05
:
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今日のパリ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




シャンゼリゼのテロから
1夜が明けました。

21日のこの日も
普通にシャンゼリゼを突っ切った私。

もしかして通行止になっているかな?
警察とかうじゃうじゃしていて検問とかしてるのかな?

なーんて心配、なんのその。

シャンゼリゼ通りは全くいつもと同じ感じで
観光客がたくさんいて、観光バスも走っていて

Yahooニュースでこの件を知らなかったら

普段となんのかわりもなく、違和感すら無く
過ぎて行ってしまう所でしたよ。

IMG_8283_20170422050425f1f.jpg  
4月21日のシャンゼリゼ。

このテロに関して
色々とコメントを頂きまして

やはりGWにパリ旅行を予定されていた方は
今の状況がとても気になったみたいで

現地人による情報としてとても参考になったと
おっしゃって下さいました。

そして他にも
こんなコメントがありまして

パリの事件が
日本ではすごく大きく聞こえるのは

そもそも日本では
銃撃戦すら馴染みがなく

その時点でもう

どんでもなく悍ましい事件だと
思ってしまうからではないかと。

IMG_8285_201704220504283b7.jpg 
4月21日のシャンゼリゼ。

これには激しく納得な私。

なんと言っても日本にいた時は

ある程度悪いことをしても
”撃たれる”
なんて考えはみじんもありませんでしたもの。



フランスでは
町中に常に武装警官がたくさんおります。

映画でしか見た事がない様な機関銃を持ちながら
うろうろしております。

eiffelattaques.jpg 

でもこれは
2015年の大きなテロが起きる前からの話。

パリの警察官と言えばイコール
これが普通でして

なので

”銃撃戦が起きた”と聞いても
何の違和感も感じなくなってしまっておりました。

それ位フランスは
日本に比べると常に圧迫された状況にいるんです。

attaqueseiffel.jpg 

でも確かに
日本の皆様にしてみると

銃撃戦!?
ひぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ

って感じですよね。



私からすると
こんな警察官達を見慣れているので

私がここで何か悪いことをしたら
即効、撃たれるんだろうな。と

いっつも思っておりますよ。
信号無視すらしない良い子ちゃんになりますよ。



そう言えば以前

日本人観光客の方がオペラ座の前で
武装警官に一緒に写真を撮って欲しいと頼んでいて

日本って本当に平和な国なんだわ〜と
しみじみ思った事があり。

なんせ彼らは真剣にお仕事中で
パリ市内を巡回していて

その真剣度や
相手にする犯罪者など

日本人の想像をはるかに超えていて
ちょっとの油断が命取りになるレベル。

でも
平和な日本人的感覚から行くと

イメージは日本のおまわりさんの巡回と
かわらないんでしょうね。

Attaques-Paris-Eiffel.jpg 

とりあえずそんな感じで

もともと日本に比べると
治安なんて全然よくない国、フランス。

2015年のテロが起きる前から
テロはいつか起きるものだと想定されていたので

今回の銃撃戦の後も
特にパニックにはなっておりません。

IMG_8284_20170422050426c41.jpg 

そしてフランスの凄い所は
何か問題が起きた時は

日本の様に
”誰の責任?”
を追求するのではなく

”今、何をするべきか”
で行動を起こすので

対応が非常に早いです。

まあ、それぐらいでないと
この国の平和は維持できないって事なんですけどね。

迷っている暇は無い、と言う事です。

誰が悪い、あーだーこーだ
言っていられる日本は幸せなのだと思います。

IMG_8281_20170422050423c75.jpg 

とにもかくにもそんな感じで
特にパリの街は今までとかわりないですよん。

IMG_8280.jpg 

でも
なんせタイミングが悪すぎる。

あと2日で
大統領選挙ですからね。

テロに強い姿勢を向けている
極右のマリールペンが力をつけそうで

心配している人も多いです。

彼女はトランプ大統領やプーチン大統領と
同じ系統と言われていて

EU離脱も考えている人。

彼女が大統領になったら
移民に対する風当たりが強くなりそうで

移民の一人である私は
ちょっと不安でもあるのです。

でも

でもでも

強いフランスにならないと!と言う
そんな気持ちには賛同できるので

そこが難しい所よね〜

なんて
勝手に考えているけれど

日本国籍を保持している私には選挙権がないので
私には選ぶ権利は無いのですが。ね。

police.jpg 

そんなこんなで

とりあえず
シャンゼリゼエリアの住人の私でも

特に普段とかわりない1日を過ごしております。

もうすぐパリにいらっしゃる予定で
どうしようか迷っている方

そんな人達の参考に
少しでもなれば嬉しいわ。

ちなみにGWを利用して
旦那と息子を連れパリに来てくれる親友は

そのまま決行の連絡あり。

そんな中
日系航空会社CAの別名コスメ番長から
ぽこんと連絡がありまして

”愛さ〜ん

今月からパリ班になったよ〜

これで今年は頻繁にパリにいけるわ!”

と嬉しそうに連絡が。

こんな時でも嬉しそうに
普段とかわらずパリに来てくれる友人達に

感謝いっぱいだわ〜。

  

とにもかくにも

パリ在住の私から見る
パリの現状はこんな感じでして

パリジャンの話題はもっぱら大統領選挙。

むしろこの週末の方が
何やら荒れそうな気がします。

と言う

今日も昨日に引き続き
現状報告のブログで恐縮ですが

愛さん、ネタ切れ!?
なんて事は思わずに
応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけれランキングに点数が入り
日々の生活の励みになります。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

最先端モードの街育ち。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


6月まで予約受付中です。


東京から遊びに来てくれていた友人が
帰国する日を迎えまして

凱旋門のシャトルバス乗り場まで
お見送りに行って参りました。


毎日毎日
息子と何時間も遊んでくれた彼女。

そんな彼女の事を息子は大好き過ぎて
こりゃ、見送り大変かもなと

覚悟していた私。

案の定

バスに乗り込む彼女に向かって
彼女の名前を叫んでは

覚えたての日本語
”アソボウヨー”
を連呼しておりましたよ。



そんな感じで
わかりやすいくらい悲しんでいる息子を
少しでも喜ばせようではないかと

お散歩しながら帰ったら

おおっ!
これは息子が喜ぶに違いない!

と思われる
ショーウィンドーを発見。



さっそく近づいてみたけれど

IMG_7427.jpg  

うーんと

怖いよ、顔。

FullSizeRender-10.jpg  

息子の大好きなゾウさんが
なんだかとんでもない事になっております。



こちら

春の新作をイメージした
ルイヴィトン本店のショーウィンド。

新しい商品のコンセプトが
アフリカパンクみたいな感じらしく

animallv.jpg 

それを意識した展示になっているのよね。

でも

さすがにこんな感じで
ドカンと展示されていると

こりゃ、ちょいと2歳児には刺激がありすぎる。



気を取り直して
隣のショーウィンドにいってみましょ。

と隣りに移動。

そこにはキリンさんがおりました〜

IMG_7428.jpg 

でもやっぱり目がギロギロとして
牙が激しく出ている

かなり怖いお顔です。



動物が大好きな息子くん。
こんな動物達を見せたらトラウマになってしまうと

慌ててその場を去ろうとしたけれど

時、すでに遅し。

涙声で
”これ、好きじゃない〜”
と言い出した彼。

うんうん、わかるよ。
こわいよね。リアル以上だよね。
こんなの見せちゃってごめんよ、と

愛ママ反省よ。

でも
そんなママに息子が言って来たのは

”このキリンさんは意地悪すぎるー

ムッシュのカバンをとっちゃったんだよー!
ムッシュが可哀想だよー!”

と。



なーるーほーどーねっ!

確かにそんなシチュエーションに見えなくも無い。

IMG_7428.jpg 

動物の怖い顔でなく
意地悪をされたムッシュに同情して泣いてあげてるのか。
息子よ。

なんだか優しいではないか!

こんな所でも
密かに親バカ心、炸裂してしまったわ。私。

ふふ。



しかしこちらの動物達

本当に悪夢に出て来そうなレベルで
かなり怖い顔をしている。

IMG_7426.jpg 

しかも色々な動物が混ざった
不可解な造りになっておりまして

子供は怖がる事必至です。

こりゃ、当分は
ルイヴィトンの前はお散歩コースから除外だわ。



冬の間は
かなりかわゆい動物達だったのに

息子にとっては残念だけど

まあ、これが最先端モードってもんですよ。

いつか君もわかるよね。

なんて事を思いながら
家路についた私達だったのでした。


こんな散歩の小ネタで恐縮ですが
今日も応援のクリックを頂けると嬉しいです。

下がってしまったランキング
復活のお手伝いをして頂けると嬉しいです。


ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

今年は今年。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





さてさて

シャンゼリゼのクリスマスマルシェに
到着した私達。

IMG_5796.jpg 

息子くんのお腹はチュロスで満たされ

FullSizeRender_20161206192825d19.jpg 

パパママの肝臓も
ホットワインで動き出し

IMG_5787.jpg 

さあ、本番はこれからよ〜 

FullSizeRender_1_20161206192823830.jpg 

と言っても

2歳児の息子ありきのマルシェ散歩は
どうしても子供中心に。

なのでマルシェを散策しつつも
目指したのはこんな場所。

FullSizeRender_20161206192929f37.jpg 

"魔法の森(La Foret Magique)"

と名付けられたこのエリアには
子供が楽しめるものがたくさんありまして

IMG_5808.jpg 

サンタクロースと記念撮影なんかも出来る
コテコテのクリスマススペース。

FullSizeRender-2_2016120620295956b.jpg 

と思いきや

ところどころ

これって
まったくクリスマスとは関係ないよね???

と言う物もあり
IMG_5823.jpg 

でも、まあ

クリスマスマルシェに飽きている子供を
気晴らしに連れて行くには 

悪くない。

IMG_5805.jpg 

フランスってこんな風に
どこのイベントであろうとも

子供ありきで考えてくれている事が多いので

IMG_5786.jpg 

子連れには助かる事が多々あるのよね。

IMG_5809.jpg 



こちらもクリスマスマルシェのド定番。
メリーゴーランド。

IMG_5827_20161206192906c17.jpg 

これまた子供にとって
クリスマスマルシェ最大の楽しみ。

これを乗らずには帰らない〜と
駄々をこねる子供達がまわりにわんさかでした。



でも

1回乗るのに3ユーロ。
まわるのは1分弱。  

なかなかな不経済な乗り物だわね。

でもついつい親としては
子供の喜ぶ顔が見たくって乗せちゃうのよね〜。

IMG_5832_20161206192908ef0.jpg 

おおはしゃぎでくるくる回っている息子を見ながら

1回に20〜30人の子供が乗っているから
くるくる1度回すだけで、、、、

ちゃりちゃりちゃりりん。

こりゃ、なかなか良い商売ですね。



ついつい銭勘定してしまっていたわ。

いや〜、大人って夢が無い。
はっはっは。



こんな風に
暇があればクリスマスマルシェを楽しんでいる我が家。

先日ドイツのクリスマスマルシェで
惨劇が起きてしまった事もあり

シャンゼリゼのマルシェには
トラックなどが侵入出来無い様に

何トンもの重さの石ブロックを入口などに置いたり
警察もかなりたくさん警備にあたっていて

ちょいと物々しい感じではあるけれど

そんなのを気にしてたら
人生楽しくないわ。

テロに合う確率は
交通事故よりも少ないって言うし

じゃあ、交通事故が怖いから
出かけ無いのかって言うと

そんな事ないしね。

ただ、引きこもってるのが好きだから
出かけ無い事はあるけどね。

ふふ。

IMG_5888.jpg 

毎年開催される
シャンゼリゼのクリスマスマルシェだけれども

当たり前だけど
2016年は今年だけ。

2歳の息子くんと行けるのも
今年だけ。

そんな思いと共に
我が家は心ゆくまで今年を満喫する予定です。

みるみる太っていくけれど
そんな冬もいいよね!のクリック

お願い致します。

押して下さるだけでランキングに点数が入り
私は飛び上がるほど嬉しくなる仕組みです。


ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR