07
:
24
25
26
27
28
29
30
31
   

フランスで見つからなかった文房具。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日
CAの友人が仕事でやって来た時に

どうしても欲しいものがある〜!と
お願いをして買って来てもらったもの。

それがこちら

image8_201803192329516a8.jpeg 

日本の皆様にはおなじみの
”クレパス”
でございます。



息子が最近お気に入りにしている
絵本に

”クレヨンのくろくん”
と言うのがありまして

image2_20180319233000151.jpeg 

これを読んであげているうちに
どうしても欲しくなったのですよ。



こちらのストーリーはと言いますと

クレヨン達が画用紙を見つけて
どんどんと綺麗な絵を描いて行く。

image3_201803192329597f4.jpeg 

でも、黒は間に合っていると言われ
仲間に入れてもらえない。

image4_20180319232958b4b.jpeg 

そうこうしているうちに

クレヨン達が各々、我先にと絵を描いてゆき
絵がぐちゃぐちゃになってしまい

そこに現れたシャーペンのお兄さんが
黒くんに絵を塗り潰すように提案。

image5_20180319232956104.jpeg 

皆が黒くんの行為に激怒するも

その塗りつぶした絵の上を
シャーペンのお兄さんが削って行き

image7_20180319232953024.jpeg 

最後は綺麗な花火になり

これは黒くんがいたから出来たんだよ!
黒って凄い!

と言って終わる

そんなストーリー。

最初、皆から黒くんがいらないと言われた時は
ちょっとドッキリしてしまったし

皆が、我先に我先にと色を塗って行き
絵がぐちゃぐちゃになってしまうのも

妙に人間のドロドロした部分っぽくて

3歳児にはちょっと早いかな。
なんて思ったけれど

息子はこの本をえらく気に入り
1日1回は読んであげる様になったのです。



でもそこで愛ママに疑問が浮かんだ。

この子、クレヨン、わかっているのかな?って。

確かにフランスにも
似た様なものは売ってはいるけれど

こんな風にしっかりとした色が出るのを
見たことが無い。

そしてそもそもこの”クレヨン”と言う言葉。

これは”フランス語”で”鉛筆”と言う
全く違う意味になるので

息子にとっては混乱必至の名前。

なので気になって
クレヨンについてさらに詳しく調べてみると

wikipediaには
19世紀にフランスで発明された。と。

でもそれは
着色顔料と固形ワックスで作られた物である為
硬くてそんなに発色も良く無い。

でも、世界では未だに
こちらの製法のクレヨンが一般的に使われていると。

そして私たちに馴染みがあるクレパスは

クレヨンにさらに体質顔料と液体油が加えられた
(株)サクラクレパスが登録商標を持つ日本独自のもので

だからこそ
柔らかくて発色が良いんだそうな。

image8_201803192329516a8.jpeg 

まあ、私が子供の頃は
誰もがこれを持っていて
これこそを”クレヨン”と呼んでいた気がするけど

これはクレヨンじゃなくてクレパスなんですね。



ちなみにサクラクレパスも
ちゃーんとクレヨンを発売しております。

crayon.png 

絵本のクレヨンはむしろこっちかな?
先がとがっているしな。。。



まあ、とにかく
"クレヨンのくろくん"を息子に
どうしても実践させたかったけれど

フランスのクレヨンが硬くて
全然上手く行かなかった私。

なので私も幼き頃使っていたクレパスを
日本から運んでもらったのです。



軽く描くだけでカラフルな色が出る日本のクレパスに
息子くん、大喜び〜。

image1_20180319233002b50.jpeg 

でもって、母ちゃんと息子!
やりとげましたよ!

ご覧あれ〜っ

IMG_1833.jpg 

絵本と全く同じ様に
黄色のちょうちょからスタートし

最後は花火を飛ばす事に成功です!

息子からのぐちゃぐちゃ妨害も受けたけれど
大満足〜



クレパスが日本にしか無く
サクラクレパスが登録商標を持つと知った今

今度日本に帰った時に
大量購入決定だわ。

そして2018年のクリスマス
親戚の子供達にプレゼントとして配ろう。

今年リタイヤした叔母は
絵の教室に通い始めたと言うので
彼女にプレゼントしてもいいかもね。



ところで!

サクラクレパスさんに
700色入りのセットが売ってたーっ

700.png 

よくわからないけど、凄い!
そして、使いこなせないけど、欲しい!

でも、色彩感覚が無いと
同じ様に並べて片付けるのは不可能だわね。

ちなみにお値段50万だって。

ふふ。



フランスに来てから知る
”日本独特”の製品達

2つの文化を知っているって
やっぱり面白いわ〜

なんて思った
そんな出来事だったのでした。

今日もブログに訪問して下さりありがとうございます。
急降下しているブログランキング
お帰り前に応援クリックを頂けると有り難いです
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

え?自信がないって。。?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




2月。

風邪の季節ですね。

我が家も息子が毎年の恒例行事の様に
少し鼻をずるずるしておりますが

どうにか今のところ

極寒の地に出張に行っている旦那くんも含め
それなりに安泰に過ごしております。



息子くんの学校も
それほど病気で休む子がまだおらず

みんな元気そうだけど

昨日一人
欠席者を発見。

それも大物。
超がつく程、大物の欠席者です。

それは誰かと言いますと

息子くんの担任の先生でございます〜。

parisparis2.jpeg 

いつもの様に朝、登校すると
入り口にいるはずの先生がおらず

あらら?おかしいぞ?
と気づいたのですが

その日息子に聞いてみると
案の定、病気で休んでいたとのこと。

そりゃ、先生だって病気になるよね。
そりゃそうさ、そりゃそうさ。

と思いながら
今朝、学校に息子を送りに行くと

やっぱりまだ
彼女の姿がありません。

どうやら長引いているようです。

なのでこの日も先生のかわりに
アシスタントさんの女性が入り口に待機。

先生のかわりを勤めておりました。

IMG_9385_20180201234752aa4.jpg 

でもね
このアシスタントさんと言うのは
本当に単なるアシスタントさんで

おトイレに連れて行ったり
引率のお手伝いをしたり

そういった雑用をするのが主な仕事。

クラスの教育をするのは先生の仕事と
100%わかれているので

急遽、先生のかわりになった彼女は
それはそれは大変そう。

今日も本当なら皆で高等部の方にある
大きな図書館に行く予定だったけど

それも中止になってしまいました。



でも、まあ
巨大な学校だから

それなりに代理の先生たちが来て
対応してくれているのかな

なーんて思っていたら

ついさっき
学校から1通のメールが。

”〇〇先生の病気により
臨時でアシスタントの△△さんが対応しております。

んが!しかし!

彼女はアシスタント

なので我々としても
100%万全でお宅のお子さんをお預かりできる
自信がございません。

なので
明日、お子さんを家で預かれる家は
学校に来させないでください。”

と。

な!

な!?



そんな理由で学校に来させないでなんて
学校側がお願いしてくるの!?

そんなのあり!?



息子の学校は
けっこう有名な私立。

かわりの先生をたてるくらいの根性あっても
いいんじゃないの〜!?

公立の学校だったら
ストとかで休みになる事も多く

突然の休みにある程度慣れているので

先生がいないとなると
学級閉鎖的な処置がとられてしまうかもだけど

そういうのを避ける為に

高いお金払って私立に入れている
共働きの親も多いと思うのよねぇ。



でも

”万全の体制で預かれる自信が無い”と
学校から堂々と宣言された以上

もし学校に連れて行って何かあったとしても
文句は言えないって事よね。

実際に昨日も
極寒でしかも雨だったのに

洋服がものすごく泥だらけになっていて

これは長時間
校庭に放置されたわね!と

感づいてはいたのよね。

だって
先生としての授業ができない以上

子供たちを外で遊ばせて時間を潰すのが
アシスタントさんにとっては最善の策だものね。

それが雨とか寒いとか
そんなの気にしてられないよね。



さて、明日
皆の家はどうするんだろう。

クラスメートの家は
お母様が家にいる貴族家系や

代々この地に住んでいて
パピー&マミーが近くにいる一族

住み込みのシッターやお手伝いさんがいるので
家にいさせても全く問題ない子も多いので

出席率はぐんと減りそうかな。

でも
我が家はどうしたもんかなぁ。

他の家みたいに優雅な理由とは程遠いけど
私が家にいるから置いておけるんだよね。

ただ
問題は

本人が学校に行きたがるって事。

先日
パピー&マミーが来るからと
お昼で迎えに行ったら

ご機嫌斜めで大変だったものー。

何よりも皆で遊ぶのが好きなのよー。
学校がラブすぎるのよー。



ああっ!先生!
早く帰ってきて〜!

と言うか
一人くらい臨時の先生置いておいてくれー!

そう願う愛ママなのです。

そんな感じで今日も育児を頑張っている私に
応援のクリックを頂けると励みになります。

降下したこのブログのランキングをUP出来るのは
皆様からの応援ぽちぽちのみです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

猛暑とフランスの子供達。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


今週より10月の予約OPEN致しました。
パリでお待ちしております


暑いよー
パリが暑いよー
狂ってるよー

6月だと言うのに
猛暑が到来

週末から連日
36度と言う気温です。

なので我がは
もちのろんで、真っ暗真っ暗。

朝のうちに冷たい空気を入れ
その後は雨戸を閉めカーテンを閉め

完全に太陽光線を
シャットアウトする日々を送っております。

そうでもしなきゃ
命の危機すら感じる

そんなレベルの太陽なのさー。



フランスでは
生まれた時から

毎日ビタミンDを赤ちゃんにあげるのが普通で

2歳の息子ですら
いまだに年に3回の持続性ビタミンDを取っている。

なが〜くて、くら〜〜〜〜〜い冬があるから
太陽の光を浴びる機会が少なく

自分で作るビタミンDでは足りないので
こうやって飲ませるのが義務なのだけれども

春から夏にかけて
日本では体験し得ないレベルの紫外線が降り注ぐから

その分で十分もとがとれるんじゃないの〜?
トータルで言えば、日本の子供達とかわらないのでは?

なんて思ってたけど

あまりにも紫外線が強く
気温が上昇する日は

命を守るために
なるべく外には出ず

さらには、外気の影響を受けないために
雨戸まで閉めきるのが普通だから

そういった意味でも
ビタミンDが必要なんだわね。

なんて不自由なフランスの子供達よー。



こんな日は保育園でも
太陽光を入れないのが当たり前で

お迎えに行くと
薄暗い中で子供が達が遊んでおります。

もう、いい加減
時代が違うんだから

外観うんぬん言う前に
パリ市よ、冷房設置の許可をくれー!
命が危ないぞー!

と思ったりもします。

あ、ちなみに
保育園にはちゃんと冷房があるんですけどね。
それでも窓を締め切らないと冷えないのさ〜。



でも、外が36度続きでも
現在、我が家の室温は24度。

どうにか大丈夫なんですよね。

だからこそ
冷房文化が発展しないんだわ〜。



でもさすがに
2歳児をずっと部屋の中に閉じ込めておくのも
かわいそうな気がするな〜

なんて思った愛ママ

先日は
日陰になるテラスに
こんなものをセッティングしてあげてみた。

FullSizeRender_201706202236460d5.jpg 

水の上にぷかぷかと浮かぶアヒルさん達を
専用の釣竿で釣る、と言う遊び。

大きな水槽的な物がないので
一番大きなティファールのフライパンを利用した

超簡易的な水遊びだけれども

息子はかなり喜んでくれまして
ママとしては手応えあり。

と思ったけれど
10分もしないうちに・・・

IMG_4465.jpg 

息子くん、バテておりました。



やはりこんな時に外に出すのは
危険なんだわー。

特にちびっこパリジャンは
慣れてないのよね。

子供は外で遊ばせてあげるべき!
なんて思ったママのエゴを許して〜

この後、お風呂場に連れてゆき
同じ遊びをセッティングしてあげたら

生還して活き活きと遊んでくれたのは
言うまでもありません。

こんな猛暑も、今週いっぱい。
7月の上旬は最高気温が20度以下の予報が出ている

意味不明のパリの街なのでございます。

それでも生きて行く為には
母子家庭(旦那が長期出張中)の母ちゃん

頑張るしかない。

こんな炎天下でも町中を走り回って
日々、こなしております。

そんな私に応援と励ましのクリックを頂けると光栄です。
押すだけでランキングに点数が入ります。

皆様のぽちぽちには感謝の気持ちでいっぱいです。
いつもありがとうございます。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR