07
:
24
25
26
27
28
29
30
31
   

とりあえず特別になった1日。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




そう言えば
つい先日

またまた1つ
年齢を重ねたのですよ。私。

もう、本当に
”そう言えば”
な感じで

でも着実に年齢を重ねていっている私。

なんせ、ここ3、4年連続で
旦那君が出張でいないので

何か特別な事をするわけでなく

ただただ息子と2人
いつもとかわらぬ時間を過ごすのです。

まあ、一応旦那君は毎回
出張先から花束を送ってくれるけどね。



IMG_5190_20180708184054277.jpg  

ただ、ちょっと
例年と違ったのが

こちら

じゃじゃじゃんっ
IMG_5147.jpg 

キッチンに広がるこの残骸〜。

そう、お誕生日の前日に
ケーキを焼いたのですよ。私。

でもって
ケーキを飾るために

パソコンで作成プリントし
カッターで切り切り。

こんなのまで手作りしましたよ。

IMG_5150.jpg 

そして出来上がった

カラフルでポップ
でもって激しくシンプルなこちらのケーキ

IMG_5151_201807081841177b0.jpg 

これは息子君が翌日に
学校に持って行く為の物。



夏のバカンスに入る前に
7月、8月生まれの子の合同お誕生日会が開催されるから

この日はお母さん
子供にお菓子かケーキを持たせてくださいね〜、と

予め先生から連絡があったのです。

でもって奇しくも

8月10日生まれの息子の為に
その合同誕生日会が行われたのが

私の誕生日の日だったと言うわけ。

なので2018年

私のお誕生日は
平年以上にかき消されたわ。

はっは。

IMG_5196_20180708184051349.jpg 

でも
さすがにそれじゃ
私がかわいそう過ぎる!と

この日行ったネイルサロンで

今までチャレンジしたことがない
大きめのパーツをがっつりと乗せてもらい

気分だけでもお祝いモードにし

その帰りに
ショコラティエ・アランデュカスに寄って
ガナッシュチョコの詰め合わせを買い

IMG_5176.jpg 

食べ切れるまで食べてやる!と言う
特別なイベントを1人で開催したわ。

これで気分だけでなく
胃袋もお祭りモードに〜。

でもって
私、案外食べれちゃうものね!
まだまだ行けるわ!と

胃袋の若さを再認識。

こないだの日本旅行でも
霜降りガンガン食べれたし

まだまだ現役だわ!



 でも、何より
息子君が私の分まで
皆からお祝いされたので

2018年
これはこれで良いとするかな。

そんな風な感じで終わった
うん十うん回目の、私のお誕生日だったのでした。

でも
皆様からの
”お誕生日おめでとう”
ぽちぽち応援クリックを頂けると

この1年も頑張れる気がします!

お誕生日おめでとう〜!
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

過保護ママと性悪女。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




私って
思った以上に性格が悪い
性悪女だわ〜

と思った出来事が。

それはとある朝

息子くんを連れて学校に行った時の事。

IMG_3815_2018050522523544b.jpg 

天気も気候も良くなったこの頃は
トロティネットで学校に通っているのだけれど

もちのろんで
通学に利用するにはそれなりのルールがありまして

それは
”学校内では使用しない”
と言うもの。

なので学校に入る前にちゃんと降りて横を歩くのが
正しいルールなんでございます。

うちの息子くんももちのろんで

学校に入る前に自分から降りて
ちゃんと横を歩いてくれてます。

だからこそ
トロティネットでの通学を許してるんでございます。

IMG_3805.jpg 

そんなある日

学校に入り
幼稚園の校舎の方に向かって歩いていると

先方に
私の苦手な過保護のママがいるのが見えた。
(彼女のエピソードの1つはこちら

しかも今日は珍しく
怖そうな旦那さんも一緒にいる。

でもまあ
特に避けたりしているわけではないので

普通にその前を通り
ボンジュールと挨拶をしようとした。

んがっ

彼らの目線の先に
彼らの息子くんがいるのを発見。

でもって彼のパパが
ものすごい勢いで叱っているのが聞こえました。

parisparis1.jpeg 

おおおっと!
最悪なタイミングで来ちゃったよ。

どうしよう〜。

と思っていると

彼のお父さんがうちの息子をさしてこう言った

”見ろ!この子はちゃんと
トロティネットから降りて歩いてるじゃ無いか!
なんでお前はできないんだ!”

と。

それに対してその子は不機嫌になって発狂。
さらには親を叩き出す始末。

それに対してさらにパパは怒り心頭。

すごい勢いで怒鳴りつけ
大泣きする息子に

”泣くな!”と一括しておりました。



おい、こら、P君のママよ。

あなた、自分の息子は完璧で
問題が起きるとその原因は全てよそ様の子供のせいだと
100%の自信で決めつけているけれど

貴方の旦那様は
むしろうちの息子を褒めてくれたわよ!

P君はお友達を叩いたりしない子だと
200%信じ切り

P君を叩く子がいると
散々文句を言っていたけれど

おい、こら
友達どころか親の事を叩いてるじゃないか。



一応挨拶をし
その場を足早に去った私。

息子を送り届けて
校庭に出て行こうとすると

過保護ママがP君を抱っこして
教室に運んでる所に遭遇。

気まずそうに私の顔を見て来ましたよ。

そんな姿を見て
ちょっと内心ニヤッとしてしまった私。

これが自分が”性悪”と思った所以なんでございます。



いや、しかし
P君のパパがこう言う人で安心したわ。

あんな過保護ママがいるのに
P君が良い子に育っているのは

きっとこのパパありきだからなんだねと
妙に納得出来てしまったわ。

いや、もしかすると
とーーーっても厳しいパパがいるからこそ

ママはあんなに過保護になっちゃうのかな?

よそ様の事情はよくわからないし
特に知りたいとも思わないけれど

これをきっかけに
せめてよそ様の子供の悪口を言うのをやめてよね!と

そんな風に思ってしまったのでした。

って、

やっぱり私って
性格悪い?

でもこの気持ちわかって頂けると嬉しいな〜。

うんうん、わかるわ!って方も
いやいや、あんた性悪ねって思った方も

こんな私に
今日の応援クリックを頂けると嬉しいです。

性悪女でも皆様からの応援は
ピュアな気持ちで本当に嬉しいのです〜。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

些細な事でハッピー乙女な私。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


現在10月分まで予約受付中。


些細な事、なんだけれども
ちょっと嬉しいことが。

いやね、本当にね
すっごい些細なことなんですけどね

先週の月曜に学校に息子を見送りに行った時の話。

息子は1週間バカンスをとっていたので
けっこう久しぶりの学校。

でもって
約10日ぶりに例の美女ママに会ったのですよ。

彼女に会ったのは
先日アペリティフにお呼ばれされて以来。
(その時のドキドキエピソードはこちら



相変わらずのその美女っぷりに
いつもの如くぽけ〜っと見惚れることから始まった
そんな再会だったけれど

その100点満点の美女顔に
さらに100点満点の笑顔をつけて

”Bonjour AI!”と挨拶して来てくれました。

ああっ、うっとり〜。

こんなに同性にうっとりしたのは
小学生の時に安田成美を見かけて以来だわ。



そう言えば完全に余談なんだけれど

先日ジョニーデップとヴェネッサパラディの娘で
シャネルのミューズになっている

リリー・ローズ・デップを見かけたけれど

私としては
L君のママの方が美女として圧勝なので

やっぱりどこもかしこも
コネ社会、二世社会だね。と

しみじみ思ったわ〜。

chanel54.jpeg 

という話は
とりあえず置いといて

とにもかくにも
朝、ばったり会ったのですよ。

彼女と息子のLくんに。

その時に彼女が
ぼけ〜っとしていたL君にこう言ったのです。

”ボンジュール、アイ!!!でしょ!”

と。

その言葉を聞き、はっとし

”ボンジュール、アイ!”と言ってくれたL君。

これには私
きゅんきゅんよ〜。

って

これの何が嬉しい出来事?
挨拶してくれたから?

もちのろんで
そんな事ではございませんで

この”アイ”って言うのがポイントなのです。



フランスは基本
下の名前で呼び合う文化。

なので例えば私も
旦那君の両親や親戚やその友人達を

いくら年齢が上であろうとも
下の名前で呼んでおります。

これはフランスでは赤ちゃんの時から
当たり前に身につけている文化であり

親戚の子供達なんかは
”アイ〜 アイ〜!”と連呼してくる。

なので慣れてはいるけれど

さすがに息子の学校の友達関係となると
下の名前を呼んで来るのは希。

と言うよりも
今まで全くありませんでした。

このLくんも然り
私の事を〇〇君のママ〜

と呼んでいたのです。

でもね
あのアペリティフにお邪魔した後の
初めての再会

彼の美女ママはL君に私の事を
下の名前で呼ばせようとしていた!

これは即ち

なんらかの壁が突破できた!
って事なのです・



ね、些細な事でしょ?
ほんとーに、些細な事でしょ?

でも
基本ヒッキーで友達のいない引きこもりの私は
その分この変化を敏感に感じ取ったわ〜。

でもって
それがとにかく嬉しかったのさ〜。

ほら、よく、女学生の純愛漫画とかで
好きな男の子に初めて下の名前を呼ばれると嬉しいとか

そんな感じ?

あ、昭和のストーリー過ぎ?
今時そんな恋なんてない?

でもでも

久しぶりに乙女な面が出て
きゅんっとしたわ。



調子にのって
その日の午前中に彼女にメッセージを送り

再来週の水曜日
アクリマタシィオン公園に行くから
L君も一緒に連れて行くわ。

でもってその週末
我が家でアペリティフしましょうね〜

なんて誘ってみた私。

それに対して
すぐに返事をくれて

”両方喜んで!!!”
と言ってくれた彼女。

うひゃ〜
順調すぎて、そんな自分にびっくり。


きっと神様は私が今までパリで
地味〜に引きこもって過ごしていた分

こんなに華やかな人との出会いを下さったんだわ。
そう思わないと納得ができません。


こんな感じで
思った以上の土台を造り上げた
ジャポネーズの愛ママ。

あとは来週出張から帰って来る旦那君に
頑張ってもらうかな。

それなりに楽しいパリライフを送っていたけれど
最近はさらに楽しくなって来ている私に

やっぱり友達って大事よね!
のぽちぽちクリックお願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR