09
:
25
26
27
28
29
30
   

マドレーヌ寺院で感激。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

お買物帰り

たまたまふら〜っと通りかかった
マドレーヌ寺院。

IMG_5973.jpg  


あら、工事してるのね〜

なんて思いながらも
そのまま通り過ぎようとしたら

おっ!

IMG_5969.jpg 

コンサートがあるではないか!



ちょうどこの日に通りかかったのも何かの縁。

でもって
完全に夜フリーだったのも
これまた何かの縁



さっそく
マドレーヌ寺院の受付にいたお兄さんに聞いて見たら

ウエルカムのウエルカムされ

その場で入場料をお支払いして
すぐに入れてもらえました。

IMG_5976.jpg 

今まで何度もマドレーヌ寺院の内部には
入ったことがあるけれど

コンサートで入るのは初めて。

なんだかいつもの景色が
違うものに見えるわ〜

IMG_5984.jpg 

8時半から開始されたコンサート
最初は弦楽四重奏でスタート。

アイネクライネナハトムジーク
そしてカノンにアベマリア。

クラッシックはそこまで詳しくはないけれど

そんな私でも一発でわかる様な
知っている曲が次々と聴けて

うーん、感激です。

IMG_5985.jpg 
演奏中は撮影禁止なので雰囲気だけ。

そんな感じで
30分ほどコンサートが進んだ時

オーラが桁違いにすごい人が登場し
四重奏奏者の前に立った。

でもってここからは
彼のほぼソロでのコンサートがスタートです。

IMG_5980_201708142330238a1.jpg 

素人の私が聴いても
明らかに今までとは違うレベルの音色に

うっとり〜



バイオリンって
こんなにも高い音が綺麗に出るものなんだ。
こんなにも複雑な混ざり合った音を作れるものなんだ。

終始ぽか〜んと見てしまったわ。

でもね
それもそのはず

後で調べてみたらこの方
とてつもない凄い人だったのですよ。

IMG_5968.jpg 

彼、Frederic Moreauは
HPによりますと(こちら。日本語もありますよ)

国立パリ高等音楽院(コンセルバトワール・ド・パリ)の
バイオリンと室内楽の両部門を首席で卒業。

18才からソロ活動を始め
同音楽院のソリスト課程最難関である博士号取得。
ジャン・フルニエ、ミシェル・オークレール、レジス・パスキエ、
ティボー・ヴァルガ、ユーディ・メニューイン等に師事。

作品の魅力を伝える深みのある演奏力
突出したカリスマ性、超絶的な技術。

数々の音楽フェスティバルや世界各地の名高い音楽の殿堂にて演奏を重ね、
同世代のフランス人音楽家の中でも
若くして最もダイナミックな活動をするソリストとなる。


となっ!



飛び込みで入れちゃう感じのコンサートだし
お値段もお高くないので

すんごい気軽な感じで聴きに行ったけれど

さすがパリっ

街を歩けば
こんなバイオリニストにあたっちゃうんだねぇ。

IMG_5975.jpg 

ちょうどYou Tubeで

数年前にマドレーヌで彼の演奏した
ヴィヴァルディの四季があったので

興味がある方はこちらをどうぞ。



とにもかくにも

期待していなかった分もあるけれど
想像を遥かに超えた素晴らしいコンサートで感激。

最後は拍手喝采で
皆がスタンディングオベーション。

鳴り止まない拍手に
再び登場したモロー氏

その後はアンコールにも快く答えてくれて
フィンランドの曲を演奏して下さいましたよ〜。



さすがに2度はどれだけ拍手喝采しても
アンコールに出てきてはくれなかったけど

さあ、帰るか、と出口に向かうと

いたー!
彼がいたーーーー!

IMG_5987.jpg 

自らお客さんにCDを売っておりました。



パリではこうやって
色々な教会でコンサートをやっているのは
前々から知っていて

いつか行きたいと思っていたけれど
なかなか機会がなかった私。

たまたまのタイミングでこうして行くことができ
でもってこれからは
ちょっぴりはまりそうな気もします。

ぜひ皆様も
パリにいらっしゃる際は
コンサートに行って見てはいかがでしょうか?

マドレーヌはもちろん
その他のコンサートの情報はこちらからどうぞ。

でも、そのページを見る前に!
ぜひ応援のぽちぽちを頂けると嬉しいです。

バイオリニストが皆の拍手に励まされる様に
私は皆様のぽちぽちクリックで励まされてます。

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリで夜遊び、EVE。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那君が息子を連れて
旅に出た5日間。

パリで突然独身に戻ったこの時間を
無駄にしてなるものか!と

さっそく夜遊びイベントを計画。

そして向かったのがこちら

IMG_5449_2017072321040720d.jpg 

パリと言えばの夜遊びスポット

”キャバレー”
でございます

パリのキャバレーと言えば
ムーランルージュ、LIDO、クレージーホース
その3つが有名だけれども

パリの街には他にも
キャバレーショーが見れる所がたくさんありまして

今回伺ったのもその1つ

La Nouvelle EVEと言う
9区にあるキャバレーです。
(HPはこちら)

IMG_5447.jpg 

旅行の口コミサイトなどを見ると
ムーランルージュ以上に高評価を得ている
こちらのキャバレー

行って納得、観て納得

ここのキャバレーの対象者は
100%、観光客でして

彼らをいかに楽しませるかに力を入れている
そんなショーでした。

ダンスとダンスの間に
パフォーマーによる笑えるショーをやるのだけれども

他のキャバレーに比べると
その時間の割り当てがかなり長い。

幕間のつなぎではなく

完全に1つのショーとして
コメディアンたちがパフォーマンスを見せてくれる。

それがかなり面白いし

観光客向けなので
全部英語でやってくれるし

毎回お客さんを舞台に上がらせるので
皆が参加している気分になり楽しめる。

会場もそんなに大きく無いので
終始アットホームな雰囲気で

旅行サイトで評価が高いのは納得なのです。



他のキャバレーに比べて
露出が少ないのも初心者向きで

若いカップルやご夫婦でも行きやすいかと。

そういった意味で

キャバレーに行ってみたいけど
なかなか勇気が〜

なんて思っている方にも
オススメの場所ですよ〜。

エンターテイメントとして
十分に楽しむ事が出来ました。



でも、私は個人的に

思いっきり派手に露出をしている
クレージーホースが1番好きかも。

あのスタイルの良さに
自分も頑張らなくちゃと思えるし

何と言ってもこの年齢になると
ちょっとの刺激じゃ物足りないのさ。

ふふふ

パリの夜遊びと言ったらキャバレー。
女性も楽しめるのでぜひ行ってみて下さい〜。

そしてぜひぜひ
今日の応援クリックを推して下さると嬉しいです。

最近下がり気味のポイントに愛の手を〜


ポチッとするとランキングにぽんっと点数が入ります。
皆様の応援が私の生き甲斐です。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

オペラ座横の劇場へ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




4月にテアトルデビューした息子君。

2回も行ってしまうくらい
大好きだった様なので

それならば!と

今度は違う劇場に連れて行ってみた。

IMG_4288.jpg 

こちら
オペラ座のすぐ横にある小さな劇場
”Paris Story"
(HPはこちら

IMG_4289_20170609230509fda.jpg 

ここで6月から
子供向けの新しい劇が始まり

しかもそれが
息子の大好きそうな動物がテーマのものだったので

これは間違いない!と
さっそく初日に行ってみたのです。

lezoo.jpeg 

内容としては

綺麗なお姉さんが
お誕生日プレゼントにもらった魔法の鍵で

世界の動物の元に旅に出る。

と言う
と〜ってもシンプルなものだったけれど

その都度
有名な歌を歌ってくれたり

皆で色を探して見たり
数を数えてみたり

子供が一緒に楽しめる様になっていて

IMG_4303.jpg 

でも

演奏はタキシードを着たムッシュによる
ピアノの生演奏でかなり本格的。

IMG_4300_201706092305107f4.jpg 

と言う

そんな劇でした。

息子君
ずーっと夢中で楽しんでいて

一緒になってライオンの真似をしたり
お猿さんになったりしていたけれど

最後に出てきたのが
彼の大嫌いなオオカミで

しかも
目だけがギロッと登場したので

ドン引き。

怖い印象で劇が終わってしまったのが
ちょっと残念だったわ。



フランスの子供達って
絵本の中で知る”悪役”と言えば
オオカミの事でして

しかもオオカミって
現実に存在するから
なんだかとっても怖がるんですよね。

日本みたいに
鬼とかオバケとか現実にはいない存在なら

そんなのいないよ〜

って言ってあげればいいけど

オオカミは実在するので
ちょっと説明が難しい所なんですよね。



とにもかくにも
オオカミ以外はとっても楽しんでくれた息子君。

あいかわらずのシャイボーイで

せっかくお姉さんと写真を撮れる
と言う時間があったのに

なかなか近づこうとしない。

じゃあ、帰ろう!と
外に出たとたん

”やっぱり写真撮るー”
と言って戻ろうとする

とても天邪鬼君です。

FullSizeRender_20170609230503a93.jpg 

でもその分
美人お姉さんの印象には残ったみたいだから

またぜひ
この舞台を見に行こう。

その時はきっと
今回以上に楽しめるかもね。



しかしフランス
本当に子供向けのテアトルがたくさんあって助かるわ。

子供のアクティビティの選択肢が多いこの街は
私の子育てを楽しいものにしてくれているなと

しみじみ思う

パリ生活なのです。

そんな街で今日も
息子と2人、楽しく暮らしている私に
(あ、旦那くんは長期出張中)

応援のクリックをお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります。
押して下さる皆様には
感謝の気持ちでいっぱいです!



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR