08
:
25
26
27
28
29
30
31
   

アメリカとパリジャン。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





私達夫婦の友人に

世界を飛び回っている
とっても優秀なビジネスマンの方がいる。

祖父の代から続く会社で働く
筋金入りのおぼっちゃん。

父親が人格者で、尚且つとても優秀な方だったらしく
彼の代で祖父の会社を安定化させ

そして今
友人がその会社をさらに大きくしようと
奮闘している。

話していても、所々に優秀さを感じる
とてもスマートな男性で

本当に魅力溢れている人物。

世界中に工場があるので
色々な国へ行くけれど

メインのお客さんはアメリカの企業なので
アメリカ出張が多い。

そんな彼
今年は久しぶりに長期で夏休みが取れたんだと言って
家族と一緒にバカンスにでかけておりました。

それなのに先日
彼が1人だけでパリに戻って来た事が発覚。

なんだかとっても怒りに満ちていて

ありゃりゃ
こりゃ、奥様と喧嘩でもして
帰ってきちゃったのかしら?



ちょっと心配したけれど

旦那君が
彼と一緒に1杯やりに行った時

怒りの理由が発覚。

それは

”アメリカ大使館に呼び出されて
面接をしなくちゃならなかったんだよ!”

と。



別に彼は
アメリカの法律に背くような事をしたわけではない。

超がつくほど善良な市民であり

そして
彼の会社の製品で助かったアメリカの企業だっているくらい
むしろアメリカにとっては大事な客人。

そんな彼がアメリカ大使館に
バカンス中にもかかわらず呼び出され

面接をする事になった、その理由。

それは

彼のオリジンが
イラン人であるから。

ただ、それだけ。

祖父の代からフランスに移住し
フランスで立派な一族を作り

そしてフランスの社会で
立派に生きている彼。

フランスでは彼は完全にフランス人であり
そこに疑いを持つ人はいない。

父親はドイツ人と結婚し
ドイツとのハーフである彼。

そして今は
フランス人の女性と結婚して子供を授かり

パリの街で
フランス人として生きている彼。

そんな彼が
次回のアメリカ出張の手続きをしようとしたら

アメリカからストップがかかり

そして
入国を許すべきか否かの判断をするための
面接が実施されたんだそうな。

avion.jpg 

みなさん、もうおわかりですよね。

そう

トランプ大統領の政策で
彼はこの様な事をしないとならなくなったのです。

確かにテロは怖い。
テロは脅威。
テロは悲しい。

なので
トランプ大統領の政策を指示する人も
多かったのかもだけれども

だからこそ大統領になれたのかもだけど

長くイスラム教徒の人と共存している
フランス人にとっては

仲良しの友人がこの様な仕打ちをうけるのは
とても複雑な気がしてならない。

もしかすると彼の子供達も
”血”が入っていると言う理由で

将来こういう扱いを受けるのかもしれない。

どこまでが有りで、どこからか無しか。

線引きって本当に難しい。

なんだか悲しいな。

そんな事を感じ
色々な事を考えてしまった

出来事だったのでした。

パリに来て初めて本気で考え始めた
人種、と言うもの。

国境の壁は超えられても人種の壁を超えるのは難しいと
しみじみ感じている私です。

ちょっと重い話で恐縮ですが
今日の応援クリックをお願いします。

押すだけでランキングに点数が入ります。
最近下がり気味なのでぜひお願いします。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

怒った顔の秘密。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




7区のアパートに滞在していた週末

せっかくだからと
親子3人で

近所をみっちり散策〜

もちろんメインは、サンドミニク通り。

IMG_8677.jpg 

普段から利用頻度の高い道ではあるけれど

”アパートに滞在している旅行者”
として歩くと

これまた違う姿を見せてくれるかもね。

なんて淡い期待をしての
お散歩です。



宿泊されるお客様にご近所マップを作ろうと
3月の終わりにけっこう歩いた道だけれども

あらららら〜

すでにお店がかわってるー!

我らがサダハル・アオキができているではないの!

IMG_8672_20170516164258d27.jpg 

もともとこちらにあったパティスリー、Jean Milletが
2014年に青木氏に買い取られたのは知っていて

でも

それ以降もJean Milletの名をそのまま利用。

3月の時点では間違いなくJean Milletだったのに
今回は100%サダハルアオキになっておりました。

IMG_8673_20170516164259d7b.jpg 

もともとJean Milletで働いていた経験があると言う青木氏

IMG_8674_20170516164301a4b.jpg 

自分の修行した店を買い取り

こうやって
自分のお店にしてしまうなんて

なかなかのやり手ですな。

  

他にも
フランスで1番美味しいカヌレの店
Limoineで朝食を買ってみたり

IMG_8676.jpg 

ミシュラン2つ星のお店をチェックしてみたり

IMG_8678_201705161643078f5.jpg 

でもって息子君がのぞきこんで
離れなかったのがこちら

IMG_8702_20170516164308682.jpg 

私から見たら大した噴水じゃないけれど

息子からみたらお水が出るよりも何よりも
”なんでこのムッシュは怒っているのー?”と
その顔にくいつきまくりです。



建物の柱とか入り口にも
色々なスタチューが彫ってあったりして

ほとんどが怖い顔のパリの街。

息子にとってはそれが
とっても不思議らしく

その”怖い顔”がまじまじと見れる
ここのスポットは

何かしらをチェックするのに適していた模様。

parisalmaeiffel.jpg 

でもって一言

"笑っている顔の方が良いよ〜っていつもママは言うけれど

あのムッシュは怒っているよー
パリの街には怒った顔の方が多いよー

パリは怒っている方が普通なんだよー”

ですって。



うむー。

言っている事
全然間違っていないから

何も言えないわー。

parisam 

きっと、ガーゴイルのように
魔除けの意味とかがあったのかな?と思ったけれど

いい加減な発言を信じられたらこまるので
あえて明確な答えは言わなかった私。

もしヨーロッパの建築などに詳しい方

なんて建物や噴水の顔って怖い顔をしているのか
正確に知っている人がいたら教えてください。

息子に伝えます。

と言う

最後は質問して終わったこのブログではありますが

パリに住んでいても
パリは未だに知らないことばかりな私に

パリの知識と
そして応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入ります。
皆様には感謝感謝感謝!です。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ゾウの像。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


25日にアパートにお問い合わせ下さったKM様
記入して下さったメルアドが無効で返事が出来ません。
もう1度連絡下さいますでしょうか?
よろしくお願い致します。



とある晴れた日に
家族でお散歩に行った

バスティーユ界隈。



パリの4区11区12区にまたがるこのエリア

我が家からはちと遠いので
それほど行く機会は無いのだけれども

この日はせっかくだからと
バスティーユ広場から延びる運河をお散歩。

IMG_53901.jpg

セーヌ川もいいけど
たまには近代的な運河も悪く無い。

同じ様な考えの人達が
うじゃらうじゃらとおりました。
IMG_5391.jpg

こちら、ヨットがいっぱいあるのが特徴で
IMG_5389.jpg

庶民が運河沿いをテクテク散歩するなか
お金持ち達はヨットの上で日向ぼっこと言う

階級社会の縮図がチラリと見える
そんな場所でもございます。



バスティーユって言うと
日本では地味にまあまあ有名で

観光される方も
”絶対に行くべきリスト”
には載せないけど

”時間があったら行こうリスト”
には載せる、そんな位置づけの場所。

なんせ少し
観光名所から離れてるんですよね。

特にこれと言って
目玉の観光名所があるわけども無く

しいて言うならオペラバスティーユがある位。
あ、運河もね。

なので観光的には
絶対にお勧めと言うわけでは無いけど

バー街とかあるし
ショッピングも楽しめるし

生活エリアとしてはナカナカ面白いかな。

ただ、どちらかと言うと若者向きのエリアなので
私はもうこの街に似合わない。

学生時代からパリに住んでたら
きっと毎日でも通ってたろうに。



さて、このバスティーユ広場。

何よりも有名なのは
フランス革命が始まった舞台だって事。

1789年7月14日

ここにあったバスティーユ牢獄を
民衆が襲った事が全ての始まりだったのよね。



牢獄?何のこっちゃ?
って思った方

このバスティーユ広場にはあったんですよ。
すんごい牢獄が。

こんな感じで、と
広場に面してるカフェの上に説明があったけど
IMG_5392.jpg

いまいちわかりにくいので
我が家にあった雑誌から

これだともうちょいわかりやすいかな?
IMG_5750.jpg

現代のバスティーユ広場に
昔あった牢獄を再現したもの。



そんな激動の舞台になったこの場所も
今では穏やかな広場に。

でも今でも
何かあると民衆があつまるのはこの場所で

パリジャン達にとって
自分の主張を訴える場所となっている。

bastille33.jpg

そんなバスティーユ広場にそびえ立つ
シンボルの塔

7月革命の記念柱と言われてて
July_Column_at_Place_de_la_Bastille_-_July_2006.jpg
wikipediaより

今ではかなり有名なんだけど

実は1833年に
この記念柱が立てられる前

我らがナポレオン氏

”ここに記念碑を建てるぞ!”
と言って当初お願いしたのは

象。ですよ、ゾウ。



しかもこの計画
かなり本格的に進んで

石膏のモデルまではちゃんと建設され

こんな感じだったらしい。

Elephant_de_la_Bastille_aquarelle_de_Jean_Alavoine.jpg
wikipediaより

その突拍子も無い発想
さすが天才、不可能の文字が無い男ダワ。



でも

ワーテルローの戦いに敗れた1815年
この案は中止に。

案外。彼
不可能がありまくりの人物だったようだ。

napoleon.jpg

お陰様で?

この広場には今の記念柱が建つ事になったんだけど

もしナポレオンの戦いが順調で
本当にゾウの像が建ってたらって思うと

何かあるたびにバスティーユに集まる
フランス国民達のその姿

ずいぶん違うように見えるんだろうなと。
bastille22.jpg

国旗を掲げゾウに群がってたのか〜と想像すると
ちょっと楽しい愛さんなのです。

お帰りの前にお手数ですが
今日のポチポチとお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR