07
:
24
25
26
27
28
29
30
31
   

テーマは海賊で!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




息子の学校が
あと数日で終わってしまーう!

となってバタバタしていた時

突然ふりかかってきた仕事がこれ

息子のお誕生日会の
招待状の作成〜

IMG_5083.jpg 

8月10日生まれの我が息子。
もろに夏のバカンス時期。

こういう子供は
バカンスに入る前の6月にお誕生日会をするのが
一般的なのだけれども

6月はまるまる旦那君が出張でいなかったので
我が家は9月にやろうと決意。

そうしましたら
学校が終わるほんの1週間前に

出張先から旦那君が

あ、僕、9月は第二週の時しか
パリにいれない事になった。

うふ

なんて
かなりの爆弾発言をしてきたのです。



第二週目の週末と言うとそれは
新学期が始まって最初の週末!!!

そうなると
バカンスに入る前に招待状を渡しておかないと
皆が参加出来なくなるじゃん!!!!

と。

ママ、大焦り。



うちの旦那君は
こう言う事をよくする。

私の中では別名”ギリギリ”君と呼んでいる。

こう言う事がある度に私は
色々と追い詰められて右往左往するのです。

でもまあ、この甲斐あってなのか

お陰様でパリで1人で生きる力を
着実に伸ばして行っております。

危機回避能力もついたわよー。

ふふ。



お誕生日の招待状を書くなんて
そんなに難しくなさそうに感じるかもですが

ここはフランス。

パーティーの本場。

でもって
息子の友達は皆
華やかなお誕生日会を開催している。

そうなると愛ママ
息子に恥をかかせるわけにはいきません。

彼らの様な豪邸には
今更引っ越しできないけれど

子供達が”参加してよかった”と思える様なパーティーを
息子にやってあげたいと

常々思っているのです。

なのでまずは息子と
お誕生日会のテーマを決める所から開始〜。



彼が好きな物や色を話し合い
テーマは”海賊”に決定。

愛ママすぐにパーティーグッズサイトにアクセスをし

招待状はもちろんの事

当日のデコレーショングッズから
デーブルクロス、お皿やナプキン、ストロー
 
ケーキ用のキャンドルや
皆へのお返しプレゼントetc etc

pirates1.png 


巨大な骸骨マークの旗も!

ぜーんぶ買って

さらには直接ここの会社に電話をして
すぐに送って欲しいと懇願したわさ。

なので
その2日後には

じゃーーーんっ
IMG_5085.jpg 

全部届いた〜

やればできるじゃんか!
フランスの配送システムよ!!!



当日は10人まで呼んでOKとした上で
息子と招待客リストを作成。

学校の名簿とにらめっこをしながら
招待状を書いたのだけれども

IMG_5134.jpg

いつも一緒にいる5人の男の子達の事は
親を含めてよく知っているけれど

女の子達の事は
まったく知らなかったので

なんだか書くの妙に緊張

そもそも女の子に海賊の招待状でいいのかな?
まあ、もう遅いけどさ。

 Invitation.png 

こんな感じで
無事に10通の招待状を仕上げ

IMG_5158.jpg 

翌日の、まさに学校最終日の朝に
持って行き

担任の先生に
皆に配ってもらう事をお願いしましたよ。

ふぅー。
間に合った。



でもこれは
お誕生日会の序章にすぎないんだよね。

当日はいったいどうしましょう。

調べてみたら
”海賊”がテーマのアニメトリスがいるみたいなので
(アニメトリスはプロの司会進行役)

彼らを呼んで
頼むのが1番かな。



簡単なホームパーティーには
すっかり慣れて

それなりの対応が出来る様になった
私ではあるけれど

やっぱりこういう大きなパーティーとなると
どうして良いかわからない〜。

パーティーの本場に嫁いだ
日本人妻は

時々こういう試練にぶちあたるのです。



こんな感じで
いつもテンパっている
私のパリ生活。

がんばれ〜の応援クリックを頂けたら
大変大変光栄です。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

この夏の挑戦。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




7月某日

息子をパピーマミーの家に預ける為
レンヌの実家に行った私達母息子。

でもってその日、そのまま
母ちゃんが息子に買い与えた

サプラーイズなプレゼント。

それがこれ

じゃじゃじゃじゃじゃんっと
じーてーんーーーしゃーーーーっ
image1_201807091703020d2.jpeg 

そう、この夏

パピーとマミーの家で
特訓させようと思ったのですね。

私が自転車に補助輪なしで乗れたのって
確か6才とかだったので

3才の息子に自転車なんて
まだ早いわ!

くらいに考えていたのだけれど

半年ほど前に

いとこのL君が
既に2才半にしてびゅんびゅんと乗り回していると聞き

こりゃ〜、息子も
乗れる様にしないと

夏の間、一緒に遊べないではないか!と

ちょっと焦ってしまったのです。

 

でも

パリでは危険だから
自転車に乗ってもらいたくないし

そもそも私自身に自転車乗るセンスが無いから
教える自信もない。

そうだ!
パピーとマミーの家で
夏合宿をしてもらおう!


ずーっと企んでいたわけです。

なので到着したその日に
そのまま購入。

パピーに整備をしてもらい

image2_201807091703001d9.jpeg 

さっそく特訓開始!

image3_201807091702596f7.jpeg 

んがっ

初日は5分ほどで終了。

どうやら本人
あまりお気に召さなかった様ですよ。

すぐに乗車拒否。
もうやらない!と言い出した。

やっぱり突然自転車は難しかったかな。
補助輪つけたほうがよかったかな。



でも
その翌日

義弟ファミリーと一緒に
ランチをしまして

image4_201807091702578f7.jpeg   

自転車で颯爽と走り抜けるL君を見た息子は
どうやら衝撃を受けた様で

僕もやるー!と
自ら乗り出した!

 

こんどは義弟が
うまくリードして教えてくれまして

image5_20180709170256f37.jpeg 

どうやら前日よりかは
少し興味を持ってくれた様子です。



image6_201807091702545ff.jpeg 

この夏
合計で3週間ほど
レンヌに滞在予定の息子。

その間に
乗れる様になるかな?

いや、もし乗れる様にならなかったとしても

2018年、夏
それは君にとって絶対に良い経験になるはずさ!



ただ
乗れる様になったとしても

やっぱりパリではどうしても
乗って欲しく無いと思ってしまう私。

なので自転車は
レンヌに置いておきたいんだよね。

ここがやっぱり
都会っ子の難しいところだわ〜


しみじみ感じる私に
今日の応援クリックをお願いいたします。


押すだけでランキングに点数が入ります。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

4才からは1人旅。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




7月のとある日
息子を連れてお出かけ〜

IMG_5232.jpg 



お出かけにしては
かなりがっつりとした椅子に座っているじゃん
息子くん。

そう
それもそのはず

これは
息子をレンヌの実家に送り届ける途中の
TGVの中。

ちょっとした長旅へ出発です。



乗るときにTGVの方が
子供用カバンなるものをくれまして

その中には

絵本や塗り絵、色鉛筆
TGV模型にお菓子etc

子供の好きそうなアイテムがぎっしり〜

IMG_5230.jpg 

こりゃ、1時間半なんて
あっという間に過ぎちゃうね〜。



7月
息子くんはレンヌの実家で
2週間過ごします。

10日は1人で
残りは私と一緒に

のんびりと過ごすのです。



孫が夏の間、祖父母の家に1人で行く。

これはもう
フランスでは常識の文化。

なんせ子供の夏休みは
まるまる2ヶ月ありますからね。

基本、共働き家庭のフランス

いくら有給が5週間あると言っても

子供と一緒に
全部過ごせるわけがございません。

なのである意味1年中お休みの
リタイヤした祖父母が

夏の間は孫を預かるのです。

なので決して

我が家のジャポネーズの嫁が
怠けてるわけじゃないんですよー。

この夏の恒例行事は
祖父母の楽しみの行事でもあるので

ある意味親孝行さ。

その証拠?と言うわけではないけれど

フランスの新幹線であるTGV

ここの会社SNCFは
Junier et Cieと言うサービスを行なっていて

これはすなはち

4才〜14才の子供が
1人でTGVに乗れるというサービスなんですね。

パパやママが電車まで連れて行き
電車の中ではプロの付き添いの人と一緒に
楽しく遊びながら過ごし

そして到着した駅で
祖父母が待っている
(その反対もあり)

と言う事ができるのです。

しかも子供達めちゃくちゃ楽しそうよ〜



それくらい

夏の間は子供が1人で
祖父母の家に行くって事なんですよね、この国は。

しかも既にこのシステム
40年以上の歴史があるんですよ。

4才で1人で新幹線なんて
日本じゃ想像つきませんよね。



我が家はまだ3才なので
このJunier et Cieには参加できないけれど

来年からは利用するかな。

なんせ愛ママ

息子を預ける為に
この7月にパリとレンヌを2往復。
8月もこれまた2往復。

全部で8回
パリ〜レンヌ間のTGVを乗る予定なのです。

これはなかなかどうして
体力的にも金銭的にも色んな意味で大変よー。

飛行機のマイルだったら
あっという間にゴールド会員よー。



とにもかくにも
こうして息子を送り届けて
息子のバカンスが開始です。

そしてとりあえず一安心している私に
今日の応援クリックをお願いいたします。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR