FC2ブログ
   
12
:
9
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

つらいー。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




週末から
体調不良の私。

なんかね
なんとなくね

胸と背中が痛いのです。

焼けるように痛いのです。

胸が、、、焼ける様に、、、

胸が、焼ける、、

胸、焼け、、

胸焼け!

今まで胸焼けとかそんなのを
考えた事がなかったけれど

これがもしや
噂に聞く胸焼けってやつ!?と

この年齢で起きた
初めての体験に

嬉しい様な
悲しい様な

なんとも複雑な気持ちだわ。



でも
この胸と背中の痛さは尋常じゃない。

ついでに喉もヒリヒリするし
耳もこもるし

こりゃー、相当、胃に来ているに違いない!と

慌てて病院に行って参りましたよ。

でもって案の定
逆流性食道炎の再発です。

しかも今回は
かなり重度でございます。

hopitalnuit.jpg 

いやー
胃がここまで悪くなると

体中が痛くなるんだね。
初めて知ったよ。

風邪かインフルエンザかなんて思ったけれど
まさかの胃だったよー。



私の逆食が最初に発覚したのは
この国、フランス。

えええっ
愛さん、フランスに移住して
相当なストレスだったのね!

かわいそうに〜

と思いきや

これが全然違うのです。

実は

日本にいる時に
ずーっと咳が出ていて

こりゃ、空気の悪いクラブで
遊びすぎかなと

反省しつつも止められず

どうしょもないわと

喘息の治療として
ステロイド吸入をしていたのです。

でもフランスに来て
あ〜らビックリ

喉の所をちょこっと押して
こんこんと咳き込む私を見て
一発でドクターが

”あなたの咳の原因は喘息じゃないよ!
逆流性食道炎によるものだよ!”となりまして

すぐさま胃薬が処方され

何年も患っていた喘息症状が
ほんの1ヶ月も経たずに改善されたのです。

まあ
おかげさまで喘息とはバイバイ出来たけれど

それからは
逆食との共存の日々ですけどね。



日本の皆さま
ご存知ですか?

日本人って
胃が弱い国民として
世界で有名なんですよ。

それもあって
フランスの先生は
私の胃を疑ってくれたのだと思いますが

でも
かなり悪化しないと
自覚症状が出にくい事がある胃なので

それに気づかずに
無茶をしている日本人も多いのだとか。

なのでもし皆さん

例えば私の様に

咳が続く
喉が頻繁に痛くなる
胸や背中に痛みが走る
口の中に口内炎が出来て酸っぱい
耳がこもる

みたいな

一見胃とは全く関係ない症状で
悩んでいる方がおりましたら

胃を疑うのもありですよー。

原因は思わぬところに
潜んでいたりするもんですからね。

hopital4.jpg 

そんな私はとうとう
胃カメラをやる事になりました。

この年齢だと
胃カメラは基本必要ないけれど

”日本人”という事で
すんなり話が通ったようです。

名誉なのか不名誉なのか
微妙だけどね。



ああっ
クリスマスという
暴飲暴食が待っているこの時期に

こんな症状を再発させてしまった私。

しかも弱ったせいで風邪も併発。
ずーっと偏頭痛も起きている。

さらには結膜炎で目が腫れて充血してしまい

これこそ泣きっ面に蜂状態の
お岩な私。

こんなに一気に体調崩すのは
久しぶりだな。

これはもう神様が
私の腹回りにちょっと待った!と
ストップをかけたに違いない。

クリスマス時期に暴飲暴食出来ないのを

有難いと思うべきか
辛いと思うべきか

そこが問題だわ。

なんて

最後はちょっぴり
シェークスピア風にまとめてみた

病気でもお気軽な私に
今日の応援クリックをお願い致します。


胃が悪くても元気になれます!
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

最新マンモはリモコンで。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

とうとう人間ドックを受けたよ〜!と
こちらのブログで報告をしたのですが

やりましたよ、やりました!
ついにやりました!

初、マンモグラフィーを〜!

IMG_7409_20181018174051fbe.jpg 

皆さん、マンモグラフィーってご存知ですか?

耳にした事がある方も
きっと多いかと思います。

これは要は
乳房専用のレントゲン装置。

ですね。



30才を過ぎた頃から
いつか受けたい!と思っていたマンモ。

でもその時は
若さもあってか

まさか大丈夫でしょ、と言う
そんな軽い気持ちもあっての願望だったけれど

さすがにこの年齢になると
けっこう同年代の人の乳がんによる悲報を聞くので

ちょっとね、本気でね
こわかったわ。

しかも私、今まで婦人科系の検査って
妊娠出産の時くらいしかなく

こういったしっかりとした検査は
生まれて初めての事だったのよね。



待合室でドキドキしながら待つ間
東京にいる友人にLINEをして

いまからマンモ〜
なんてメッセージを送ると

私もこないだやったよ!と
勇気の出る返事がすぐに帰って来た。

おおおっ
こんな身近に経験者がいたとは!

じゃあ、さっそく
噂を聞いてみようかね〜と

彼女に

”痛かった?”と
質問を飛ばす私。

そんな彼女の返事は

”ひっぱられる痛みはあるけれど
全然大丈夫だったよ〜”と。

おおっ
これで一安心。

でも、そんな彼女が続けて言ったのは

どうやら日本人の乳房と言うのは
欧米人のに比べると小ぶりで張っているから
痛くなりやすく

なので最新の機械を取り入れている病院は
その負担をいかになくすかを考えていて

私、日本でやったから痛くなかったのかもーっ。と。

って、おい。
これから受ける親友を脅してどうする!

私、めっちゃ胸は日本式なのに
欧米にいるんですけど!

今からフランス人に紛れて
フランスの機械で検査なんですけど!



しかも考えてみたら
友人の胸は欧米並みのFカップ。

全然参考にならないではないか!

IMG_7410_20181018174049ccd.jpg 

こんな感じで
余計なドキドキで幕があけた
マンモ検査。

5分ほどで名前を呼ばれ
検査室に入ってゆくと

そこには大きな機械が〜。

もう、ここまで来たらやるしかない。

検査技師さんに言われるがままに
機械の前に胸を出して立ち

そこの両側に透明な板が!
そしてどんどん近づいて来る!

と思ったら

技師さんから意外なものが渡された。

”これね、リモコンね。
この板があなたの胸を少し挟むから

そこからは自分で+のボタンを押して
自分のペースでどんどんと挟んで行って。

OKの所まで行ったら
機械が動き出すから

そうしたら動かないでじっとしててね”

と。



へぇぇぇ!

今の機械って
自分で操作できるんだね!!!

これなら全然痛くない。
いや、確かにけっこうしっかりと挟まれるけれど

でも
自分のペースで挟むとなると
痛さを全然感じませんよー。



それぞれ上下左右から挟まれ
4枚の写真を撮って

所要時間は2分弱。

思ったよりもぜんぜん大丈夫だったわ〜。



痛くて辛いと言うイメージがあるマンモ。

もし皆さんの中で
そう思われている方がいて

検査に行くのを躊躇されているのであれば

その概念、とっぱらってくださいね。

最近の機械は
どんどんと進歩しておりますよ。

ちなみに
マンモの情報をくれた友人は

外資の医療機械会社勤務で
マンモの機械も取り扱っておりまして

彼女曰く
最近の機械の進歩はめまぐるしいんだとか。

ただ、それでも
技師の腕によってはどうしても痛い場合があり
これは機械メーカーにはどうにも出来ないから

口コミを調べて
上手な技師さんがいる機関に行くしかないね。

と言う事です。

ほぇ〜。



とにもかくにも
12人に1人が乳がんになると言われているこの時代

自分で出来る限りの事を自分でやるしかないですよね。

そしてそれは
自分の為でもあるけれど

自分の愛する
そして自分を愛してくれている
大事な人の為でもあるんだよね。

なんてかっこよく書いたけど
酒は止めれないダメママの私です。


貴方はちっちゃい胸よりも
肝臓の心配をするべきよーっ、の


叱責ぽちぽち、お願い致します。

酒はのんでも、のまれるな〜♪
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

いざ!パリで人間ドックへ!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




異国にいると

生きていくと言う事のためだけに不安になる事が
山ほどあるけれど

その中でも上位に君臨するのは
やっぱり健康面。

だってだって
異国で大きな病気になったりしたらと考えるだけで
恐ろしくって逃亡したくなるー。



フランスに渡ってから
すぐに結婚し、出産し、子育てし

人生NON STOPで走り抜けている私は
そんなのを考える暇も正直あまりなかったけれど

最近は息子の顔を見ているだけで

”ああっ 私に何かあったらこの子はどうなるんだろう”と
考える様になってきた。

そんな不安を旦那君にぶちまけてみましたら

それじゃあ病院で
一通り検査を受けてみる?と。

そう
人間ドック、ってやつですね。

IMG_7412.jpg 

フランスでは

セキュリティソシアル(健康保険)に加入していると
数年に1度定期的に検査を受けれるらしいけれど

それすらも受けたことがなかった私。

なので
それを申し込むのも
可能だったのだけれども

それはあくまでも健康診断的なので
ちょっと不安が残ってしまうんじゃないかと思い

やるなら徹底的にやりたいわ!と

今回は思い切って
かかりつけの病院であるホピタルアメリカンで

婦人科系も含んだ全ての検査を
してもらう事にしたのです。

やっぱり健康にはかえられないし

自分の為以上に
家族の為でもあるのです。

hopital3.jpg 

当日は朝の9時半に病院へ。

下着だけになって
そこに用意された薄手の服を着て

その上にホテルのガウンの様なものをはおり

なんだかちょっと
ゆったりした気分でいざ出陣〜っ

IMG_7410_20181018174049ccd.jpg  

検査の空き状況の具合で
婦人科健診(マンモグラフィーとかエコーとか)
から開始しまして

その後は内科のドクターの問診へ。

でもってその後
尿検、心電図、etc etc
と言う流れだったので

血液検査の為に朝ごはんを食べていない私は
ふ〜らふら〜

しかも子宮のエコグラフィー検査の為には
おトイレ我慢した方が見やすいのよー

なんて言われたので
それまでふんばって我慢して

下半身はぱんぱんよっ。



血液検査を終えた後は
おまちかねのこれっ

IMG_7413.jpg 

血液検査する20時間前から
食べ物を口にしてはいけないので

こうやって朝ごはんを用意してくれるのです。

って、完全にランチタイムだったけれどね。



いや〜、しかし
本当にやってよかったわ。

確かに結果を聞くまでは
ちょっと恐怖もあったけれど

今回の検査でオールOKを頂けて
本当に一安心〜。

内科の先生にも不満をぶちまけれたし
婦人科の先生には色々と為になる話を聞けたし

両方、とっても良い先生達で大満足。

しかもアメリカンホピタルのスタッフ達は
みなさん手際が良くて腕も良くて

どの検査も
ほぼノーストレスでクリアできたわ。

もしパリで検査する病院を探している方がいたら
激しくおすすめですよ。



ちなみにそのプライス
普通の検査だと852ユーロ

私の様に婦人科系の検査をつけると
1652ユーロでございます。
(料金は2018年のものです)

場合によっては保険がきくし
やる価値ありですよ。

IMG_7411.jpg 

何気なく
値段表を見ていたら

なにー!
子供の検査もあるではないか!!!

IMG_7425.jpg 

6項目の検査しか受けないみたいだけれども

それでもママの安心の為には
子供に定期的に受けさせるのは良いかもね。

でもさすがに4歳児には
早すぎるか。



これをきっかけに

これからはもっと定期的に
こういった検査をしてもらおう。

フランスでも一般的には
50過ぎてからで良いなんて言われているみたいだけれども

早いにこした事はないものね。



とにもかくにも
もし検査を受けた事がない人がおりましたら
ぜひ受けてくださいね!と

異国の地から
声を大にして皆様に伝えたい私。

みなさんそれぞれ夢はあると思いますが
全て健康あってのものですよー!



今まで体を酷使していたくせに
検査を受けた途端、皆にすすめる現金な私に


今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちんぽちん


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR