FC2ブログ
   
07
:
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

パリに帰れない!?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




この3月。

スペインやらイタリアやら
旅行三昧だった私。

でも

なぜだか

スペインからもイタリアからも
帰りの便で問題発生。

昔は飛行機運がないわ〜と
嘆いていたけれど

結婚して
名前がかわったから

それ以降
ピタッと運が改善されていたので

今回立て続けに2回のトラブルには
愛さん凹んだわー。

あ、でもそういえば
その前の旅行は昨年春の日本で

その時の便はストにぶちあたったんだったわ。

うーんー。

運が良くなったのは
完全に気のせいだったって事か。



スペインからの帰りは

もう、搭乗!
となって

並んでいたのにもかかわらず

突然
”やっぱり飛行機動かない”

と言われ

空港で待ちぼうけになっただけだったので
大した事なかったのだけれども

イタリアからの帰りは
そりゃ〜、もう

ありえない事に。



それは
帰国日の昼の事。

子連れだし、念のため、と
早めに空港に向かい

便が出る2時間以上前に
空港に到着していた私達。

荷物検査も済ませ
さて、どこのゲートに行けば良い?

と思い
画面で確認した時に

15時10分発予定が
17時発に変更になっている事を発見。

ひぃぃぃぃ。
4歳児2人連れの私たちに

さらに2時間も多く
ここで待てと言うの!?

と、ちょっと愕然。

でも

まぁ、これはきっと

最後にイタリアを楽しみなさいと言う
神様からの思し召しね。

と気を取り直した愛さん御一行。

空港のレストランに入り
迷いなくプロセッコをボトルで注文し

飲みながら待つ事に〜。

IMG_0787_20190322215509288.jpg 

でも
ここからが問題よ。

なぜなら

前後の便のボーディングが
どんどんと始まっているのに

私たちが乗る予定の便だけ
何も表示されないのです。

元祖飛行機運の無い女は
ここでピンときた。

嫌な予感がする。

いや。

嫌な予感しかしない。

と。



その予感は見事に的中。

自分たちの乗る便の表示の横に

”ヘルプセンターに行って下さい”
と言う表示が出たのです。



とりあえず状況を知りたく
ヘルプセンターに向かった私達。

そこの人が言うには

問題が見つかり
整備に時間がかかってしまっているので

出発が大幅に遅れている。

多分20時位になる可能性があるので

ちょくちょく
モニターでチェックしてください。

と。

きっ、きたーーーーーっ!!!



でもって彼らが
カードを4枚差し出しこう言った。

”このカードで1枚9ユーロ分の飲食が可能ですので
空港で何か召し上がって下さい”

と。

IMG_0830.jpg 

これは長丁場になると察した私達は
今まで飲んでいたレストランに戻り

自分たちの便の動向を
見守ることに。

でも

17時をすぎても

なぜだか画面には変わらずに
17:00の表示。

こりゃー、大トラブルだな。

なんて覚悟し
レストランで待つこと約1時間半。

突然空港に
こんなコールが入った

”パリ便〇〇の最終コールです”

と。

って

えええええええええっ!!!!



な、なんだそりゃ!
と思い

お会計を済ませて
ゲートに行ってみると

すでにCLOSE。

私達の乗る予定だった便には
もう乗れないと言われてしまったのです。

そして
もうあなた達のチケットは無効だから
買い直さないとダメと言われたのです。



え。ちょっと待ってよ。

今、18時30分だよ。

20時くらいになるって言ってたじゃん!

しかもレストランにあった画面で
調べていたけれど

ずっと17:00となってたじゃん!

意味わからん!



元祖飛行機運の無かった女は
こんなシチュエーションには慣れっこよ。

ただ、この時は
息子と友人親子がいたので

とにかく彼らを今日中に
パリに連れて行かねば!と

そんな思いがありまして

愛さん、動いたね。
今までの経験を活かして
素早く動いたね。

どうしたかって?

1度抜けた荷物チェック等
全てを逆方向に行き

まずは外に出まして

そのまま
航空会社のサービスセンターに向かったのです。



そこで
フランス語ができる人をお願いし

その彼女に事情を説明し

こんなチビたちがいるから
皆の邪魔になってはいけないと
あえてゲートじゃなくレストランにいた事。

そのレストランの掲示板では
つねに17:00と表示されていた事。

ヘルプセンターでは
20時くらいになると言われた事。

最初は怒り気味。
でも最後は泣き落とし気味で
延々と説明しましたら

いや〜

見事に次の便のチケットを
4枚用意してくれましたよ。

今まで飛行機トラブルにあった事がない友人に
”貴方の勇姿は一生忘れない”

と言われたけれど

これは勇姿でも何でもなく

単なる”慣れ”でございます。

IMG_0785_20190322215510938.jpg 

15時の便が
20時30分の便になり

しかもそれも遅延して

パリに到着したのは
深夜になってしまったけれど

とにかくこうして
無事に帰れて良かったわ。

私一人ならまだしも
ホテルに泊まる事になったら

それこそ面倒だったもの。

IMG_0781_20190322215512c5f.jpg 

いや、しかし
なんで飛行機トラブルって
こんなに多いんでしょう。

むしろ今まで経験した事がない親友が
不思議でならない。

でも、この経験が
またまた私を一回り強くしたのは
言うまでもありません。



物を言わないと通用しない国で行きているから
さらに強くなっているのかもね。


そんな風に思った私に
今日の応援クリックをお願い致します。

お疲れさまー!
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

3年ぶり!!!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

東京からママ&息子で
遊びに来てくれていた親友と

アラフォーママ2人+4才男子2人で

3日間のプチトリップへ〜。

image3_20190319232610340.jpeg 

言った先は

イタリアの水の都

ベネチアでございます。

image1_20190319232612d13.jpeg 

親友親子は
初めてのベニスだったけれど

実は私と息子は
3年前にも訪れておりまして

私はこれで4回目。

いや〜、何度来ても
なんとも言えぬ独特の雰囲気の町です。

image4_201903192326100c2.jpeg 

息子君に

ほら、ここでパパと一緒に
アイスクリーム食べたよね!

とか

このレストランで
初めてガス入りのお水を飲んだんだよ。



ママとしては
当時を思い出しながら

色々とついつい語ってしまったけれど

本人、どうやら
記憶はゼロの様です。

まぁ、その時1才だったので
しょうがないか。

venise5.jpg   
3年前〜

でも
あれから3年経ち

こうして親友と
そしてその息子君と一緒に来れた事に

愛さん感激。

image6_201903192326061f3.jpeg 

今回

親友とプチ旅行をしようとなった時
真っ先にベネチアが思い浮かんだ私。

なんせ漁師の街なので

仕事帰りの船乗りたちのために
朝からバカーロと呼ばれる飲み屋が開いていて

ひたすら飲み歩ける街だから

超が何個ついても足りないくらいの酒豪の彼女には
ぴったりの街だと思ったのですね。

あ、もちろん

ベニスの街が美しいから!
と言うのは

大前提でのお話ですよー。

venezia1.jpg 

それと

私たちと一緒にいるのは
やんちゃな4歳児。

しかも2人!

なので車がいない安心感も
これまた良かったのですね。

まぁ、実際はその分
川に落ちる心配があって
けっこうドキドキの瞬間があったけど。

image5_20190319232608976.jpeg 
お〜いっ!その先、まさか川じゃないよね!?

常に大はしゃぎの
2人の4才男子相手に

ママ達、正直、ヘトヘトになる場面もあったけれど

でも
朝から夜までたっぷりと
ベネチアを楽しんだわ。

あ、特に、どこに行くあてもなく
街をぷらぷら。

飲食していただけだけど

それが本来の目的だったので
達成〜。

それならパリでも良くない?と言われたら
まさにその通りなんだけど

”ベネチアにいる”って気分が
大事なんですよ。

IMG_0827_2019031923552062f.jpg 

いや、しかし

食べた。

そしてそれ以上に
飲んだ!

これからもこうやって
パリから親子トリップできたらいいな。

でもやっぱり
旦那君がいる方が旅行は楽だな〜。

などなどなど。

そんな思いを抱きながら
帰国した私だったのでした。

と言う

引きこもりで出かけるのが嫌いな割には
旅行は大好きな私。

いや、旅行が好き以上に
食べ歩きが好きなんだね!きっと!の
応援クリックをお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

こんな所で日本人。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


12月の予約を開始致しました。
(リピーター様は1月まで受付開始です)
キラキラ輝く冬のパリにいらっしゃいませんか?


シチリアの旅行で

シラクーザと言う場所にある
オルティージャ島で3泊した私達。

IMG_4929.jpg

このシラクーザは

世界遺産にも登録されている
とっても素敵な場所で

その歴史は古く
紀元前7世紀のギリシア時代までさかのぼる。

IMG_4841.jpg

なので見所も
た〜くさんの町ではあるけれど

今回私が何より楽しみにしてたのは

”この町では新鮮な魚介類が
生で食べれるらしい”

と言う

在外日本人にはたまらない
そんな情報。

IMG_5016.jpg

色々と調べてみると

出るわ出るわ

この町で食べたカルパッチョが最高だとか
市場ではウニがそのまま食べれるよとか
ここの本マグロは日本より美味しいとか

でもって

そんな中

この町で日本人女性が
レストランをやっていて

鮮魚を使ったお刺身やお寿司が堪能できると

なんとも魅力的な情報を
ゲットしたのです。

IMG_5019.jpg

それは放っておけん!と
さっそくそのレストランに直接連絡をし

その日本人女性にコンタクト。

率直に

”新鮮な魚とウニが食べたい”

なんていう
お願いをしてみたら

”ご用意しておきますよ!”と
喜んで予約を受けてくれました。

しかも

何かあったら連絡下さいね、と
携帯の番号まで教えて下さり

本当に感激です〜。
日本人の心です〜。



シラクーザに到着したその日の夜に
彼女の店に行ってみた私達。

そのお店の名は
"LA CAMBUSA"
(HPはこちらです)

イタリアンと和食を両方提供していると言う
珍しいレストラン。

彼女が料理をし
イタリア人の旦那様がホールを担当されています。

IMG_4828.jpg

さっそくメニューにあったお刺身を注文。

舟盛りで登場した刺身の盛り合わせは
驚きの美味しさ。

IMG_4838.jpg

日本で食べるのと同等、、、
いや、それ以上かも!?のレベルです。

本マグロの大トロや赤身はもちろん
エビが美味しすぎたわ〜。

しかも舟盛り1つ10ユーロ。

日本より安いですよ。
パリだったら4倍はしますよ。

IMG_4837.jpg

この日、もう1つの楽しみだったのが
シラクーザ名物のウニのパスタだったけど

ウニがあまり取れなかったと言う理由で
今日は無いよと注文時に言われた私達。

でも

メールで連絡を取り合った時に
”用意しておきます”と言われた以上

日本人なら
きっと用意してるにちがい無い。

もし用意が出来なかったのなら
予め連絡をくれているにちがい無い。



日本人同士のカンが働きまして
その旨伝えてみましたら

ホールの旦那様が
厨房の奥様に聞きに行ってくれまして

彼女が私達のために一人分のウニを
ちゃんと用意しておいて下さった事が発覚。

あ〜
なんと言う心遣い〜。

これだから日本人のサービスって
素晴らしい。

IMG_4834_20160922212723e64.jpg

他にも魚介のフリットなどを堪能し

IMG_4835.jpg

シラクーザ1日目を
大満足で過ごした私たち。

帰る時には
厨房から彼女が出てきてくれまして

色々とお話も出来ました。

高校生の時から
バックパッカーで世界を旅していたと言う
オーナーのナオコさん

とっても気さくで話しやすくて
良い方〜

その中で

シチリア島には日本人が50人しかいないので

在シチリア日本人に会ったことがほぼ無いし
コミュニティーなんかも無い

なんて話をされていて

これにはかなりびっくり。

私ってば異国で奮闘してるわ〜
なんて思っていたけれど

甘アマだったわ。

なんせパリだけでも日本人は3万人いますからね。
日本人に会わない日は無いですからね。

なので

ナオコさんみたいな方こそが本当に
異国で奮闘していると言うんだわ。

しかも
こうして現地で活躍されていて
素晴らしい。

見習う事がありすぎて

イタリアはシチリア、シラクーザの町で
若干反省です。私。



あまりにもお刺身が美味しかったので

2日目の夜も
こちらでテイクアウトをお願いし

お部屋で寿司と刺身三昧をした私達。

またシラクーザに行ったら
必ず行こう。

同じ海外在住の日本人として
色々と刺戟を受けた

バカンス中の出来事だったのでした。

海外在住同士って
それだけでなんだかとっても親近感。

その割には
パリで日本人の友達いないけどね〜。

不思議だね〜。

な私に
今日も応援クリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります。
友達がいなくても私ハッピーになります。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR