FC2ブログ
   
10
:
4
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

口裂けた女。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





私には

日本だったらありえない事が起きている。

それは

口角炎!

そう
口の角が切れて炎症を起こす
あれですよ、あれ。



え。そんなの
日本にいたって起きるじゃん!

と思った方

ざっつらいっ!

もちのろんで
日本にいても起きるのですが

日本だったらありえないと言うのは
この口角炎が出来た理由!

なぜならこれ
歯医者でやられたのですよ。

dentist.jpg 

フランスの歯医者は
一気に治療をしてくれる。

虫歯があっても
何度も通う必要がないので

ほんとーに
歯が弱い私には助かっている。

でもその反面

日本だったら5〜6回にわけてやる事を
1度にやってしまうわけだから

当たり前だけれども
治療時間が長いのです。

そして
日本の様に

1度に何人も患者を並ばせるスタイルは皆無で

完全に1対1の個室なので

要はね

治療の時間はみっちりと
つきっきりで診てくれるんです。

でもって先日は
奥歯のインプラントの最終日。

出来上がった
最新式の物を入れる事になりまして

ドクターにとっても
まだ慣れていなかった模様。

どうもね、うまくね、ささらない。

私の主治医の歯医者さんは
とっても紳士なムッシュではあるけれど

そんな彼も
この最新式の扱いが上手くいかないのが続くと
さすがに少しイライライラ。

あまりにも上手くいかないので

ちょっと業者に確認して
また来てもらう事になるかも。

なんて弱音を吐き始めた。ら、

アシスタントさんに
”でも、予約の空きが当分ないですよ”

なんて言われ

さらにイライラ。

結局ね
そこからね

1時間半かけて
このインプラントを入れたのです。

でもって
それが奥歯なもんだから

先生は私の口を思い切り開けるわけで

それがずっと続き
とうとう口が裂けたってわけですよ。

いや〜
人の力でも口が裂けるんだって
生まれて初めて知ったよ。

ね。

こんなの
日本じゃ絶対に起こりえないでしょ?



フランスの歯医者さんは
さっきも書いた様に

虫歯の治療なんかは
1回で終わらせてくれるし

インプラントなんかも
3回通えば終了。

何度も通って
ちょっとづつ治療と言うストレスが無いので

歯が弱い私にとっては
最高ではあるんだけれども

でも
やっぱりここはフランス。

サービス面ではね
もうね

日本と比べるとけっこう酷な扱い受けるわよー。

こうやって

大口を開けて長時間放置
顎がガクガクするまで閉じれなかったり

唾液みたいのを
吸い込むやつを入れてくれなくて
診察台で水死しそうになったり

そして治療が終わっても
うがいもさせてくれません。

(私が知ってる歯医者3箇所には
診察台にうがい用の場所がついておりませんでした)

そう思うと
どっちもどっちではあるけれど

でも
顎がガクガクしても死にかけても口が裂けても
治療さえ終わればなんとか頑張れるし

うがいは家に帰ったらすぐにすれば
それはそれでなんか我慢できるので

やっぱり通う回数が少ないのは
助かるな〜と

プラスに思っております。

いや、そうでも無いと
フランスで歯医者なんて通ってられないっちゅーの。



裂けた左の口角を感じながら
このブログを書いている

郷に入って郷にどっぷり従っている
私、なのです。

郷に従うと
海外生活って楽しいよ〜

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

原因不明の病。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




息子の春のバカンスがやっとこ終わり
自分に時間が出来たその最初の週

まず私が向かったのが

美容院でもなくネイルサロンでも無く

残念ながらの

こちら。

hopital3.jpg 

もう
渡仏してからお世話になりっぱなしの
病院なんでございます。



歯や鼻の奥に激痛が走り
眠れない事もあるので

歯医者や耳鼻科に行き
これは副鼻腔炎なのではないかと推測。
(その時のエピソードはこちら

その病名をはっきりさせるべく
顔のスキャナーをしに行ったのですよ。



あの独特の機械に寝転んで
頭を入れる瞬間とか

機械の中で
ただただ無になって機械を見つめている瞬間とか

なんだかものすごく
自分が重病人になった気分になり

今までの病院通いを思い出したりして
本当に嫌だったわー。

scanner.jpeg 
画像はお借りしました。

終了後
待合室で待つ事10分。

スキャナー専門のドクターに呼ばれ
直々に説明を受けに行きますと

その結果

まさかの

”異常無し”

えーーーーーーーーーっ!



問題が無くて良かったね。

なーんて言われたけれど
全然良くないよ!

だって原因がわからないと言う事は
治せないって事ではないか!!!

突然襲ってくるあの痛みに
何も対処が出来ないなんて

恐ろしすぎる!!!

IMG_3819.jpg 

その結果を持って
今度は担当の耳鼻科医の診察室へ。

色々とお話をし
先生もどうしたもんかと困り顔。

でもって先生が出した最後の策は

”こうなったら最後の手段はMRIだな”
と。

でもって
”君はそれを希望する?"
と聞いてきたよ。



もちのろんで希望するわよ!

ここまできたら
とことん最後までやろうじゃないの!

この先生に会うたびに払う130ユーロ
でもって本日のスキャナー420ユーロ
(注:フランスはその場で全額払い、後で保険請求する仕組みです)

これだけ払って
はい、何もありませんでした。
おーわりっ

なんて
納得が行かないもの!

こうなったら
原因がわかるまでつきあってもらうわよ!



1度通いだすと
こうしてなかなか終わる事が出来ない
私の病院通い。

2018年
なんだか嫌な予感がするな。
旦那くんも手術したしさ。

でも、京都でちゃんと健康をお祈りしてきたから
これからは良い方向に向かってくれると信じよう。

そう思いながら過ごしている
私なのです。

2015年
1年中病に苦しんだあの年を思い出すと
今でも震える私。

2018年はそうはさせるものかと
気合いで乗り切ろうとしている私に

頑張れ!大和撫子の強さ見せてやれ!の
応援ぽちぽちお願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

その後。。。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




皆様

主人の入院に対し

お優しいお言葉をたくさん下さり
ありがとうございました。

昨晩行われた
虫垂炎の手術は無事に終わりまして

その2時間後には旦那くんから直接
”手術終わったよ〜”の連絡が。

でもって今日
はれて退院予定でございます〜。

hopitalnuit.jpg 

いやー、しかし
医療の進歩って素晴らしい!

フランスでは虫垂炎のオペは
腹腔鏡で行われるのが一般的。

この腹腔鏡手術は開腹手術よりも
患者負担が非常に少なく

入院期間も
かなり短縮されるんだとか。

と言っても

旦那くんは白血球の値がものすごく高かったので

先生的にはあと1〜2日くらいは入院して
点滴と抗生物質を投与したかったみたいだけれども

明日、日本に行くからどうしても!と
今日退院できる様にお願いしたらしい。

大丈夫なのだろうか、、、?



でも、そのかわり
帰宅した後も抗生物質の注射を
自分でする様に。と

言われたそうな。

明日も打つ必要があるらしいのだけど

えっと、私たち
明日の今頃は飛行機の中なんだよね。

そんな怪しい注射を機内に持ち込めるのだろうか?

要確認だわね。



こんな感じで

思いがけず
旦那くんが不在になってしまった

日本に帰る直前の3日間。

旅行の準備に必要な力仕事は
ぜーんぶ彼に残しておいたので

愛さん、アタフタ。
たいへんよーっ。

重い物も気合いで運んだりして
腰が痛い〜っ。

旦那は腹痛、嫁は腰痛。
困ったもんだわー。

hopital.jpg 

とりあえずこんな感じで
無事に日本には飛び立てそうだけれども

えっと
スーツケース3つに
動き回る18kgの少年。

それを私と旦那くんで日本に運ぶにも
相当大変だろうなー

なんて思っていたのに

まさかの

スーツケース3つに
動き回る18kgの少年

そこにさらに
激痛のある弱った188cmの巨体を

愛さん
一人で日本に連れて行かなくてはならないなったわ。

神よ!
私を試しているのか!

でも、私、
やるときゃ、やるよ!



こんな感じで現在
日本行きに向けてラストスパートで
パリの町中を走り回っている私。

日本に行ったら
思い切り食べたり飲んだりして
温泉にも入れると思うと

頑張れるっちゅーもんですよ。



しかし

いつどんな時に
どんな病気が襲いかかってくるか

本当にわからない。

ちなみに今回
虫垂炎の腹腔鏡手術+入院1日
請求された金額は11000ユーロ。

ひぃえぇぇぇ〜っ

日本よりかなりお高いでないの!



日本からいらっしゃる旅行者の方
やはし海外旅行保険は入っていた方が良いですよ。

でないと全額負担って事ですもんね


なんだかスムーズに行かない
今回の日本への一時帰国。

困難が多かった分
楽しさも何十倍になると信じて出発するわ!

そんな風に前向きに考えている私に
今日の応援クリックをお願い致します。
皆様の応援が今の私を動かしております。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR