05
:
30
31
   

さよならを言いに。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


9月まで予約をOPEN致しました。
皆様のお越しをお待ちしております。


7区のアパートのOPENの為
結婚式の直前並に忙しかった3月。

その合間をぬって
息子を連れてレストランでランチした私。

行った先は
私の常連レストラン

Au Petit Sud Ouestさん。

IMG_7916_2017040322512604a.jpg 

7区にある
鴨とフォアグラの専門店でございます。



1分たりとも惜しいと思っていたこの時期に
あえて息子とこのお店に駆け込んだのは
大きな理由がありまして

実はこの
Au Petit Sud Ouestさん

この4月8日で
閉店になってしまうのです。

いや、閉店と言うと語弊があるかな。

閉店と言うよりかは

この4月8日で
オーナーがかわる事になっていて

店名はもちろん
料理内容も全て変わってしまうのです。



実はもう
何ヶ月も前から知っていたのだけれども

オーナー夫妻に
まだ発表は控えて欲しいと言われていた私。

なので
もし私のブログを読んで

”行ってみたい!”
と思っていた方は

本当にごめんなさい。



お店を売るって

あれれ?
経営が上手く行ってなかったの!?

なんて思うかもしれないけれど

このお店の場合は連日満員御礼。
そんな事はあるはずない。

じゃあ、なんで?と言いますと

こちらのオーナー夫妻自体が
引退を希望されていて

これをきっかけに田舎に引っ越して
リタイア生活を送る予定なんだとか。

ここ最近は
レストランがあまりにも忙し過ぎて
身内の葬儀にすら出席出来ず

それがきっかけで
お店を売る決心をしたんだって。

あれだけ人気のお店なんだから

私とからなら誰かを雇って
続けてしまいそうなものだけど

自分達の目の届かない範囲で
レストランが運営されるのは嫌だし

C'est La Vie!

これが人生。

私達は自分達が出来る範囲で
精一杯な事をして結果を出して

それで大満足よ!

だから第二の人生を送るのよ〜と

いかにもフランス人らしい感覚で
潔い引退を決意されたみたいです。

IMG_7914_20170403225124b50.jpg 

私がこうやって
ブログを書き続けているきっかけになった一つが

まさにこのレストラン。

なぜなら
まだブログを書き始めて間もない頃

こちらのレストラン記事を書いたら
私の記事をプリントしてお店に行く人が続出。

お店の人が
なんだなんだとビックリし

私の記事をメニューに挟んで
日本人の接客をする様に。

そんなのを知らないで再訪した私は
メニューに自分のブログ記事が挟まれていてビックリ。

これ、私のブログです。
とオーナー夫妻に言ったのがきっかけで

このお店とはとっても懇意にさせてもらう様になったし

パリに来てすぐで
自分の居場所を探していた私には

私のブログで
こんな風な事が起きうるんだ!と

それ以降
ブログを書くのが楽しくなったのです。



なので私にとっては
パリで1番思い入れがあると言っても過言では無い
このお店。

そんなお店が閉店してしまうのは
本当に本当に本当に寂しいけれど

でもでも

もしかすると
悠々自適な引退生活に
ちょっと貢献できたのかもしれない?

なんて思うと
ちょっと嬉しくもなったりして。



とにもかくにも
オーナー夫妻

忙しく働いていた分
のんびりとした引退生活を送って下さい。

私はあなたのレストランの事を
忘れる事はありません。

色々な意味で
感謝の気持ちがいっぱいあるお店だけれども

これがきっと私が書く
Au Petit Sud Ouestの
最後の記事、なのかな。



さー。愛さん。

また自分の居場所を探さなくては。

パリには山ほどレストランがあるけれど

日本人に居心地の良いレストランとなると
なかなかハードルが高いのよね。

でもって何より

日本では鴨嫌いだった私が
鴨好きになったきっかけのお店でもあったので

美味しくて新鮮な鴨が必須だわ。

誰か美味しいカモとフォアグラのお店を知っていたら
教えて下さいませ〜。


出会いには別れはつきものだけれども
やっぱり寂しいものは寂しいよね!
のクリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入り
このブログを続ける励みになります。

皆様に感謝感謝感謝です。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

シェフ交代。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


8月分まで予約受付開始致しました。
パリでお待ちしております


東京から来ていた友人との最後の夜は
私のお気に入りレストラン

Au Bon Accueilへ。
(HPはこちらです)

IMG_7404.jpg 

誰を連れて行っても
”お値段以上〜”

と感動してくれるお店なので

東京から友達が来ると
必ず連れてゆくお店の1つ。

IMG_7405.jpg 

彼女の滞在と旦那君の出張が重なり
完全に母子家庭気味だったので

夜は我が家で過ごす事が多かったけど

最後の夜くらいはレストランに行き
2人でしっぽりディナーをしようとなったのですね。

でもってその間は

ゴッドファーザーのT君が我が家に来て
息子の面倒を見ていてくれましたよん。

あああっ 助かる〜



こちらのお店に伺うのは
かれこれ3ヶ月ぶりくらいだったので

懇意にさせて頂いているお店の方と
ちょいと近況などを話してみたら

衝撃的な一言が。

”実はシェフのKEITAが去ってしまったんだよ”

と。



えーーーーっ!
それは私にとってビッグもビッグ、ビッグニュースです。

こちらのお店が好きだった1番大きな理由は

”日本人シェフ”による繊細なお料理
特に魚料理が絶品だったから"で

KITAMURA KEITAシェフが去ってしまった今
あの味に会えなくなってしまうとなると

これは大問題なのです。

IMG_7409.jpg 

そんな私のショックな表情を読み取ってか

”でも、新しく入ったシェフも日本人だから
あとで紹介するね”

と言って下さいまして

この日は思いがけず
Newシェフの腕前を試す日となりました。

IMG_7415.jpg   

でも
メニューをのぞいてみると

以前とかわらないものが多く

出て来たお料理も
見た目が美しく、味付けも繊細で

美味しかったですよ〜。

IMG_7420.jpg 

まあ、前に比べると
ちょっと、んん?と思うところはあったけど

でも
それはまだ新しいシェフが慣れてないだけで

きっとこちらのレストラン

今までの高評価を
ちゃんと維持できるのではと思います。

むしろ肉料理に関しては
以前よりも好みだったかも

なぜなら私
魚料理はあっさり系を好むけれど

お肉はどっしりとした
しっかり濃厚な味を好むので

この日に頼んだ牛タンは
ばっちりだったのさー。



最後には新しいシェフのサトシさんが
挨拶に来てくれまして

かなり感じの良い
フレンドリーなシェフでした。

お料理の感じが前と似てますね。
忠実に再現してるんですか?

なんて聞いて見たら

前にいらしたKEITAシェフと同じ師匠の元で学ばれたから
料理の基礎が似てるんだって。

納得だわ〜。



入れ替わりの激しいパリのレストラン。
シェフの交代なんていうのは日常茶飯事。

人気が出ると
そこのシェフは引き抜かれたり、独立したりして

あれ?
以前よりもまずくなった?

なんて思う事が多いけど

こちらのお店に関しては
これからもっと美味しくなって行くのでは?と

期待すらしてしまう
そんなレストランです。

お気に入りのレストランがかわって行くのは寂しいけれど
良い方向にかわるなら嬉しいよね!

と思った私に
うんうん、なっとく!
のクリックお願い致します。

皆様のクリックの数が
このブログのランキングを決めております。
感謝感謝でございます。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

コンスタン氏、現る。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけでランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します



本日より
アパートの予約7月分までOPEN致しました。
(リピーター様は8月まで)

お申し込みお問い合わせは
こちらからどうぞ。

パリでお待ちしております




日本から友人が来ていた
とある日の昼下がり。

今日はお外でランチしましょう〜と
向かった先は

カフェ・コンスタン
Cafe Constant

IMG_1994_20170224001910622.jpg 

なんせこちらは2歳児連れ
しかも旦那君が出張中。

そうなると
私は友人と雑談しながら息子の相手に追われる訳で
行けるお店は限られてしまうのです。

でも、ここなら大丈夫だろうと
向かって見たら

思った通り

全く問題なく
子連れでも通して下さいました。



お子様メニューなんかは存在しないので
息子用にはメインを1皿チョイス。

私たちはその日のランチメニューから
前菜とメインをチョイス。

子供用はすぐに持って来て欲しいと行ったら

”了解しました。こちら赤ワインのソースなので
ソースつけないでおきますね”と

なかなか心地よい対応です。

  

基本、食べている時は
かなりお利口さんでいてくれるので

なんの心配もしてなかったけれど

かなり待たされた上

さあ、やって来たぞ!
と思ったら

大人用の前菜が2皿。

メインのみの息子には何にも出て来ません。

しかもこの前菜は
息子は決して食べない料理。



慌てて店員さんに
”息子のメインをすぐに持って来て欲しい”
と言うと

あ、そうだったね。
今作っているからね。

と行ってくれたけど

結局、彼の料理が現れたのは
私たちのメインと同じタイミング。

お店に入ってから50分後の事です。

やはしパリの店
子供も大人と同じ対応なんだわぁ。と
こんな所で痛感。

よくぞまあ
空腹で50分も我慢してくれたと
ある意味息子に感謝だわ。

IMG_1989.jpg 

そんな感じでもぐもぐ食べていると

突然お店に入って来たムッシュが
息子のほっぺを撫でてきた。

おおおっ!?何事!?

私の知っている人かしら?と
顔をあげると

そこにいたのは

じゃじゃじゃんっと
FullSizeRender_2017022400190658b.jpg 

ムッシュ・コンスタン〜

そう
このカフェコンスタンのオーナーであり

その他、ミシュラン店を含む数件を運営する
フランスで最も有名なシェフの1人です。

constant.jpeg 

カフェコンスタンのあるサンドミニク通りのこのエリアは
別名”コンスタン通り”とも言われている程でして

彼がこのエリアを有名にしたとも言えるくらいの
料理界の重鎮。

本はもちろん
constant2.jpeg 

フランスで1番人気の料理番組
TOP CHEFでは審査員をつとめたりして

topchef1.jpeg 

フランスでは知らない人はいないくらい
とっても有名な方なのです。



そんな方が目の前に現れ
息子のほっぺをちょいちょいしていて

かなりビックリな私。

一瞬言葉を失ったけど

”お会いできて光栄です!
写真を撮っても良いですか?”

と言ったら

快くポーズ。

でもって
友人は2ショットも撮って頂きましたよ。

残念ながら奥の席にいた
私と息子は一緒に写真は撮れなかったけど

またいつかきっとお会い出来るその日を信じて
また行くかな。



ショコラティエ巡りがメインだった彼女にとっては
よく知らないムッシュと写真を撮ったにすぎないけれど

美味しいものが大好きすぎる私にとっては
かなり大興奮なランチとなったのでした。


こんなマニアックな有名人のお話で恐縮ですが
今日の応援クリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入ります。

最近下がり気味のポイント
皆様のご協力をお願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR