FC2ブログ
   
08
:
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

祖父母と孫の関係。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




コラム記事を連載させて頂いている
翔泳社さんの”みんなの暮らし日記”

先日は
フランスの孫と祖父母の関係についての記事を
書かせて頂きました。
(その記事はこちらです)

papietfils.jpg 
iStock.com/AleksandarNakic

日本では

小さなお子様のいる共働きの家庭は
お子さんを保育園に預けている場合が多いかと思います。

保育園に入れることができなかった家庭は
共働きを諦める、仕事の種類や職場を変えるetc

という選択に迫られることもあるのではないでしょうか。

 私の住んでいる国、フランスは、
共働きが当たり前の国。

ですので、ほぼ100%の子供が
何らかの形で誰かに預けられております


 こちらフランスも第一希望は保育園なのですが
残念ながら日本以上に狭き門で、

パリ市内でいうと
地区によっては10倍以上の倍率を乗り越えてやっと入れる

そんな高嶺の花の存在になっております。

 じゃあ、保育園に入れなかった子供が
どうなるのかといいますと

次は託児所に入れようとし
それがダメなら保育ママ
それでもだめならベビーシッターと

とにかく何が何でも
子供をどうにか誰かに預けて仕事に復帰しようとするのです。

 日本のママもフランスのママも
こういった第三者のサポートなしに
仕事に復帰するのが難しいというのは

共通なことなのですね。

 でも、子供を預けるという面で大きな違いがひとつ
日本とフランスにはあります。

 それが緊急の場合。

急な病気!突然の用事! 誰に子供を預ける?
 子供って、突然病気になることがあるじゃないですか?

 朝起きたら嘔吐! 

 40度の発熱! 保育園には連れて行けない! 
でも今日は大事な会議なのにどうしよう!

 まさかのインフルエンザで5日間自宅療養! 
そんなに長く会社を休めない!どうしよう!

 逆に、親側の都合で、例えば急な残業が入ってしまって、
お迎え間に合わない! どうしよう! 

泊まりで出張が入ってしまった!どうしよう! 
というようなパターン。

 そんな時
日本で子供の預け先として大活躍するのは誰でしょう?

 多分大半の方が頼るのが
祖父母(パパママにとっての両親や義両親)
なのではないでしょうか?

 実際に私の東京の友人のほとんどが
子供が生まれた後もバリバリのキャリアウーマンを
続けているのですが

彼女たちもたいてい

こういった緊急の時は
両親に頼んで子供の面倒を見てもらっているそうです。

彼らのサポートなしでキャリアウーマンを続けてゆくのは
絶対に無理だとも言っています。

 もちろん彼女たちに共通することでもう一つ言えるのは

とても理解がある旦那様がいて
子育てにも積極的に協力してくれていることなのですが

それでもやっぱり
緊急事態の時は親の力が不可欠になるそうです。

 じゃあ、フランス人はどうしているのかというと

こういった場合はたいてい
シッターさんにお願いをし

祖父母に頼むことは、めったなことがないとありません。

 なぜならフランス人の大半は

急な病気や仕事で親に頼るのは
とても失礼なことだと考えているからです。

 これは、フランス人のシニアには
特にいえることなのかもしれませんが

フランス人は、仕事を引退したシニアであっても
いや、引退したからこそ

アクティブに自分の予定をたくさん入れて
忙しい場合が多いのです。

 なので、子供としては彼らの予定を乱したくないし

1度子供を育て終えた両親には
再度、子供(孫)の急な状況に振りまわされることなく

彼らは彼らのために十分に自由な時間を
楽しんでもらいたいと思っているのです。

それならフランス人は
いったい誰に預けるのでしょう?

そしてフランスの祖父母は
どんな時に孫の相手をするのでしょうか?

フランスの祖父母と孫の関係などが書かれた続きは
ぜひみんなの日記ONLINEのページへどうぞ!
でもその前に!
応援のクリックを頂けると励みになります。
ぽちっと2つお願い致します


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

フランス流サラダはここが違う。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




フランス人は野菜が大好き!

 フランス人のお野菜好きには
目を見張るものがあります。

 市場やスーパーではいつも
山盛りの野菜達が売られておりますし

サラダ菜1つにしてもいろいろな種類があって
私にはどれが何だか区別がつかなかったりします。

パリのお野菜を満喫した事がある方は
誰もが納得してくれると思うのですが

 フランスの野菜は味が濃厚で本当に美味しいのです。

salada.jpg 

 日本と比べ農地面積が約6倍あるフランスは
温室栽培などをする必要がありません。

そのため
自然の気候を活かして育てた旬の野菜のみが
店頭に並ぶので

たっぷりと太陽を浴びて育った野菜の
最高の味を楽しめるのです。

 なので誰もが野菜をたくさん食べたくなるのでしょうね。

我が家でも、サラダや温野菜、野菜スープは
よく食卓にあがります。

新鮮なお野菜達は
生のままでいただくのが何よりも美味しいです。

goghsalada.jpg 

 フランス人の野菜好きの象徴ともいえるのが
カフェブラッセリーなんかに行くと必ずある

”サラダ”

の欄。

 え? 日本でもサラダはあるよ!
なんて思うかもしれませんが

日本では何かの付け合わせとしてのイメージが強いサラダ

フランスでは”メイン”として
サラダをいただくことがあるのです。

 サラダだけ食べるってこと?と
不思議に思われるかもしれませんが

まさにその通り!

”サラダだけ”を食べることがあるのです。

例えば誰かがその日のメインに
ステーキを頼んだりするように

”サラダ”というものをメインの1つで頼むのです。

 それじゃあ、まるで
ダイエットしているみたいじゃない!
お腹がもたないわよ~!と

どうしても日本人の感覚でいうと
サラダはヘルシーなイメージがありますが

フランスのサラダは皆様の想像の遥か上を行く
かなりがっつりとしたお料理で

お腹いっぱいになること必至なんですよ。

saladeparis.jpg 

そんなフランスのサラダ達を
それぞれ紹介したり

フランスの家庭で手作りされている
ドレッシングの話やレシピを

みんなの暮らし日記ONLINEの連載記事に
書かせて頂きました。


「フランス流のサラダはここが違う」

興味がある方はぜひ
読んで頂けると光栄です。

あ!でも!
お約束ではありますが!

その前に応援のクリックをして下さると
大変光栄でございます。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR