FC2ブログ
   
07
:
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

久しぶりにレストランへ!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



やっとこ
通常通りに

レストラン営業が始まった
パリの街。

そのタイミングで
息子の学校も始まったと言う事で

再開するよ!と
連絡をくれたレストラン

POTTOKAさんに
さっそくランチに行きましたよ〜。
(HPはこちらです)

pottoka_salle36-680x1024.jpg 

POTTOKAさんは

モダンなバスク料理が楽しめ
地元の人にとっても愛されている人気店なんですよ。



店内のテーブルは

いつもに比べ
かなりスペースが確保されておりまして

多分
席数は以前に比べると60%くらい。

これじゃ
経営大変だろうな〜。

なーのーでーすーが!

どうやら今の間だけ
お店の前の道の利用が許可されている様で

いつもはテラス席が無いこの店も
今だけテラス席が登場!

IMG_6538.jpg 

そりゃ、そーよね。

6月2日
ロックダウン解除の第二弾

パリは”テラス席”のみOKだったのだから

テラスが無い店は
死活問題ですもんね。



なので今、パリの街は
町中にテラスが溢れ

イタリアみたいになっておりますよー。



いや、しかし

やっぱり、パリは、あれだね。

レストラン

最高!

だね。

IMG_6527.jpg 

これぞパリに生きる醍醐味の一つだね。
なんて思いながら

1つ1つのお皿に感謝して
美味しく頂いたわ。

IMG_6528.jpg 

これがないパリの街は
私にとっては楽しさ半減。

やっぱり
昼から美味しいものを食べて
美味しいワインを飲むのは

最高なのです。

IMG_6530_20200625001430113.jpg 



こんな感じで

多分
日本の皆様が想像されている以上に

ふつーに戻っている
パリの街。

ロックダウン解除直後は
けっこう皆、危機感があったけれど

なんかもう
普通すぎて

あまりにも普通すぎて

あれは何だったんだと
夢の中で起きた出来事の様な気にすらなるわ。

それじゃダメなのはわかるけれど

やっぱり
経済が回らないのも困ったもんですもんね。



とにもかくにも
こうして

パリが日常に戻り
街が活気を取り戻し

やっぱりそれは
嬉しいな。

と思わずにはいれない私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

もちろん
コロナに対する危機感は忘れちゃダメですけどね!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

翔泳社さんより
電子書籍が発売中!

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

テイクアウトでレストラン。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




3月の外出禁止宣言から
ずーっとお休みのパリのレストランですが

4月に入って位から
テイクアウトを展開する店が増加。

ミシュラン店なんかも
気軽にお持ち帰る出来るようになりました。

とは言っても
私の中で

レストランの料理って
レストランで食べるから良いんだよな。

なんて

現実的な考えもチラホラ。

でも
これは私が食べたい云々ではなく
レストランを助けるためでもあるのかな。



4月の某日

近所の有名ビストロに
注文して見ることにしました。

image_20200519210715bdd.jpg 

こちら
カフェコンスタン

7区にある
人気ビストロ。

image_10_20200519210701b88.jpg 

予約を取らないせいか

普段の昼と夜との開店前は
いつも行列が出来る

人気店。

そんなお店でも
さっそくテイクアウトメニューが始まり

しかもその内容を毎日
TVでもお馴染みの有名シェフが
インスタにアップしていて

constant.png 

おおおっ
本当にコンスタン氏が料理作ってるよ!と
嬉しくなって

どうしても
1度試してみたかったのです。

なんせ彼は
数店舗あるレストランのオーナー。

メディアにも多数出演して
多忙な方なので

普段は絶対に
厨房になんて立ってないですからね。

彼の作ったものを食べれる
チャンス〜!なのです。



前菜+メイン+デザートで
1人前22ユーロのテイクアウト

image_1_2020051921071489e.jpg 

この日のメニューは

エビのラタトゥイユ、ガスパッチョ風味
ローストビーフとポテトグラタン
ババオラム

image_2_20200519210712331.jpg 

プラスチック容器に入っていると
味気ないけれど

ちゃんとお皿にもって

image_6_2020051921070666d.jpg 

ほら
家の食卓が
一気にレストランに〜

image_5_20200519210708d3c.jpg 

でもって

この前菜が
むちゃくちゃ美味しかった!

ぷりぷりのエビがたっぷり入っていて

玉ねぎのきいたスパイシーな
ガスパッチョ風味のラタトゥイユと
相性抜群。

ルッコラのお野菜の香ばしさや
ちょっとした苦味も

全てが調和取れていて

やっぱりレストランは違うね〜と
うんうん言いながら頂きましたよ。

image_4_202005192107090c7.jpg 

メインのお肉は

テイクアウトなのに
この微妙な焼き加減!

image_3_2020051921071175b.jpg 

低音でじっくり温めるようにと
説明書もついていたので

美味しさを損なうことなく
頂く事ができました。

image_8_20200519210703b4c.jpg 

デザートのババオラムは
オレンジの香り高いデザート。

多分
子供が食べる可能性を考えているのか

ババオラムなのに
ラムの味が全然しなかったので

家にあるラムと
ついでに生クリームをつけたして

美味しく頂きました。

image_9_2020051921070291b.jpg 

とりあえず現時点で
6月上旬までは閉鎖予定の
パリのレストラン。

でも、こうして
たくさんの店が美味しいテイクアウトをしているので

むしろ
これはこれで楽しい〜!



ちなみに

こんな時だからこそ
レストランを助けよう!

なんて思いもあって
テイクアウトを頼んだけれど

今まで直前に連絡して
色々なレストランに断られている我が家。

どうやらどこも
3日前には予約をすべきらしい。

 image_7_20200519210705e77.jpg 

でもこれは

フランスのレストランが
皆に愛されている証拠でもあるし

今後もレストランの運営が
続けられる証拠でもあるから

私としては
嬉しい事なんですけどね。



こんな感じで
レストランが閉鎖している間も

パリの味を楽しんでいる
パリジャン達なのです。



いつもお世話になっているレストラン達
絶対にまた食べに行くから!

日本の旅行者様も

レストランを楽しみに
パリにいらっしゃる方も多いから!

この辛い状況を乗り切って〜!!!!!
の応援のクリックを2つ!お願いいたします。

地元人に愛される
美味しいレストランが生き残るって事かもね。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

翔泳社さんより
電子書籍が発売中!

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ランチは要予約!Pleine Terre

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那君がいる時は
かなり頻繁に

”レストランランチ”
する私達。



でも
外にするか家にするか
直前まで悩むので

いつもレストランへは
ぎりぎりの連絡。

なので
人気のお店は満席の事が多い。

その中で
3〜4回は撃沈し

先日
やっとこランチにありつけたのが

Pleine Terre
(HPはこちら)

image_1_20200206233005894.jpg 

1年ほど前にOPENし
あっという間に近所のビジネスマンのハートを
ぐっと掴んだ

レストランなんでございます。

image_20200206233007a6a.jpg 

なぜならこちら

本格的な昼ランチ

前菜+メイン+デザートのフルコース(35ユーロ)を
35分で提供してくれるのですよ〜。

と言っても

そこらへんのブラッセリーみたいに
レンジでチンじゃないですよ。

お料理はいたって
本格的ですよ〜。

ただ
下ごしらえに時間をかけ

当日はそれほど時間がかからない様に
工夫しているのです。

image_2_202002062330047ef.jpg 
ランチのグラスワインは1杯9ユーロ。


この日の前菜は

フォアグラのポワレとポタージュ
or
鯖のマリネ

の2つから選べたのだけれども

2人そろって
”フォアグラ”をチョイス。

image_3_202002062330027cf.jpg 

フォアグラの下にはクランブル
上には野菜チップスが乗っておりまして

ここにシェフが
ポタージュをそそいでくれます。

image_4_202002062330013e2.jpg 

あまりにも
こってり濃厚そうだったので

こりゃ、前菜からやっつけるのが大変だ!
なんて思ったけれど

案外お味はさっぱりすっきり。

濃厚で味もしっかりしている割には
後味の良いスープでした。

ただ、フォアグラが思ったよりも小さかったのと
チップスがパリッとしていなかったのが残念。



メインは

私がこちらのサーモンを。

image_6_202002062329587f0.jpg 

サーモンの下には
お野菜のリゾットがた〜っぷり。

サフランのクリームソースが
サーモンにはぴったりで

人参、ズッキーニなどのお野菜達は
シャキシャキと歯ごたえも残っていて

美味しくいただきました。

ちょっと難点を言うなれば

私はもう少しレア気味の方が
好きかもな〜。

まぁ、フランス人はきっと
それだとレアすぎる!となるんでしょうが。

好みの問題、ってやつですかね。



旦那君の選んだメインがこちら
image_5_20200206232959e64.jpg 

鴨コンフィ。
付け合わせはじゃがいもとキャベツです。




鴨のコンフィと言えば
フランスによくある料理。

保存食でもあり
真空パックや瓶詰め、缶詰の物も売られていて
家でも食べることができる。

でもって
それらは

クオリティーに差はあるものの
どれもこれも似た味付けになっているのですが

ここのはびっくり!

今まで食べた鴨コンフィとは全然違う〜!

なんかね
ぶっちゃけね
少しね

中華のソースを思わせる様な
甜麺醤でも入ってる?とつっこみたくなるような

超濃厚のこってりソースが
全体にかかっているのです。

でもって
このソースに胡椒や山椒が使われていて
たまにピリリと辛い。

コンフィ自体も
かなり塩気の強い味付けになっていて

こりゃー、完全に
酒のつまみだわね〜。

いつもの鴨コンフィを期待して食べたら
裏切られるけれど

これはこれで新しい料理だと思ったら

それはそれで
面白い1皿だね。

と言う感想です。

まぁ、私は
普通のコンフィの方が好きですが。
旦那君もね。。。。



締めは
チーズかデザートから選べるのですが

二人とも迷いなく
この日のデザート

プラリネのエクレアをチョイス。

image_7_20200206232956c80.jpg 

いや〜
これが大正解!

前菜、メインからは想像つかないくらい
美味しかった!


4つのシューが並んだ感じになっているエクレアは
表面がクッキー生地になっていてサックサク。

ふんわりとしたプラリネクリームは
お口に入れるとシュワーっと溶けてゆく。

さらにはこの中に
シュガーコーティングされたアーモンドや
プラリネの小さなクッキーみたいのが入っていて

その歯ごたえがまた、良い、良い。



こちらのお店

素材にこだわり
生産者から直々に食材を仕入れているらしいけれど

うーんとね

正直ね

どのお料理も味付けが濃すぎて
素材の味が活かされて無い気がします。

最近流行りの
モダンフレンチとは違い

田舎の高級レストランで
比較的年配のフランス人をターゲットにした

そんな味のイメージ。

って、わかりにくいかしらね。。。

でも
だからこそ

いつもある程度年配のビジネスマン達で
お店がいっぱいなのかもしれないわ。

実際にこの日も
私たちが滞在していた1時間半くらいで

10組くらいが
”満席”と言われて断られており

そのほとんどが
年配のムッシュで

リピーターな感じでした。

逆に言うと

最近流行りの
日本人シェフ達による
繊細なお料理達は

この世代のムッシュ達には
物足りなさもあると思うので

ま、要は
好みの問題ですね。



最後はさらってまとめてみた私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

レストランの評価って要は好みなんですよね。
私と同じ味覚の人はぜひ参考にしてくださいませ。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR