FC2ブログ
   
08
:
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

流しの大道芸ファミリー。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

とある用事で

バタバタとパリの街を
息子を連れ歩いていた時の事

少しは息子にサービスしないとなぁ、と
寄り道できる公園がないかと探していたら

こんな張り紙発見!

image1_20190730163625c5a.jpeg 

な、なーんてレトロ!

ピエロ、リアル過ぎて怖いではないの!
夢に出て来そう!

IMG_2883.jpg 



ちょっと引きはしたけれど

広場がすぐ近くだとわかり

しかもスペクタクルが10分後に開始と言う
絶妙なタイミングだったので

向かって見ましたよ。



広場につき
きょろきょろっとあたりを見回すと

あった、あった
絶対にそうであろう建物があった!

想像以上にレトロ!!!

image2_20190730163623726.jpeg 

うーむー。

踏み込むのに
若干勇気がいるではないの!

たーのーもーうーっ!

image3_20190730163622da4.jpeg 

うーん。

内装もこれまた
映画に出てきそうなくらい

めちゃくちゃレトロではないの!



でも
1人5ユーロでお安いし

せっかくだから
ちょいと見て帰ろうかとなりまして

座って待っていたところ

17時15分

予定よりも遅れて
舞台がスタート〜!

image4_20190730163620768.jpeg 

足でくるくると
太い丸太のような物をまわすおじさんを

唖然としながら見る息子。

でも

テーブルを回し出したとたん
息子、手を叩いて大喜び!

image5_201907301636190b8.jpeg 

どうやらこの技が
思った以上に難しいんだぞと

わかっているんだわね。



こんな感じで
全てがレトロ感満載で始まった
舞台だったのですが

image6_20190730163617398.jpeg 

大人にとっては
正直つまらない事だらけでも

子供受けはすこぶる良く

子供が参加できるシーンもたくさんあり

image7_20190730163616f94.jpeg 

シンプルではあるけれど
笑いのツボをしっかりと抑えてくれているピエロには

image8_20190730163614491.jpeg 

子供たち全員
お腹をかかえて大爆笑〜。



フランスアニメの人気キャラも登場し

image9_201907301636134d4.jpeg 

子供たちの興奮MAXで
1時間15分の舞台を

たっぷりと楽しんだわ。



こう言う”流れ”の
家族経営の舞台とかって

多分、昔は
紙芝居的な?

そんなのがきっと日本でも
あったのだと思うけれど

私が子供の時から既に
見かけた事がありませんでした。

でもフランスでは
今でもけっこう、この様なのが多く

祖父母が小さい頃楽しんでいた物を
現代は孫が楽しんでいる。

なんて事が
色々なシーンであるので

これはフランスの良い点だな、なんて
思ったりもします。



子供のバカンス中に現れる
移動劇場や移動遊園地。

この先もこの伝統
ぜひ続けて欲しい!

いつか孫を連れて行くその日まで!

なんて
ちょっと言ってみた私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

フランスでは今でも
古き良き時代が現存よ〜!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

フランスのマリオネット。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那くんが出張中の
とある水曜日。

この日は学校がお休みだったし
天気も悪いしで

行き場に困った私が
息子と向かったのがこちら

image6_2018052921391203b.jpeg 

エッフェル塔の前

シャンドマルス公園にある
マリオネット劇場でございます。
(HPはこちら



パリでは色々な場所で
伝統的なマリオネットが観れるけれど

行くのを避けていた私。

なぜならかれこれ2年前
シチリアに旅行した時

シラクーザの街で人形劇に行ってみましたら

あまりにも迫力満点のお人形達と
おどろおどろしいストーリーに

息子がガン泣き。

あえなく途中退席をする
と言う自体に陥った経験あり。

それ以来
人形劇は子供には怖すぎる
と言うイメージがあったのですね。

image1_20180529213919a60.jpeg  

実際に人形1つとっても
けっこうな迫力なんですよ。

ヨーロッパのマリオネットって!

marionettes.png 

でも今年の2月

息子のお友達が誕生日会をここで開いたので
息子は既に観覧済み。

特に怖かったとも言っていなかったので
思い切って行ってみましたら

image3_201805292139164ef.jpeg 

ここのマリオネットは完全にコメディ劇。

終始子供達の笑いが絶えない様に
演出されておりまして

時にはお人形達が子供に話しかけたりする
参加型にもなっていて

image4_201805292139159f9.jpeg 

なかなかの楽しさ!

子供達は
かなり喜んでおりました。



今回の劇は
あかずきんちゃんだったのだけれども

最後の終わり方が
皆、ハッピーな感じに演出されていて

そんな所も
小さな子供に観せると言う点では
良かったわ。

image5_20180529213913012.jpeg 

これで4.5ユーロは
お安い〜。

これからは劇の内容が変わるたびに
息子を連れて行ってあげたいな。

image2_20180529213918199.jpeg 

子供用の劇ではありますが

中心部に子供用の小さなベンチ
まわりは大人用のベンチと

しっかりとわかれているので

大人だけで入っても
大丈夫な感じになっております。

なので
フランスのマリオネットを観た事が無い方は
1度行ってみるのも楽しいかもですよ。



こんな感じで
息子と一緒にパリを楽しんでいる私。

幼少期を日本で過ごした私にとっては
2度目の幼少期を楽しんでいる感じだわ〜と

気分は3才の私に
今日の応援ぽちぽちクリックお願い致します。

皆様からの応援があるだけで
ルンルンに踊り出す私の心なのでございます。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

小さなファン。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

短期貸しアパート詳細はコチラから。

4月以降の予約受付開始致しました。
春のパリでウキウキの日々を過ごしませんか?
お待ちしております



息子がお気に入りのとある舞台に
リピーターとして参戦した日の事。

初めてこの劇を見た時は
俳優さんにとっての初舞台の日でして

お客さんもほんの数人しかおらず
なんだか寂しい雰囲気だったけれど

2か月経って再び舞い戻ってみたら
入り口には長蛇の列。

息子が1発で気に入って
また行きたい!また行きたい!と
私に懇願していたし

あの劇ならまた連れて行ってあげたいな、と
私としても思ったので

やっぱり人気って
実力あってのものなんのねぇ。

bonnenuitchoupinou.jpeg 

でもって

初回から見守っていた若い若い俳優さんが
こんな風に大成功しているのが

なんだか勝手に嬉しい〜。

bonnenuitchoupi.jpeg 

でも
あの小さな小さな劇場に

こんなにたくさんの人が入れるのだろうか?と
並びながら疑問に感じた私。

でもって案の定
完全にダブルブッキング状態で

全員が座れる感じではないどころか
劇場内に入るのもままならない状況に。

IMG_8861.jpg 

多分これは
まさかこんなに人気が出ると思ってなかった劇場側が
色々なサイトでチケットを売ってしまったんだろうね。

とにもかくにも
完全にパニック状態です。

 

でもって
この種の劇場で何が大変かと言いますと

子供の前に大人が座ると
劇が見えなくなってしまうので

詰めて座らせるのはもちろんだけれど
それをうまく調節しないとならないのですよ。



ここの劇場には色々な劇を観に
かれこれ5〜6回は通っているけれど

今まで見たことないくらい
オーナーマダムは焦りまくり。

そんな彼女が言ってのけたのは

”保護者が多過ぎる”

ですって。

それって逆ギレでは!?



でも確かに
3〜4歳の子供50人と
大人50人では締める面積が違うわけで

そうなるとなかなか何人までって設定するのは
難しいのかもねぇ。



そんな中

私の隣に一人で座っていた
60代と見られるマダムが怒ってこう言った。

”ダブルブッキングをするなんてありえない!
この劇場はひど過ぎる!

とりあえず劇を始めるためにも
親は皆、子供を膝に乗せるべきよ!!!

なんでそうやって指示を出さないの!”

と。

IMG_8863.jpg 

確かに言っている事はごもっとも。

でも

一人でいる貴方は関係ないかもしれないけれど

20kg近い塊を何十分も膝に乗せて観劇するのは
けっこう大変なんですぜ。

そもそもなんで大人一人で来てる?

と思ったら

このマダム

1人の孫のために
家族総出、パパママジジババ5人で来ていたのです。

しかも全員が3人分サイズ〜。



IMG_8862_20171128232634c58.jpg 

これに懲りてこの劇場は

大人用と子供用のチケットを分けて売るとか
大人と子供ペアチケットにするとか

何か対策を考えないとならないわね。



結局お膝に息子を乗せて
観劇をする事になった私。

それはそれで
なんか嬉しかったし

この劇をまた観れた息子が
大喜びをしてくれまして

舞台が終わった後は

前回は写真を一緒に撮ろうとしなかった
俳優のお兄さんの元にかけより

積極的にたくさんお話をして

写真を撮る時は
この日1番の笑顔を出してくれたので

とりあえず終わりよければ全て良し。
と言った感じかな。



IMG_8865_201711282326376e6.jpg 

必ずやまた行く事になるであろうこの劇。

人気が続いてロングランになるといいな。

うちの小さなファンは
絶対にそう願っているのです。

と言う
パリの中でもマニアック過ぎる内容で恐縮ですが
今日も応援クリックを頂けると嬉しいです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR