FC2ブログ
   
11
:
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

息子とノートルダム大聖堂。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




息子が通っているのは
厳格なキリスト教の学校でございまして

敷地内にある教会で
定期的にミサが行われている。

でもって
年に数回

家族全員が参加できる
大きなミサも行っていて

でもってその招待状に書かれている会場が

こちら

IMG_8988_201901250620053f7.jpg 

ノートルダム大聖堂。



その為

先日の大火事の時は
学校からメールで連絡が来まして

その状況を伝える内容とともに

ノートルダム大聖堂の神父様からのお言葉も
添えられておりました。

notredame111.jpg 

息子の学校では

午後のリクリエーションが終わった後
保護者のお迎えを待つ間

子供達を落ち着かせる為に
塗り絵やお絵かきの時間が設けられておりまして

お迎えに行くや否や
それを息子の渡されるのが
日課になっているのですが

先日渡されたのが

こちら。

IMG_1230_20190420055634d91.jpg 

まさにノートルダム大聖堂!

こちら
あの火災から2日後の事なので

きっと先生は
この塗り絵と共に

ノートルダム大聖堂について
いろいろと語って下さったんでしょうね。

なんせこれと一緒に
こんな塗り絵も入っておりまして

IMG_1233_20190420055630269.jpg 

息子から

ノートルダム大聖堂に保管されている
いばらの冠の話も出たので

そんな話も
されたのだと思います。



ノートルダム大聖堂の火災は
パリ在の私にとって

非常なショッキングな出来事であったけれど

キリスト教の方にとっては

単なるショックとか
そんなのでは片付けられない
出来事だったんだろうなと

息子の塗り絵を見ながら
しみじみと感じた私。

仏教徒の私には
息子に教える事が出来ない
宗教な話。

でも

0才で洗礼をし

フランスでキリスト教徒として生きて行く息子に
こうやって導いてくれる環境があり

本当に良かったな。

なんて思うわ。



ただ1つ!

ちょっとつっこませてもらうなら!

途中までカラフルに
頑張ってたけれど

IMG_1231_20190420055633119.jpg 

後半、塗り絵
飽きちゃったんだね。

IMG_1232.jpg 

急に雑になりすぎでしょー。





違う視点で
この塗り絵に癒されてしまった
お気楽なママに

今日の応援クリックをお願いいたします。
なんでもハッピー気分になれるのが
私の得意技なんでございます。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ノートルダム大聖堂のその後と再建計画。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




ノートルダム大聖堂で
火災が発生した翌日の今日

いつもより早く目が覚めた私。

なんせ寝る前

深夜にもかかわらず
火がまだ鎮火してなかったので

翌日にいったい
どんな状態になってしまうのか

怖くて仕方がなかったのです。



目が覚めたらすぐに

ドキドキしながら

そして祈りながら

テレビをON。

そうしましたら

ある程度外観を保った我らが貴婦人の姿が
そこに!

notredame_20190417015557c88.jpg 

ああああああああっ
よかった〜!!!!!!!!



石造りの建物は
火には強いとは思っていたけれど

これだけ外観が保たれたのには
本当に感激!

パリの消防士に
感謝しかない!!!

image6_20190417014343061.jpeg 

アメリカのトランプ大統領などから
上空から鎮火するべきだ

なんて
アドバイスも頂いたけれど

決してそれを実行しなかった
パリの消防士。

なぜなら

火には強いけれど
水圧には弱い石の建物。

上空から大量の水を落とすことは

その水圧で
建物を崩壊させてしまう恐れがあるし

ステンドグラスだって
割れてしまうかもだし

色々なリスクがあると言う事だったのですね。

そして
今も外観がこうして残っているノートルダム大聖堂。

放水だけで対応したパリの消防士!

まさにあっぱれ!

image3.png 

もう1つ

あっぱれ!だったのは

大聖堂内にある
歴史的な重要文化財のほとんどが

火事発生後すぐに
外に運びされた事で

その被害を免れたと言う事。

壁から剥がせない絵画などは
残念ながら無理だったけれど

こちらも消防士たちがすばやく運び出し

難を免れたらしいです。

image2.png 

さらにさらに

ノートダム大聖堂にいらした事がある方
きっと皆が息を飲んだであろう

バラのステンドグラスと
巨大なパイプオルガン!

image9_2019041701433975e.png 

こちらも

”無傷”と言う情報が
飛び込んで参りました!!!!

ああっ

よかった〜〜〜〜〜〜!!!!



内部の無残な姿を見ると
やっぱり辛いけれど

image4_2019041701434695a.jpeg 

でも

昨晩のあの
激しい炎を見た時は

もしかするとこれは
最悪な自体もありうるなと

覚悟したくらいだったので

とにもかくにも
しっかりと外観が残ってくれていて

大部分の重要文化財が
被害にあわなかったのが

パリ市民としては
嬉しいわ。

image8_2019041701434066b.jpeg 

昨晩

燃え盛るノートルダム大聖堂の前で
再建を誓ってくれた

マクロン大統領。

今日も再度、演説をし

ノートルダム大聖堂を
5年で皆がまた訪れる事が出来る場所にすると

宣言しました。

単なる修復工事でも
永遠に終わらない感じでやっているのが

パリの風物詩でもあるのですが

あれだけ被害があったノートルダム大聖堂を
5年でって

可能なのでしょうか。



でも

パリ市民にとって
ノートルダム大聖堂はパリのシンボルであり

今までのパリの歴史を
ずっと見守って来てくれた

我らの(Notre))貴婦人(Dame)

彼女はパリには
なくてはならない存在です。

なのできっと
パリは全力をかけて

ノートルダム大聖堂を再建すると思います。

maniacite1.jpg 

このニュースは
日本でも大きく取り上げられ

色々な方から
メッセージを頂きました。

ありがとうございます。

850年の年月
パリを見守り続けてきた貴婦人は

5年後
さらに美しく復活し

そしてこの先
何十年も何百年も

パリを見守ってくれると思います。

と言う

ちょっとした希望も見えた
ノートルダイム大聖堂の火事のその後のお話に

応援にクリックを頂けると嬉しいです。
押すだけでランキングに点数が入ります。

ノートルダム大聖堂!
貴方の復活を待ってるわ!

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ノートルダム大聖堂で大火事!!!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




実は

数時間前に

”飛ぶ人”

と言うタイトルで

ブログを更新したのですが

急遽そちらを
明日更新にまわしました。

なぜなら先ほど

あまりにもショッキングなニュースが
届いたからです。

それがこちら

notredame.jpeg 

そう。

火事です!

大火事です!

ノートルダム大聖堂が
大火事です!!!!

ニュースでは
大聖堂の尖塔が焼け落ちて行く姿も放送され



その姿を
呆然と見ております。



現在工事中でして
そこが火元だと言われておりますが

あの有名なノートルダム大聖堂。

パリのど真ん中で
パリのシンボルともなっている

あの大聖堂。

その屋根が崩れ落ちる姿に

ただただ声を失うばかりです。

notredame4.jpeg  

こんな事が
起きても良いのでしょうか。

なんだかいまだに
これが現実なのか信じられません。

notredame3.jpeg 

もちろん
元の姿に修復はされるでしょうが

何年先の事やら。

もうこの先当分

あの凛とした姿を
見れないのでしょうか。

notredame1.jpg 

ああっ

悲しすぎる!!!



パリに移住したばかりの時は
けっこう頻繁に通ったこの場所。

なんせこの目の前に
パリ警視庁がありまして

ここで滞在ビザの発行をしてもらっていたので
行く機会が多かったのです。

数年前に
10年VISAを獲得してから

そこまで頻繁に行く場所ではなくなったけれど

それでも年に数回は訪れていたし

結婚式の為のムービーを作った時は
親友のSちゃんが目の前で堂々と踊ってくれた

そんな思い出の場所でもあるし  

近辺を通った時に
その姿が見えると

ああっ
パリだな〜

なんて思える
そんな癒しの建造物だったのですが

明日以降
この場所はどんな感じになってしまうのでしょうか。

notredame.jpg  

パリにいらっしゃる予定の皆さん。

こんな状況ですので
当分はノートルダム大聖堂

近づけそうにありません。

また何か新しい情報がわかりましたら
こちらのブログで報告致しますね。

と言う
臨時ニュースブログで恐縮ですが
今日の応援クリックを頂けると励みになります。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR