馬を見たりするのがメインと思っていた私だったので

思った以上に大規模なイベントに
本当にびっくり。

毎年行われている世界最大のワインの祭典も
同じ会場の1つのサロンを使っていて

2000くらいのワイナリーが集結するけれど

今回のこのイベントは

そのエクスポ会場のほとんどのサロンを利用。
(色が塗られている所は全てが今回の会場)

plansalonagri.jpg 

もう
全部歩くだけでもへとへとになる規模で
それが食べ歩きながらだから

完全にお祭りよ〜

IMG_7588.jpg 

そりゃ、農家の方達も
音楽奏でて行進しちゃうわよ〜。

IMG_7587_20170309055858045.jpg  

こんな風に

フランスの美味しいものが
1度に堪能出来るイベントでもある

Salon de l'Agriculture

salondeagri.jpeg 

むしろ今まで行った事なかったのが
悔やまれます。



これからは毎年行こう。
できれば開催期間中は何日も通いたいくらいだわ。

それでも食べきれないレベルの
ある意味”世界最大のグルメの祭典”だもの。

この時期にパリにいらっしゃる方は
絶対に参加、お勧めですよ!

これにあわせて
パリに来る価値だってあるくらい。

地方巡りしなくても
地方の美味しいものが一気に食べれるし
お土産も買い放題なので

美味しいものが目当てのフランス好きさんには
たまらないパリ旅行になる事、間違い無しなのです。

花より団子。
やっぱりお祭りは美味しいもの食べてなんぼよねー。

と改めて思った私に
応援のクリックを頂けると嬉しいです。
押すだけでランキングに点数が入ります。

皆様の応援がブログ更新の励みになっております。
いつも感謝感謝感謝の気持ちでいっぱいです。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

農業大国フランスを見に。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


8月まで予約受付中です。
パリでお待ちしております。



2月の末から3月上旬にかけて
パリで毎年開催されている農業の祭典

salon de l'agriculture

salondeagri.jpeg 

息子に牛でも見せてあげるかと
先日行ってまいりました〜。

IMG_7575.jpg 

毎年政治家が

これ見よがしにこの会場を訪れ
フランスの農業を讃えると言う

salonagri.jpeg 
我らがオーランド大統領。

政治色の匂いもぷんぷんしている
そんなイベントです。

salonagri2.jpeg 
超がつくほど右のマリールペン。



フランスの農業イベントなんて
正直あまり興味無いし

わざわざパリに運ばれて来た
牛や豚を見たってねぇ〜

狭い空間に閉じ込められているのを見るの
かわいそうな気がするし、、、と

今まで足を踏み入れなかったのだけれども

IMG_7574.jpg 

息子が喜ぶなら
母ちゃん頑張ろうと

そんな感じで初参加。



でも実際は
息子以上に私の方がおおはしゃぎ。

思った以上に広々としたスペースで
会場中に家畜さん達がいるではないか〜!

IMG_7577.jpg 

でもってでもって 

牛!

とにかく、牛!

びっくりだったのが、牛!

何度も言うけど、牛!
IMG_7585_20170309055857eb9.jpg 

牛ってこんなに大きいの!?と

都会っ子の私は
本気でびっくりだったわよ。

  

なんせ
1000kg超えが普通ですよ。

軽自動車だって800kgそこそこなのに
それよりも何百キロも重いのです。

四つん這い姿勢をしていても
168cmの私よりも大きいんですよ。

お尻が目の前よー。



さすが乳製品の国、フランス。
こりゃ、相当ミルク出すだろうね。

安泰だね。
ダノン、うほうほだね。



家畜さん達は
地方ごとにちゃんと分けられておりまして

IMG_7578.jpg 

これは、サヴォア地方の牛だよ、とか
こちらはロワールの豚だよとか

そんな感じで

全国各地から
ものすごい数の家畜が集まっていたけれど

それぞれの地方で牛の姿が全然違って
これがまたびっくりだったわ。

まあ、ぶっちゃけブタさんは
違いがわからなかったけどね。

でも、チビ達がかわいかったから
それはそれで見応えあったわよ〜。
IMG_7579_20170309055855672.jpg 

他にも
馬を専門にした会場があったり

IMG_7613.jpg 

犬と猫の会場があったり

IMG_7610_201703090559076e5.jpg 

農業のイベントと聞いていた割には
様々な動物を楽しめた私達。

息子くんも
かなり満足してくれました。



しかし、皆
とっても大人しくて良い子にしていて

牛さんや豚さんって
暴れたりしない生き物なのかしらねぇ。

なんて疑問に思い
牛の生産者の人に聞いてみたら

もちろん、一番おっとりさんで
派手に動か無い子を選んではいるけれど

最近はもう生まれた時から
このイベント用に調教してるんだよ。

ですって。

ほ〜。
このイベントに来ている牛さん達は
英才教育された子達だったのね。

IMG_7589_20170309055901767.jpg 

確かに

軽自動車よりも重い体で
思い切り暴れられたら

大惨事だもんねぇ。



そんな感じで
農業大国フランスが誇る
家畜さん達にご挨拶した私達。

IMG_7606_20170309055904813.jpg 
卵からヒヨコが孵る瞬間が見れたよ〜

でもでも

私にとってこのイベントの最大の楽しみは
ここじゃなかったのです。

それは何かと言いますと

そのお話はまた次回に続くのです。

続編になってしまいましたが
今日の応援クリックを頂けると大変嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入ります。
皆様の応援がブログを続ける活力になっております。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

大人達の宴。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


4月の予約受付開始致しました。
春のパリでお待ちしております。
(7区のアパートはもうしばらくお待ち下さい)

前回に引き続き
12月31日の大晦日のお話。

この日は毎年
友人達と過ごすのが恒例だけれども

今年は旦那君が出張でいないため
レンヌの実家で年越しをした私と息子君。

なので
義両親の年越しパーティーに参加する事に。

IMG_1515_2017010318352099c.jpg  

毎年気の合う友達数組で集まり
年越しパーティーをしている義両親。

私も多少は面識はある人達ではあったけど
皆さん義両親よりもさらにひと回り上のご夫婦で

いや〜
話があわない、あわない。



もともと
数年前にフランスに飛び込んだ
生粋のジャポネーズで

30過ぎまで
フランスとは無縁の文化で育って来た私。

そんなヒヨッコが

60代、70代の
フランス人ムッシュとマダム達に囲まれて過ごすのって

見た目からして不自然ですよ。
完全に不似合いですよ。

でもって

なかなかしんどかったですよ。

話の共通点なんて
ほとんどございません。

IMG_1506_20170103182059f98.jpg 

一人の70代のムッシュが
”僕は盆栽が好きでね”

なんて
”ジャポン”な話題をふってくれたけど

日本人相手だって
盆栽の話なんでできやしませんぜ、私。



IMG_1516_20170103183521d32.jpg  

しかも義ママさん

何を考えての事なのか

私の席が見事に
2人のムッシュの間になっていて

これはもしや嫌がらせか!?
と思ったくらいです。



まあ、義ママの事だから
気を使ってその席にしてくれたんですけどね、

これなら愛も
彼らとお話しやすいでしょう。ってね。

期待を裏切ってしまって悪いけど
全然話せなかったよ!ごめんよママ!

IMG_1518.jpg 

20時から始まった会は
そんな感じで進んで行きまして

どんどんと盛り上がって行く
マダム&ムッシュ達。

でもって、出た出た
義両親仲間達恒例の

ダンスタイムーーーッ
FullSizeRender_20170104165335303.jpg 

こうなったらもう、止まりません。

明け方まで

ロック、ワルツ、etc
踊って踊って踊りまくります。

FullSizeRender_1_2017010416533365a.jpg 

わたし?

もちのろんで
見てるだけですよ。

結婚式の為に
彼らにダンスを教えてもらった事もあり

一緒に踊ろうと
かなり激しく誘われたけど

そもそも深夜回ってまで
踊る気力も体力もございません。

フランス人って本当に
何歳になっても元気な国民だわ〜。

IMG_1521_20170103183524ac4.jpg  

こんな感じで
フランス人の元気さを見せつけられた
年越しの夜。

日本にいた時は

大晦日と言えば家でのんびり年越しそば食べながら
紅白見て、ゆく年くる年みて

あ〜、年があけたね〜

しんみり〜

だったので

まだまだこの文化には慣れないわ。

いつか私も仲間と
こんな風に元気に年越しをする日が来るのかしら?

まずは旦那君とダンス教室に通う事から始めるかな。

なんと言っても彼
リズム感覚ゼロの男だからな。

そんな事を新年早々考えている

私なのです。

海外に嫁ぐっていろんな意味で大変だけど
刺激があるから日々飽きないわよー!

と前向きに考えている私に
今日の応援クリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入り
私が激しくハッピーになる仕組みです。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR