FC2ブログ
   
04
:
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

英語のシッター決定〜。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



今日は久しぶりに
コロナウイルス 以外の話を〜。
(けっこう前に書いたブログだけれども・・・)



英語の話せるベビーシッター探しを
始めた我が家。

前は
ご近所同士の掲示板的なもので
見つけたのだけれども

英語を話す人って
なかなか見つけるのが難しく

今回は
”シッターを探せるサイト”
を利用。

色々な条件を入れて
検索出来るので

”母国語・英語”
で探せるのが

何よりありがたく手っ取り早かったのですよ〜。

時は金なり。

旦那君が忙し過ぎて
あまりパリにいれないので

彼がいる時を狙って
トライアルをしないとならず

のんびりしてる場合じゃなかったのさー。

yoopies.png 

でも

そんな考えすら
甘かった。

これがなかなか
見つからない。

シッターを検索すると
それこそパリだけでも何百人もヒットするのに

イギリス人かアメリカ人を希望とすると
その人数、20人以下。

さらに
そんな彼らと

曜日の都合やらお給料の希望やら
住んでいる場所やらetc

そういった条件を入れて
しぼると

ほぼ、ゼロです。

なので
条件を少し妥協して
検索をかけて

1〜2月にかけて
5人のシッターさんのトライアルを実施しましたよ。



このうち2人は
フランス人。

英語科に通う女子大生で
留学経験あり。

1人は完全にアメリカ人の女性。
パリで本職シッターとして活躍中。

もう1人は
アメリカ生まれアメリカ育ちのモロッコ人女性。
パリの大学に通い中。

ちなみに皆さん
なかなかお綺麗なお姉さん。

息子の為?
いえいえ、私が好きなんですよ。
可愛らしいお嬢さん。



でもって
もう1人

私が直感で
”多分息子が気にいるのはこの人だろう”
と思って選んだのが

パリの大学に通う19才のフィリピン人。

今回の候補の中で
唯一の男の子だったのです。

IMG_5423_20200210230435d71.jpg 

全員と1時間のお試しシッターを
2度行いまして

うん、やっぱり
思った通り。

息子は一発で
フィリピン人のお兄さんを気に入り

ジョンが良い〜!と。

確かにね
息子にはね

絶対にお兄さんが向いていると思ったんだよね。

なんせ
体力が有り余っている5才。

公園とかに行っても
思い切り遊んでもらえるだろうし

中庭で一緒に
サッカーも出来るし

しかも彼は
とある技術職の専門大学に行っていて
手先がものすごく起用。

上手に折り紙をおってくれたり
芸術的な塗り絵をしてくれたり

もうね
息子にとってね

完璧なお兄さんだったのですよ。



でもってもちろん
私から見てもとても良い子で

旦那君としては
若くて経験が自分の姪っ子だけと言うのが
ちょっぴり気になったみたいだけれども

英語が母国語で
発音も良いし

息子と一緒に遊んでいる時は
英語が自然と出てくるし
(フランス語もペラペラだけれども)

何よりも息子が
彼と一緒にいる事が楽しい!と思えるのが
一番大事なので

これから彼に
週2〜3回のシッターを頼むことにしましたよ。



ただ
息子としては

ずっと英語だと会話が通じなくて
ストレスになるようなので

最初は
30分の間に5分くらい
英語のみの時間を作ってもらい

ちょっとずつ
時間を伸ばしてゆくと言う戦法でお願いしたわ。



さあ

息子よ!

ママとパパは
舞台を作ったわ。

そこで踊るか降りるかは
あなた次第〜。

でも
諦めない頑張り屋さんで
人一倍向上心があるから

きっと踊ってくれると
信じてる

そんな親バカな教育ママの私に
今日の応援クリックを2つ!お願い致します。

ママもそろそろ英語やらないとな〜
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

教育ママと母子留学。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




この夏に
英語を話せるシッターさんを探し

カナダとイタリアのハーフの女の子を
雇った我が家なのですが

彼女の学校のスケジュールと
必要な日が合わなくて

結局途中で止めた我が家。

せっかく英語に対する
モチベーションが上がっていたいのに
もったいない!と思いつつ

でもその反面

正直この9月から
習い事が増えた事で

息子はかなり忙しい日々を送っており

英語なんてやる暇ないよなーと。
思ったりもして。

まあ、それでも
週1回1時間だけ
英語教室は続けているのですが

そこにさらに
ネイティブと英語三昧なんて

精神的に参ってしまうんでは?と
そんな心配も。

image6_20180516224610559.jpeg 
2年前の日本にて。

でも

息子の周りの友達は
同じくらいアクティビティをやっているので

これが普通なのかしらね?

実際に上の階に住んでいる7才と4才の子も
息子と同じレベルで習い事に通っているし

そして
2人とも

フランス語・英語・スペイン語・ドイツ語が
会話できるくらいペラペラだし

そう思うと

まだまだ息子は行けるのでは!と
期待もしてしまう私がいたりするのです。


そんな話を
東京に住む親友にした所

確かに日本では
そこまで習い事はさせない人の方が多いけれど

でも
彼女の息子(我が家と同じ年齢)は
去年からお受験教室に通っていて

その中で教わる内容の濃さは
色々と習い事をやっているのとかわらないし

ストレスレベルは
こっちの方が強烈よー!

なんて言われ

まぁ、確かに
フランスには”お受験”を見据えたお教室。
的なものがないから

こうして細々と色々な習い事をする事になるのかな、と
妙に納得したりして。


そんな私の親友Mちゃん。

もともと子供のお受験とか
そんなのを考えるタイプではなかったのですが

息子をくもんの体験に入れたら
自分から進んで勉強をやりたがる様になり

お。もしかしてこの子、お勉強好き?と思い
お受験教室に入れて見たんだと。

お受験させるさせないはともかく

子供の好きな分野を伸ばしたい
色々と経験させてあげたいと思うのは

どこの世界も共通の
親の思いなんだわね〜。

うんうん。



でも

父親の都合で

小学校から高校まで
アメリカ育ちで

外資系の会社に就職し

今は外国人相手の
ベンチャービジネスを立ち上げ

社長さんとなっている彼女。

インターナショナルに入れるならともかく
お受験なんて

意外だわ〜!

なんて言ったら

”ふっふっふ。

よくぞ聞いてくれた、愛さん!

実はちょっとした野望があって

息子が小学4年生になったら
母子留学するのさ。

その為に
英語教育に力を入れていて
留学に対して理解があり

休学制度が取りやすい私立を狙うのよ!”

って。

私の想像をはるかに超えた
英語教育だったー!

しかも
現在友達が小学3年生と1年生の子供と連れて
オーストラリアに母子留学中だから

今月下見もかねて
息子と2人で行ってくる!

ですって。



ほぇ〜。
さすがです。



100つの親子がいれば
100つの教育方法があるんだね。

そうなると
これが我が家の教育方法

親の私が戸惑っていると
それも子供に伝わるに違いないから

ここは信念を持って
つらぬこう。

英語のシッターさん
気合いを入れて探さなくては!



むしろ日本の友人の言葉で
やる気が増した私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

シッターの裏切り。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

息子の親友
レオンの新居に行き

彼の美女ママと
話していた時のこと。

話題は
レオンのベビーシッターの事に。



レオンには

0才の時から
ずっとシッターとして雇っていた

フィリピン人の女性がおりまして

幼稚園にも毎日
彼女が迎えに来ていたので

そうなると
レオンはすぐ近所に住んでいた事もあり

帰りが一緒になる事も多く

私も彼女の事を
よく知っていたのです。

IMG_7321_20181011062746088.jpg 

彼女がパリでベビーシッターになったのは

出稼ぎとして
パリに渡って来たばかりの時

仕事もなく
困っていたところ

美女ママのお母様(レオンのお祖母様)の友人が

美女ママファミリーに
彼女を紹介したのがきっかけだったのだとか。

ニコニコしていて
人柄も良いし

国では看護婦をしていた事もあり
世話好きと言う事で

すぐにレオンのシッターとして
雇う事にした美女ママ一族。

それだけでなく
フランス語の教室に行くお金も出してあげ

さらには
身寄りの無い彼女を

毎年ファミリーのクリスマスパーティーに呼び
一緒に過ごしたり

まるで家族の様な存在になって行ったのだとか。

noelmaison.jpg 

レオンのお祖母様に会った時にも
”彼女は私達にとっては家族も同然なのよ”

なんて言っていたので

出稼ぎで来ているベビーシッターと
その雇い主でありながら

素晴らしい関係が築けていて
すごいな〜、と

関心しておりました。



でも
この彼女

レオンが引っ越すのをきっかけに
シッターをやめる事に。

なぜなら
住んでいる所が少し遠くなってしまうから

と言うのもあるけれど

これをきっかけに
フィリピンに帰るから。



報告があったそうなのです。


んがっ!

あ〜んら!まぁ!
どうした事でしょう!

この秋
私が息子の迎えに行った時

帰ったはずのこのシッターさんに
道でばったり!

しかも
2人の子供をベビーカーで連れていて

しかも、しかも
そのうちの1人は

レオンとレオンの妹をシッターしていた時に
一緒に預かっていた男の子だったのです。



その時はちょっとびっくりしたけれど

彼女はこうして引き続き
この男の子のシッターを続ける事が出来

さらにはもう一人
他の雇い主も見つけて

こうして2人の子供を預かりながら
パリで安泰な生活をしてるんだね〜

よかったね〜なんて

そんな風に思ったのです。



なので先日
レオンの美女ママに

”こないだラシェルに会ったわよ!
パリに残ってシッター続けてるのね!”



普通な話題で言ったのですが

それを聞いた彼女

”愛、今のセリフは
完全に私をパニックにしたわ!

やっぱり!!!!!!きーーーっ!!!”

と。

って。

へ?

な。なんで?

どした、どした!

弁護士と言う職業柄
いつも冷静ニコニコの彼女が

こんな風に
ナーバスになるなんて珍しい!

そんな怒った顔も
とても美しいけれど。。。

って。

私の個人的感情はおいといて

とにもかくにも

ど、どうした!?

と聞いてみたら

”私、はめられたのよ!!!!”

と。

って、

えーーーーーーー!?



詳しく事情を聞いてみると

レオン家が引っ越しを決めた時
彼らはラシェルがシッターを続けるのを
熱望したらしい。

ただ

この時に
ラシェルが預かっていた
他のお子さん。

この子の親ももちろん
息子のシッターを続けてもらいたいわけで

話し合いが設けられたんだって。


でも
レオン家からすると
ラシェルは家族同然の存在なわけだから

もちのろんで
このままついて来てくれると思っていて

それはもう1つの家族の人にも
しっかりと伝えてあり

そもそも
そちらの家族は

たまたま近所に住んでいて
ラシェルがレオンとその妹を預かっているのを知って

お宅の家で
うちの息子も一緒に預かれない?と

1年半ほど前にお願いしてきた
そんな人だったので

ラシェルはこのままレオン兄妹の面倒を見てくれると
信じて疑ってなかったんだそうな。

でもって
そちらの家族も

その場では了解した感じだったけれど

その話し合いから
ほんの数日後

ラシェルから”国へ帰るから続けられない”と
連絡があったんだって。


その言葉を鵜呑みにし
新しくシッターを探した彼ら。

ただ
なんだかおかしいな。と
薄々は気づいていて

そんな中での
私からのこの話。

やっぱり!
きーーーーーーーーーっ!

となってしまったらしい。


どうやらね
その男の子のファミリーが

高額な料金で
彼女を引き抜いたんじゃないかって。


そして
さらに彼女を苛立たせたのが

その子供が
レオンが通っていた学校、
要は息子の学校に入学して

ラシェルは
そこにお迎えに行っている、と言う事。

そもそも
この学校を彼らに勧めたのも
レオンファミリーだったんだって。



この話を聞いて

ちょっと怖くなった私。

いや、ね。
現在、ね。

我が家もシッターを探し中。

何人かお試しをやって
気に入った人がいるのだけれども

あれだけ良い人そうなのに

家族ぐるみでサポートしてくれた人も
あっけなく裏切ってしまうなんて

シッター、おそるべし!

まぁ、そもそも彼らは
”お金”を稼ぐ為に出稼ぎに来ている人達だから

彼らの1番のプライオリティーは
お金、、って事になるのかもな。

そうなると
ある程度高い時給の人を雇った方が
安心だな。。。



フランスでは
誰もが雇うベビーシッター。

それはすなはち
雇い主が多いと言う事になるので

移民や出稼ぎの女性にとっては
比較的簡単に見つかる

お手軽な仕事にもなっているベビーシッター。

そんな中で
完璧なシッターを見つけるのって

本当に難しいんだわ。

今お願いしている日本人音大生の女の子は
本当に責任感があって良い子で

ラッキー!

と思ったし

現在探している
英語ネイティブのシッターは

本当に慎重に探さないとならないな。



改めて感じた私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

信頼できる人を探すって
国籍と言語が違うとなおさら難しいー!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR