04
:
28
29
30
   

店員さんの囁き。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日

いつも通っているスーパーの
肉が並んでいるスペースで

一瞬、ワープした私、

今日は何を作ろうか?
明日は何を作ろうか?

そんなのを考えながらぼけ〜っと見ていたら
なんだか思考回路が停止したのです。



そんな時
私の耳元で男の人の声がつぶやいた。

「マダム!よくわかってますね。

このスーパーの挽き肉系は
消費期限は要チェックです。

かなりバラツキがありますからね。
うっしっし。

と。



え!?
何事!?

と思い振り向くと

そこにいたのはスーパーの店員さん。

そんな彼が自らお肉の消費期限について
私に指導をしてくれたのです。

しかもそっと耳打ちで、、、



ふと我に返って目の前を見てみると
確かにそこにはひき肉達がずらり。

IMG_2528_2017030900202561a.jpg 

どうやらこの店員さん

私が肉のガン見しながら
色々と真剣にチェックしてると思ったみたいだわ。



しかしこちらのスーパー

以前はレジの所で

早く痛みそうなオレンジを
すぐに変えてくる様に教えてくれたし

今回はこんな風に
お肉の情報をささやいてくれるし

とことん優しいわぁ。

大嫌いだったスーパーでの買物。
涙ぐんだ事もあったけど

フランス語が理解できる様になり
パリジャンの性質がわかってきて

そして何より
こちらのスーパーに通う様になってからは

買物がかなり楽しくなってきて

パリの人ってあったかいねぇ〜と
思ってしまっている私。

スタートがマイナス過ぎたから
その分優しさを感じやすいのかもね。

どMなんだわぁ〜。



スーパーの買物するだけで
色々と考えてしまう異国在住の私に

今日の応援クリックお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

日本の殿方にも。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日

興味本位で
こんなものを買ってみた。

IMG_7049.jpg 

って、それは

真っ赤な嘘。

興味本位でも何でもなく
アジアの味に飢えていたのですよ、ワタクシ。

そんな時はついつい
こんな物にまで手を出してしまうのです。

IMG_7050.jpg 

購入した先は
最近日本に進出して話題になっていると言う

冷凍食品専門店の

PICARD

picard.jpg 

日本では何だか
フランスから上陸したオシャレな冷凍食品店

みたいな感じで知られているみたいだけれども

フランスでは

共働き家庭の味方。
料理が苦手なママの味方。

でもって

私みたいにアジアの味に飢えてる人間の味方。

なのですね。

IMG_7051.jpg 

こちらのPICARDには
”SUSHI"なんてのも置いてあり

その他にも照り焼きとか
ジャポンな冷凍食品もたくさんあるんだけれども

あえて中華を選んだ愛さん。

なぜってなぜなら答えは簡単。

PICARDの和食は基本まずかった(←既に挑戦済み)

それだけです。



そんなんで
中華に逃げてみた私。

世界各国に中華街があるこの時代
パリにももちろん大きな中華街がありまして

PICARDだってその辺を研究して
それなりの味をちゃんと作っているだろうと

期待しての購入。

IMG_7056_20170202190251e2c.jpg 

エビさんは

オーブンで12分、揚げるなら4分
IMG_7054.jpg  

点心の方は

茹でるなら6分、電子レンジなら2分。
IMG_7052.jpg 

どちらもとっても
お手軽でございます。



とある日のランチに
さっそくいただいてみたけれど

IMG_7055.jpg 

その感想

うーーーーーーーーん

やはりPICARDはフランスの冷凍食品屋。

フレンチに強いんだわと
再認識。

ここの冷凍食品の洋食は
びっくりする程本格的で美味しいですからね。

それを期待してると
アジア系は思い切り裏切られると痛感ですよ。



でもね

ここで唯一

我が家が切らさずにストックしている
冷凍食品がございまして

それがこれ

だだーーーんっ と

FullSizeRender_20170224230341913.jpg 

枝豆です。

アペリティフの時はもちろん
ちょっとした酒のつまみになるので

常に冷凍庫に常備。

電子レンジでチンしてすぐに食べれるから
本当に便利です。

FullSizeRender_1_20170224230338c03.jpg 

お味?

もちろん冷凍なのでフレッシュ感は無いけれど
日本でも冷凍が出回っているくらいだから

ほぼ、日本のものとかわりません。

一緒についているソースは
未だに使った事がないけどね。

FullSizeRender_2_20170224230340102.jpg 

フランスにいらした時に日本食が恋しくなるのは
あるあるな話。

パリに無理やり連れて行き

フレンチに飽きてお疲れの
お父様や旦那様がいらっしゃる方は

今日はお疲れ様

なーんて言って

1日の締めにビールと枝豆を出してあげると

”明日も頑張ろー!”

ってなるかもしれませんよ。

覚えておいて損の無い
パリでの殿方攻略方なのです。

うふふ

こんな小さなネタで恐縮ですが
今日も応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入り
私が思っている以上にかなり嬉しくなる仕組みです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

割れてますけど?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





我が家はスーパーで買い物をする時
いつも配達を頼んでいる。

我が家の近所には
小さめのスーパーばかりなので

バスで大きなスーパーに行って
がっつりと買い込んで

そこから運んでもらうのです。

自宅で支払いが出来るので
専用受付に購入したい商品を持って行けばそれでおしまい。

レジを待つ必要もありません。

彼らがレジを打って袋に入れて
全部整った状態で3時間以内に届けてくれる

とっても楽チンなシステムなんですよ。

FullSizeRender_201701172214280af.jpg 

先日も同じように配送を頼み
家で待っていた私。

その日の配送のお兄さんは
いつもの違う方でして

なんだか、荒い。性格が荒い。

と思ったら
私の推測ドンピシャで

どんも運び方も荒かった様ですよ。

荷物の1つがこんな事に。

ワインの海〜
IMG_7044.jpg 

そう

赤ワインのボトルが見事に割れてしまっていたのです。

IMG_7045.jpg  

1本1本
割れない様にアミアミみたいのに包まれて

されにそれが頑丈なプラスチックのケースに入れられて
運ばれてくるのに

いったいどこでどうなって
こんなに見事に割れてしまったのか

さっぱりわかりません。



しかもその配送のお兄さん
まったく悪びれる事もなく

”割れちゃってるから、なんか袋ない?
そっちに入れ替えるから持ってきて”と

私に指示を出す始末。



”おい、こら、まずはスイマセンだろ!”

と思ったけれど

まあ、よいよい。
スーパーのお兄さんにマナーを教えてもしょうがない。

マナーの文字が存在しない人は
この街に多々いるのです。



そのお兄さんに袋を渡し
ボトルと一緒に入っていたものを移してもらい

いつもの様に会計を終えたけど

お兄さん

”次回来た時に
この割れちゃった分は返金するからね”

と。

それだけ。



返金すると言っても
ちゃんと伝えておいてくれるのかしら?

こんなガサツなお兄さん信頼できん!と

愛さん、慌てて全部写真をとったのです。
なのでこれは証拠写真なのですね。

 IMG_7044.jpg 

その効果があったのか
お兄さんが思った以上に出来る人だったのか

次の買物の時は
こちらが言う前に返金の話をしてきたけれど

でも

でもでも

返金はもちのろんで
壊れていたボトルだけ。

それと一緒に入っていて
赤く染まってしまった子達には

なんの保証もなかったわ。

IMG_7048.jpg 

こんな風に赤くそまったワインは
もちのろんでお客様の前では開けられないので

自分たちで飲むしかない。

もともと自分達で飲む用の
全部お安いテーブルワインだったからいいものを

この日お客さんが来るとかで
それなりのワインを買っていたらどうするつもりじゃい。

20ユーロ以上のワインを買うと
包み方と運び方がかわるのかな?

きーーーーっ



とにもかくにも
なんだかとってもトラウマになってしまった私。

やはりワインは
ちゃんとした酒屋さんで買うのがいいのかな。

でも我が家は1日1〜2本飲んじゃうので
けっこうな本数をいつも一気に買わないとならない。

だから自分じゃ運べないのよね。

あー、悩むところだわ。



ワインでベタベタになった商品を
1つ1つ洗いながら

ちょいと買い物について考えた
とある日の私だったのでした。

パリの生活に慣れたと思ったら
こんな所でまた奮闘。

なかなか平穏な暮らしになれないパリ在の私に
今日の応援クリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入り
私がハッピーになる仕組みです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR