06
:
27
28
29
30
   

パリのタクシー向上中。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日ヴェネチアに行った時
我が家の前からタクシーに乗った私達。

今まで空港に行く時は
懇意にしているタクシーの方にお願いしてたのだけれども

この春から空港⇆パリ市内間のタクシー料金が
均一になったと言う事で

それなら安心じゃん!と
乗ってみたのです。

taxiparisien.png

そーしましたら

当たり前なのですが

乗って行き先を
”CDG空港”
と告げた途端

メーターが50ユーロで固定。

荷物は3個ほどあったけれど
それに対する追加料金も無しで

スムーズに空港に到着です。

あーっ!なんて快適!
タクシーにノーストレスで乗れるなんて!


パリのタクシーといえば
9割はぼったくりと思っている私。

なので普段から
極力タクシーは乗ら無い様にしていたけれど

やはしこうやって
ストレスフリーで乗れるとなると

タクシーは最高ですね。



そんなんで帰国時も

お迎えは呼ばず
空港のタクシー乗り場から乗る事に。

いつもなら出口で
呼び込みのうさんくさい運転手達がうようよしてるけど

今回はしっかりと
”タクシー案内人”みたいな人が待機しており

その人が正規のタクシー乗り場の場所を教えてくれまして

さっそくタクシー乗り場に行ってみたら

おおおおおっ!!!
なんだこれ!!!

IMG_9045_20160725171202ffd.jpg

乗り場の入り口に
タクシー料金がきっちりと表示。

なんて安心〜。

でもって

IMG_9046.jpg

パリ郊外に行く方にも
こうやって料金の目安が明確に書かれていて

これは安心です。



さらには

どの場所にどれくらいの時間で着くか
その時の交通状況でちゃんと計算してくれていて

IMG_9047.jpg

なんてわかりやすくて親切なのー!と

愛さん、激しく感動です。



だいぶ前から
タクシーは均一料金にすべきと思っていたので

これは本当に嬉しい。

以前、善良なタクシー運転手さんが

”ぼったくりを懸念するせいで
タクシーを避ける人が多くて困る”

と言っていたので

これで安心ね。

乗る人にとって良いニュースはもちろんだけど
タクシー運転手さん達だって潤えるはず。

だって例えば

空港からオペラまでのロワシーバスは11ユーロ/人
空港から凱旋門までのシャトルバスは17ユーロ/人

けっこうなお値段なので

安心してタクシーに乗れるのならば
これからタクシー利用の方が増えるのは間違い無いかと。

複数人で利用なら
むしろお得になる場合もあるわけだしね。



均一料金になった事は知っていたけれど

実際に自分が利用してみて
その便利さを改めて感じた私だったのでした。

これはいいね!
均一料金化ばんざーーーーい!の熱いクリック
お願い致します。

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリで期間限定の絶景。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとクリックして下さると
大変大変大変ありがたいです。

ぜひぜひぜひぜひ
お願い致します


パリに旅行に来た人が
必ず訪れるであろう

パリの中心エリア
1区と4区

ルーブルとかHotel de Villeとかリヴォリ通りとか
セーヌ川挟んでシテ島とか

色々と訪れる場所があるエリアなんだけど

その辺歩いていると
必ず目に飛び込んで来る

1つの建物。

IMG_1746.jpg

あ、よく見えない?

それならばもうちょい近づいてみましょう。

こちらっ

どどどんっ。と
IMG_1756.jpg

これ

サンジャックの塔と言いまして

公園の中にこの塔だけが
ただただひっそりと建っているのです。

IMG_1754.jpg

もともとは塔だけでは無く
サン・ジャック・ドゥ・ラ・ブシュリーと言う
教会が建ってたんだけど

フランス革命の時に破壊されてしまい

鐘楼であるこの塔だけが残ったと言う
そんな歴史のある建物。

ちなみに教会の名前の”ブシュリー”は
”肉屋”って意味。

たまたま?って
そんなはずは無く

このエリアって昔
肉屋や食肉業者が集まっていたエリアで

13世紀に
食肉業組合からの寄付によってこの鐘楼が建てられたのが
名前の由来になってるらしい。

肉屋が作った塔なんて
だーれも思わないよね〜。

Tour_Saint-Jacques.jpg
wikipediaより

塔の入り口に
とっても偉そうな人のスタチューがありまして

IMG_1755.jpg

当時の王か?
はたまた食肉業組合のお偉いさん?

なんて思ったら

こちらは
ブレーズ・パスカル氏

理系な私にはすっかりお馴染みの人でして
パルカルの定理やら原理を発見した学者さん。

彼が発見した”気圧”に関する定理は
とっても有名でして

その実験こそが
1648年にこの塔で行なわれたらしいです。

おーっ!

高さによって圧力ってかわるんだね!
ビックリ!

みたいな。

俺。すごい大発見!

みたいな?

Blaise_pascal.jpg
wikipediaより

そんな
けっこう有名な塔なのですが

1836年にパリ市が買い取り
その後、気象台として使われたりしたらしい。

そしてその後も地味〜に修復が行なわれてたりして
閉鎖されてる時期が長く

全然観光地化してない塔だったんだけど

とうとう2013年の夏

2ヶ月間だけ限定で
一般公開される事になったのデス。

この塔が一般公開されるのは
なんとなんと5世紀ぶりの事だったとか。



54mの塔のてっぺんから眺めるパリの景色は
これまた素晴らしいらしく

その口コミはあっと言う間に広まって

一般公開してる2ヶ月の間は
朝から大行列が出来ていたらしい。

塔に登ると言う事もあり
1回に入れる人数が20人以下と言う

そんな希少価値もあるし

公開も金、土、日の3日間のみってのが
これまたハートを刺激するよね。



そんな
去年の話を持ち出してもしょうがい無いでしょ!と
つっこみが入りそうなので

ここでちょっとニュース。

このサンジャックの塔の一般公開
実は2014年の夏も限定でやっております。

2014年7月4日〜9月28日

金土日の10時〜17時限定
入場料は8ユーロ

らしいので

この夏パリにいらっしゃる方は
この限定の塔に登ってみてはいかがでしょうか?

でも

”300段の階段を上れる事”

ってのが訪問の条件になっているので
要注意。

私は潔く諦めました、、、よ。



皆様、お手数ですが
今日のポチッと応援クリックをお願いします

皆様の1ポチ、非常に大事です!
いつも本当にありがとうございます


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

08/08/2014

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

エッフェルさんの秘密。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

皆様の応援クリックに感謝の日々です。
本当にいつもありがとうございます。

皆様のお陰でランキング上位です

お手数ですが今日もポチポチとお願いします


前回チコッと触れた

ボンマルシェ。

パリの7区の東側に位置する・・・あ。
bonmarche4.jpg

写真載せようと思ったら
ボンマルシェの写真撮ってなかった。

私とした事が〜っ
このカフェから見てちょい右なのに。惜しい〜。


しょーがないのでwikipediaさんからお借りしまして
こちらがボンマルシェなのですが
bonmarche1.jpg

これ

1852年にスタートした世界最古のデパートで
その作戦は大成功

商売繁盛ウホウホで
1869年には店舗を改装してみたけれど

オーナーさん

その出来を気にいらず

こんなんじゃ嫌だ

オペラ座みたいにかっこいーのがいい!
opera1.jpg

と無茶な要求言い出しまして

当時の人気設計士

出ました!

エッフェル様〜
GustaveEiffel.jpg
wikipediaより

に頼んで設計し直してもらったんだとか。

bonmarche1887.jpg
1887年のボンマルシェ

ムッシュ、エッフェルと言えば
言わずと知れた

エッフェル塔
effel2.jpg

ですっかり有名なお方だけど

実はこのエッフェル塔

設計したのはエッフェル様じゃ無いって
知ってました?

その当時すっかり有名人だったエッフェル様。

エッフェル社なる会社を持ってまして
そこの社員である人が設計したんですってよ。


Mauricekoechlinp.jpg
wikipediaより

当時の鉄骨構造建設部長さんで
のちにエッフェル社の後継者となる
モーリス・ケクランさん

彼が書いた
まるでお絵描きの様な設計図は

Mauricekoechlin.jpg
wikipediaより

今でもスイスの母校に飾られてるんだとか。

確か数年前にエッフェル塔登った時
effeltour.jpg

エッフェル塔の最上階の部屋に
この人いた気がするなと思って調べてみたら

本当にいたーっ!
effeltop.jpg
蝋人形ですけどね。

エッフェルさんとお話してる彼こそが
設計者だったのねぇ。


いやーんっ!
エッフェル様ってエッフェル塔設計してないの〜!
ショックー!

と嘆かれたお嬢様、奥様方

このムッシュ・エッフェル

確かにエッフェル塔をデザインしたわけではなく

ただ、当時のエッフェル社の
代表だったってだけみたいだけど

彼が発明した物は

意外にあなたの身近にあるかもしれません。

それがコチラ
Garterbelt.jpg
wikipediaより

そう

ガーターベルト

この原型を考えたの人こそが
ムッシュ・エッフェル
なんだって。

エッフェル塔に比べたら
そのグレードはだいぶ落ちるけど

エッフェルさんのお陰で

ストッキングやズボンがずり落ちなくて
助かってる人

そのセクシーな姿に
ウホウホしている男性陣

世界には恩恵受けてる人が沢山いるから
大成功だよね。

ありがとうエッフェル様


ちょっとした雑学でした〜っ。
ちゃんちゃん。

皆様の応援クリックがあると
本当に元気がでます

今日もこのボタンをポチポチと
ぜひぜひお願い致します


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
ありがとうございます
ありがとーーーございます
ありがとうございます!!!



パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR