04
:
28
29
30
   

キラキラ散歩。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




ちょっと前の話なのですが

12月のとある週末

疲れがたまっていたのか
いつもよりなが〜いお昼寝をした息子君。

お昼寝の後は
お外で遊ぼうと約束していたけれど

もう、外は真っ暗。

 IMG_6302_20161227234549d6a.jpg 

こんな時
いつもの私なら

部屋でレゴでもする〜?と計画変更。
グーたら母さんを炸裂するのだけれども

12月の私はちょいと違う。

なんせこの季節
パリは夜こそが美しいのだもの!



暗い中、お出かけレッツゴーですよ。

だってね、なんせね

12月のパリは17時過ぎ位から
こんな景色になるのです。

IMG_5777.jpg 

どこもかしこも
イルミネーションでキラキラよー!

IMG_6172_20161227234548b75.jpg   

美しすぎよー

IMG_5775.jpg  

たまらないのよー

IMG_5776.jpg 

ちょうど18時になるちょっと前だったので
こんな所でスタンバイをする事から始めた私達。

3、2、1!
IMG_5895_20161206055043bb1.jpg 

きらきらきら〜
FullSizeRender_201612060550387d6.jpg 

エッフェル塔のシャンパンフラッシュが
今宵のお散歩の合図です。



すっかりクリスマスな感じになっている
ショーウィンドーを横目に

るいびとん〜。
IMG_5839.jpg 

でぃお〜る〜
IMG_5835.jpg 

見えた見えた

ものすごい光線が飛び交っている場所が。

IMG_5783.jpg 

こちら

シャンゼリゼ通りのど真ん中にある
フランクリンルーズベルトの交差点。

この場所に

四方八方から光が伸び
まるで野外劇場の様になっていて

美しい舞台な雰囲気が出来上がっているのです。

そしてここからコンコルドに向けての道が
今回のお散歩の目的〜

IMG_5782.jpg 

そう

冬限定でパリの街に現れる
クリスマスマルシェに来たのですね、私達。



まずはいつものお店で
チュロスをげっとし腹ごしらえ。

FullSizeRender_20161206192825d19.jpg 

ママとパパは
ガソリン(別名ホットワイン)を入れて身体をぽかぽかにし

IMG_5787.jpg 

さーてと、どこに行こうかね。

IMG_5797.jpg 

あまりに大きなマルシェすぎて
行き場に困る、、、

いや、うそ。

何を食べたら良いか、困る。

IMG_5785.jpg 

元祖お祭り大好き
屋台ラブ女の血が騒ぐのです。



そんな私たちのマルシェ散歩。

いよいよ始まり〜。

何を食べてどこで遊ぶかな?

そんな様子はまた改めて。

って、続編にする程
大した話でなくて恐縮ですが

今日も応援のクリックを頂けると
大変嬉しいです

押すだけでランキングに点数が入るので
一家そろってハッピー小躍りです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

BAR in フォーシーズンズ George V


ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




フランス在になってから
かなり行く頻度が落ちた

"BAR"

東京にいた時は
週に2〜3度通っていたのに

パリに住むようになってから
めっきりご無沙汰でございます。

IMG_9399.jpg

なんせ、ここ、パリ

どこに行っても
簡単にワインが飲める世界なので

アルコールが欲しくなっても
BARに行く必要なし。

しかも
BARと言うと完全なる夜の社交場。

子持ちとなった母ちゃんには
なかなかハードル高い場所になってしまったわ。



そんな中
先日久しぶりに行ったBAR

IMG_9274.jpg

その名も
" LE BAR"



パリのフォーシーズンズホテルに入っている
オーセンティックなBARでございます。

IMG_9273.jpg

パリの中でもトップクラスのパレスホテル
フォーシーズンズ・ジョルジュサンクなので

そのスマートなサービスは文句無し。

ホテルの前にいるドアマンに

”ちょいとBARに来たんだよ”
なんて言うだけで

あれよあれよと
サービスの方がBARまで案内してくれます。

IMG_9402.jpg

豪華なエントランスに
センスの良いお花達

IMG_9404.jpg

バーに着く前から
気分が盛り上がる〜


BARとレストランの入り口に着くと
そこからまた別の係りの人に案内されBARの中へ。

IMG_9401.jpg

席についたとたん

BARの人が
ちゃっちゃとテーブルをセッティング。

あれよあれよと
お水におつまみが。

IMG_9278_201608201916487ff.jpg

このおつまみがもう、最高〜。

左がカシューナッツのブラウンシュガーあえ
右がくるみのキャラメリゼ。

どちらも程よい甘さで
香ばしいナッツの香りがたまりません。

少し塩気もあるので
どんなお酒にもあうかと。

できる事なら
完食したいくらいだけど

やはしここは天下のジョルジュサンクホテル。

そうはいかないのが残念無念。

微妙に残して帰ったわ。
本当は持って帰りたいくらいだったのにー。

IMG_9276_2016082019165156a.jpg

この日頼んだカクテルは
2人ともシャンパンベースのもの。

私としたことが
すっかり名前を忘れてしまったけれど

右がジョルジュなんとやらで
シャンパンにフランボワーズや柑橘系をMIXしたもの。

そしてこちらが

IMG_9277_20160820191650263.jpg

デビルのなんちゃらと言うもので
やっぱりシャンパン系。

両方とも完璧なお味で
おいしゅーございました。



こちらのBAR

カクテルは1杯がだいたい30ユーロ〜なので
単品で考えるとまあまあなお値段かもだけど

東京みたいにチャージ料はつかないし
お水やおつまみも無料なのを考えると

決してお高くないかと。

むしろパリではお得かもしれません。

なんせつまみが美味しすぎたー。

なんども言うけど
美味しすぎたー。

IMG_9398.jpg

雰囲気も抜群で居心地がよく
ピアノの生演奏にも癒されます。

お店の方たちのスマートな接客も
これまた、さすが!と感心するし

全てが完璧。

すっかりお気に入りになってしまったわ。



パリに来てから
BAR離れしていたけれど

やっぱりあの雰囲気は独特で
嫌いじゃない。

いや、むしろ、好き。
大好き。なんなら愛してる。

と再認識してしまった

元祖・飲兵衛
カクテルも大好きな

私だったのでした。


BAR好きさんも興味の無い方も
今日の応援クリック頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

BAR ヘミングウェイ in Ritz

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。






前回の続き、なのですが

友人を連れて

ホテル・リッツの
ヘミングウェイバーに行った私。

IMG_9350.jpg

ヘミングウェイが実際に通っていたBARで

その内装は
彼と所縁のあるもので溢れております。



とっても格式高そうな
オーセンティックなBARだけれども

入った瞬間
なんだかとってもあったかい。

こんな一般人の私でも
アットホームな気持ちに包まれる
そんな空間でした。

IMG_9349_20160829200932394.jpg

それは多分
お店の人たちの人柄の良さ。

RitzのBARなんて言うと

それだけで格式が高すぎて
接客もスマートすぎて

なんだか緊張してしまいそうだけれども

こちらは良い意味で
とってもくだけた感じがあるんです。

バーテンダーの方や
サービスの方

みなさんが笑顔でフレンドリーで
居心地が良いのです。

IMG_9351.jpg  

席に案内されるとすぐに

温かいナッツやオリーブのおつまみと
胡瓜の入った水がサーヴされ

メニューをもらえるんだけれども

IMG_9360_201608292010004cd.jpg

そのメニューがなんともオシャレでかわいらしい。

なんかね
昔の新聞みたいになっているのです。

IMG_9362_20160829201042f51.jpg

でもそこで
まったくもって可愛くないのを発見!

1500euros.jpg

それが

The RITZ SIDE CAR
と言うカクテル

なんとなんとそのお値段

1杯

1500ユーロ!



お値段、ぜんぜん
かわいくなーーーーーいっ!

IMG_9361_2016082920095931e.jpg

これはもしかするともしかして
とんでも無いところに来ちゃったのではと

めまいクラクラ
ちょっとびびってしまったけれど

他のカクテルはだいたい
30ユーロ位。

そうなると

いったいぜんたい
このTHE RITZ SIDE CARには
何が入ってるのさ。

本来の
ブランデー+ホワイトキュラソー+レモンジュース以外に
金箔やらの光物がまざりまくってるのかしら?



その詳細を見てみたら

”19世紀のコニャックを使用している
世界で1番高いカクテル”

と堂々と書いてありました。

お店の人、曰く

その配合

1865年のコニャックが50%
コワントローが30%
レモンジュースが20%

となっていて

ちなみに
今まで注文されたお客は、、、

「0人」

らしいです。



それもちょっと意外よね。

何万、何十万もするワインが
ぽんぽんと出て行く高級ホテルで

1500ユーロのカクテルなんて
あっという間に売れちゃいそうなもんだけど。

でもそれはきっと

このヘミングウェイバーは少し庶民向けで
観光地の1つにもなっていて

本当の富豪たちは
Ritzの他ののBARに行くからなのかもねぇ。

IMG_9355.jpg

こちらのBARでは
様々なカクテルが生み出されておりまして

その中の1つがこちら

ブラッディー・メアリー

IMG_9356.jpg

ウォッカとトマトジュースで作る
ちょいと不思議なカクテル、ですね。

トマトに色々な調味料を足すことができるし
ウォッカの量も調節出来ることから

お店によって
だいぶ味の違うこのカクテル。

ブラッディーメアリー好きの友人が
さっそく頼んでみましたら

こちらは
トマトジュースと言うよりも
ガスパッチョ?を使っている様な

なんとも刺激的でスパイシーなお味でしたよん。

IMG_9354.jpg

私はこの日は
食後のデザートが欲しい気分だったので

アレキサンダーを。

IMG_9353_20160829200926e0c.jpg

と言っても

これまたやはり
Ritzスペシャルな作り方で

夏用の飲みやすいすっきりバージョンで
大変美味しくいただきました。



番長がいた夏の6日間。

最後の夜は
こんな感じで過ごした私たち。

でも
私たちのBARでの会話は

この年齢になった今でも
”老人と海”の良さがイマイチわからない、と言う

なんとも情けない内容。

ヘミングウェイをどっぷりと感じる空間にいても

ヘミングウェイの文学のレベルを感じるのは
やっぱり無理〜と

ヘミングウェイが近くて飲んでいたら
叱責されそうな

そんな時間

だったのでした。

私は理系だから許してね。
友人は専攻、、、文学だったらしいけど。

それでも社会人として
問題なくバリバリやっていけてるので

全然ありさ!のポチッと応援お願いします。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR