FC2ブログ
   
10
:
4
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

戻って来た妃。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


11月12月、まだ空きがございます!
クリスマスシーズンにパリにいらっしゃいませんか?



新学期が始まって
約1ヶ月半。

やっと、やっとやっと
P君のママが帰ってきた!



9月の新学期の日から
叔母に送り迎えをされていて

かれこれ1ヶ月

未だにP君の過保護ママの姿が見えない!
いったいどうしてるんだ!?と

このブログでも
不安な胸の内を明かしたばかりだったのですが
(その時のブログはこちら

先日学校に行ってみたら
遠目にP君達が見えまして

P君の傍には
送り迎えしている叔母の女性の他に
もう1人の黒人女性が!



シャネルのジャケットにシャネルのバッグ
紛れもなくこの人は!!!

と思いながら近づくと

私を見つけた彼女が
”ア〜イ〜〜〜〜〜〜!!!久しぶり〜!!!”
と言って激しく抱きついてきましたよ。

って、あれ。

私たちってこんな激しく抱き合って挨拶する程
仲良しだったっけ?

ま、まあ、良いか。

しかもなぜだか

彼女がいない事に対して
不安と心配が入り乱り始めていたので

彼女を見つけて
本気で嬉しかったんだよね〜、私。

なので思わず強く抱きしめ返してしまったわよ。

あれほど苦手で避けていたのに
自分の心理状況が謎すぎる。



せっかくだからと
色々とお話をし

いったいどうしたの〜?と聞いてみたら

”国に学校を設立する為に帰国してたんだけれども
思ったより時間がかかってしまって

昨日の夜帰って来たのよ〜”

って。

おいおい、なんだか発言が異次元だな、おい。

でも、まあ
この人ならありだな。

なんと言っても私の中で王族だもんな。
学校設立のプロジェクトとかで呼ばれちゃうよね。

実際のところは

謎ですが。

IMG_7202_20181004175114714.jpg 

自分の不在のせいで
P君が息子のお誕生日会に参加出来なかった事を
ひたすら謝られまして

良かったら今度
プライベートで一緒に遊ばせましょうね

みたいな話になったけれど

えっと

強く抱きしめあったけれど
そうなると話は別だな。と

そこんところはやっぱり
素直に”ウイ”と言えず話を濁した反面

なんだか
息子同士のクラスが離れてしまった今なら

それなりに良い距離感で
お付き合いを続けられそうな気がするわ。

なんて
ちょっとプラスに考えられる自分もいて
そんな私にびっくりよ。



いや〜

ガンガンこられると
人って引いちゃうけれど

こうやって1ヶ月半も音信不通でじらされると
どんな相手でも気になるものなんだわね。

昔、こんなテクニックを
恋愛で使っていたな、なんて思い出し

なんだかしてやられた気がするな、と
ついつい苦笑い。

さてさて
今の所平和に過ぎている新学期。
これからまた何かが起こるのかしらね。

彼女の帰国でちょっぴりワクワク
自分も知らなかったMっ気がチラリと出て来た私に


今日の応援クリックをお願い致します。
押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

新学期とクラス替え。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



とうとう、とうとう始まりましたよ!
フランスの学校が!!!

2ヶ月という長い長い夏休み。

よく乗り切ったと
自分で自分を褒めてあげたい。

って、言い過ぎか。

むしろ
かなり長期で預かってくれたパピーとマミーに
感謝感激、褒めまくってあげたい。

って、調子に乗りすぎか。

とにもかくにも
新学期が始まったんでございます。

image12_20180830233913613.jpeg 

フランスの学校は
特に始業式なんかはないけれど

一応最初の日はドキドキで登校。

なぜなら
新しいクラスのメンバーが発表されるわけで
これには愛ママ、ど緊張でしたよ。

だって1年かけて
息子の友達のママさん達とせっかく仲良くなれたのに

子供達のクラスが離れてしまうと
親同士の交流も薄れてしまうじゃないですか。

そうなるとまた
ゼロから交流を深めないといけないわけで

それはヒッキーな私にはかなり面倒な事なのよ〜。



そんな感じでドキドキしながら

息子はどこのクラスかいな、と
壁に貼られたMS(年中組)のクラス発表の紙を見に行くと

すぐ目の前の女性が振り向いて

アイっ!!!

と言った。

え?と思ってそちらを見ると

お、お、おおおおおおおおおおおーーー!!!

そこにいたのは紛れもなく
息子の大親友L君の美女ママではないか!



相変わらず美しい〜
うっとり〜

新学期早々
最初に会った人が彼女だなんて
縁起がいいわい。



すっかりルンルンになって
彼女にキスのご挨拶をすると

彼女がこう言った

「やったわ!2人、同じクラスよ!」と。



慌てて紙を覗き込むと

確かに同じクラスに2人の名前が!!!!!
わーいっ

久しぶりの再会を喜ぶ
息子とL君。

これからまた1年間
ずっと一緒にいれるんだね〜と思うと

見ている私もほっこりよ。

IMG_4942.jpg 

そしてどうやら美女ママも
同じ事を思ってくれいていたようで

「この2人はマグネットね!
つねに一緒にいて離れられない運命なんだわ。

こうやって今日1番に会った友達だと言うのも
何らか力が働いているとしか思えないもの!

これからもよろしくね!」

と言ってくれました。



いやん、こちらこそ!
激しく、よろしく!とことん、よろしく!

もう、なんだかこれだけで

今年1年
息子の学校生活は安泰な気がするわ〜。

IMG_6770.jpg 

ちなみに息子の仲良し6人組。

前の先生が
”彼らを同じ部屋に入れておくのは不可能!”
と宣言していた通り

見事3つのクラスに分けられていたけれど

でも
息子のクラスにはもう1人の仲良しF君もいたので
計3人。1番ラッキーだったかな。

L君の次に仲良しの
貴族家系のT君とはクラスが離れちゃったけれど

贅沢は言えないな。

IMG_6773_2018090605384357b.jpg 

ちなみに

気になっている方もいるかと思うので

あ、全然気にしてないかもだけれども

過保護ママのいる
多分どこかの国の王族に違いないP君が
いったいどうなったかと言いますと

6人中1人だけで新しいクラスへ〜。
誰1人も彼と一緒じゃ無かった様ですよ。

これには、ひとまずホッとしている私。

P君はニコニコしていてかわいいけれど
やっぱりあのママと付き合うのは気が重いのさー。



さーて!

新しいメンバーで始動した
息子の学園生活。

年中組ではどんな事が起きるのかしら。

とにかく親としては
何よりも楽しく幸せな日々を過ごしてくれたら
それで本望!

ただただ、そう思っているのです。

年中組に進級おめでとう!の
ぽちぽちクリックを頂けると嬉しいです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

良いか悪いか、この文化。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




フランスのママにとって大忙しの6月。

ほとんどの学校が7月の第1週で終わり
そこから長い長い2ヶ月の夏休みに入るので

その為の調整等

色々とやらないとならない事が
山積みの月なのです。

その中の大事な用事の1つが
先生へのプレゼント探し。

フランスではお世話になった先生に
感謝の気持ちを込めて

お礼の品を送る文化があるのです。



これ
学校の先生だけに限りませんで

習い事をしていたりすると
その習い事の先生にもあげたりするし

子供のクラス専門のアシスタントがいる場合は
そのアシスタントにもあげるし

それが各子供に対してなので

まるでクリスマスの時の様に
大量のプレゼントを用意しなければなりません。



息子の学校の場合は

以前こちらのブログでも紹介した
leetchiと言う

それぞれが好きな金額を振り込めて
集まった金額が先生へのプレゼントになる

と言う仕組みで集金されたけど
(その時のブログはこちら

やっぱりね
最後の時くらいはね

直接感謝も伝えたいし
息子の事をできるだけ印象付けたいな、と言う
ちょっとした下心もあって

個人的にもプレゼントをしっかりと用意しましたよ〜。

もちろん
愛情いっぱいこもったお礼の手紙も一緒にね。

IMG_5142_201807081902159ea.jpg 

ちなみにこの文化

息子の学校が私立だからと言う訳ではなく
どこでも同じ様な事が行われるらしい。

日本では
国公立の場合

利害関係のある間柄の
金品の授受は原則禁止となっている様ですが

フランスの場合は
公立の先生たちも当たり前の様に
プレゼントを受け取ります。

ただ
地域や学校によって
相当差がつくのは必至。

なぜならこれってあくまでも
”お心付け”なわけだから

あげてもあげなくても良い
微妙な文化なわけですよ。

なのできっと
貧しい地域の先生達は
ほとんど何ももらえないで終わってしまうのだと思う。

お金持ちの住むエリアでも
市営住宅に住んでいる子もいるわけで

そうなるとやっぱりどうしても
プレゼントに差がついてしまうよね。

でもって
これがうちの様な私立になると

けっこう凄い。

集金分だけで
4桁超えの金額が軽く集まり

さらに
それぞれの親からプレゼントをもらうので

そりゃ〜、もう、ウホウホですよ。



我が家の場合、プレゼントは
1人50ユーロ予算で用意。

だいたい皆もそれくらいのプレゼントをしていてい

生徒が27人いるわけだから、、、
おお!こりゃ、たまらんね。

IMG_5033_20180708184009d46.jpg 

こうして感謝の気持ちを伝える機会があるのは
親としては嬉しいのだけれども

でもその反面

色々と周りの事情が気になってしまうのも事実で
正直あまり良くない文化な気がするな。

とも、思ってしまいます。

まあ
ここまでおおっぴらな文化になっていると

プレゼントによって
先生が子供の扱いに差をつける事は
むしろ無さそうだけどね。



でも
先生達には本当にお世話になり

こんなプレゼントじゃ足りないくらい
感謝しております。

この学校を選んで本当によかった!
心からそう思っているので

最後に少しでも感謝の気持ちが伝わったのなら
それで大満足。

そんな風に思う
すっかりフランス文化に慣れている私に
今日の応援クリックをお願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR