05
:
28
29
30
31
   

神戸からパリへ、そして星を獲得した店。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



2018年のミシュランガイドで

またまた日本人シェフのお店が
新たに星を取ったと言うものだから

これは行かなくては!と

仕事でパリに上陸した
コスメ番長と一緒に

行ってまいりました〜!

image3_201803202227220b6.jpeg 

お伺いしたこちらは
"Restaurant Montee"
住所:9 leopold Robert 75014 Paris
(HPはこちら)
image11_20180320222710df5.jpeg 

こちらのレストラン
2006年から2016年まで
神戸で営業をしておりまして

そこから心機一転
パリにやってきてOPENしたと言う

パリの日本人シェフの店の中でも
なかなかすごい経歴のお店なのですよ。

 image1_201803202227255f8.jpeg 

ランチメニューは
前菜+メイン+デザートで32ユーロ
もしくは7品で40ユーロ。

そりゃ〜、もう、この差額なら絶対に
7品の方を頼んじゃいますよね〜。


グラスワインは赤、白、それぞれ
3種類から選べまして

友人とこちらをチョイス。

IMG_1842.jpg 

確かグラスで12ユーロと14ユーロだったかな。
美味しかったわ。



さてさて
まずは乾杯用のアペリティフ菓子でスタート。

image2_201803202227230c1.jpeg 

こちら、チーズのクッキーに
くるみを甘辛くキャラメリゼしたもの。
そして下にはドライシャンピニオンが〜。

このくるみが美味しくて
もっと食べたかったです。

チーズのクッキーも乾杯用にぴったりでした。



さてさて
前菜の1つ目は
人参さんっ

 image4_20180320222721b8e.jpeg 

カルダモンのムースと一緒に頂きました。

人参の甘みがすごい。
ムースは癖の無い、とっても優しいお味でした。



次にやってきたのが新鮮なホタテのカルパッチョ。

image5_201803202227197c3.jpeg 

ベトラーブの甘さと松の実の香ばしさが
ホタテにぴったり。

でもって何が素晴らしいって
こちらにかかっているトリュフのソース!

なんて良い香り〜。

これなら50皿は食べれるね。と
友人とウンウン言いながら完食。



お次はこちら。

鱈のブランダード。

image6_20180320222717b3c.jpeg 

干し鱈を利用する南仏で有名なお料理なのだけれども
これがまあ、美味しいのなんのって!

塩気が程よく
そしてクリーミー。

あまりにも美味しくて
お店の方にその旨お伝えしたら

”お酒飲みに愛される味なんですよ〜”
ですって。

バ、バレた!!!



メインのおさかな料理は
おネギと一緒に。

image7_20180320222716cf6.jpeg 

しっかりとした、そしてシンプルで食べやすい
塩気が強めの味付け。

その分、ネギの甘みを感じる事が出来たけれど
まあ、正直、そこまで感動って程ではなかったかな。

”普通に美味しい”
って感じでございました。



メインは、豚肉。

これが絶品〜!

image12_20180320222709392.jpeg 

3時間かけて低温で焼いたお肉は
びっくりする程柔らかかったです。



デザートはまずこちら。

image8_201803202227145eb.jpeg 

いちごにメレンゲ(中にはクリーム)
そこにレモンのアイスクリーム。

酸味が強いさっぱりとしたデザートは
お口直し的にぴったり。

程よい甘みで
とてもお上品なお味でしたよ。



2つ目のデザートが
こちらの熱々なショコラ。

image9_20180320222713b30.jpeg 

そしてお茶菓子つき。

image10_201803202227111ab.jpeg 

どちらも美味しかったです。



こちらのレストラン”MONTEE"さん

どのお皿も平均以上!
全て美味しかったのですが

そこまで”これ!”と言った特徴が
感じられなかったのが少し残念。

10年間日本でお店を構えていただけあり

私にとってはなんだか懐かしい
”ああ、東京時代に食べたフレンチだわ〜”
と言う感想でした。

そう言った意味では日本人の方には絶対にウケる
そんなお料理の数々。

癖もあまりないので
どれも食べやすかったです。

ただ、これだけの数食べても
お腹いっぱいじゃなかったのよねー。

そんなのも日本のフレンチだな。
なーんて思ったりして。

ふふ。





パリのフレンチに疲れた方や
本場のフレンチだと重すぎる!って方には
間違いなく重宝するお店だと思いますので

覚えておくと良いですよ。

そして今日もお帰り前に
応援のクリックを頂けると大変励みになります。

下降がとまらないランキング。
皆様からの応援クリックだけが頼りです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

おもてなしの新スタイル。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





とある週末

旦那君の叔父叔母が
パリに遊びに来てくれました。



この叔母は義母の双子の妹さんでして
旦那君のゴッドマーザーにあたるお方。

2017年は彼女の家で
盛大にクリスマスパーティーをし

その時に
”ぜひパリに遊びに来てね”
なんて盛り上がった話を実現させたのです。

IMG_9986_201803092035452ce.jpg 

城と呼ぶに等しい
巨大な家に住んでいる彼らを

パリの小さなアパートに招待するのは
ちょいと気が引けたけど

めったにパリには来ないと言う二人は
パリ観光を楽しんでくれまして

我が家でのおもてなしはもちろん
コテコテの観光も全て喜んでくれました。



そんな中
何気に彼らが1番喜んで印象的だったと思われるのが

”来々軒”

そう

彼らに日本の味を試させようと
オペラ座近くの日本人街にレストランに
連れていってみたのですー。

IMG_1290_20180309203545b56.jpg 

もちろん彼らの住んでいるレンヌにも
和食のレストランはあるけれど

生まれも育ちもずっとレンヌで
まわりにフランス人しかいない環境のみで生きてきていると

わざわざ”和食を食べる”
って言う選択肢はないようで

彼らにとっては”初”の
和食レストランとなった様子です。



この来々軒

和食屋と言うよりかは、日本にある中華食堂的だけど
その味付けは超日本的なので

私にとってはとっても心和む味。
いや、在パリ日本人の人にとってはオアシスです。

この日も満席、順番待ちの列状態で
その半数以上が日本人でしたからね。



フランスにこんなに日本人がいるのを見るのも
これまた初めてだった様で

叔父と叔母にとってはとても不思議な感覚だったらしく

そういった意味でも
とても楽しんでくれた様子。

そして
私たちがセレクトした料理全てを

美味しい!美味しい!と
終始驚いた表情で食べてくれましたよ。

1口食べるたび

”愛、これはなに?”
”愛、どうやって料理してる?”

と、質問ぜめ。

いや〜
ある意味新鮮だったわ。
そのリアクション。

餃子1つほうばるのでも
じーっと見てから食べてましたからね。



人をお招きする時って
特に相手がフランス人だと色々と悩んじゃうけれど

家でおもてなしするばかりが
最善策なわけじゃないわと初めて知ったわ。

和食店に連れて行くだけで
ゲストたちがこんなにも喜んでくれるなんて
思ってもいなかったー。

これから
親戚や友人たちが数日単位で遊びに来る時は

このコース、マストだわ。

私にとっても1回の食事がオサボリできるしね。

むしろそのオサボリが目的なのでは!
なーんてつっこみが入りそうですが
今日の応援クリックを下さると大変嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入ります。
そして私は大喜びします!

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ミシュラン星1"Saturne"で感動の前菜。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




日本の雑誌等でも
既になんども取り上げられていると言う

パリの有名
ミシュラン1星レストラン

"Saturne"
住所:17 Rue Notre Dame des Victoires
HPはこちらです

やっとこ先日
伺うことができました。

image1_20180208184935f03.jpeg 

ランチメニューは45ユーロ。
いくつかの中からチョイスが可能なのが嬉しい〜。

image2_20180208184936e2a.jpeg 

これがあったら頼まずにはいれないと
私が前菜でオーダーしたのが

タルタル肉でございます。

image4_201802081849397fc.jpeg 

とってもシンプルに見えますが

開いてびっくり

image6_2018020818494236c.jpeg 

う、う、うに〜

タルタルの上にウニがのっかっちゃってますよ!

大好物のコラボレーションに
大興奮の私。

でもってその相性

抜群ではないか!!!!!

おいし〜〜〜〜〜〜〜〜〜いっ!!!



いや〜。
美味しすぎて涙出そうになったね。私。

タルタルでこんなにも感動したの
パリに来てから初めてだよ!

image5_20180208184941826.jpeg 

幸せを噛み締めながら
ナチュラルワインをごくごくごく。

極楽〜



続きましてのメインでも
またまたお肉を頼んだ

完全なる肉食女の私。

image9_20180208184947ef1.jpeg  

シンプルに焼かれた鶏さんを
さっぱりとアンディーブでいただきます。

と言っても
けっこうしっかりとした味付けで
バターの風味もして

あっさりだけれども濃厚なお味。

そして
脂がまったくない部位なのに

どうしてこんなにも柔らかくなるんだろうと
一口食べるごとに考えながら

こちらも美味しく完食させて頂きました。



付け合わせに出て来たのが
シンプルすぎるグリーンサラダで

これもなかなか面白く
ある意味新しい〜

image9_20180208184947ef1.jpeg 

もちろん、とっても美味しいサラダでしたよ。



デザートにはモンブランをチョイス。

image11_201802081849504f6.jpeg 

甘さ控えめのモンブランなのが日本人には嬉しい。

甘さが控えてある分
栗の香りを存分に感じる事ができ

とっても優しいお味でございました。

image10_201802081849486a1.jpeg 



こちらのお店

最初のタルタルが美味しすぎて
それ以降の印象が全部薄くなってしまったのが
我ながら残念なのですが

でも、どれも美味しかったですよ〜。

ただ、ちょっとボリュームにかけたかな。
あれだけお肉食べたのだけれどね。

image3_20180208184938744.jpeg 

そして味がさっぱりしているせいか
ワインがあまり進まず

ボトルがデザートまでに空かなかった。

なのでボトルでなく
グラスでちょっとづつ頼む方が良いかも。

次回はそうしようと思ったわ。

って事は
次回があるって事なんですけどね。

だってあのタルタルがまた食べたいものー。



とにもかくにも
美味しいランチを楽しめて大満足。

しかしタルタル肉とウニのコラボが美味しすぎる。
調べたら日本の焼肉屋でも食べれる所があるらしい。

こりゃ、日本に帰った時も
夢のコラボを味わいに行かないとな。

なんて

こんな理由で
日本への帰国がますます楽しみになった私に

やっぱり美味しいものは人を動かす力があるよね!の
ぽちぽち応援クリックお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR