06
:
18
26
27
28
29
30
   

Oleander(ゴゾ島のレストラン)

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



昨年行ったマルタ島旅行。
書き溜めて更新してない記事を大量発見したので
ちょっとづづ載せてゆきます。

なので今日は2度目の更新〜



ゴゾ島2日目。

この日に伺ったレストランは
シャーラと言う街にある

Oleanderさん。

image2_20171116192505fb6.jpeg  

本当は
Latini Wine & Dineと言うお店に行きたかったけど
残念ながら定休日。

しょうがないので、、、と言っちゃ悪いけど
そのすぐ近くにあったOleanderさんへ行ったのです。

でも
旅行サイトで調べてみたら

シャーラの街で1番人気が
Latini Wine & Dineだったけど

2位がこのOleander。

わるぅない。わるぅない。
image5_20171116192509fa8.jpeg 

そして見晴らしもまた

わるぅない、わるぅない。
image6_201711161925111c7.jpeg 

いや、むしろ
シャーラの大聖堂が目の前で
圧巻でございます。



前日の夜、Ta' Tonaで食べ過ぎたので
ランチは控えめに〜

と思ったけれど

控えめにしたくてもしてくれないのが
ヨーロッパのレストラン。

激しくてんこもり。

image1_20171116192503c10.jpeg 

息子の顔の3倍はあるお皿には

ソーセージとブルーチーズ
そしてクルミがたっぷり入ったパスタ。

息子くん
美味しそうにもりもり食べておりましたよ。



旦那くんはゴゾ島名物
うさぎの煮込み料理

image4_201711161925084e7.jpeg 

あっさり、そして少しスパイシーな味で
美味しかったそうな。

そして私は
前日に引き続き大好物の
シーフードパスタ。

image3_201711161925076b2.jpeg 

うーんとね
魚介類は新鮮で美味しかったけど

でもね
なんだかね

クミン?かなにかのスパイスが使われていて
ちょっとエキゾチックなお味。

マルタはアフリカが近いので
こういった味、けっこうあるんだよね。

私はあまり得意ではないので
残念だったな。

オリーブオイルとたっぷりニンニク。
白ワイン、そしてお塩でちゃっちゃとが
私の好みなのさー。



さてさて

こちらのレストラン
これにビール2杯、ハーフボトルのプロセッコ
そしてスパークリングウォーター

あ、そう言えば
デザートでリコッタチーズケーキも頂きまして

合計で50ユーロ程。

お安いです〜。

地元の人もたくさん来てたので
人気があるみたい。

正直、味は私好みではなかったけれど
好きな人は好きそうです。

と言うレストランではありますが

家族旅行記の記録として
そしていつかゴゾ島に行かれる方の
少しでもお役に立てればと

あえて書かせて頂いたブログ、なのです。

それでも今日も応援のクリックを頂けると嬉しいです。

マルタネタだとめっきり減ってしまうポチポチ
でもめげずに書き続けております!
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

Ta' Tona(マルタ・ゴゾ島のレストラン)

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




今日はマルタネタなので
2度目の更新です





旅行の楽しみは
何と言っても

”食”

私の旅の目的の8割はこれが締めると言っても
過言ではないくらい

旅行中は
美味しいものを食べる事に
力を注ぎます。



美味しいお店があると聞けば
1日3回とは言わず
4〜5回食べる事もある。

全部食べ尽くさないと
気が済まない。

今回のマルタ旅行も
あらかじめ美味しいお店を調べて行き
できる限り攻め込んできましたよ〜。



マルタのレストランとなると
ちょっとマニアックかもしれませんが

だからこそ情報が欲しい方もいると思うので
いくつかご紹介させて頂きますね。



旅行1日目
マルタのゴゾ島に到着した夜に行ったのが
現時点で旅行サイトのトリップアドバイザー
ゴゾ島のレストランで1位になっている

”Ta' Tona"
(facebook のベージはこちらです)

image2_2017111600402718d.jpeg 

ゴゾ島のフェリー乗り場の近くにある
魚介専門のレストランでございます。



なので、もちのろんで

オススメは!と聞くと

こんな感じで
どどーんと山盛りがやってくる。

image3_20171116004028b3a.jpeg 



キラキラと輝くお魚さんたち
ごきげんよう

あああっ
テンションが上がる〜

image1_20171116004025e16.jpeg 

旅行初日にありがちな

あれもこれも
とりあえず食べたい癖が出てしまい

もう
オススメ全部もってこ〜い!と
どっかの国の富裕層的にオーダーしてみたら

タコのマリネから始まり

image5_20171116004031037.jpeg 

イカのグリル〜
image4_2017111600403141d.jpeg  

でもって
私の大好物の
シーフードパスタに〜

って、あらやだ、写真が縦だわっ
image9_20171116004037aa8.jpeg  

そしてスズキの丸焼きも〜

あらやだ、こっちも写真が縦だわっ!
image8_20171116004036a67.jpeg 

いや〜、どれもこれも
美味しかったのは言うまでもありません。

こんなに柔らかくって甘くって濃厚な味がするイカ
日本でも食べた事ない。

と思ってしまうレベルでございました。

唯一パスタが
ちょっと塩辛すぎたのが残念だったかな。



子供用メニューも
しっかり用意してありまして

せっかくだからと
白身魚のフライを頼んでみたら

image7_20171116004034995.jpeg 

うん、これはなんだか
ものすごい子供向けっぽい。

でもって
ものすごい冷凍っぽい。

パリだと子供向けでも
けっこう本格的な料理が出てくるので
これはちょっと期待はずれだったかな。

普通に大人のメニューから選んであげればよかったな。



しかし
これにアペリティフの泡を2杯

そこに白ワインをボトルでつけて
ミネラルウォーター(ガス入り)を頼んで
食後酒2杯飲んで

合計80ユーロ程。

あああっ
もう、なんだか、申し訳ないくらい安い〜。

パリよ!
見習っておくれ!

ただ
塩分がかなり強くて
けっこう喉が乾いてしまったので

塩分を気にしている方は
要注意なお店かも。

酒飲みにはたまらないお店でしたけど。

ふふふ



もし誰かがゴゾ島に行く!となったら
きっとオススメするお店だと思います。

ぜひいつかその日の為に
覚えておいて下さいね。

と言う

今日もマニアックな内容で恐縮ですが
今日の応援クリックをお願い致します。

マルタネタだと下がり気味になるポイント
皆様からの同情ぽちぽちお待ちしております。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : マルタ
genre : 海外情報

チタデル大城塞。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





なーんにもない
自然豊かな島、ゴゾ島。

と書き続けておりますが

栄えた街がありまして

その名が
ヴィクトリア

島の中心に位置しております。

image6_201711132039310b5.jpeg 

さてさて
このヴィクトリアの街のさらに中心へ
のぼってのぼってのぼった先にあるのが

ゴゾ島の観光名所の1つ

城壁に囲まれた
"チタデル大城塞"

ここから臨むゴゾ等の景観は
圧巻〜

image4_20171113203928206.jpeg 

しかも、その内部の道が
これまたかわいらしくて

image7_20171113203934257.jpeg 

散歩しているだけでも
ウキウキしてします。

image8_201711132039342dc.jpeg 

でも

そんなウキウキとは裏腹に
この大城塞には悲しい歴史が多い。

なぜならゴゾ島。

今まで何度となく
海賊などの侵略者たちに襲われ続けており

その度に逃げる場所として活躍していたのが
このチタデル大城塞だったのです。

image3_20171113203927bc2.jpeg 

その中でも1番の悲劇が

1551年に起きた
オスマン帝国による攻撃。

当時人口が9000人と言われていたゴゾ島ですが

なんとその2/3にあたる6000人もの人が
その時に奴隷として連れ去られてしまい

残されたのは老人や病人だけだったとか。

そんな事もありゴゾ島の住人は

夜はこの大城塞の中で夜を過ごす事を
法律で義務付けられたのだとか。

外からの敵を恐れて
毎晩城塞内で過ごさないといけない生活

いったいどれだけ恐ろしかったでしょう。

image5_2017111320393032d.jpeg 

そんな歴史のある場所とは思えない程美しいのが
なんだか切なく思えたりして。

image2_20171113203925cc0.jpeg 

小さいけれど
見所が思った以上にたくさんあった
ゴゾ島。

ここのチタデル大城塞は
絶対にはずせないスポット。

image1_201711132039243a0.jpeg  

ぜひ歴史を感じながら
歩いてみて頂きたい

そんな場所でしたよ。

と言う

今日はゴゾ等の観光名所のお話で恐縮ですが
今日の応援クリックを頂けると光栄です。

皆様のぽちぽちが
私のブログの原動力となっております。
皆様には感謝感謝感謝です!



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : マルタ
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR