FC2ブログ
   
03
:
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

難しい問題。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




このブログで
何度も書いているけれど

私は

パリの地下鉄が

大嫌いです。

暑いし臭いし治安は悪いし
良い事無し。

なので
パリに住んでいながら

年に数回しか
地下鉄には乗りません。

そんな私の
地下鉄に対する嫌悪感を

さらに助長させるニュースが
先日飛び込んで参りました。

それがこれ。

IMG_0676.jpg 

ここに書かれている内容を
聞いてびっくり、見てびっくり。

あ、いや

元々そうであろうとは思っていたので
意外性はなかったのだけれども

この内容はね

”パリの地下鉄の空気汚染は
パリの道の30倍ひどい”

と言うものなのですよ。

parispol3.jpg  

パリに興味がある方は

パリが時々
ものすごい大気汚染に悩まされ

車の利用が禁止されたりすると言うニュースを
どこかで聞いたことがあるかと思いますが

parispol5.jpg 

そんなパリの街のさらに30倍
地下鉄の空気が汚染されていると言うのです。

これって、どうよ。
どうなのさーーーーーーーーー

もう
命の危機を感じても良いくらい
汚いって事ではないですか!



でも確かに
地下鉄の方が空気が汚いと言うのは
納得も納得。

だって重い粒子は
下に下に行ってしまうし

地下の閉鎖された空間で
たくさんの人たちが行き交うわけで
その為の汚染もあるし

そしてその中を
地下鉄が通るわけだから

どうしても空気は汚れてしまうよね。

実際に日本でも
似た様な実験が行われたようで
(慶應大学の奥田准教授調べ)

こんなデータを発見

metrojapon.jpg 

日本でもやっぱり
地上の5倍のPM2.5が検出されたらしい。



でも
このフランスのニュースが言うには

一般のお客は
長くても1日に地下鉄を利用するのは2時間ほど。

なのでそこまで心配ない。

でも
健康被害が懸念されるのは

最低6時間半はこの中で働く
地下鉄の職員と言う事です。



確かにこの問題は
毎日地下鉄を利用する人にとって
かなり深刻だし

働いている人にとっては
もっともっと深刻だけれども

パリ市民にとっては
もう1つ心配な事が。

それは

この問題がこうやって
データ化されニュースになった以上

パリの地下鉄職員たちが
それを理由にストとか起こしそうだな〜。

健康被害とか訴えて
会社休みそうだな〜。と言う事。

なんせカメハメハ大王気質な人が
この街には多いですからな。

風が吹いたら遅刻して〜
雨が降ったらおやすみで〜

空気汚染で欠勤ね〜

的な、ね。



世界でどんどんと深刻化している
大気汚染。

フランスでは
ディーゼル車を禁止して

ハイブリッド車と電気自動車のみの使用を許可しようと
そんな動きがあるけれど

これがきっかけで
不満が爆発して

黄色いジャケット運動が勃発したフランス。

どっちにも動けないでいる
フランス政府。

これは本当に
なかなかどうして難しい問題ですよね。



と言う

じゃあ、どうすべきか!とか
そんな高尚な事が全然書かれていない

軽い内容の記事で恐縮ですが

少しでも環境を考えるきっかけになれば
光栄です。

と話をまとめてみた私に

今日の応援クリックを頂けると
大変大変大変大変大変励みになります。

えーーーい!!!!ぽちぽち!!!!


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

超有名人は誰だ?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




つい先日

近所をてくてく歩いていた時の事。

なんだなんだ
こんな所で大きな工事?

しかもなんだか
細くって不安定っぽくって

ものすごく危なそうではないか!?

IMG_9051_201901312339122c5.jpg 

普段ならこう言う場合
下は通れない様に柵で覆われていたりするのに

普通に下、通れちゃうよ。

しかも
その他もろもろ

まわりにある道具達を
触れてしまうよ。



ちょうどL君と息子
2人を連れていた私。

4歳児に2人揃って
こんな場所を通らせるのは

嫌な予感しかしない!と

母さん
子供達を守りながら

足早にその場を去ってみたら

その先に

ん? んんん?

なんだかものすごい数のおじさん達が
その工事の様子を見ている。

でもって

あっ!

全員構えているのは

もんの凄い巨大なレンズをつけた
カメラではないか!!!!!

パ、パパラッチだ〜!!!

IMG_9054.jpg 

あ、そうか!

と思い

振り向いてみると

なーるーほーどーっ

どうやらこの建物は工事でなく
何かの撮影中だったみたいです。

IMG_9050.jpg 

ライトをいっぱいあてて
天気の良い昼を演出してるんだわね。

IMG_9052.jpg 

パリの街にいると
撮影現場に出くわしたり

モデルが写真を撮っていたり

プライベートで有名人も
うろうろしてたりするけれど

建物内の撮影にもかかわらず
こんなにパパラッチがいたのを見たのは初めてだわ。

きっと

そうとーーーーーな

”旬”

な有名人がいたに違いない。



ああっ

ミーハー愛さん

一人だったら
もうちょいねばって

誰がいるか見たのになー。

でもって
パパラッチのおじさん達に

誰がいるのか聞いたのになー。

ちび達2人が我が家を目指して
ガンガン歩いて行ってたから

ママはそんな余裕なかったわ。

でもってiphoneじゃ
これが精一杯。

貴方は誰じゃーっ
IMG_9049.jpg 

しかし
映画のワンシーンを撮るだけでも
この規模。

こりゃ、映画製作って
お金がかかるわけだわねー。

でも
そうなるとやっぱり
ここにいたのは大スターに違いない。

来年公開の映画を調べるしかないかな、こりゃ。



しかし
パパラッチって
こんな単なる映画の撮影時も張ってるんだねぇ。

彼らってどちらかと言うと
プライベートを狙うのかと思っていたよ。

こんな
”単なる撮影現場”を撮った写真も
お金になったりするのかな。

そういった世界とは無縁の私は
そんな事を思いながら

ちび2人の付き添いをしっかりとこなした

とある昼下がりだったのでした。

という
日常ではないけれど

パリではけっこう日常風景の一コマな話に
応援クリックのぽちぽちを頂けると恐縮です。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリを感じた事。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




初めてヨーロッパ大陸に上陸したのは
まだ10代の時。

ロンドンに留学をしていた兄を訪ねての
ひとり旅だったのですが

その時に
パリにも訪れまして

ロンドンやパリの街並みを見て

なんてこった!
素敵過ぎる!

ここはアミューズメントパークの本物版か!

ディズニーランドか!?
そうなのか!?



わくわくしながら
その美しい景色に圧倒されました。

paris11.jpg 

そしてその時、なんとなくだけれども

”これらの建物って歴史的建造物だよね。
住居じゃなくて国の機関だよね。

じゃあいったいパリジャンって
どこに住んでるんだ?”

なんて思ったのですが

海外旅行をするにつれ

こんな建物達が
普通に住居に使われている事を知り

そして今では
そんな建物に住んじゃって

さらにはそんな建物達を
旅行者様に貸していると言う

なんとも不思議な展開に〜。

etienne2.jpg 

こちらに暮らし
何年か経ち

パリは
こうした古い建物が”普通”な事なので

オフィスや学校、お店etc
何でもある事がわかり

今では全く
これが普通の生活になりつつあります。

それでもやっぱり
ちょっとね、今でもね

うはー、パリって凄い!
歴史的建造物を惜しみなく普通に使うね!と
びっくりする事があるのです。

例えば息子の学校では
年末のパーティーを

エッフェル塔の正面にどかんと佇む
こんな立派な建物で行なっていて
Ecole_Militaire.jpg 

え。ここ、入れちゃうの?と
とドキドキしたりしてね。



でも先日
さらにそれの上を行く

おおおおおっ!と思った出来事が。

それが
息子の学校から届いた
1通のメール。

そこには
年始のミサのご案内が書いておりまして

でもってそこに書かれていた
ミサの場所がこちら

IMG_8988_201901250620053f7.jpg 

ええっ。

かの有名な
”ノートルダム大聖堂”
だったのですよ。



さすがに私にとっても
今だに”観光名所”のイメージがある

ノートルダム大聖堂

notredame1.jpg 

でも考えて見たら

これは大聖堂。

いや、考えなくても

大聖堂。

パリ市民にとっては
お祈りを捧げる場所の1つ、なんですよね。

なのでここでパリの学校がミサをやる事は
決して不思議な事ではないのですよね。



世界中色々な場所で
いろいろな物が観光名所になっていて

たくさんの人が訪れるけれど

そこは地元人にとっては

このノートルダム大聖堂の様に
昔からある建物の1つに過ぎない事があるわけで

やはり観光する時は
その地元の人に迷惑をかけないように
気をつけないとならないな。

その国のマナーを守る事が
いかに大切か

なんだかちょっと
色々と考えてしまったのでした。

と言う

パリを改めて感じた私に
今日の応援クリックをお願いいたします

皆様の応援が
私のブログ更新の励みになっております。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR