FC2ブログ
   
09
:
25
26
27
28
29
30
   

"ANTOINE"気になるイケメンシェフのいる店。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




予約していたレストランに行ったら
”この日はお休みになっちゃったからゴメン”
と言われ

危うくレストラン難民になりつつあった
夏のとある日。

こちらのシェフが
”友人のレストランでよろしければ予約しますよ!”と

いくつか候補をあげて下さいました。

その中で1つ
私のハートにびびびと来たのが

レストラン
”ANTOINE”
(HPはこちら)

なぜならねぇ、ここのねぇ、シェフがねぇ

イケメンなんですよ!

antoine.png 

と言う
邪な気持ちはとりあえず置いといて

このシェフは、ですね

フランスのとある人気料理番組の大会で
上位まで残り有名にもなりまして

本人もしっかりと
ミシュラン1つ星レストランを維持されている
立派な方なのです。

それでいてイケメン!なら
文句なく、Antoineにしちゃうよね。



パリの16区のセーヌ川添いにあり

エッフェル塔が望める
最高の立地〜

image15_20180914211516db9.jpeg 

ランチメニューは
前菜+メイン+デザートで48ユーロ。

image1_20180914211537d52.jpeg 

まあ、ミシュラン店としては
妥当なお値段、かな。

image2_20180914211535bae.jpeg 

まずはアミューズブッシュとして出て来たのが

直径1cmくらいの、、、何か。

image3_20180914211533733.jpeg 

不覚にも、何だったか忘れてしまったわ。

なんせ小さいんですもの〜
お味のインパクトもあまりなかったのさ〜

と言い訳して次へ。

image4_201809142115326c2.jpeg 

こちらはキューリを使った前菜。

フェタチーズとキューリ
ありがちな組み合わせなので

特に感動はなかったけれど

お皿にサランラップの様なものを貼り付け
それに乗っけるのって

夏に良いわね〜
家でも真似出来そうね〜と

そんな所に食いついたりして。



その後に
またまたアミューズブッシュがどどどんと。

image7_20180914211527874.jpeg 

いや、もうね
これには感動ですよ。

なぜならこちらのメニューって
それぞれが2種類から選べる様になっていて

その2つは
”海”か”大地”がテーマなのです。

そしてまさにこのアミューズブッシュが
そのテーマのスタートにふさわしい!感じ。

なぜなら2種出て来たのこれらが

海をイメーズさせる海藻の様なこちらと

image6_20180914211529a10.jpeg 

大地の鳥の巣をイメージしたこちら

image5_2018091421153190d.jpeg 

なんですもの!

これはなかなか憎い演出よー。

シェフ!

イケメンだけでなく
女心をくすぐるのも上手とみた!



じゃあ、お味は、と言うと

残念ながら
そこまで感動するわけではなく

この海藻は
日本で食べた懐かしいお菓子を彷彿させたし

 image6_20180914211529a10.jpeg 

こちらは
普通のフリットだったし
image5_2018091421153190d.jpeg 

ただ、一緒に出て来たルイユソースが
ほんとーーーに美味し過ぎて

下げられそうになった時に
思わず、あっ!と言ってしまったわ。

そしたらちゃーんと
テーブルに残してくれました。

だって、パンと食べても
相当美味しそうだったんだもの!



さて
やっとこ前菜へ。

私は”海”の方をチョイス。

それがこちら
鯛のカルパッチョ〜

image8_20180914211526f7b.jpeg 

サーブされた時
やたら”サシミ、サシミ”と言われたけれど

別に日本人だからって
サシミを欲しているわけじゃないぞー

カルパッチョだって
日本で知名度高いぞー。

まあ、言いませんでしたけど。ね。



これがね

美味しかった!

普段簡単に生魚を食べれない環境にいるから
余計美味しく感じたのかもしれないけれど

ハーブ塩、オリーブオイル
そしてライムの香りがベストマッチでございました。

魚のクオリティー自体は
ちょっとねっちょりしていて

日本で食べるお刺身には
絶対にかなわないけれど

フランスで頂けるカルパッチョのレベルとしては
最高だったわ〜。



お魚が得意なシェフだと
テレビで言っていたので

メインも魚を頼んだ私。

image9_20180914211525538.jpeg 

アントワーヌ風、アクアパッツァ?

こちら
見た目通りの超濃厚なブイヨンに
エストラゴンの香りが激しくきいていて

かなり個性的なお味でございましたよ。

美味しくないと言うわけではないけれど

うん、もっと普通で良かったなと
なんとなく思ってしまった1品だったかな。



デザートは
カシスのスフレをチョイス。 

スフレがあると
絶対に頼んでしまう私。

この日は猛暑で
死ぬほど暑かったけれど

メニューにあったから
ついつい。。。

image10_20180914211523944.jpeg 

でも、結果これが大正解!

うーまーしっ!!!!
うま、うまし!!!!

今までパリで食べたスフレの中で
1番美味しかったかも!

スフレ自体は
それほど濃厚なカシスの味はしないのだけれども

こうしてカシスのソルベを入れて・・・

image11_20180914211522c59.jpeg 

熱々の中に冷え冷えのソルベ
バニラ香るクリーミーで濃厚なスフレの中に
甘酸っぱいカシス

いや〜
やられました。

これだけでもまた食べたい!



最後のお茶菓子は

image13_20180914211518bf2.jpeg 

あ!また、サランラップ的な!?

image12_20180914211521f13.jpeg 

この手前のプチシューが最高に美味しかったな〜。

クリームがふわふわでクリーミーで
生地はサクサクで

何個でも行ける美味しさ!



今、思い返してみると

私にしてはめずらしく
デザートの評価が高いこのお店

ここのパティシエ
そうとう腕のある人なんだわ。

いや、腕はあるかわからないけど
私の好みなのは間違いない。



じゃあ、料理の方は
ダメだったのかと言いますと

そう言うわけではない。

よく使われる言葉で表現するなら
”普通に”美味しかった。

ミシュラン1つ星に値する
そんな料理ではあった。

でも

最近パリで増えつつある
若手のシェフたちによるミシュラン店に比べると

昔からあるレストランで
その伝統を引き継いでいるお店なので

雰囲気がかなり堅苦しくて

そしてそう言うお店のあるあるだけれども
ワインとかそういった”その他”が色々と高く

48ユーロのランチを頼んでも
なんやかんや言って倍はかかってしまうんだよね。

それが残念だったなー。

このレベルのお料理でこのお値段を出すなら
他の所に行くほうが私にはあっているわ。

堅苦しいミシュラン店よりも
カジュアルな若手シェフのミシュラン店のほうが
気持ち的にも楽なんだよね。

でも

イケメンシェフを直接拝めたので
それはそれで良い体験だったなと

結局そこに終わった私に
今日の応援クリックをお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

煎餅違いのファストフード。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




パリに住んでいると

お寿司やラーメンといった物が恋しくなるのは
皆さん、納得してくれるかも、ですが

私には他にも
むしょーーーに食べたく物があるんです。

それが

小籠包〜

image7_2018082423213387c.jpeg 

かれこれ20年ほど前
台湾にいった時に食べた小籠包が美味しすぎて

そこからどハマり。

日本では美味しい小籠包が食べれない!と
色々な店を巡っているうちに

美味しかった台湾の小籠包のお店が
日本に進出してきて

ふーっ
これでいつでも美味しい小籠包が食べれる!

と思いきや

まさかのフランス移住。

小籠包探しの旅は
ふりだしに戻ってしまったのです。



故郷の味と言うわけではないので

お寿司とかラーメンとかとは違い
1年は我慢できるのだけれども

先日急に”小籠包”が食べたい!と思い
気が狂いそうになった。 

でも
どこに行ったら良いかさっぱりわからない。 

ネットで調べてみたけれど

ほとんどが13区にある中華街のお店で
ヒッキーで行動範囲の狭い私には難易度が高すぎる。

そんな感じで
試行錯誤しているうちに

なんだかね
出会ってしまったんですよ。

不思議なサイトに!

それがこちらの
newsavour.comなのだけれども

IMG_6568.png 

こちらね

どうやら本場中国の人達が作っている
パリの食べログの様な物らしい。

ほら

中国の人って
旅行先でも中華を食べる国民だから

こういったサイトが充実している様なのですね。



キーワード”小籠包”で探すと

じゃじゃーんと!出て来た出て来た!
パリで評価の高い小籠包のお店達が!

IMG_6567.png 

こんなサイトまで見つけて
小籠包を探すなんて

我ながら凄い執念。

食べる事に関しては
誰よりも貪欲なんでございます。



この中から選んで

さっそくオペラ座のすぐ近くにある
”金茂Snack World”なる店に参上。
(住所:7 Rue Joubert 75009)

image8_201808242321301e2.jpeg 

いや〜
さすが中国のサイトで高評価の店だけあって

お客の8割以上は中国人。

でもって
疑いもなく中国語で話しかけられたけれど

お店の人だって
わざわざ日本人がここに来るなんて
思わないだろうし

そりゃ、しょうがない。

いつもなら正直
ちょっと嫌な気分になるけれど

ここでは完全にアウェーな女だったので
にっこりと愛想笑いで返しといたわ。

image9_2018082423212803c.jpeg 

小籠包お目当だったけれど
これははずせないと

まずは餃子を注文。

image1_20180824232140482.jpeg 

こぶりの水餃子は12個で8.8ユーロ。

皮はもちもち
肉汁たっぷりでエビはぷりぷり

image4_20180824232137386.jpeg 

日本の餃子とは全く違う味だけれど
これはこれで美味しく頂きましたよ〜。



そしてお待ちかねの小籠包、、、

!?

image7_2018082423213387c.jpeg 

だったのですが

あんれぇ〜
なんかすんごく巨大?じゃない?
ジャンボ小籠包?

でもって食べてみたら

・・・・・



しょ、しょ、小籠包じゃないではないか!

なんかね
皮がぶあつくてもちもちしていて

小籠包と言うか
”肉まん”
だったのですよ。

お店の人に必死で
”小籠包”と言って頼んだし

写真を指差し確認したのに

まさかの失敗も失敗。
大失敗さ。

まぁ、ね。
肉まんとして食べる分には
かなり美味しかったのだけれども

私の小籠包欲は満たされる事なく
終わってしまったわよ。



このお店で

皆がむさぼるように食べていた物が
どうしても気になって

そちらを追加注文してみたら

image5_20180824232134f81.jpeg 

これがなかなかうまし!

なんだったんだと
後々ネットで調べてみたら

これは煎餅と呼ばれる
天津のファストフードらしい。

溶き卵の入った皮で

サクサクの揚げパンや野菜
肉などを包んで食べるんだけど

いや〜、新食感で新風味。

image6_201808242321339e4.jpeg 

これはなかなか
食べる価値があるかも。

しかも
食べ歩ける様に包んでくれて
テイクアウトが出来るので

きっとね、私ね
1年以内にもう1度食べに行く気がするわ。

デパート行ったついでに
買って帰る気がします。



パリではファラフェル、ボブンに継ぐ

”無性に食べたくなりそう”な
海外ファストフードに

突如仲間入りしたわー。



こんな感じで
お目当の小籠包は不発だったけれど

思いがけず新しい食べ物と出会えた私。

行動範囲が決まってしまい

ついつい同じ店ばかり行く様になっている
今日この頃ではあるけれど

やっぱり新しい店にチャレンジするのっていいね!と

そう思った瞬間だったわ。

これからもフレンチにこだわらず
パリで美味しそうな物を食べまくるぞー!と

ますます食べ歩きへの闘志が湧いた私に
今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリのレストラン予約の落とし穴。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


パリの短期貸しアパート
2月まで予約受付開始 致しました!

パリでお待ちしております。


もんのす〜〜〜〜ごく暑くなった
夏のとある日の事

毎年アパートにリピートして下さっているお客様と
るんるんランチ〜



ここ半年くらい
ずーっと行きたくてウズウズしていた
ミシュラン1星のお店に

暑さで倒れそうになりながらも
やっとこ辿り着いたと思ったら

え?
ドア、開かないんですけど?

そんなバカな!
1ヶ月も前から予約しているのに!



諦めの悪い私は
ドアを引いたり押したり。

それもドアは
うんともすんとも言いません。

しょうがないので
お店の前をうろうろうろうろ。

暑さで気でもおかしくなったと思われない様に
密かに警戒しながら

うろうろうろうろ。

そんな時!

お店の中に人発見!

助かった〜。

さっそく
彼に視線を送り

”私いますよ”

アピール。

ちょうど一緒にランチの約束をしていたお客様も
到着されたので

”私達そろいましたよ”

アピール。

それに気づいたお店の方が
慌ててドアを開けて

中に招き入れてくれました。

IMG_7167_201806220603419c4.jpg 

この方こそ
まさにこのお店のシェフだったのですが

服装がまさかの普段着なTシャツ。

嫌な予感はしつつ

”今日予約している〇〇ですけど〜”

と言うと

かなり慌てた感じで
何かをチェックし始め

そしてこう言ってきた。

”今日で予約入ってましたっけ?”

と、

あれ?
もしかして予約入ってない???

いや、でも
確かにメールでやりとりして、、、

慌てて自分のスマホで
予約のやり取りのメールを探し

あ、これこれ
今日の12時、、あ!

12時45分の予約だったのに
12時15分に来ちゃった!

ごめんなさい!
30分も早くついてしまってました。

と言うと

あ、確かに
今日12時45分から予約が入ってますね。。。



やっと納得。

これで一件落着と思いきや

その直後
思いがけない返事が帰って来た。

”実は今日、お店はお休みなんです。
厨房に工事が入る事になっていて、、、”

と。

って、

えーーーーーーー!!!



いや〜
これには本当に参ったわ。

なんせ私
お客様といたわけですよ。

でもって彼女は
数日後には日本に帰るわけで

今日がだめならまら改めて、と
簡単に諦めれる立場じゃなかったのです。

image3_20180208184938744.jpeg  

でも、実はこうして
予約していたけれど予約が入ってなかった。

なんて言うのは
けっこうパリではよく聞く話。

しかも観光客の方だと

絶対に行きたいお店は気合いを入れて
早めに予約をしておこうとなるじゃないですか。

でもお店の人にとっては先の話すぎて
メモるのを忘れていたりするのです。

ちょうどお店が忙しい時に
予約の電話なんてしちゃうと

これまた忘れ去られてしまう可能性大。

早めの予約にはこうやって
お店が臨時休業になるリスクもあり。

なんせ”パリ”ですからね。

お店で何が起こるかわからない。

厨房に問題なんか起きた日には
すぐに直りませんもの。

そんな場合は
連絡をくれる事もあるけれど

予約時に電話番号を聞いて来ない様な店は
お客に連絡は出来ないわけで

そうなると
行ってみたけど閉まってる。

みたいになってしまうんですよね。

image8_20180601173134dab.jpeg 

パリでお目当のレストランがある方

何ヶ月も前から予約をとらないとならない人気店や
ミシュラン有名店や高級店以外の予約は

案外1週間くらい前に予約をとる方が
良い事もあります。

パリジャン達は
当日や前日予約が普通ですしね。

そして

予約の時には
連絡先を教えておいた方が良いです。

そしてそして
できれば行く前日とかに
予約の確認する方が懸命です。

そうじゃないと
レストラン難民になる可能性が出てきます。

image9_20180320222713b30.jpeg   

え、そこまで知ってて

なんで今回、愛さん、
レストラン難民になったの!?

と思った方。

そう

今回のお店はミシュラン星獲得店だったので
すっかり油断しておりました。

でもちゃんと
メアドも電話番号も伝えてあったんですよー。



image11_201802081849504f6.jpeg 

ミシュラン店でも
こういう事が起きうるパリ。

パリにいらっしゃる皆様

グルメの街で
よりよい滞在を楽しむ為にも

ぜひ参考になさって下さい。

と言う

小さなエピソード話で恐縮ですが
今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR