FC2ブログ
   
10
:
4
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

お嬢のお誕生日会。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

お友達のお誕生日会に行った
息子くん。

招待してくれたのは
ジョセフィーヌと言う女の子、、、、。

って?

あれれ?
だれだ?

実は、そう
私、この名前を息子から聞いた事がなく

招待状をもらった時
はて?と頭をひねってしまったのですね。



でも
改めて名簿を調べてみたら

年少さんの時のクラスに
しっかりとその名はありまして

なんだ!
そんな友達がいたのか!
母さん知らなかったよ!

と、なり

しかもドイツの貴族系の名前じゃないか!
やるな、息子よ!と
母さん息子に関心し

喜んでお招きされる事にしたのです。
(その時のエピソードはこちら



場所は7区の
その中でもウルトラ高級住宅地。

目の前の通りからはエッフェル塔が見事に臨める
そんな通りに面したアパートなんでございます。

IMG_7380.jpg 

でもって
カードに書かれたCodeなんかを元に
アパートに入ってみますと

いやん
ゴーーーージャス!
IMG_7377_2018101600303566f.jpg 

って、階段しか
写真を撮る勇気がなかったけれど

かなり重厚なオスマン様式の
豪華なアパートだったわよ〜。



さて、部屋は何階だっけか?
うんと、えっと。

あれれ?
招待状に書いてないではないか!?

しょうがないな。
ここまで来て電話するか。

と思ったら
何やら上の階下からざわついた声が。

それに反応した息子くん
”ジョセフィーヌ?僕だよ、〇〇だよ!
どこにいるの?”と

まるでロミオの様に
上にめがけて声を投げた!

なんと言う、大胆な!!!



でも
これが大成功!

3階だよ〜と、返事が来た。と思ったら
10才くらいの女の子が迎えに来てくれた。

あ、そうか
お姉ちゃんなんだね!

ジョセフィーヌのお姉さん?
お誕生日会に来たのだけれども。

と言いながら
3階までのぼってゆくと

えっと
ドアの前には
さらに3人ほどの女の子。

そしてジョセフィーヌのママらしき人が
そこで待機していたのでご挨拶。

多分何度もすれ違っているけれど
しっかりとお話するのはお初です〜っ



息子を部屋の中に送り届けてみると

今度は
5人ほどの小さな女の子達発見!

ここで愛さんに問題勃発。

し、し、しまったーーーーーーっ!

私とした事が
ジョセフィーヌが誰だかわからないー!!!

知っている女の子も
誰一人いないーーーーーー!



いや〜、気まずかったね。
どうしようかと思ったね。

お誕生日おめでとうの声がかけれない
ダメママですよ。

でもさ
この年齢の女の子たちって
みんな目がクリクリで金髪で

しかも仮装してて
全員プリンセスの衣装をきてるから

本気で誰が誰だかわからないのさー。

IMG_7378.jpg 

その場をどうにか乗り切ろうと
色々と作戦を考えてみた私。

息子に

ほらっ!

ジョセフィーヌに
おめでとうのキスをしなさい!

と言うと

あああああっ

クラスメートの女の子たち全員から
キスの嵐〜!

ほらっ!

ジョセフィーヌに
お誕生日プレゼントを渡しなさい!

と言うと

お姉さんと思われる子が
プレゼントを受け取りに〜!

ああっ
わ、わからない〜

しかも奥の部屋からどんどんと
女の子が湧いて出てくる!

どうなってるんだ、この会は!



あまりに女の子が多く
男の子が息子ともう一人しかいなかったので

”今日は女の子の方が多いんですね!”

と言ったら

そうなのよ。

6人は女の子で
男の子は3人呼んだだけなのよ。
と答えるジョセまま。

女の子6人か。
それは確かに多いけど。。。

もっといるかと思ったわ。

と言ったら

ああっ
ジョセフィーヌは4人姉妹なのよ。
なのでそれも入れると女子が10人ね。

ですって。

そしてさらには

1番下の子は
今年同じ学校の年少に入ったのよ〜。

って、おい

3人目、4人目
まさかの年子?

しかもジョセフィーヌが10月で4才。

その下が年少に入ったと言う事は
MAXで年齢が離れていたとしても
14ヶ月差!!!



ひゃ〜。すごいっすね!



なんて
もちのろんで口には出して言わなかったけれど

多分私の顔の表情が
その言葉を感じ取らせてしまったに違いない。



男の子が欲しかったのかな?
それとも、女の子がたくさん欲しいのかな?

それともそれとも
ただただ、子供がたくさん欲しいのかな?

彼らの家の事情は
まったくもってわからないけれど

まあ、あの巨大な
6LLDKの家なら(リビング2つ!)

あと1〜2人は行けるだろうな。

冷静にそう思ったわ。

ふ。

 

この日は結局
誰がジョセフィーヌなのかわらかないまま
この家を後にした私。

そして息子と彼女は本当に仲が良いのか
全くわからなかったけれど

とにもかくにも
土曜に3時間たっぷり楽しめたから

息子的にも、そして親的にも
満足だった

お誕生日会だったのでした。

ちゃんちゃん

と最後はかるーく話を閉めてみた私に
今日の応援クリックをお願いいたします。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

理系女の子育て。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



このブログを
前から読んでくださっている方は
ご存知かと思いますが

私は”理系”な女です。

それも”超”がつくほどの
理系女なんでございます。

そしてまた

”偏りのある”女でもあります。

と言うのは
幼少期から大人になるまで

数学の成績はいつも5だったのに
国語は万年2。

全国統一模試とかでは
数学は全国上位に君臨していたいのに

小論文の成績は涙が出てしまうレベル。

いや〜、もう
本当に偏った

完全に理数系の女だったのです。



そんな私が母になり
子育てをしているわけなので

そりゃーね、どうしても、ね
教育が偏っちゃうのさ。

IMG_7076_20180923052525b51.jpg 

息子に教えるのは
理数系の事ばかり。

一緒にボードゲームをしてる時ですら

image3_201809052356030a0.jpeg 

できるだけサイコロは2個使い

今日は足し算形式で進もうよ!

今日は特別ルールで
引き算形式にしようよ!と

ところどころに
算数を入れてしまう。

貴方はいったい
何を目指しているんだかと思われそうですが

ただ単に理系女のママは
”その方がより面白いでしょ”と
純粋に思ってしまうのですよ。



そして
”発見の殿堂”と言われる科学館
Palais de la Decouverteでは

年間パスポートを所有し
暇があれば息子と通いつめていて

むしろママが、大興奮。

IMG_7084.jpg 

だってだって

ここは、ですね
教科書で習った法則なんかが

目に見えてわかる展示なんかが
けっこうありまして

自分で触れたりする体感型になっているのも
これまた多いのです。

先日はひたすら息子と
ゴルトンボードで遊んでいたわ。

IMG_7083_20180923052523341.jpg  

あの
正規分布が目に見えてわかる仕組みのボードですね。

galtonboard.jpg 

普段息子が
部屋のおもちゃで遊んでいる時は

うーん、楽しそうだね。
よかったね〜と

眼を細める位の私だけれども

こう言うのがあると
ついつい燃えて眼をキラキラさせ

息子と一緒に遊んでしまう私。

IMG_7082_2018092305252476b.jpg 

ちょっとかわった
母ちゃんなのさ〜。



こんな日々の積み重ねのせいか

休みの日は
朝っぱらからプリントで

足し算とか引き算と図形とか
簡単な算数をしたがる息子。

いや、ね
いいんですよ。

理系のママとパパなので
息子は多分理系だと思っているので

得意分野を伸ばせるのであれば
ママとしては本望なのです。

んがっ

平気で2時間くらい
そう言ったプリントで遊んでいるのにもかかわらず

うーん

IMG_7085_20180923052519a5d.jpg 

字がね、上達しないんだわー。

そうなるとあれかね。

やっぱりこれは

ママと同じ"偏り人間"に
向かってしまっている感じなのでしょうか?



数学が得意なのは
良かったけれど

偏りがあった事で
けっこう選択肢が狭まったし

大変な事も無きにしも非ずだったので

息子には同じ思いはさせたくないな〜と
ちょっと思い始めている私。


0才の時から
毎日最低2冊の絵本は読み聞かせをしているし

ひらがなやカタカナも
一緒に勉強して

七田式プリントも
しっかりとやらせてはいるんだけれども

それでもやっぱり
自分からやりたがるのは

こういった
”理数系科目”


そうなるとやっぱり
生まれながらの”理系男”なのかしら。

それならそれで
彼の得意科目を伸ばしてあげたいけれど

まだ4才。
可能性がつまりまくった若人。

本当は作家の才能とかがあったりするかもしれない!
音楽の才能があったりするかもしれない!


さあ、この先
どう言う方針で息子を教育するか。

ちょっぴり悩み始めている
愛ママ、なのです。

右利き左利きがはっきりした後は
理系か文系か?

すぐにカテゴライズしてしまう
答えを欲しがる理系女な私に

今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

男女チビ恋物語。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




9月も後半に入ったある日
私のメールBOXに1件の見知らぬ宛先から
メールが入った。

ん?
誰かしら?と

そのメールを開いてみると

お、おおおっ!

そこには

”来たる10月××日
〇〇のお誕生日会を開催します。

ぜひ娘が△△(うちの息子)君に
来てもらいたいと言っています。”

と。

お誕生日会の招待状が〜!!!!

って。

でも、、、、はて?
〇〇ちゃんって、、、、誰だ?

息子の口からひとことも聞いた事が無い名前ですよ。

そうなると
年中組になって知り合った子かな。

もしやもう
新しいクラスに彼女ができた!?



好奇心旺盛なママは

家に帰り
クラスメートの名簿をチェック。

でも、あれれ?
そこには彼女の名前は無し。

うーん、おかしいな、と思い
年少組時代の名簿を見ると

あった、あった
その子の名前があった!
ふーっ、すっきり。

でも、、、、そうなると
ママとしてはちょっと疑問。

だって実際
1年間このクラスに通ったけれど

1度も彼女の名前を
息子の口から聞いた事がなかったんですもの。

IMG_5033.jpg 

これは本人に確かめるべきだと思い

さっそく息子に
”〇〇ちゃんって、お友達〜?”

と聞いてみた

そうしましたらそのリアクション

”なんでそんな事聞くの?”と
そっけない感じ。

そして
”友達では無いよ。同じクラスだったけど”と
クールに返して来ましたよ。



それでもお誕生日会に呼ばれたとなると
これは悩むところ。

仲良しグループでは無いわけだから

彼女のお誕生日会には
息子の友達は来ない可能性があるわけで

息子にとっては
つまらない会になってしまうかもしれないのです。

それならば無理に参加させるのも
ちょっと可哀想かな〜。

なんて思い

母さん、もごもご、ちょっと遠慮がちに

”実は彼女は貴方を
お誕生日会に招待したいそうなのよ”

と言ってみた。

そうしましたら
意外にもそのリアクション

”それなら行く!”
ですって。

でもってさらに

”〇〇ちゃんって@@ちゃんと仲良しなんだよね〜”と
嬉しそうに言って

るんるんな感じに。



って、おーーーーい、息子よ
君のお目当はもしかして@@ちゃんの方???

〇〇ちゃんのお誕生日会に行けば
@@ちゃんがいるかもとか
そんな理由で参加希望なのでは?

もしや4才にして
複雑な男女チビ恋物語が繰り広げられている!?

 IMG_5010_201807081840126ad.jpg 

そんな風に思いながらも
さらりと愛ママ

”あ、そう。
それなら参加OKの返事出しておくね〜

L君とかT君とか、仲良しの男友達も来るといいね〜”と

流しておきました。



いや、しかし

どうやって連れて行こうか
さっそく彼女の住所を調べてみたら

これまた大豪邸じゃないですか。

苗字も独特なので
ミーハー母ちゃん、思わずググってみたら

もともとドイツの貴族家系と来たもんだ!

息子よ、君もなかなか隅におけないねぇ。
君の交友関係にはあっぱれだよ。



さーて、相手は女の子。
どんなお誕生日プレゼントを用意しようかな。

何気に女の子には初めてお呼ばれされるので
ママの方がドキドキだわ。

しかし

相手の女の子の顔も知らなければ
ご両親に挨拶すらしたことないぞー。

それでもこうやって
子供同士で遊ばせれるなんて

フランスの子育てって
自由だね〜

なんてしみじみ思った私に
今日の応援クリックをお願い致します。
ポチポチ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR