10
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

こんな所で日本人。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


12月の予約を開始致しました。
(リピーター様は1月まで受付開始です)
キラキラ輝く冬のパリにいらっしゃいませんか?


シチリアの旅行で

シラクーザと言う場所にある
オルティージャ島で3泊した私達。

IMG_4929.jpg

このシラクーザは

世界遺産にも登録されている
とっても素敵な場所で

その歴史は古く
紀元前7世紀のギリシア時代までさかのぼる。

IMG_4841.jpg

なので見所も
た〜くさんの町ではあるけれど

今回私が何より楽しみにしてたのは

”この町では新鮮な魚介類が
生で食べれるらしい”

と言う

在外日本人にはたまらない
そんな情報。

IMG_5016.jpg

色々と調べてみると

出るわ出るわ

この町で食べたカルパッチョが最高だとか
市場ではウニがそのまま食べれるよとか
ここの本マグロは日本より美味しいとか

でもって

そんな中

この町で日本人女性が
レストランをやっていて

鮮魚を使ったお刺身やお寿司が堪能できると

なんとも魅力的な情報を
ゲットしたのです。

IMG_5019.jpg

それは放っておけん!と
さっそくそのレストランに直接連絡をし

その日本人女性にコンタクト。

率直に

”新鮮な魚とウニが食べたい”

なんていう
お願いをしてみたら

”ご用意しておきますよ!”と
喜んで予約を受けてくれました。

しかも

何かあったら連絡下さいね、と
携帯の番号まで教えて下さり

本当に感激です〜。
日本人の心です〜。



シラクーザに到着したその日の夜に
彼女の店に行ってみた私達。

そのお店の名は
"LA CAMBUSA"
(HPはこちらです)

イタリアンと和食を両方提供していると言う
珍しいレストラン。

彼女が料理をし
イタリア人の旦那様がホールを担当されています。

IMG_4828.jpg

さっそくメニューにあったお刺身を注文。

舟盛りで登場した刺身の盛り合わせは
驚きの美味しさ。

IMG_4838.jpg

日本で食べるのと同等、、、
いや、それ以上かも!?のレベルです。

本マグロの大トロや赤身はもちろん
エビが美味しすぎたわ〜。

しかも舟盛り1つ10ユーロ。

日本より安いですよ。
パリだったら4倍はしますよ。

IMG_4837.jpg

この日、もう1つの楽しみだったのが
シラクーザ名物のウニのパスタだったけど

ウニがあまり取れなかったと言う理由で
今日は無いよと注文時に言われた私達。

でも

メールで連絡を取り合った時に
”用意しておきます”と言われた以上

日本人なら
きっと用意してるにちがい無い。

もし用意が出来なかったのなら
予め連絡をくれているにちがい無い。



日本人同士のカンが働きまして
その旨伝えてみましたら

ホールの旦那様が
厨房の奥様に聞きに行ってくれまして

彼女が私達のために一人分のウニを
ちゃんと用意しておいて下さった事が発覚。

あ〜
なんと言う心遣い〜。

これだから日本人のサービスって
素晴らしい。

IMG_4834_20160922212723e64.jpg

他にも魚介のフリットなどを堪能し

IMG_4835.jpg

シラクーザ1日目を
大満足で過ごした私たち。

帰る時には
厨房から彼女が出てきてくれまして

色々とお話も出来ました。

高校生の時から
バックパッカーで世界を旅していたと言う
オーナーのナオコさん

とっても気さくで話しやすくて
良い方〜

その中で

シチリア島には日本人が50人しかいないので

在シチリア日本人に会ったことがほぼ無いし
コミュニティーなんかも無い

なんて話をされていて

これにはかなりびっくり。

私ってば異国で奮闘してるわ〜
なんて思っていたけれど

甘アマだったわ。

なんせパリだけでも日本人は3万人いますからね。
日本人に会わない日は無いですからね。

なので

ナオコさんみたいな方こそが本当に
異国で奮闘していると言うんだわ。

しかも
こうして現地で活躍されていて
素晴らしい。

見習う事がありすぎて

イタリアはシチリア、シラクーザの町で
若干反省です。私。



あまりにもお刺身が美味しかったので

2日目の夜も
こちらでテイクアウトをお願いし

お部屋で寿司と刺身三昧をした私達。

またシラクーザに行ったら
必ず行こう。

同じ海外在住の日本人として
色々と刺戟を受けた

バカンス中の出来事だったのでした。

海外在住同士って
それだけでなんだかとっても親近感。

その割には
パリで日本人の友達いないけどね〜。

不思議だね〜。

な私に
今日も応援クリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります。
友達がいなくても私ハッピーになります。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

あの映画の舞台へ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




今年の夏のバカンスで行った
シチリアは

私が昔からずーーーーと行きたかった場所で

でも

あえて行かないでいた場所。

年に何度もイタリアに行くのに
なんでシチリアだけ行かなかったのかと言うと

あまりにも行きたすぎて

もし行ってしまったら
燃え尽き症候群みたいになって

イタリアへの興味がなくなってしまのでは!?と

意味のわからない事を
考えていたんですねぇ。



昔から

けっこう、変な所で
こういう癖がありまして

例えば小学生の時から大好きだった

”シャーロック・ホームズ”

本は何度も何度も繰り返し読み

NHKでやっていたドラマも
食い入るように見続け

ロンドンの彼の家を訪ねたりするくらい

大ファンにもかかわらず

シャーロックホームズシリーズの
最後のストーリーは

未だに読んでいないのです。

なぜなら

それを読んでしまうと
”全て終わってしまう”
と思い

それがあまりにも悲しすぎて

まだ読んでいない作品があるから
私の中でホームズは終わっていない!

と思いたいがため
なんだか手をつけれなかったのですよ。


まあ
小学生の時の話なので

今なら平気で最後まで読んでしまいそうだけれども

でも
自分の本来の癖と言うか
そう言うのはチラリと残っていて

なので多分
シチリアには行かないでいたのかな〜と。

IMG_4887_201609242114204d0.jpg

あれ?
私、へんですかね?

もしドン引きした人がいたらごめんなさいね。

今はいたって普通のヒッキー。
普通のネットおたくですよー。

ふふ。

IMG_4907_20160924211416304.jpg

さてさて
そんな夢の島、シチリアへ上陸した私。

なんでそんなに夢見てたかと言うと

映画”ゴッドファーザー”の大ファンで
そのゆかりの場所だから。

って言うのが何よりも大きく

他にも色々と
シチリアを舞台にした映画が大好きだったので

私の夢の島だわ〜と

本気で思い込んでいたわけですよ。

IMG_4891.jpg

そんなんで
今回のシチリアでは映画をたどる旅。

なんて言うのも
ちょいとテーマにして

島を回ってみたのです。



例えば

シチリア屈指のリゾート地
”タオルミーナ”

では

世界記録に挑むダイバー達の友情を描いた映画
グランブルーの世界にひたり

IMG_0283.jpg

泳げもしないくせに
青い海に想いをはせてみたり

IMG_5201.jpg

シラクーザでは

イタリアの宝石と呼ばれる美人女優
モニカベルリッチが演じたマレーナ気分で

IMG_0284.png

男の視線なんてまったく感じないのに

少しうつむいた感じで
街を歩いてみたり

IMG_4841.jpg

でもってもちろん

ゴッドファーザーの舞台になった
色々な場所を通るたびに

IMG_0286.jpg

暴走族の様に”愛のテーマ”を
ぱららりらりら〜と熱唱したり

IMG_5172.jpg

せっかくだからと
映画の中でコルレオーネの村として登場した
実際はモッタ・カマストラと言う場所には

何も無いのに
それだけで無意味に2泊してしまったよ。



そんな中

何気に1番感動だったのが
こちらの村

IMG_4628.jpg

パラッツォ・アドリアーノ

シチリア映画とか
そんなのは関係なく

世界の人を魅了した
名作映画が生まれたこの街。

ここね

ニューシネマパラダイスの街、なんですよ。

IMG_0285.jpg

私はこの映画が本当に大好きで

私の中の
映画ベスト10に入る1つなのです。

IMG_4630_20160925202252507.jpg

シチリア島の中でも
かなりアクセスの悪い場所にあるので

うーん、行こうか行くまいか
どうしよう〜。

と迷ったけれど

せっかくここまで来たんだから
いこうじゃないの!と

旦那様が後押ししてくれまして

山道、砂利道、でこぼこ道を
くねくね進んで

到着です。

IMG_4639_20160925202240549.jpg

とっても小さな街なので

”映画の舞台になった”と言う以外
そこまで見所のある場所では無いかもしれないけれど

この映画が大好きな私にとっては
感動の訪問〜。

IMG_4637_20160925202241999.jpg

ちゃんと撮影当時の写真とか

IMG_4643.jpg

映画に使ったものが小道具が
展示されている場所がありまして

IMG_4644_20160925202238918.jpg

行ってよかった!と
大感激



いつか息子と一緒に改めて
ニューシネマパラダイスを見たいな。

その時に

この街に一緒に行った事あるんだよ〜。

とにかくおおはしゃぎで
ママの手をひっぱりながら

くるくる回ってたよ〜

IMG_4642.jpg

なんて言いながら
今回の写真を見せてあげよう。



私が子供の頃に好きだった映画の舞台に
こうして家族と訪れる事が出来たことに

とにかく感激な

シチリア旅行

だったのでした。


みなさん、今日もご訪問頂きありがとうございます。
パリブログなのにイタリアネタで恐縮ですが

お帰りの時に応援ぽちぽちを頂けると
たいへん励みになります。

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリの道。シチリアの道。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





夏が終わり

それと同時にバカンスも終わってしまった
私のパリ生活。

2週間もブログをまともに書いてないので
いったい何を書こうか

いや、それ以前に
ブログってどうやって書くんだったっけか?と
悩み中でございます。

IMG_4893.jpg

夏に平気で3〜4週間
バカンスを取るフランス人達。

どうやって仕事復帰してるんでしょ?
ある意味、やるな!フランス人達よ!

私には出来ませぬ。



うちの旦那様も
引き続きバカンス休み中なので

なんとなく我が家はまだ
お休みモードが残っているけれど

唯一、うちの息子君だけ

旅行から帰った翌日から
しっかり保育園に行っており

2歳にして我が家で唯一
社会復帰を果たしております。



しかし、パリ

道にワンコの落し物やら
etc

日本に比べて道が汚い〜ッ!
なんて思っていたけれど

シチリアから帰ってきた今
パリの美しさに感謝。

以前はサボっていい加減に見えていた清掃員達が
今はキラキラと輝いて見えますよ。

image_1gomibako.jpg

なんせシチリア
とくに都会部の裏道

ワンコの落し物が道を占める率がハンパない。

よけて歩くために
自分が右へ左へ動かないとならないレベルで

はたから見たら
カトちゃんの酔っ払い芸状態。

千鳥足〜
だけど単なる落し物よけ足〜。

何かのゲームをしている様です。

しかも夏場だから
匂う〜。



さらには道中
ゴミが散乱していて

ごみ捨て場には

おいおい
明らかにゴミ箱に収まってないでしょ?

、、、って言うか
ゴミ箱の3倍の量は捨ててあるね!
物理的におかしいよね!

と言う位
ゴミで溢れかえっておりまして

いやーね、
近くを通るとくっさい、臭い。

歩道がゴミでふさがってたりするので
迂回せざるおえなかった事もある位。

イタリア人がやたらゴミを出す人種なのか
はたまた清掃システムが良くないのかわかりませんが

それがけっこう辛かったな。

IMG_5188.jpg

南イタリアで
ゴミの周辺にゴキ三郎やネズ太郎が大発生!

なんてニュースを
夏場になると見かけるけれど

納得も納得よ。

あれは”発生”ではなくて
”飼育”もしくは”餌付け”だと思います。



とても美しい建物がたくさんある街で
見所もたくさんあるからこそ

それがとっても残念だったけど

でもきっと
シチリア人達に言わせると

文句あるなら来ないでいいよ。
これが我がシチリアだから。

って思うのかな。

IMG_4754.jpg

そんでもって
おっしゃる通り、なんだけれどもね。

うんうん。

IMG_5277.jpg

そんな感じで

バカンスを回想しながら
このブログを書いている私。

IMG_5319.jpg

あらあら、愛さん

その調子じゃ
シチリアのバカンスは楽しめなかったのね。

なんて心配されたら困るので
念の為に言っておくと

やっぱり、イタリアは最高です。

とにかく
”美味しい”

その言葉につきます。

IMG_5312.jpg

しかも物価が安いのが最高。

パリに比べると
何もかもが半額くらい。

微妙にリッチな気分が味わえます

IMG_5308_2016092217204201a.jpg

でも、、、

やはり夏場にイタリアの南に行くのは
ちょいと控えようかな。



衛生面がばっちりなジャポンから来た私は
思ってしまったわ。

昨年の8月はトスカーナの田舎で過ごして
かなり癒されたので

tosca1.jpg  

来年の夏は
こっち系にしよう。

イタリア愛してて
また行きたい気持ちにかわりはないけれど

どの国であろうと
大量のゴ三郎とネ太郎は勘弁な

私なのです。

お食事中の方がいたら
失礼致しましたが

今日も応援クリックを頂けると嬉しいです。

普通のパリネタブログに戻るには
ちょっとウォーミングアップが必要ですが

必ずや戻るのでお待ちを!

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR