08
:
25
26
27
28
29
30
31
   

陰険な遊び。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日

急遽キャバレーに行く事になり
ウキウキで会場に向かった私。

向かった先は
ムーランルージュのあるピガール駅。

モンマルトルの麓でございます。

IMG_5451_20170723210410699.jpg 

この界隈は
友人が遊びに来た時なんかは
絶対に行く場所であり

パリの中でも屈指の観光地であるけれど

夜になるとね
けっこうな雰囲気よー。

まあ、東京で例えるなら
新宿の歌舞伎町の様なものなので

ネオンがきらきら〜
大人のお店のショーウィンドーがぎらぎら〜

色々なものが眩しいー。

でもって
色々な意味で直視できないものがいっぱいーっ

IMG_5450.jpg 

そんな場所に
1人で降り立ってしまい

しかもショーが始まるまで
まだまだ時間がたっぷりあった私。

いや〜
もう

逃げ込むしかないよね。
カフェにね。

IMG_5444.jpg 

しかし
若い時はこう言う繁華街って

変な男がよってきたら怖いわ!
なんて思って避けていたけれど

この年齢になると

金銭奪われるのが怖いわ!
となってる自分がいて

いや〜、変わったもんだと
なんだかちょっと寂しくもあったりして。

ふふ。

IMG_5445.jpg 

私はこの
”1人カフェ”
の時間が大好き。

まわりの人をこっそり観察しながら
それをつまみに、のんびりとグラスを傾けるのです。

パリは東京以上に個性的な人が多い街なので
本当に観ていて飽きないのですよ。

まあ、ヒッキーで友達のいない私の
陰険な一人遊びでございます。



その中でも
このピガール界隈観察は
か〜な〜り〜、面白かったわ。

この辺りは安い店が多く
とにかくどのカフェにも若者がたくさん

それでいて
劇場もいっぱいあるから
年配の人たちもたくさん。

中間層が案外少なくて
独特な雰囲気のエリア。

moulinrouge.jpg 

パリは街の中で
エリアによって色々な表情を見せるけど

この辺りは本当に独特だなと
再認識できました。



そして

カフェのおつまみが入っていたのが
どっからどう見ても味噌汁のお椀で

IMG_5446.jpg 

こんな所も個性的ーっ
なんでもありだな、ピガール!と

カフェで時間をつぶしたほんの10分程の間に
色々な事を発見し楽しんだ私だったのでした。

ええ、何度も言いますけど
陰険な1人遊びさー。

あ、でも、さすがの私も
キャバレーは1人では行かなかったですからね。

と、精一杯のフォローを入れてみる私に
今日の応援クリックをお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。
皆様からのクリックだけが頼りです。
よろしくお願い致します。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

駆け込み誕生日。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





ちょっと前の話ですが

実は私

ひっそりと
1つ歳を重ねました。



この日は旦那君が出張中だったので
息子と2人で過ごしたのだけれども

うーん、それと言って特に
何をするってわけでもな〜。

しかも今日は日曜日だから
どこも閉まってるだろうしな〜。

なんて思いながら
気がつけばあっと言う間に夕方に。



ほんとーーーーに

何事も無かったかの様に
その日が終わりに近づいていて

なんだかちょっと
これじゃつまらない。

この年齢の最初の1日は
その1年を決める日でもあるかもしれない。

ほら、1年の計は元旦にあるって言うじゃない。
あれよ、あれ!と

突然思い立って
息子を連れて近所のレストランに駆け込んでみた。

たのも〜っ
IMG_4781.jpg  

せっかくの誕生日なのだから
ビストロとかブラッセリーではなく

それなりにフレンチガストロノミーを
コースで頂こうではないの。

でも

日曜の夕方に2歳の息子と2人

飛び込みで受け入れてくれる
ガストロノミーレストランなんて

・・・!

あ、そういえば!

と思ったのがこちらのお店

”フェルメット・マルブフ”
(HPはこちらです)
IMG_4750.jpg 

建物内部が歴史的建造物に指定されていて
国内外のガイドブックには必ず載っている

由緒正しいレストラン。

アールヌーヴォー調の店内で
本格的なフレンチフルコースが頂けるのですよ。

IMG_4751.jpg 

愛さん
よくこんな所に2歳児連れで飛び込んだわね。

なんて思う方もいらっしゃるとは思いますが

観光地にもなっている有名レストランって
日曜日に開いている率が高く

しかも世界中から観光客が訪れるから

子連れのファミリーを受け入れる事も多く
子供に慣れていたりするのです。

そしてまさにその読みは大当たり。

お店に入る前に店の人に相談してみましたら

”もちのろんでウエルカムだよ”
とすぐに案内してくれました

FullSizeRender_20170706010318f26.jpg 

歴史的な空間で息子と2人

前菜2皿、メイン2皿、そしてデザート
全部で5皿のフルコースメニューを楽しむ事となった

私の誕生日。

IMG_4757.jpg 

息子はフォアグラ以外はかなりお気に召した様で
ぱくぱく食べてくれまして

私もついつい
ワインをぐびぐび。

何事も無く終わりに近づいていた誕生日が
一気に華やかになったわ〜



こんな感じで今年1年も
”食”メインな生活になるのかしらね。

代謝がどんどんと落ちてるから
気をつけないとならないのが辛いとこだけど

でも幸せだからいいのです。

うふふのふ

この1年もパリで生き抜くぞ!
そして美味しい物を食べ続けるぞー!と

気持ち新たに決意した私に
”お誕生日おめでと〜”
のクリックを頂けると嬉しいです。

皆様からのぽちぽちがあるだけで
ハッピーになる私です。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

久しぶりにお知らせ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



11月の予約受付開始致しました。
パリでお待ちしております

今日は

完全に

”お知らせ”

的な内容のブログなのですが

実は、数ヶ月前

翔泳社さんからお声をかけて頂き

コラムの執筆と
それを書籍の記事の一部に利用させて頂きたいと
お願いされました。

 parisparis.jpeg 

国語の成績が中高通して万年”2”
(一応5段階ね。10段階じゃないよ。)

小論文では偏差値40を出したこともあるこの私が

まさかのまさかで
出版社の方の目に止まったなんて!?

でもって
コラムを書いてもらいたいだなんて
一体何事!?と

最初はあまりにも
”相手様”にとって無謀すぎるお願いに

いやいやいやいや、ありえんでしょ。

私だけ恥をかくならともかく
翔泳社様の恥にもなってしまうなんて責任が重すぎる。と

恐縮すぎます的なお返事を差し上げたのですが

”あまり堅い事は考えず

今までのブログ記事をそのまま使って
書いて下さるんで良いですよ”

と言われ

さらには翔泳社の担当の方に

”どの記事に興味があるかなど
こちらからいくつか提示する事もできますし

書いて頂いた記事はこちらでチェックをし
原稿をお見せし

その後、何度も直して頂いてかまいません”と
そんなお言葉も頂けたので

これは私にとっての人生の記録になるし

息子にとっても
ママ、こんな事したんだ!と喜んでもらえるかも!?と

母ちゃん、清水の舞台から飛び降りる気持ちで
引き受けました。

parisparis8.jpeg  

やっぱり私には無理なんだ、と凹んだり

こんな大変な事引き受けるんじゃなかったー!と
自分を窘めてみたり

正直、色々あったけど

どうにかこうにか4月中に仕上げ提出。

そんな私の記事に
即OKのお返事を頂き

そしてとうとう
6月22日

無事に私の1回目のコラムを
載せて頂いたのですよ〜

parisparis6.jpeg  

翔泳社さんの人気シリーズに
”みんなの暮らし日記”
と言う書籍とサイトがありまして

そこに”海外の生活”と言う
新しいカテゴリーを作ると言う事で
参加させて頂いたこの企画。

今までのブログ記事を
そのまま使って良いとは言われたけれど

ブログの文字数では到底足りない
3000〜5000文字をお願いされ

色々なブログをMIXしたり
新しい情報も織り交ぜたりして

どうにか書き上げた1回目の記事。

タイトルは

「フランス女性の9割が働き続ける理由」

以前から毎回ブログを読んで下さっている人にとっては
全てが”うんうん、知ってる!”

と言う内容ではあると思いますが

もしお時間がある方は
読んで頂けると嬉しいです。

こちらがサイトになります。

こちら

いや〜、しかし

国語が苦手すぎて

中学生の時点で
”私には理系の道しか残っていない”と諭し

数学オタクだった高校時代。

もちのろんで大学は
バリバリ理系に進み

実験にあけくれていたあの日。

そんな私が今じゃ
パリでのらりくらりと主婦をやり

出版社さんにコラムを提出する事になろうとは

人生って何があるか本当にわからないわ〜。

parisparis5.jpeg  

もし、このブログの読者様で

中学生とか高校生の方だったり
お子さんがその年齢だったりして

なりたい夢と得意分野が違ったとしても

絶対に夢は諦めちゃダメですよ!と
声を大にして言いたい。

私にとっては”夢”と言うわけではなく
単なる流れ的な感じではあるけれど

こうやって出版社のページにコラムを書く事になったり

毎月発行されるフリーペーパーにも
パリのレストラン情報記事を連載したりして
こちらからダウンロードも可能です)

一番苦手だった分野が
今の人生で一番大切な物になっているんですもの。

夢と現実の間で悩んでいる人がいたら

こんな例もあるんだよ〜と
私で少しでも励まされると嬉しいな。

あ、ちなみに書籍の発売は
今月の後半らしいです。

また追ってお知らせさせて頂くと思いますので
その時もよろしくお願い致します〜

と言う

完全に一方的なお知らせブログで恐縮ですが

さりげなくでも、おめでと〜の
応援クリックを頂けると励みになります。

応援して下さる皆様のお陰でここまで来る事ができました。
いつもありがとうございます。
さらなる応援があると断然やる気になる私です。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR