03
:
31
   

ゴシックの最高傑作とコンサート

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとクリック
お願い致します

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです

ランキングupがあると
うほうほな私です



今日も出産前に書き溜めたブログの1つです。
8月6日に書いたものです〜



パリに住んでいるからと行って
観光名所に行きまくってる事は無く

むしろ

行った事無い所が
実はいっぱい。

IMG_1746.jpg

多分

パリに何度も旅行にいらしてる人の方が
色々な場所に行く事も多く

とくに

うちのアパートに滞在してくれる方は
かなりパリ慣れしてる人が多いので

私なんかよりも全然パリに詳しい。

IMG_1755.jpg

いつでも行けるかもって油断が
私を怠け者にさせていて

結局行けて無い場所がたくさん。

東京にいたときも同じ事が言えて

東京タワーに行った事が無いし

国内旅行はいつでも出来るわ!と
油断して生きてたら

北海道や四国に行った事がないまま
フランスに嫁いでしまったよ。



今、激しく後悔中。

今度日本に帰国した時は
色々と国内旅行したいわ。

IMG_1754.jpg

この夏はべべちゃん待ちなので
バカンスに行けない私達。

しかも

臨月に入ったので
運動もしないといけないし

かといって

あまり動くと
激しい腹痛で大変な状態になるので

休み休みの散歩が精一杯。

そんな私達

今年はパリをのんびり満喫する夏にしようと言う
目標をたてまして

時間がある時に
ゆっくりとパリ散歩をする事に。

行き先は
”今までなぜが行った事が無かった有名観光地”

単なる散歩は
べべちゃんが産まれても嫌と言う程出来るけど

観光地はべべちゃん連れだと
なかなか難しいですからね。

IMG_1756.jpg

さっそく
”行きたいリスト”を作成してみたら

これが思った以上に
たっくさん。

この夏では足りないかも!?
くらいの数になりまして

とりあえず第一弾は
コチラ

IMG_1750.jpg

サント・シャペル
Sainte-Chapelle

でございます。

えーっ!
行った事ないの〜!?



パリ好きさんから驚きの声が上がりそうですが

ハイ。
オハズカシナガラ。

行った事ありませんデシタ・・・



それくらい
パリ好きさんには有名なこちらの教会

なぜそんなに有名なのかって

1歩足を踏み入れたら
すぐに納得

それがこの
ステンドグラスの美しさ
saintechapelle4.jpg
wikipediaより

ゴシック建築のこちらの教会は
その時代の中でも頂点の傑作と言われていて

いや〜

も〜

本当に美しいのですよ。ハイ。
Sainte-Chapelle2.jpg
wikipediaより

今まで散々
色々な教会や大聖堂のステンドグラスを見て来たけど

こんな風に
一面がステンドグラスになっていて

さらに
天井や壁にも美しい色彩が施されていて
Sainte_Chapelle1.jpg
wikipediaより

なぜパリ好きさんが
ここにリピートする方が多いのか

そしてなぜ
いつも入り口に行列が出来てるのか

一目見て納得しました。わたくし。

って、、

遅いって?



ほんと、パリっていいもん持ってるよね〜。

フランス人は皆
ご先祖様に感謝すべきだよ!

とダーリンに力説。

彼らの功績のお陰様々で
今でもフランスは外貨がウホウホじゃないか!



夢が一瞬で冷めるような
現実的な熱弁をする私。

それくらい言いたくもなってしまう
美しさだったのさ〜。

saintechapelle3.jpg
wikipediaより

ただ1つ残念だったのが
現在工事中だったってこと。
IMG_1749.jpg

それも今年終るみたいだから
来年からはまた素晴らしい姿を見せてくれますよん

IMG_1748.jpg

ちなみに、このサントシャペル

定期的に
クラッシックのコンサートがやってます。

夏の間は外も明るいうちに始まるので
ステンドグラスの美しさをいっぱい堪能しながら

本物の音楽鑑賞が出来る
ってワケです。

チケットはコチラから買えるみたいなので
興味あるひとは是非どうぞ〜。

単なる観光よりも
一味違ったサントシャペル訪問になる事

間違い無し!です


皆様お手数ではございますが
下のボタンを2つ、ポチポチとクリック
お願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

06/08/2014

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリジャンナイト。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

皆様お手数なのは、重々承知ですが
この2つのボタンをポチポチクリックして頂くと
大変嬉しいです

押すだけでランキングにポイントが入ります。
宜しくお願い致します。


ママが来てた週末の
1つのメインイベントが

劇場〜
IMG_1071.jpg

だったのですが

どれを観に行くか選ぶのが
なかなかの至難の業。

なんせパリは劇場の街。

あっちこっちに
ポコポコ劇場がありまくりでして

ムーランルージュの様な華やかな劇場で
美しすぎる女性の曲線美を堪能するも良し
moulinrouge.jpg

クラッシクの代表オペラ座で
美声に浸るのも良し
opera.jpg

かと思えば

屋根裏部屋の小さな劇場で
頑張ってる若手芸人を応援するのも

これまた良い良い。
IMG_0541.jpg

とにもかくにも週末は

どんな分野にせよ劇場に行くのが
大人パリジャンの楽しみ方、なのデスネ。



さて、そーなると

いったいどの劇場にしようか
どんなのならママは喜ぶかしら、と

ダーリンと私
頭をひねりまして

最終的に選んだのは、コチラっ

Le CLAN des DIVORCEES
IMG_1069111.jpg

パリの9区にある
Le Grande Comedie劇場で行なわれてる

女性3人によるコメディ舞台。
(サイトはコチラ

IMG_1066111.jpg

離婚して新生活を始めたとある女性が
ルームメートを募集。

そして集まった3人の
”離婚したばかりな女性達”

そんな彼女達が繰り広げる
面白おかしいドタバタ喜劇。

IMG_1067.jpg

選んだ理由は

皆の口コミで評価が良いと言うのはモチロン

10年続く大ヒット劇であり

DVD化もされていて
TVでも放映された事があり



そして何よりも

そんな有名劇だけど
小さめの劇場で親近感をもって観れる

っていうのがポイント

IMG_1070.jpg

結果、この選択は大正解


ママは終始笑いっぱなしで
ダーリンも常に大爆笑。

その時の時事ネタ政治ネタも
どんどんアドリブでからませたりしてて

きっとこれがロングランの秘訣なのね。



ぶっちゃけ私は

フレンチユーモアがわからない所が多々あり
政治ネタなんかも追いつけず

生粋のフランス人達の
半分くらいしか笑えなかったと思うけど

それでもじゅーにぶんに楽しめた
そんな劇デシタよ〜

IMG_1073.jpg

劇場からの帰り道
ママはさっそくパパに電話をし

この劇がいかに面白かったかを熱弁。

それでもって

同じ脚本家のもう1つの劇

10 ans de mariage

10ansdemariage.png

今度はこれを一緒に観に行きましょう!と
パパをデートに誘っておりました

きっとすっごい面白かったって事だね。
良かった良かった



パリに旅行に来ると

昼は美術館巡り
夜はレストラン

そんな感じで
1日があっという間に終ってしまう事が多いだろうけど

ぜひお時間に余裕がある人は
パリの劇場に足を運んでみてはいかがでしょう?

もちろん、フランス語だと
意味不明すぎて全然楽しめないかもだけど

中には英語でやってるのもあったり
ミュージカルやダンスとか

観光でいらしてる方でも
十分に楽しめるのもいっぱいあると思います

本物のパリジャンナイト
ぜひぜひ体感してみて下さいませ。

私はいつか
フランスの舞台を100%楽しめる様になりたいけど

でもでも

フレンチジョークは
時にシニカル過ぎるので

慣れすぎるのも恐いけどね

皆様お手数ですが
お帰りの前に下のボタンをポチポチとクリック
お願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリのニューヨーカー

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチっポチっと2つとも
クリックして下さると

大変、大変、嬉しいです。

押すだけでランキングにポイントが加算される仕組みです



先日

最近人気と評判の
とある1人舞台を見に行きまして

それがこちら

A NEW YORKER IN PARIS

anewyorkerinparis.jpg

と言うもの。

ニューヨーク出身のアメリカ人である
Sebastian Marxさんが

パリとニューヨークの違いを
ユーモアいっぱいにお話すると言う

そんな1人コメディ劇でございます。
(HPはコチラ

IMG_0532.jpg

場所は10区の
Bonne Nouvelleにある

Theatre du Gymnase Marie Belle
と言う

1820年から続く由緒ある劇場で

このエリア
IMG_0529.jpg

Grands BoulevardsとかBonne Nouvelleらへんは
劇場街となっておりまして

あっちを見ても
IMG_0530.jpg

こっちを見ても
IMG_05311.jpg

劇場、すなわち、テアトルばかり。

そして

劇を見に行く人達で
常に街には人が溢れ帰っておりまして

パリジャンだけでなく観光客もかなり多し。

田舎から来てるムッシュやマダムの団体様
なんかもよく見かけまして

どうやら
ツアーでテアトル三昧してるみたい。



劇に立つ人達は
無名な人から大物まで様々で

今回私が見に行ったのはもちろん
完全に前者の、無名の人。

こんなマニアックな劇を見に行く何て
下北沢の地下劇場以来だわ。



劇場に着いてみてビックリ。
立派な劇場だし人もいっぱい!

IMG_0533.jpg

評判いいもんね。
すでに大成功の兆しですか?

なんて思ったら

キミタチが見るやつはここじゃないよ。
一番奥にある階段登った場所だよ。

と、あっけなく御用されまして

裏の方にひっそりある階段にGO

IMG_0534.jpg

そんでもって

登れども登れども
劇場に着かず。

途中、お洒落なテラスがあったり
IMG_0536.jpg

かなり豪華なサロン・ド・テがあったりしたけど
IMG_0535.jpg

それを横目に見ながら
裏階段をせっせこ、せっせこ登る事

やっと、5階に到着〜っ

おーーーっ



完全に屋根裏的な感じデス。

IMG_0538.jpg

場所が場所なら
ファントム住んでそうですよ。



一番後ろの方に
バーが併設されておりまして
IMG_0539.jpg

そこでドリンク買って
飲みながら鑑賞もOKと言う

なんとも粋なはからいだけど
IMG_0542.jpg

多分、潔癖性の人なら
この空間に5分もいれないだろうと思える

そんな場所ですので

ゆったりくつろいで、美味しいワ〜、ゴクゴク。
なんて気分にはなかなかなれませんぜ。



そんで出て来ました
ニューヨーカーのセバスチャン君。
IMG_0543.jpg

もう10年以上パリにいるので
すっかりパリジャンな雰囲気だけど

やっぱり彼も
アメリカとフランスの違いに
かなりとまどった事があるようで

私みたいに海外から来た人にとっては

わかるわかるーっ!
と思える事、多しっ

IMG_0544.jpg

英語で語るので
お客の半分は外国人で

そんな彼らはもちろん
フランス人達も終始爆笑。

たった10ユーロで
1時間の面白い体験させて頂きました。



終った時にはすっかり日もくれまして

IMG_0545.jpg

街はいっそう華やかに〜

IMG_0546.jpg

カフェでは気持ち良さそうに
皆さんグビグビやっておりました。
IMG_0547.jpg

劇を楽しんだ後は
第2のお楽しみがあるってワケね。

良いね〜

こちらの劇場では
毎日色々な人達が英語で何かやってるみたいですよ〜

旅のちょっと違った思い出に
皆様もいかがでしょうか?

お帰りの時は
下のぼたんをポチポチクリック
お願いします。

皆様の応援だけが頼りです!
ぜひぜひぜひに


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR