FC2ブログ
   
10
:
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

パリの新人気スポット”Atelier des Lumieres”

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




8月のど真ん中

7月に引き続き

旦那くんと2人だけの日々が
1週間ほどありまして

たくさんデートをしよう!と言う
漠然の計画の中で選んだ行き先の一つがこちら

Atelier des Lumieres
(HPはこちら)

image1_20190818002446941.jpeg 

こちら
19世紀の鋳造工場跡を利用して作られた
パリ初のデジタルアート空間なんでございます。



デジタルアート?

なんのこっちゃと思うでしょ。

これこそまさに
百聞は一見にしかず!

ご覧あれ〜



壁一面がキャンパスになっていて
そこに名画が映し出される

そんなしかけなのですが

その演出が素晴らしい!

image3_20190818002442bf6.jpeg 

絵が素晴らしいのはもちろんだけれども

光、色、音、etc

全てが見事に調和していて

あっと言うまに
その独特の空間に飲み込まれます。

image10_201908180024313ae.jpeg 

なんと言うか

すいこまれて
自分も絵の一部になってしまったような

そんな気分になるのです。

image4_20190818002440278.jpeg 

せっかくなら

えーいっ!と

本当に絵の一部になってみたりして。

image14_2019081800242583d.jpeg 

デジタルアートには
そこまで興味が無かった私ですが

現在やっている展示が
私の大好きなヴァンゴッホだったので

是が非でも行きたい!と
向かったこの日。

image5_20190818002439ba6.jpeg 

いや〜
思った以上に良かったな。

彼の生きた時代背景や波乱万丈の生涯なんかも
ちゃんと考えられて演出されており

貧しい時代
希望に満ちた華々しい時代

そして
ヴァンゴッホの激しい最期・・・

絵と音楽を見ているだけで
そんなのを感じる事ができました。

image12_2019081800242873b.jpeg 

現在やっている展示で
もう1つ素晴らしかったのが

日本!

そう

ヴァンゴッホが
日本の絵からインスピレーションを受けたのは
とても有名な話。

なので
そんな理由から

ゴッホの後は
”日本の絵”の展示が〜!

image8_201908180024346f0.jpeg 

これがまた本当に素晴らしく

その色彩と迫力に圧倒。

image6_20190818002437290.jpeg 

ヨーロッパの印象派とは
全く違う画風に

他のお客も釘付け。

image7_201908180024353b3.jpeg 

終わった後は
拍手喝采で

image9_20190818002432a20.jpeg 

日本人である事が
とても誇らしかったわ〜。



こちら

今年いっぱいはヴァンゴッホで
夜はクリムトの特別展示中。

IMG_3437.jpg 

いつもとはちょっと違う感じで
アートが楽しみたい方

ぜひ行って見てくださいね〜

前売り券を
ネットで買ってからがおすすめです!
こちらか購入できます)

image15_20190818002424330.jpeg 

せっかくだからと
2人で影になって絵の中に入り込んで見た私達。

こんな感じで
時たま遊び心も交えながら

かなり楽しめた私たち夫妻に

こんなデートも良いではないの!の
応援クリックを2つ!お願いいたします。

夏のバカンスで急下降したポイント。
皆様からの援護射撃をお待ちしております。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

夜も美術館

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




5月18日(土)は

ナイトミュージアムの日でした〜

nuitdesmusees.jpeg 

毎年行われている
このイベントは

パリの中の多くの美術館が
深夜までOPENされ

しかも入場料も無料だよ、と言う
太っ腹企画。

チビがいる我が家としては
今まで行けずにいたけれど

さすがにもうすぐ5才。

そろそろ夜遊びデビューしても良いよね、と

この日は無理やり昼寝をさせ
夜に備えてみた。

んらっ

なんと言う事でしょう!

出かけようと思った瞬間
大雨が!

でもこれはむしろ
ラッキー?

行列減るかもだしね、と前向きになり

息子に雨具一式を着せ
いざ!と出かけて見た。

IMG_1670.jpg 

んらっ

ひーーーえーーーーーっ

見たことのないレベルで
行列よ!

私達が行ってみたイヴサンローラン美術館は
入場に2時間待ちよ!

まあ
観光客にとっては
無料で入れてラッキーだし

平日働いているパリジャンにとっては

夜に美術館に行けるのは
助かるし

私達の様な子連れには
エンターテイメント的に行けて嬉しいし

そして何よりも
深夜の特別イルミネーションなんかで
展示をする場所もあり

楽しい。

そんな様々な欲望を持つ人達が
一気に集まってしまったんだわー。



私達?

もちのろんで
すぐに撤収。

でも

楽しみにしていた息子君を
すぐに家に連れて帰るのは心苦しく

夜の美術館並みに有名な風物詩。

パリの夜のカフェを楽しませてから
帰る事にしたのでした。

IMG_1671_201905201909402c0.jpg 

むしろ彼にとっては
イヴ・サンローランよりも魅力的だった様子。

カフェで終始ウキウキです。

サンローランを見ても
お腹はいっぱいにならないけれど

カフェで飲んだパイナップルジュースは
お腹を満たしてくれたものね。

そして何より
大人のように深夜のカフェで楽しめるのが
子供にとっては特別だったみたいです。



ナイトミュージアムは
毎年やっているので

この時期パリにいらっしゃる方は
ぜひメモメモですよ〜。


最後は一応
情報プログらしくしめてみた私に
今日の応援クリックをお願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

子供から大人まで楽しめる街。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



フランスで
国民的な人気を誇るキャラクターと言うと

愛くるしい
いかにもパリっぽいキャラクター

リサとガスパール?

lisaet2.jpg 

いえいえ

パリのリュクセンブール公園で生まれた
バーバパパ?

papa.jpeg 

いやいや、やっぱり
"国民的”と言うならば

ベルギーからやってきた
タンタンでしょ!

Unknowntintint.jpg 

なんて思っていたのですが

彼らにも負けず劣らず大人気で
長年子供達に愛されているキャラクターが
あるのです。

それが

ムッシュ・マダムのシリーズ〜

IMG_8930_20190117175511991.jpg 

旦那君も子供の頃大好きで
よく読んでいたらしく

息子の部屋の本棚には
ずらりとシリーズが並んでおりますよ。

IMG_8931_20190117175509c11.jpg 

イギリス生まれのこちらのキャラクター

今では世界30カ国以上で愛されているらしく

我らが日本でも
あのサンリオがライセンスを取得しているらしい。

なのできっと日本でも
見たことがある人は多いかしら。

私が日本にいた時は
全然知らなかったですけどね。



フランスの子供達に
絶大な人気を誇るこちらのシリーズ

先日
美術館で展示会が行われてまして

これはぜひ息子を連れてゆかなくては!と

母さん、鼻息荒くして
連れて行ったわー。

image6_20190117061431e8c.jpeg   

パリの1区
Musee en Herbeと言う
小さな美術館で期間限定で行われたこの展示会
(美術館のHPはこちら)

monsmad.jpg 

子供向けのアトリエなんかもあって
素晴らしい!と思ったけれど

あいにくどの日も満席で
参加出来なくて残念。

なのでシンプルに
美術館のみ訪問です。

image2_201901170614389c4.jpeg 

でも
入り口で
色々な質問が書かれた本をもらい

それにそって展示物を見て行ったり

体感、参加型の展示もあったりして
image3_20190117061436566.jpeg 

息子君、大喜びでございました。

image4_201901170614348c2.jpeg 

フランスに来て思うのは

フランスではこう言う風に
子供が行ける美術館、博物館、展示会、劇場etc

そういった場所が非常に多い、と言う事。

まあ、日本で子育てした事がないので
日本がどんなのかはよくわからないけれど

フランスの場合

全て”大人も楽しめる”
本格的な場所が多いのです。

劇を見に行くにしても
オペラ座の様な豪華な劇場で
普通に観劇出来るし

5〜6才の子供達が
普通にルーブル美術館に行ったりする。

それに比べたら
今回のムッシュマダムの展示会は
ちょっと子供っぽすぎるかな〜

なんて思っていたら

行ってびっくり

こちらもかなり本格的で

絵本のキャラクターの紹介などは
もちろんなのだけれども

この絵本にインスパイヤされた
23人のアーティストたちの作品なども
所々に展示されていて

かなり激しいモダンアートなんかもあり

大人でも十分楽しめる
本格的な展示会になっておりました。

image7_20190117061431cd2.jpeg 

美術館前がたまたま工事中だったけれど
そちらの壁もこんな風になっていて

image8_201901170614297e3.jpeg 

もちのろんでこれらは
単なるいたず描きではございませんで

この美術館の為に
ストリートアートのプロが描いた
ムッシュマダムシリーズの絵なのです。

これを見ながら
美術館まで歩く道のりも

息子と2人で楽しめたわ。



パリで子育てして
改めて感じる

この街が”芸術の街”と言われる理由。

うん。それは間違いない。

子供の時からこんな街で暮らしていたら
そりゃー、頭がアートになるわさ!

私が息子に教える事は出来ない分
これからも息子にこういう”機会”を
出来るだけ与えたい。

そんな風に思った
美術館訪問だったのでした。



残念ながらこの展示会は1月20日で終了となりましたが

この美術館はこう言う風に
”子供から大人まで楽しめる”
がコンセプトなので

子連れでパリにいらっしゃる方は
要チェック!の場所ですよ。

もちろん子連れでなくても楽しめる展示がたくさんなので
お時間がある方は足を運んでみて下さいね。

そしてお時間が数秒しかなくても!
今日の応援クリックを頂けると励みになります。
押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR