FC2ブログ
   
08
:
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

合同洗礼式。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




昨日のブログの続きでもあるのですが

地元の教会で
甥っ子I君の洗礼式が

執り行われましたよー。

IMG_2388_20190710201246330.jpg 

今から始まる
不思議そうな儀式に

息子もドキドキ

弟の晴れ姿に

甥っ子L君もドキドキ

IMG_2353.jpg 

今回の洗礼式で
ビックリだったのは

なんとこの日

洗礼式を行う人が
4ファミリーもいたって事。

ええ!
合同洗礼式ってやつですよ!



子供がどんどんと増えているフランス。

なので最近は
こう言ったスタイルになる事が
多いんだとか。

少子化の国
日本から来た私からすると

なんとも羨ましい話だわね。



そう思うと

息子はパリ1区の
サントゥスタッシュ教会で
洗礼式をしたのだけれども

sainteustache.jpg 

パリのど真ん中にある
有名な教会にもかかわらず

息子1人で行えたのは

パリ市内が地方に比べると
いかに子供が少ないかって事なのかもね。

東京と同じ問題なんだわー。

bapteme1.jpg 

そういえば

全くの余談なのだけれども

息子に彼自身の洗礼式の話をし

水を頭にかけている時に
水をピチャピチャと手で触っていたと言ったら

”なんでこんな所に水があるんだろう?
これは水なのかな?

って確かめる為に触っていたんだよ。

遊んでいたわけじゃないよ。
調べてたんだ。”

って答えたわ。



4才の子は
7ヶ月の時の自分の記憶を覚えているのか?

それとも作り話か?

いまだに謎です。



bapteme2.jpg 

話がそれ過ぎましたが

とにかく甥っ子I君の合同洗礼式!

親も4組
ゴッドファーザーマーザーも4組

な、わけだから

わしゃわしゃ
けっこうな大人数で大賑わい。

IMG_2355.jpg 

そんな中
とっても人格者で有名な神父様により

儀式は進んで行き

ゴッドファーザー代表としての挨拶を
旦那君も無事終える事が出来まして

IMG_2362_20190710201249b48.jpg 

ここにまた1人!

我が一族に
キリスト教の子が誕生いたしましたよ。

IMG_2380.jpg 



そうなると

我が一族で
唯一洗礼を受けていないのは

私、、、だけか。

そろそろ真剣に
自分の宗教のことも考えないとな。

私だけ宗教が違うのは
やっぱりなんだか違う気がするもんな。

なんて

キリスト教の儀式に参加する度に
色々と思うところがある私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

息子の洗礼式をした時
私も洗礼しようと思ったけど

思ったより準備が大変そうで保留したのよね!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

続きを読む

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

洗礼前夜。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




息子と私だけで
先にレンヌ入りして

バカンスを過ごしていたのですが

その週末

土日の1泊2日のみで
旦那君が合流しましたよー。

image1_201907101938510f7.jpeg 

せっかくの実家なのに
そんな短期で!?

となったのには
大きな理由がありまして

なぜならこの週末は
甥っ子I君の洗礼式が予定されていたので

旦那君は仕事に追われながらも
どうにか週末だけレンヌにやって来たと言うわけです。



義弟夫婦に
昨年8月に生まれた次男君。

彼のゴッドファーザーになる予定の旦那君。

その為

当日に渡す
金のコインのペンダントもほらね。

ちゃーんと準備しましたよ

IMG_2157.jpg 

かわいいエンジェル君。

裏には洗礼式の日付と
甥っ子の名前を彫ってもらってるんです。

洗礼式にこうやって

ゴッドファーザーから
コインのペンダントをプレゼントするのは

とても伝統的なのですね。

うちの息子の場合は
ゴッドファーザーが直々にデザインしてくれた
ペンダントをもらいました。



さて
こんな感じで合流した旦那君。

さっそく翌日の洗礼式の為の
お手伝い〜。

image2_20190710193850837.jpeg 

って。

なにやら実家の裏庭で
大きな作業をしていると思ったら

できたできた
こんなのが出来た!

image8_2019071019384060c.jpeg 

そう

洗礼式が終わり
レストランで皆でランチをした後は

実家に移動して
デザートパーティーの予定になっていたので

その為の場所を
作っていたと言うわけです。

50人分の場所作りは
なかなか大変よー。

image9_201907101938394a1.jpeg 

この後は
義弟君の家に皆で行きまして

ゴッドマーザーになる予定の女性ファミリーと一緒に
打ち合わせ。 

と言う名の

飲み会〜。

image3_2019071019384819c.jpeg 

と言う名の

遊び放題〜。

image4_20190710193846771.jpeg  

し放題〜。

image6_201907101938440e3.jpeg 

パピーとマミーの家も楽しいけれど
この家のおもちゃの多さはすごいからね。

そりゃ、息子は
たまらんよねー。

image7_20190710193842970.jpeg 

さあ!いよいよ翌日は洗礼式!

これで準備はOK!

となり

一時解散した
私達だったのでした。



と言う

準備してたよー。
だけのブログで恐縮ですが
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

家族で準備をするのもこれまた思い出。
絆も深まって良いよねー。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

続きを読む

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

卵とパリジャン。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




色々なトラブルがあると
わかっていても

やっぱりどうしても
ついつい、ついつい楽しんでしまう

"Amazon Now"

インターネットで買物して
その日のうちに届けてもらえるのは

グータラ主婦な私には
魅力的過ぎるのだものー。

amazonnow.png 

3月くらいから
Amazon Nowを利用し初めて

スーパーMONOPRIXの商品を
買っている我が家。

生鮮食品は
我が家のすぐ近くに週2回出るマルシェで
いつも買っているので

Amazon nowで買うのは
日用品がほとんどなのだけれども

あ!
いつの間にかこれがない!

って言うのがある時は
生鮮食品も頼んでしまうことがあります。



そんな中、先日
どうしても卵が必要になりました。

一応
いつも買っているBIOの卵だったので
これなら安心かなと

卵自体には不安は無かったのだけれども

何が不安って

そりゃー、もう
”配送のお兄さん”

それにつきます。

なんせ今まで
スーパーで直接買って
配送を頼んだ場合にも

壊れていた事がありましたからね。

それがさらに
Amazon Nowとなると
難易度UPは間違いなし。

さあ!パリのお兄さん!
壊さずに運べるかな!?と

ちょっとした好奇心もありながら
頼んでみた。

んらっ

IMG_2027.jpg 

・・・・・



なんと言う
期待を裏切らない入れ方なんだ。

卵なのに
袋の1番下に入っていて

しかも横向いちゃってるよ。

こりゃ
期待以上だよ。



でもって

パックの下を見てみると

うーん、明らかにシミが出来てるではないか!

IMG_2028.jpg 

この広がりから言うと
3つは割れてるな。



そんな感じで
びくびくしながら

パックを開けてみましたら

IMG_2029_20190622000455d13.jpg 

あれ?
なんとなく見た目は綺麗。

でも
見た目に騙されてはいかーん!と

ひとつひとつ
卵をはずしてみましたら。。

ん”?

ん”ん”ん”?

と、取れない?

ん”ーーーーーーっ

べりべりべりっっっ!!!

IMG_2030.jpg 

パックが破けてしまったではないか!!!!

でもって
見えたぞ。

流れ出した黄身が、、、
完全に乾燥して、、、、

って。

この卵
いつ壊れたんだろう。

そしてどれだけこの状態で放置されていたのだろう。

でもって

これが消費者に届くと言う事は

最初に卵を倉庫に置いた人
在庫を管理していた人
商品を集めた人
商品を袋に入れた人

全員がこの卵の状況に
気がづかなかったって事だわね。



Amazonが
自社の倉庫を見せないのは

完全にAI化されていて
中が全部機械で制御されていて

人が働いていない。

なんて聞いた事があるけれど

何日も前に壊れて
干からびた卵がこうして届いた今

それって本当なのかもな。
なんて、ちょっと納得してしまったわ。

って。

単にグータラパリジャン達の元を
全部通過したからかも、だけれどもね。

ふ。



ちなみに
フランスの卵は高い。

10個入り1パックで
500円〜600円くらいする。

さすがに3つ壊されたら
たまったもんじゃないな。

そう思いながらも
なぜかパリ生活だと諦めがついてしまう私に

今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
パリ生活ってこんなもんさー。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

続きを読む

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR