06
:
27
28
29
30
   

2歳児の恋心。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那君のいる5月。

しかも出張の代休で
平日も家にいてくれるので

家族の時間をたっぷりと楽しんでいる我が家。

保育園の送り迎えも
全部、彼がやってくれるので

久しぶりに
朝から夜までノーメイクの
ヒッキーライフを楽しんでおりますよ。

ふっふっふ。



保育園の迎えに行った後は
1〜2時間かけてたっぷりとお散歩して帰る
父と息子。

先日は

セーヌ川沿いの
ちょっとマニアックな道をひたすら歩いたらしく

息子はそれがいたくお気に入りだったそうな。

私が行くセーヌ川沿いと言えば
しっかり整備されている散歩道で

しかも
カフェやらバーがある場所に限られるので

あまりひと気の無いセーヌ川沿いは
息子にとって刺激的だったに違いない。

IMG_8462.jpg 

そんな2人が橋の下を通った時

声が響くの発見し
それで大興奮したらしい息子くん。

そこで旦那くんが

橋の下で好きな人の名前を叫んだりするんだよね

なーんて

古臭いドラマでしか遭遇し得ない
そんな青春の1コマを息子にサラリと言ってみたところ

息子が突然、こう叫んだらしい。

”イネーーーーースッ!!!


どうやら息子くん
2歳にして

イネスちゃんの事が橋の下で叫びたくなるくらい
大好きな様ですよ。


いや〜

いつかは誰かを愛するのねー
なんてわかっていたけれど

まさかの2歳で
こんな風に強く恋心が生まれるなんて。

せめて2歳くらいまでは
ママが1番。

橋の下でも

”ママ〜っ

って叫ぶもんだと思っていたのは
まったくの幻想だと思い知らされた

5月のとある日の出来事だったのでした。

IMG_8055_20170413222954780.jpg 

まあ、良い良い。

ママにべったりするよりも良い良い。

そんな息子の最近の流行りは
ウィンクの練習。

事あるごとに
私にウィンクをしてきます。

いったいそれをどこで応用して使うんだーっ

ちょっぴり将来が不安の様な
でも、なんだかとっても楽しみでもある

愛ママなのです。

こんな息子の小さな成長記録で恐縮ですが
今日の応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入ります。
皆様には感謝×100!でも足りないくらいです。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

検査機関の非情な対応。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




息子君を小児科に連れて言った話の
続き、なのですが

先生の指示通り
翌朝さっそく検査機関に連れて言った私。

なぜだか15区の
パリのはずれにある検査機関で

連れて行くだけでも
かなりの重労働だったけれど

到着して
そこからがさらに重労働。

なんせ居場所がないくらいの
混みっぷりだったのです。

あああっ
なんで先生ってばこんな所を紹介したのさ!
もっと他にもあるのでは!?



その様子を見て愕然とした私。

なんせ
突然痛みが襲ってくる息子をここで何時間も待たせるのは
かなり酷だと思ったのです。

でも

その数分後に
先生がここを紹介した理由を発見。

なぜならここの検査機関には

かわいい物達でデコレーションされた
”子供用のスペース”
が用意されていて

そこで待つ事も出来るのはもちろん

そこのスペースの一画で
子供の検査をやってくれるようになっていたのです。



待つ事約1時間半。
やっとこ息子の順番が。

検査台に乗せられ
裸にさせられた息子君。

検査の方が
おもちゃやらを用意してくれていて

おりこうさんで検査を終了したら
ご褒美が待ってるからね〜

なんて言いながら
ちゃっちゃと検査をしてくれました。

FullSizeRender_20170422214946814.jpg 

そんな検査も5分ほどで終了し
結果を待っておりますと

名前を呼ばれた私達。

さっそくその部屋に入るとすぐに

”息子君に感染菌が見つかりました。
すぐに抗生物質の処方が必要です。

かかりつけの小児科医に連絡をとらないとなりません”

と言う報告が。

息子が感染症と言う事で
ショックな反面

でも、原因がわかり
ちょっとホッとした私。

そこで検査機関の人に

”小児科の先生は今日は病院にいらっしゃらないので
結果をメールで送って下さいと言ってました”

と伝えてみた。

んらっ

そんな私の言葉を制止して
どこかに電話をかける検査機関の人

失礼なっ!

でもってさらに

その電話の相手は
まさに小児科の先生のいる病院ではないか。

だから、いないっていってるじゃんかーーーーっ!!!



と言うも

またもや私の言葉を制止して

電話に出た病院の方に

”あなた達は先生と連絡を取る方法を知っているはずです。

〇〇君はすぐに抗生物質が必要なので
先生にこちらに電話をする様に伝えて下さい”

と、怒って電話を切りましたよ。



うむー

なんだかよくわからない展開になってきたぞ。

私がちゃんと
先生からの言葉を伝えてないみたいじゃんかーっ!

しかも紹介状の手紙にも
その旨しっかり書かれていたはずなのに

メルアドもちゃんと書いてくれていたのに

見てないんかい!

つっこみたい所は山ほどあったけど

とりあえず
何でもいいから

これから私はどうすればいいか
息子の薬をどうすれば良いか

それだけを教えてくれ。

と言うと

”先生と連絡がつかないからわからない
もう帰って良いわよ”

とだけ言い放たれ
追い出す様に私たちをドアの外に招いたのです。



最初から感じの悪い人だと思ってはいたけれど
やっぱり性格悪かったか、お前!

だから、先生は今日は病院に出てらっしゃらないから
メールで直接連絡しろって言ってるじゃないか!



帰り際に言ってみるも

”私は1度連絡を試みたから
あとは相手の出方を待つのみです。

私は私の出来る事をしたので
これ以上の事は致しません”

とだけ言い去って行きました。



検査結果によってすぐに処方箋を書き
メールで送ってくれると言っていた先生。

でも

こんな感じでは
いったいいつ連絡がつくかわからないではないか。

私たちが直接先生に連絡してもいいけれど

検査結果は
来週にならないと私達には渡せないと言われ
手元にない。

そんな状態で先生に電話しても
何の解決にもならないし

あーーーー、どうしよう。

息子の病気の原因がわかったのに
何も出来無い無力な私。

”母は強し!”と
いつもは気合いで乗り切っているけれど

さすがフランス
私の力じゃどうにもならない事が簡単に起きるんだわ、と

改めて痛感した時だったのでした。

IMG_7493_20170228202558bff.jpg 

日本では医療系で働いていたので
こういった困難はゼロだった私。

その分、この国だと
不便で仕方がないーーー!!!!



どこかで大声で叫びたい私に
今日の応援クリックをお願い致します。

皆様のクリックが
日々の生活の励みになっております。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

かばんデビュー。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



7、8月分の予約OPEN致しました。
パリでお待ちしております。


先日

息子と2人でもっと遠出する為に
ベビーカー無しでの移動を訓練していて

トロティネットを使いこなせる様にしていると

そんなブログを書いたのですが
(その時のブログはコチラ

IMG_7474.jpg 

ベビーカーよりもかなり小さなスペースで
すいすい動けるこの乗り物。

本当に便利で重宝、重宝。

でも

ベビーカーに比べると大きな弱点が〜。

それは”荷物が運べない”と言う事。

子連れでの遠出は
色々と荷物が増えるもんでして

それをベビーカーに掛けておけるのは
本当に便利なんですよ。

でも、このトロティネットだと
本人はスイスイと優雅だけれども

IMG_7472.jpg 

一緒にいるママの肩には
かなり巨大な荷物があるわけです。



こりゃ、どうしたもんかねぇ
良い手はないもんかしら?と思った私。

体力があり余っている2歳男子。
体力の限界でどうにか動いてる三十路ママ。

ここをもうちょっとバランスよくしようじゃないのと

息子にこんなものをプレゼントしてみた。

IMG_7471_20170228202548bf5.jpg 

そう。

リュックサックでございます。



重いものは運ばなくてもいいけれど
激しく嵩張るお人形だけでも入れてくれと

そんな願いを込めて
渡して見たところ

これが思った以上に大喜び。

僕はもう一人前だね!と
家にいる時も意味なくしょってます。

寝る時ですら
ベッドの横に置いてます。

FullSizeRender-11.jpg 

ほんの2ヶ月位前に
ショップでカバンを見せてみても

全くの無反応だったのに

2歳児にとっての2ヶ月間って大きいのねぇ。

ここまで気に入ってくれたのなら
ママとしては嬉しいわ。



ここにお人形さんとかを入れてくれるので
私の負担が減りまして

お出かけがだいぶ楽になったので

いよいよ2人でお出かけしてきます。

その行き先は
パリにある水族館。

aquarium paris 

我が家からも近いし
体力的には問題無いと思うけど

そもそも魚に興味を持ってくれるのか
そこが心配なのよねぇ。

でも
小さい子連れでのお出かけの極意は

”戸惑う事なくその場から去れる潔さ”

が必須らしい。

興味が無い様なら無理に見せたりせず
さっさと去るつもりで行かないとならないんだって。

でも
ここの水族館に
以前からけっこう興味があった私。

なんせ元を辿ると
ナポレオン時代

1867年に基盤が出来たと言われる水族館ですもん。

そう思うだけで
なんだかとっても楽しみなんだもの。

aquariumparis.jpg 
その時代の水族館。wikipediaよりお借りしました。

しかも付け加えるならば
入場料が20ユーロ以上なんだよね。

それで5分で退場を求められた場合
笑顔で
「うん、そうしよう」
って、愛ママ言えるのか

いや、むしろ私がダダこねて

「もっとここにいる〜!」
って言ってしまいそうだわ。



まあ、でも
行動あるのみ。

考えてたって始まらないものね。

あ〜、楽しみ〜

な私に
息子ちゃんと楽しんできてね!の
応援クリックお願い致します。

このブログのランキングは
皆様のクリック数のみで決まります。
ぜひ応援のクリックをお願い致します。


ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR