FC2ブログ
   
07
:
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ちょ、ちょっと〜〜〜!!!!!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




ちょ、ちょっと、ちょっと、ちょっと〜!

マクロン大統領よ!

そう来たか!

と思わずTV相手につっこんでしまった
6月14日の夜20時。

この日

ひさ〜〜〜しぶりに

マクロン大統領による
テレビ演説があったのです。

IMG_6440.jpg 

一部の地域をのぞいて
普通に戻りつつあるフランスですが

オレンジゾーンのパリは

例えばレストランは
テラスだけの営業のみOKとか

他の場所よりも
厳しい状況でありまして

でも
どうやら

このまま上手く
コロナ対策が出来たら

22日からは
パリもグリーンゾーンになって

レストランとかも普通にOPENかな、と
期待していたのですが

でもって

その事に関する
演説だと思ったのですが

内容は

そんな私の期待を大きく上回るもので

まさかの

”もう、フランス全土がグリーンになったよ!
僕たちはコロナウイルス相手に勝利を掴んだ!

明日からレストランとか
オープンしちゃって良いよ〜!”

と言うもの。

って、

おい。

日曜日の夜8時に
明日からOPENしていいよって

レストラン業の人達
どうしろって言うのさー!

IMG_5560_202006150405270d7.jpg  

レストランが閉鎖される時も
まさかの19時

ほんの5時間前の宣言だったけれど

20時。

まさかの4時間前!

これにはもう
レストラン業者の方達に
同情すら生まれるわ。



でも
私としては

レストランの復活は嬉しい。

嬉しいけれど

実はちょっと悔しい。

なぜなら
先週

日本人シェフ、小林圭さんの3星レストラン
Restaurant Keiの予約を取っていて

旦那くんと行くのを
とっても楽しみにしていたのに

ギリギリで行けなかったのです。

3ヶ月前に予約を取ったのに!

あと数日ずれていれば
行けたのに!

IMG_5557.jpg  

ロックダウンが始まる前
最後に行ったレストランもKEIさんで

しかも
この時はお客様とご一緒だったと言う
記念すべき食事だったので

どうせなら
最後も最初も

ここで飾りたかったわ〜!

image0.jpg 
3月某日
圭さんとちゃっかり記念撮影〜。



とにかく
そんな感じで

突然
”パリ、普通宣言”
があった6月14日。

でも
その中で

私にとって1番衝撃的だったのが

突然の

”6月22日から学校再会!
義務ですよ〜!”

と言うもの。

なぜなら

学校からは
9月から開始の連絡を頂いておりまして

そのつもりで
予定も立てておりまして

なのに

急に

”義務”

と宣言されてしまい

あたふたしております。

だって22日から義務って言われても
学校1週間だけなのです。

しかも
その週の後半は

既にプチ旅行の予約済み。

第二波が来たらどうしようとは思ってたけど
まさかこんな形で旅行に問題が出るとは!

IMG_6439_202006150344514a8.jpg 

でも
こうして

フランスに”平常”宣言が出たのは
とても喜ばしい事なんですよね。

最後の最後に学校に行けて
皆にバイバイ出来るのは

息子にとって
良い事になるのは間違い無いですからね。



まだ感染者がゼロになったわけではないけれど

こんな感じで限りなく
普通に戻ったフランス。

さあ、これからは
遅れた分を取り戻せ!
追いつけ、追い越せ精神で頑張ろう。

そんな風に決意し
鼻息をあ荒くした私に

今日の応援ぽちぽちクリックを
2つ!お願いいたします。

ついでにランキングも上がればなお嬉しい!
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

翔泳社さんより
電子書籍が発売中!

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

適当主義。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日病院で
ドクターに診察をしてもらった時の事。

その時に

今日渡したい薬があるんだけれども
置いてある薬局が少ないのよね。

なので念の為私が持っているのを
2日分渡しておくから

とりあえずこれを飲み始めなさい。

と言って

封筒に薬を入れて
渡してくれた。

これで
2日間の猶予が出来たから

安心だわ〜

なんて思い

その薬を飲もうとした
その日の夜

とある事に気がづいた。

え!?
期限が4ヶ月も切れてるじゃん!

medicaments.jpeg 

こ、これは、どうなの?
ドクターから期限切れの薬を渡されるなんて

日本だったら
問題になりかねないではないか!

まあ、4ヶ月くらいなら
薬効はあるだろうから

私はそこまで気にしないけれど

もしかしたら
気にする患者さんもいるかもしれないし

この薬のせいで
病気が改善しなかったではないか!
なんていちゃもんつける人もいるかもだから

念のため、と

先生にメッセージ。

”ドクター!

頂いたお薬
4ヶ月前に期限きれてるけど!!!”

と。

そうしたらその返事

”OK 4ヶ月!!!

NO  2年!!!”

と。



おっけー、よんかげつ!
のー、にねん!?!?!?



って。

おっと。

な、なんて

かるーーーーーいっんだ!



この気楽さが
この先生を好きである理由なんだけど

この気楽さが通ってしまうのが

フランスを
好きな理由でもあるのかもな。

なーんて事を考えながら

4ヶ月期限が切れた薬を
水で体に流し込んだ私。



日本に比べると

色々な場面で
適当さを感じるフランス文化。

でも
相手が適当だと
自分もある程度気を抜いて生きれるから

それはそれで
たまらなく良い感じ。

もう
これに慣れてしまった以上
日本のきっちりとした世界に戻れる気はしないな。

なんて

薬ひとつで
今後の人生まで考えてしまった私に
今日のクリックを2つ!お願いいたします。

問題は
この国にいると
自分がどれだけ適当になっているか気づかない事。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

翔泳社さんより
電子書籍が発売中!

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

都会派と田舎派。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那君が東京駐在時代に仲良くしていた
フランス人グループの一人から

突然の連絡が。

”長男が生まれました!”

と。



これには相当驚いた
私たち夫婦。

なんせこの彼は
一生結婚せず子供も作らず

自由に生きてゆくんだろうな。

なんて思っていたからです。

ちょうど1年ほど前には
彼と彼女を招いてディナーをしており

10年近く
くっついたり離れたりしている2人に

結婚はしないの?

なんて
軽く話を振った事もあったのだけれど

ははんっ

と。

俺、興味ないし。
的な返しをした彼。

そして
そんなそっけない彼に対し

結婚願望が強い彼女は
シュンと悲しい顔。

みたいなシチュエーションがあったので

その1年後にはこうして2人
べべちゃんが誕生してるなんて

まさに青天の霹靂!



でも
喜ばしい事にはかわりなし。

さっそく出産祝いを持って
会いに行きましたよー!
(2月の話、なのですが)

IMG_5484_20200226010228fdc.jpg 

彼らは3年ほど前に
パリ市内に一戸建てを購入しておりまして

パリ市内の一戸建てなんて
これは珍しい!と

赤ちゃんに会うウキウキと
家を見るウキウキ

ダブルうきうきでの
訪問となりました。



築年数12年と言う
パリの中では新築とも言えるご自宅は

3階建の庭付き。

2階にも3階にもテラスがあって
パリ市内とは思えない開放感。

証券会社勤務の彼と
銀行勤務の彼女だから

ちょっとしたコネもあって
買えたんだよ〜!

なんて

購入当時
とっても喜んでいたのも納得。

確かにパリで一戸建てなんて
なかなかないものね〜。

IMG_5486.jpg 

でも、今回

そんな彼らの口から思わぬ発言が。

”実は今、地方都市に引っ越そうと思っているんだ”

と。



購入当時
あんなに喜んでいたのに

いったいどんな心境の変化!?
と思ったら

子供が生まれた事で
全部の価値観がかわったんだとか。



現在の場所は
パリではそこまで治安が良い場所では無い。

でも

今後

地価の上昇に伴い
彼らのエリアも値段が上がり

治安も改善される可能性が高い。

実際に彼らの様なエリート夫妻が
どんどんと引っ越して来ているらしい。

そして彼らは

まさにそれを見込んで
今の物件に投資をしたわけだけれども

でも

実際にこうして今
小さい命が家に来た以上

待っている場合じゃないな
と思ったのだとか。

そして子供にとって
何が1番大事かを考えたら

”地方に引っ越そう”
で意見が一致したんだって。



そして

自分の出身地である
ノルマンディーのカンと言う街の物件を探してみたら

街の中心部にもかかわらず

今の家の倍以上の大きさで
庭に関しては10倍はある一戸建てが

1/3〜1/5の値段で売り出されていて

それを見たら
なんだか馬鹿らしく感じてしまったのだとか。



私は
東京生まれ東京育ちなので

昔から
都心以外に住むことは考えられず

田舎暮らしを希望するって
どうしてなんだろ〜?

くらいに思っていたけれど

今はなんとなく
彼らの気持ちがわかる。

以前は

都会に住む人は都会が好きな人。
田舎に住む人は田舎が好きな人。

と言う
単純な分け方をしていたけれど

最近
地方に別荘が欲しくてたまらない。

多分それは
田舎が好きな人、に変わったわけではなく

子供がいる現在の生活には
田舎の生活があるとより満たされるな、と言う

その時の状況で
必要なものなのだと思ったわ。



好きに遊んでいた独身の時は

友達とご飯したり飲んだり
夜遊びしたりする場所がどうしても欲しく

都会暮らしを熱望したけれど

今は
どうせヒッキーだし

だったら
息子がのびのびと遊べる場所を
作ってあげたいな〜と言う

今、必要なものを
考えるんでしょうね。

ただ、どうしても
車が運転できない私は

本拠地は都心にしたいと言う気持ちには
かわりがありませんが。



兎にも角にも

すっかりパパになっていた
友人T君。

そして
ほんとーーーに幸せそうだった
彼女のMちゃん。

引っ越してしまうのは
残念だけれども

末長く
幸せな生活を築いて欲しいわ。

そして
結婚願望が強いMちゃんの希望を
いつか叶えてあげて欲しいわ〜と

老婆心に思ってしまう私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

下がり中のランキング。
皆様からの援護射撃お待ちしております。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR