FC2ブログ
   
04
:
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ランチは要予約!Pleine Terre

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那君がいる時は
かなり頻繁に

”レストランランチ”
する私達。



でも
外にするか家にするか
直前まで悩むので

いつもレストランへは
ぎりぎりの連絡。

なので
人気のお店は満席の事が多い。

その中で
3〜4回は撃沈し

先日
やっとこランチにありつけたのが

Pleine Terre
(HPはこちら)

image_1_20200206233005894.jpg 

1年ほど前にOPENし
あっという間に近所のビジネスマンのハートを
ぐっと掴んだ

レストランなんでございます。

image_20200206233007a6a.jpg 

なぜならこちら

本格的な昼ランチ

前菜+メイン+デザートのフルコース(35ユーロ)を
35分で提供してくれるのですよ〜。

と言っても

そこらへんのブラッセリーみたいに
レンジでチンじゃないですよ。

お料理はいたって
本格的ですよ〜。

ただ
下ごしらえに時間をかけ

当日はそれほど時間がかからない様に
工夫しているのです。

image_2_202002062330047ef.jpg 
ランチのグラスワインは1杯9ユーロ。


この日の前菜は

フォアグラのポワレとポタージュ
or
鯖のマリネ

の2つから選べたのだけれども

2人そろって
”フォアグラ”をチョイス。

image_3_202002062330027cf.jpg 

フォアグラの下にはクランブル
上には野菜チップスが乗っておりまして

ここにシェフが
ポタージュをそそいでくれます。

image_4_202002062330013e2.jpg 

あまりにも
こってり濃厚そうだったので

こりゃ、前菜からやっつけるのが大変だ!
なんて思ったけれど

案外お味はさっぱりすっきり。

濃厚で味もしっかりしている割には
後味の良いスープでした。

ただ、フォアグラが思ったよりも小さかったのと
チップスがパリッとしていなかったのが残念。



メインは

私がこちらのサーモンを。

image_6_202002062329587f0.jpg 

サーモンの下には
お野菜のリゾットがた〜っぷり。

サフランのクリームソースが
サーモンにはぴったりで

人参、ズッキーニなどのお野菜達は
シャキシャキと歯ごたえも残っていて

美味しくいただきました。

ちょっと難点を言うなれば

私はもう少しレア気味の方が
好きかもな〜。

まぁ、フランス人はきっと
それだとレアすぎる!となるんでしょうが。

好みの問題、ってやつですかね。



旦那君の選んだメインがこちら
image_5_20200206232959e64.jpg 

鴨コンフィ。
付け合わせはじゃがいもとキャベツです。




鴨のコンフィと言えば
フランスによくある料理。

保存食でもあり
真空パックや瓶詰め、缶詰の物も売られていて
家でも食べることができる。

でもって
それらは

クオリティーに差はあるものの
どれもこれも似た味付けになっているのですが

ここのはびっくり!

今まで食べた鴨コンフィとは全然違う〜!

なんかね
ぶっちゃけね
少しね

中華のソースを思わせる様な
甜麺醤でも入ってる?とつっこみたくなるような

超濃厚のこってりソースが
全体にかかっているのです。

でもって
このソースに胡椒や山椒が使われていて
たまにピリリと辛い。

コンフィ自体も
かなり塩気の強い味付けになっていて

こりゃー、完全に
酒のつまみだわね〜。

いつもの鴨コンフィを期待して食べたら
裏切られるけれど

これはこれで新しい料理だと思ったら

それはそれで
面白い1皿だね。

と言う感想です。

まぁ、私は
普通のコンフィの方が好きですが。
旦那君もね。。。。



締めは
チーズかデザートから選べるのですが

二人とも迷いなく
この日のデザート

プラリネのエクレアをチョイス。

image_7_20200206232956c80.jpg 

いや〜
これが大正解!

前菜、メインからは想像つかないくらい
美味しかった!


4つのシューが並んだ感じになっているエクレアは
表面がクッキー生地になっていてサックサク。

ふんわりとしたプラリネクリームは
お口に入れるとシュワーっと溶けてゆく。

さらにはこの中に
シュガーコーティングされたアーモンドや
プラリネの小さなクッキーみたいのが入っていて

その歯ごたえがまた、良い、良い。



こちらのお店

素材にこだわり
生産者から直々に食材を仕入れているらしいけれど

うーんとね

正直ね

どのお料理も味付けが濃すぎて
素材の味が活かされて無い気がします。

最近流行りの
モダンフレンチとは違い

田舎の高級レストランで
比較的年配のフランス人をターゲットにした

そんな味のイメージ。

って、わかりにくいかしらね。。。

でも
だからこそ

いつもある程度年配のビジネスマン達で
お店がいっぱいなのかもしれないわ。

実際にこの日も
私たちが滞在していた1時間半くらいで

10組くらいが
”満席”と言われて断られており

そのほとんどが
年配のムッシュで

リピーターな感じでした。

逆に言うと

最近流行りの
日本人シェフ達による
繊細なお料理達は

この世代のムッシュ達には
物足りなさもあると思うので

ま、要は
好みの問題ですね。



最後はさらってまとめてみた私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

レストランの評価って要は好みなんですよね。
私と同じ味覚の人はぜひ参考にしてくださいませ。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ビジネスマン達が集うEcluse Francois 1er。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




うちの旦那君は
気遣い屋さん。

家で仕事をする日は必ず

”ランチは外に行こう〜”と
誘ってくれる。

私に料理をしてもらうのが
申し訳ないと思っている様子です。

まあ、
オフィス勤務の時は
外ランチが当たり前だったので

彼にとっては
そこまで違和感がないみたいだけれども

私にとっては
不経済極まりないな〜と思ったりもする。

なんせ一人でいる時は

ラーメンすすって終わり。
ソーメンすすって終わり。
残り物つまんで終わり。

いや、それどころか
チンして終わり。

でやり過ごしていましたからね。

いやいや、それどころか

食べ物がない時は
食べずに、終わり。

なんて時もありましたからね。

わざわざ毎回、外でランチするのに
全く慣れてないのです〜。



でも
その反面

旦那君とレストランに行くのは大好きな私。

だって
美味しいお食事を向き合ってゆっくり食べると
自然と心がリラックスして

2人の間に心地よい空気が流れるんですもの。

夫婦仲良く
良い関係を続けるために

レストランはとっても効果的なのです。

なので最近は
近所の行きたいレストランリストを作り

旦那君のお誘いには素直に
”へい!喜んで!”と

付き合う様にしております。



時間が無かった先日は

地元のビジネスマンで
ランチ時はいつもごった返している

Ecluse Francois 1erさんへ
(HPはこちらです)

ecluse.jpg 
写真はHPよりお借りしました。

こちらのお店
実はレストランではなくワインバー。

でも

昼はこうして
近所のサラリーマン相手に
ランチも展開しているんですね。

もともと料理にも定評のあるワインバーなので
昼も夜も好んでリピートしている人が多い印象。

なぜならここに行けば
食事はともかく

美味しいワインが飲めるのは
確実ですからね。

IMG_5310_202002041951012e0.jpg 

この日のおすすめから選んだメインの1つがこちら

スズキのグリル。
(22ユーロ)
IMG_5311_20200204195058392.jpg 

おおおっと
めっちゃクリーム!

お魚さん、ザ!フランス流!



お味は、と言いますと
まぁ〜、悪くないかな。

お魚が焼き過ぎ、、、と言うよりも

多分、ランチメニューとして
早めに用意しておいて

温めるだけ!
な状態だったのか

あまり新鮮さを感じなかったわ。

でも
こってりクリームと合わせると
まぁ、悪くない。

お野菜もそれなりに歯ごたえあったしね。



旦那君が頼んだのが
トリュフのリゾット(19ユーロ)

IMG_5312_2020020419505762a.jpg 

って。

リゾット、少なっ!
これ、ハムメインじゃん!

とつっこみたくなる一皿。

ハムは肉厚で
脂身が少なくて

しっかりとしたかみごたえもあり
上質な感じ。

なぜならきっとこのハムは
ワインバーのつまみで出るやつだからだわ。

このお店
こういったハムとかにこだわってるんですよ。

でもリゾットは
お米がちょっとねちょねちょしすぎて
残念!

これなら家で私が作る方が美味しい〜!
いや、ほんとに。



しかし
この日も店内は満員御礼。

それどころか
断られる人たちが何組も。

でもって
男性は100%スーツ姿なので

この界隈のエリートサラリーマンたちが
さくっと食べに来ている印象です。



正直
そこまで美味しいと思えなかったけれど

ランチ時にもかかわらず

ほぼ全部のテーブルで
ワインが飲まれていたので

やっぱりここはワインバー。
料理よりもワインを楽しみに来てるのかもな。

ランチだけど、、、
仕事の合間だけど、、、

なんて
フランス人を冷静に分析してみた私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

フランスは社員食堂にもグラスワインがあるから
全く問題ないのよー!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

美味しいお魚ランチ。Les Fables de la Fontaine

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



出張三昧の旦那君だけれども

パリにいる間は
フリーランスな感じで働いているので

一緒にランチ出来る事が多く

そうなると嫁

行きたいレストランを
ガンガン予約してしまうのです。

だって
友達いないから

平日の昼に旦那君が一緒に行ってくれるの
嬉しいのだもの〜。



先日は

私にとっては
ちょっと思い出深いレストラン

Les Fables de la Fontaineへ。 
(HPはこちらです)

image_20200114063101d57.jpg 

なぜ思い出深いかと言いますと

渡仏してすぐに
フランスで知り合ったばかりの友人と
ランチしたパリの初ミシュランのお店で

なぜだかその時お店の人に
”うちで働かないか?”と
スカウトされたのです。

まだ渡仏して
1ヶ月にも満たない時の出来事で

完全プーコで渡仏した私は
それもありかな?と

一瞬考えたのたのですね。

でも、旦那君から

”レストランで働く場合は夜が中心の生活になるから
僕と一緒にいる時間がなくなるよ!”と
猛烈に反対され

諦めた、と言う事があったのです。



そんなお店に
旦那君と一緒にランチへ〜。

image_1_202001140630593b8.jpg 

アミューズブッシュは
チーズの入ったシュー。

これがね
生地がしっとりしていて美味しかったわ。

シュー生地って
パサパサしている物も多く

そこまで美味しいのが無い印象なのですが

こちらはアペリティフの軽いつまみに良い良い〜。



前菜は
レンズ豆のスープ!

image_2_20200114063058001.jpg 

家庭で作ったら
絶対に地味になってしまうであろうスープが
こんなにもオシャレに!

image_3_20200114063056fcc.jpg 

超絶クリーミーでいながら
後味すっきりなスープ。

散りばめられたクランブルで
サクッとした食感も楽しめ

あっという間に美味しく完食です。



メインがサーモンだったのですが

image_4_202001140630552a8.jpg 

こちらのお店は
魚介が美味しいと評判なだけあって

サーモンの焼き具合が
皮はパリッと、外はこんがり、内部はレアで

絶妙!

image_5_20200114063053cb7.jpg 

根セロリが
シャキッとしていてアクセントになっており

ピュレも濃厚で

うーん、うっとり。

美味しいお魚さんに出会えると
人一倍嬉しい日本人な私。



デザートはこちら

image_8_2020011406304952e.jpg 

フランスの代表的デザート
ウ・ア・ラ・ネージュをアレンジしたもの。

ふわふわで
シュワっとお口の中で溶けるメレンゲの中には

酸味がたっぷりの
レモンクリームが!

けっこう甘さは強めだけれども
酸味も強いので

最後まで飽きずにいただきました。



ランチメニュー、これで28ユーロは
絶対にお得!

特にパリでは
美味しいお魚料理が食べれるお店が少ないので

これはなかなか重宝ですよ〜!

これからはもっと気軽に使いたいわ。
なんて思った私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR